ニュース
» 2011年11月01日 10時00分 UPDATE

2011年PC秋冬モデル:ソニーの最上位モバイル「VAIO Z」にCPUを強化した直販限定モデル

ソニーの直販サイトで販売される「VAIO Z」のオーナーメードモデルでCPUの選択肢が強化され、最小構成価格も13万4800円へと引き下げられている。

[ITmedia]
og_vaioz_001.jpg VAIO Z。色は直販限定カラーの「ゴールド」

 ソニーは11月1日、モバイルノートPC「VAIO Z」の直販限定モデル(VAIOオーナーメードモデル)において、CTOツリーの一部を変更し2011年秋冬モデル(VPCZ22AJ)として投入する。出荷は最速で11月6日になる予定だ。

 VAIO Zは、薄型・軽量化を極限まで追求しつつ、外部GPUや光学ドライブを外付けドック(Power Media Dock)として提供することにより性能との両立を図ったソニーの最上位モバイル機。限定ボディカラーやハイスペックな構成を選択できるVAIOオーナーメードモデルでは、CPUのCTOツリーにCore i7-2640M(2.80GHz)/Core i5-2435M(2.40GHz)/Core i3-2330M(2.20GHz)の選択肢が新たに用意された。

 1920×1080ドット表示の13.1型ワイド液晶(Adobe RGBカバー率96%)をはじめ、RAID 0構成のデュアルSSD(6Gbps対応)、英字配列/日本語配列のキーボード、キーボードバックライトやPower Media Dockの有無などは従来同様に選択可能。一方、ワイヤレスWAN機能は3Gの選択肢が省かれ、NTTドコモの「Xi」に対応するLTE内蔵の有無のみとなっている。

 VAIOオーナーメードモデルの最小構成価格は13万4800円で、夏モデル発表当初の14万4800円から1万円ほど安い価格設定となった。なお、店頭向けには夏モデル(VPCZ219FJ)が継続して販売される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.