ニュース
» 2013年04月19日 14時30分 UPDATE

タブレットからリモートデスクトップ操作も可能:ASUS、“18.4型フルHD”のAndroidタブレットと液晶一体型Windows 8デスクトップPCを融合した「TransAiO P1801」

「TransAiO P1801」は18.4型フルHD液晶のスクリーン部を着脱できる液晶一体型デスクトップPC。合体時はWindows 8とAndroidのデュアルOSを使えるデスクトップマシン、分離時はAndoridタブレットとして利用できる。さらにタブレットからWindowsデスクトップへのリモートアクセスも可能だ。

[ITmedia]

デュアルOS、3つのモードを備えた新発想の家庭向けPC+タブレット

tm_1304transai_01.jpg 18.4型フルHD液晶ディスプレイ内蔵の「スクリーン」部を「PCステーション」部と合体、分離できる「TransAiO P1801」

 ASUSTeK Computerは4月19日、18.4型の大画面AndroidタブレットとWindowsデスクトップを1台で兼ねる斬新な液晶一体型PC「TransAiO P1801」を発表した。2013年4月20日に発売する。価格はオープン、実売価格は15万9800円の見込みだ。

 TransAiO P1801は、18.4型フルHD液晶ディスプレイ内蔵の「スクリーン」部を「PCステーション」部と合体、分離できる2ピース構成の製品。用途に合わせて、「PCモード」「PADモード」「リモートデスクトップモード」の3つを切り替えながら利用できる。

 2つを合体させたPCモードでは、Windows 8搭載の液晶一体型タッチPCとして扱えるほか、ワンボタンでWindowsとAndroidの2つのOSを切り替えられる。スクリーンだけを分離させたPADモードでは、単体の大画面Androidタブレットとして使用可能だ。そしてリモートデスクトップモードでは、PCステーションとタブレットを同じ無線LANアクセスポイントに接続することにより、分離したスクリーンからワイヤレスでWindowsデスクトップ環境を操作できる。

 さらに、PCステーションのHDMI出力端子をテレビや外部ディスプレイに接続すれば、Windows PCとAndroidタブレットを別々に使うことも可能だ

Core i7+GeForce+Windows 8のパワフルな「PCステーション」

tm_1304transai_02.jpg PCステーションにスクリーンを合体させれば、デュアルOSの液晶一体型デスクトップマシンとして扱える

 PCステーション側はOSに64ビット版のWindows 8を採用。Core i7-3770(3.4GHz/3.9GHz)、Intel B75 Expressチップセット、NVIDIA GeForce GT 730M、8Gバイトメモリ(PC3-12800)、2TバイトHDD、DVDスーパーマルチドライブを備える。

 通信機能は1000BASE-Tの有線LAN、IEEE802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0を標準装備。インタフェース類はHDMI出力、USB 3.0×4、USB 2.0×1、SDHC対応SDメモリーカード/MMCスロット、ヘッドフォン出力、マイク入力を備えている。本体にはASUS SonicMasterオーディオシステムに準拠した3ワット+3ワットのステレオスピーカーも内蔵。PCモード時はスクリーン側の内蔵マイクとWebカメラを利用する仕様だ。

 電源はACアダプタを採用。PCステーションの本体サイズは466(幅)×162(奥行き)×267(高さ)ミリ、重量は約4.1キロだ。ワイヤレスの114キー日本語キーボードとマウスが付属する(PADモードでは利用不可)。

18.4型フルHDの大画面Androidタブレットにもなる「スクリーン」

tm_1304transai_03.jpg スクリーン側は単体でAndroidタブレットとして利用できる

 スクリーン側はOSにAndroid 4.1を採用。NVIDIA Tegra 3(1.7GHz/クアッドコア動作時最大1.6GHz)、2Gバイトメモリ(DDR3L)、32Gバイトストレージ(eMMC)を備える。18.4型ワイド液晶ディスプレイはIPS方式を採用し、解像度は1920×1080ドット、静電容量式のタッチスクリーンは10点マルチタッチ対応だ。

 通信機能はIEEE802.11b/g/nとBluetooth 3.0+EDRを標準装備。インタフェース類はMini USB×1、SDXC対応のmicroSDカードスロット、ヘッドフォン出力、マイク入力、PCステーションとのドッキングポートを備える。ASUS SonicMasterオーディオシステムに準拠した1.5ワット+1.5ワットのステレオスピーカー、マイク、100万画素のインカメラ、GPS、加速度センサーも内蔵した。

 本体内蔵のバッテリーによる駆動時間は約5時間。スクリーンの本体サイズは466(幅)×294(高さ)×18(厚さ)ミリ、重量は約2.4キロだ。PCステーションに合体させた状態では、466(幅)×162(奥行き)×376(高さ)ミリ、重量は約6.5キロとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.