調査リポート
» 2018年06月11日 19時36分 公開

2018年第1四半期の国内携帯電話シェア、シャープが2位に IDC Japan調べ

IDC Japanは、2018年第1四半期(2018年1〜3月)の国内携帯電話市場実績値を発表した。出荷台数は前年同期比9.2%増の971万台となり、2017年第4四半期の1107万台に迫る規模に。シェアは「AQUOS Sense」が好調なシャープが152万台で2位となり、SIMフリーモデルは34.2万と前年同期の半数以下の出荷となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 IDC Japanは、6月7日に2018年第1四半期(2018年1〜3月)の国内携帯電話市場実績値を発表を発表した。

 携帯電話・スマートフォンの出荷台数は前年同期比9.2%増の971万台となり、2017年第4四半期の1107万台に迫る規模となった。Appleは48.8%でトップシェアを維持し、前年同期比11.3%増となる474万台のiPhoneを出荷。一方、機種の構成比ではiPhone 8(Plus含む)がiPhone Xを上回ったとみられる。

 「AQUOS Sense」が好調なシャープが152万台で2位となり、2017年2位のソニーモバイルを上回った。3位は95万台を出荷したソニーモバイル、4位はフィーチャーフォンからの移行層に親しみやすい折りたたみ式のモデルなどを多く出荷した京セラ、5位はdocomo with対象機種「Galaxy Feel」の出荷が引き続き好調だったサムスン電子となった。

 フィーチャーフォンの出荷台数は12万台だが、これは機能を限定したキッズ向けモデルのため、通常使用する機能を備えた従来型携帯電話の出荷が今期は0に。SIMロックフリーモデルは34.2万台で前年同期の76.6万台の半数以下の出荷となり、市場全体に占める比率も3.5%と今後の動向が注目される。

Photo 2018年第1四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別 シェア
Photo 2018年第1四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェア

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう