ニュース
» 2011年01月27日 15時00分 UPDATE

2011年PC春モデル:プレミアムな“J”はSandy Bridgeをまとう──「Let'snote J10」

軽量1スピンドルの「Let'snote J」シリーズに2011年春モデルが登場。マイレッツ倶楽部モデルプレミアムエディションは、“Sandy Bridge”世代のCPUを搭載する。

[ITmedia]

サードパーティから専用ジャケットも登場する

 2011年春モデルとして登場する「Let'snote J10」は、主要スペックを従来の「Let'snote J9」から踏襲する。本体の外側に装着するジャケットが標準で付属し、サイズはジャケット装着時で259(幅)×185(奥行き)×39〜48(厚さ)ミリ、ジャケット未装着状態で251(幅)×185(奥行き)×27.3〜35.1(厚さ)ミリ。

 店頭向けモデルでは、ハードウェア構成が異なる「スタンダードモデル」と「ハイパフォーマンスモデル」が2011年春モデルでも用意される。どちらも採用するプラットフォームはCPUにArradale世代を採用する“Calpella”(開発コード名)だ。

 スタンダードモデルはCPUにCore i3-380M(2.53GHz)を採用、データストレージには160GバイトのHDDを搭載する。本体の重さは約1.185キロ(ジャケット装着時)で、バッテリー駆動時間は約7.5時間。ハイパフォーマンスモデルは、CPUがCore i5-480M(2.66GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大2.93GHz)、データストレージには容量128GバイトのSSDを採用する。本体の重さは約1.205キロ(ジャケット装着時)で、バッテリー駆動時間は約12時間になる。

10.1型ワイドで1366×768ドットが表示可能

 どちらのモデルも、システムメモリは標準構成で2Gバイト、最大6Gバイトまで拡張可能だ。液晶ディスプレイは10.1型ワイドで解像度は1366×768ドットとLet'snote S10Let'snote N10より高い。本体に搭載するインタフェースは、USB 2.0が3基(左側面に1基、右側面に2基)、HDMI出力、アナログRGB出力、SDメモリーカードスロットを備える。ネットワークは1000BASE-Tまで対応する有線LANとIEEE 802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、そしてモバイルWiMAXが標準構成で利用できる。

 OSはWindows 7 Home Premiumで初期設定時に64ビット版と32ビット版を選択できる。なお、従来モデルと同様、2011年春モデルでもvProには対応しない。

kn_letsj10_02.jpgkn_letsj10_01.jpg 店頭向けのスタンダードモデルはジャケットカラーが「シフォンホワイト」(写真=左)、ハイパフォーマンスモデルが「パンサーブラック」になる(写真=右)

ジャケットが選べるマイレッツ倶楽部モデル

 マイレッツ倶楽部モデルでは、ハイパフォーマンスモデルとプレミアムエディションが用意される。ハイパフォーマンスモデルは、CPUにCore i5-480Mと店頭向けのハイパフォーマンスモデルと同様だが、データストレージのHDDは640Gバイトに拡張。Bluetooth Ver.2.1+EDRも利用できる。プレミアムエディションでは、プラットフォームがインテル最新の“Huron River”に変更され、CPUも“Sandy Bridge”こと第2世代Coreプロセッサー・ファミリーのCore i7-2620M(2.7GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.4GHz)を搭載、チップセットはIntel H65 Expressを採用する。データストレージは256GバイトのSSDだ。無線接続でワイヤレスWANを選択できるが、その代わりにExpressCardスロットを内蔵することも可能だ。

 マイレッツ倶楽部モデルでは、バッテリーも標準タイプと軽量タイプを選べる。ハイパフォーマンスモデルでは軽量バッテリー搭載時の重さが約1.195キロでバッテリー駆動時間が約7時間。標準バッテリー搭載時で重さが約1.285キロでバッテリー駆動時間が約10.5時間。プレミアムエディションでは、ワイヤレスWAN対応構成に軽量バッテリーを搭載して重さが約1.155キロ、バッテリー駆動時間が約7時間、標準バッテリーを搭載して重さが約1.245キロ、バッテリー駆動時間が約10.5時間。ExpressCardスロット対応構成に軽量バッテリーを搭載して重さが約1.145キロ、バッテリー駆動時間が約8時間、標準バッテリーを搭載して重さが約1.235キロ、バッテリー駆動時間は約12時間となる。

 ジャケットカラーもハイパフォーマンスモデルでは店頭モデルと同じ「シフォンホワイト」と「パンサーブラック」からの選択になるが、プレミアムエディションでは「シフォンホワイト」と「パンサーブラック」に加えて「カーディナルレッド」と「イーグルブラウン」が用意される。また、バッファローコクヨサプライから専用ジャケット「トリコロールカラー」「ブラックリボン」が発表され、2月10日から出荷を開始する。

Let'snote Jシリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
J10 CF-J10 (CF-J10PYAHR) 1スピンドル CPU強化 Core i3-380M(2.53GHz) 2GB (DDR3) 160GB 64ビット版/32ビット版7 Home Premium 12万円前後
CF-J10 (CF-J10PYPHR) 1スピンドル CPU強化 Core i3-380M(2.53GHz) 2GB (DDR3) 160GB 64ビット版/32ビット版7 Home Premium 14万5000円前後
CF-J10 (CF-J10QYBHR) 1スピンドル CPU強化 Core i5-480M(2.53GHz) 2GB (DDR3) SSD 128GB 64ビット版/32ビット版7 Home Premium 18万円前後
CF-J10 (CF-J10QYNHR) 1スピンドル CPU強化 Core i5-480M(2.53GHz) 2GB (DDR3) SSD 128GB 64ビット版/32ビット版7 Home Premium 20万5000円前後
Let'snote Jシリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU vPro/オフィス 重量
J10 CF-J10 (CF-J10PYAHR) 10.1型ワイド 1366×768 Intel HM55 CPU統合 −/− 約1185グラム (ジャケット装着時)
CF-J10 (CF-J10PYPHR) 10.1型ワイド 1366×768 Intel HM55 CPU統合 −/Office Home and Business 2010 約1185グラム (ジャケット装着時)
CF-J10 (CF-J10QYBHR) 10.1型ワイド 1366×768 Intel HM55 CPU統合 −/− 約1205グラム (ジャケット装着時)
CF-J10 (CF-J10QYNHR) 10.1型ワイド 1366×768 Intel HM55 CPU統合 −/Office Home and Business 2010 約1205グラム (ジャケット装着時)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう