レビュー
» 2010年08月13日 11時00分 公開

WiMAX Speed Wi-Fi「URoad-7000」ロードテスト:第1回 URoad-7000、バッテリーは山手線換算で「何周ぶん」か (2/2)

[井上翔(K-MAX),ITmedia]
前のページへ 1|2       

山手線換算で何周できるか

photo 都区内フリーきっぷで、田端駅からスタート

 スタートはJR山手線の外回り、14時頃発車の田端駅。まず──モバイルWiMAXは、以前「VAIO XUD01SS」(レビュー:「VAIO 2009年冬モデルロードテスト:“都区内パス”で調べる、「VAIO X」軽量バッテリーの駆動時間」)で試した2009年11月頃と違い、通信環境がかなりよくなったことに気づく。以前は切断、あるいは通信が不安定だった鶯谷駅近辺も、今回はなにごともなかったように通信は途切れず、快適に動画を再生できた。

 途中、“とはいえ目黒−恵比寿駅間などでやや不安定な場所”もあったが、無事田端駅に到着。URoad-7000のバッテリーインジケータは“緑色”で、まだ残量には余裕がある。

 ガタンゴトン。


photo

 「3周目」でようやくバッテリー残量が半分を切ったことを示す“オレンジ色”になり、「4周目」で残量20%以下を示す“赤色”になった。そして、4周目の新宿駅が見えてきたところでバッテリーが尽きた。

 というわけで「(約)3.75周」だった。

 時間換算すると3時間47分くらい。2台のクライアントを同時に通信、かつほぼ通信しっぱなしでも公称値の3時間半を上回ったのは「意外に持ったなぁ」という印象で、上々の結果といえる。


 次回は少し現実に目を戻して、近場の観光スポットでどう使えるかを試そう。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう