レビュー
» 2012年04月20日 19時51分 UPDATE

X79&GTX 680をお手ごろ価格で:高コスパ×鉄板のゲーミングPC「NEXTGEAR i830GA2」を試す (2/2)

[後藤治,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「SandyBridge-E」+「GeForce GTX 680」、ベンチの結果は?

 評価機のスペックを再掲すると、Core i7-3820(3.6GHz/最大3.9GHz)、16Gバイトメモリ、1TバイトHDD、DVDスーパーマルチ、そしてGeForce GTX 680(2Gバイトメモリ)という内容だ。実施したベンチマークテストは、PCMark Vantage、PCMark7、3DMark Vantage、3DMark11、ゲーム系ではFINAL FANTASY XIV Official Benchmarkと、MHFベンチマーク【大討伐】。3DMark VantageはEntry/Performance/High/Extreme、3DMark11はEntry/Performance/Extremeを計測した。

 また、参考として以前レビューした「NEXTGEAR i540GA1」と「NEXTGEAR-MICRO im820PA1」を3DMark11で比較している。前者はSandy Bridge世代のCore i7-2600(3.4GHz/最大3.8GHz)とGeForce GTX 580の組み合わせ、後者はSandy Bridge-EのCore i7-3930K(3.2GHz/最大3.8GHz)とGeForce GTX 580の組み合わせになる。GeForce GTX 680の採用により、どれだけゲーミングPCとしての適正が上がったのか興味深いところだ。

評価機の主なスペック NEXTGEAR i830GA2 NEXTGEAR-MICRO im820PA1 NEXTGEAR i540GA1
CPU Core i7-3820(3.6GHz/最大3.9GHz/4コア) Core i7-3930K(3.2GHz/最大3.8GHz/6コア) Core i7-2600 (3.4GHz/3.8GHz/4コア )
グラフィックス GeForce GTX 680(2GB) GeForce GTX 580(1.5GB) GeForce GTX 580(1.5GB)
メモリ 16GB(PC3-12800) 16GB(PC3-12800) 8Gバイト(PC3-10600)
データストレージ 1TB(7200rpm) 1TB(7200rpm) 1TB(7200rpm)
OS 64ビット版Windows 7 Professional 64ビット版Windows7 Home Premium 64ビット版Windows7 Home Premium
og_i830_008.jpg Windowsエクスペリエンスインデックスの画面

 まずはWindowsエクスペリエンスインデックスから見ていこう。結果は最低が5.9で、これはストレージにHDDを採用しているので仕方のないところ。そのほかのスコアは、CPUが7.7、グラフィックススコアはデスクトップと3Dゲームともに7.9、メモリも7.9と総じて高く、軽快にWindows 7を操作できるパフォーマンスを備えているのが分かる。

 続いて、日常操作をシミュレートするPCMarkVantageのスコアは、大台の1万を余裕で超えた。ストレージがSSDではないため、HDDスコアが5025と足を引っ張っている部分はあるものの、高い処理性能を証明した。PCMark7も同様の傾向で、せっかくならシステムドライブは前述したSSDに変更したいところだ。

 一方、3D描画性能を測るベンチマークテストの結果は、3DMark VantageのHighで23618、Extremeで18667と非常に優秀な結果といえる。DirectX 11対応の3DMark11も良好なスコアで、GeForce GTX 580を搭載した比較機種をいずれも上回った。本機なら最新の3Dゲームを快適に楽しめるだろう。なお、FINAL FANTASY XIV Official BenchmarkはHighで6231、MHFベンチマーク【大討伐】は30438(デフォルト設定)となった。

og_i830_009.jpgog_i830_010.jpgog_i830_011.jpg PCMarkVantage(画面=左)。PCMark7(画面=中央)。3DMarkVantage(画面=右)

og_i830_012.jpgog_i830_013.jpgog_i830_014.jpg 3DMark11 Entry(画面=左)。3DMark11 Performance(画面=中央)。3DMark11 Extreme(画面=右)

 なお、アイドル時はそれほど騒音を感じなかったものの、システムに高い負荷をかけるベンチマークテスト中は、はっきりとファンノイズが聞こえてくる。ゲーム中はヘッドフォンをつける人が多いと思われるが、机上に設置して日常的に使う人は、(特に夜中は)少し気になるかもしれない。


 G-TuneのNEXTGEAR i830GA2(ゴールドモデル)は、最新のハイエンドGPUを搭載した評価機の構成で15万9600円と、高性能なゲーミングモデルとしては比較的手の届きやすい価格に収まっている。Intel X79ベースのプラットフォームも、グラフィックスカードの複数枚差しや最大64Gバイト容量のメモリなど、将来的な拡張の際に性能面で期待が持てる。80PLUS GOLD認証を持つ高品質な700ワット電源を搭載しているのもポイントで、バランスのよいゲーミングマシンとしてはもちろん、SSDや大容量メモリ、水冷システムなど、好みのオプションを組み合わせ、末永く使えるメインマシンとして検討したい。

news114.jpg

→「NEXTGEAR i830GA2」をマウスコンピューター公式サイトで購入する
最新のグラフィックを搭載したハイスペック・カスタムモデル!!


前のページへ 1|2       

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-