ニュース
» 2011年04月01日 20時24分 UPDATE

PC販売ランキング(2011年3月21日〜3月27日):“Sandy Bridge”の新モデルも順調にランクイン──中でも人気は? (1/2)

3月後半になり、売れ筋の大半は2011年の春モデルとなった。少し出遅れぎみだった“Sandy Bridge”世代の新モデルもじわじわ順位を上げている。【2011年3月第4週版】

[ITmedia]

ノートPC:首位はベーシックなA4ノート「LaVie S」、“Sandy”マシンも2モデルランクイン

photophoto 首位のNEC「LaVie S」、新プラットフォームを採用する「LaVie L(LL750DS)」(8位)

 今回は3月第4週の集計。このたび発生した震災により、PC販売の動向は今後も含めて個人消費・メーカーの供給量ともに影響があると予想されるが、2011年2月後半より販売が再開されたコードネーム:Sandy Bridge世代の新モデルがランキングに登場し、じわじわ順位を上げている。

 首位は前回に続きNEC「LaVie S(PC-LS150DS6)」が獲得。続いて2位に同じくNEC「LaVie S(PC-LS550DS6)」(1位PC-LS150DS6の上位モデル)、3位に東芝「dynabook T350(PT35046BSF)」、4位に「dynabook T350(PT35056BBF)」(3位 PT35046BSFの上位モデル)、5位にソニー「VAIO E(VPCEB49FJ)」が入った。

 さて、2011年PC春モデルの目玉の1つに第2世代のCore iシリーズを採用した新モデルがある。1月31日に判明したIntel 6シリーズチップセットの不具合の影響で、2011年度の春商戦に間に合わない──と一時心配されたが、メーカー、ベンダー関連各社の努力でこの騒動は収束方向にあり、2月後半から3月初旬にかけて各PCメーカーも対策済みの第2世代のCore iシリーズ搭載モデルを発売・再販売した。

 そんな第2世代Core iシリーズ搭載モデルは、NEC「LaVie L(PC-LL750DS6)」(Core i5-2410M搭載)と富士通「FMV LIFEBOOK AH(FMVA56C)」(Core i5-2520M搭載)の2モデルがそれぞれ8位、9位にランクインした。これらのさらなる浮上とともに、このほかのモデルの躍進にも期待したい。


ノートPC販売ランキング TOP10

2011年3月21日〜3月27日
順位前回順位メーカー製品名
1位1NECLaVie S(PC-LS150DS6)
2位3NECLaVie S(PC-LS550DS6)
3位2東芝dynabook T350(PT35046BSF)
4位4東芝dynabook T350(PT35056BBF)
5位6ソニーVAIO E(VPCEB49FJ)
6位7東芝dynabook T350(PT35034BSF)
7位5富士通FMV LIFEBOOK AH(FMVA53C)
8位9NECLaVie L(PC-LL750DS6)
9位8富士通FMV LIFEBOOK AH(FMVA56C)
10位10ソニーVAIO E(VPCEE47FJ)

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。



ノートPC新モデル関連記事一覧




       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.