ニュース
» 2009年11月30日 11時55分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「冬のボーナスでハイエンドPCを組むのは厳しいかも」 (1/4)

2009年内の入荷が絶望視されている人気パーツは多い。特に登場したばかりのRadeon HD 5970は、同メーカー製品の再入荷が「年内中はまずありえない」と言われている。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「今年再入荷したら奇跡」――Radeon HD 5970や脳波マウスが“年納め”的に入荷

og_akiba_001.jpg HIS「H597F2GD」と、ギガバイト「GV-R597D5-2GD-B」

 先々週のSapphireと玄人志向に続き、先週も複数のメーカーからRadeon HD 5970搭載カードが発売された。ギガバイトの「GV-R597D5-2GD-B」とHISの「H597F2GD」、XFXの「HD-597A-CNF9」「HD-597A-CNB9」で、HD-597A-CNB9はオーバークロック仕様となっている。価格は7万2000円から9万円のあいだだが、それぞれの入荷数がごく少数のため、現在は入手困難な状況となっている。

 前回お伝えした通り、前評判の高いモデルながら、各ショップに届く問い合わせは激減している様子だ。ドスパラ秋葉原本店は「もう近いうちの入手は無理とあきらめている人が多いと思われます。普通に店頭に並んでいたら驚くレベルの製品ですし」と語る。

 実際、まだ潤沢に出回るめどは立っていないそうだ。ソフマップ秋葉原本館も「各メーカーで国内出荷数が数枚というレベルで、本当に入荷しづらい状況です。同じ型番のカードの年内再入荷は奇跡が起きないとありえないでしょう。年明けも潤沢になるめどは立っていないので、まだリリースしていないメーカーの製品が入荷した瞬間に購入するしか手がないでしょうね」と話していた。

 GeForce GTX 285/295カードも似たような状況ながら、先週は比較的まとまった数量が各ショップに入荷していた。しかし、深刻度はこちらのほうが上だ。某ショップは「GeForce GTS 250以上は生産が終了したので、各ベンダーが最後のストックを放出したとみるのが正しいでしょう。つまり、今後の再入荷は望み薄ということです。NVIDIA系の次世代GPUが登場するのは来年の2月以降との話もあります。それまでにRadeon HD 5800/5900シリーズが潤沢になればいいですが微妙な状況ですね。とりあえず、冬のボーナスでハイエンドPCを組もうと思っている人は、残念な思いをするのではと思います」と教えてくれた。

 一方、先週は以前話題を集めた名アイテムの再入荷が目立っていた。パソコンハウス東映は、OCZの“脳波マウス”こと「Neural Impulse Actuator」を1万1800円で販売中だ。2008年8月に登場した際は2万5000円前後だったが、半額以上安く購入できるようになった。同ショップは「実用できるかはその人次第かと思いますが、試してみたい人は多いと思います。この値段ならちょっと試してみようという人に人気がでるかもしれないですね。ただ、入荷数は少なめなので、お早めに」と話していた。

 また、クレバリー2号店には、Lenovoの「ThinkPad USB Keyboard with Track Point」が5970円で再入荷していた。トラックポイントを搭載したThinkPadふうのUSBキーボードで、2009年9月に登場して以来、再入荷が待ち望まれていたという。同ショップは「タイプ感のよいスリムなキーボードです。デスクトップでもThinkPadの操作性を実現したいという人に人気がありましたが、なかなか再入荷できなかったんですよ。これで需要が少しでも満たせればいいですね」と語る。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpg H597F2GDの中身。標準仕様のカードは、全長30センチを超えている(写真=左)。OCZ「Neural Impulse Actuator」(写真=中央)。Lenovo「ThinkPad USB Keyboard with Track Point」(写真=右)

 なお、先週は入力デバイスの新製品が豊富にそろっていた。次のページでまとめて紹介しよう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.