ニュース
» 2014年03月12日 21時19分 UPDATE

密度の濃いメンバーが集う場として:インテル、日本企業との連携拠点「インテルコラボレーションセンター」開設

日本企業の技術をインテルと連携して世界に発信する拠点がオープン。そこでは、Ultrabook、タブレット、スマートフォンを進化させる「日本の技術」を体験できる。

[長浜和也,ITmedia]

日本の“いいもの”を世界に発信する拠点として

kn_intelcc_01.jpg インテルコラボレーションセンターのテープカットを行うインテル代表取締役者社長の江田麻季子氏(中央)、執行役員技術本部長の土岐英秋氏(右)、マーケティング本部本部長の山本専氏(左)

 インテルは、3月12日につくば本社内に「インテル コラボレーション・センター」を開設し、関係者にその内部と展示しているデモを紹介した。

 インテルコラボレーションセンターは、日本やアジアの企業とコラボレーション開発を促進するために設けた施設だ。2012年4月には、その前身となるインテルヒューマン・インタラクティブ・テクノロジー・アプリケーション・センターを設置し、将来のコンピューティングの利用や必要とする技術について議論をかさねてきた。開設からの訪問数は100社1100名に上る。今回、改めて開設した施設は、インテル以外の企業との開発におけるコラボレーションを促進するのが目的だ。

 東京から離れたつくば本社まで訪れるだけあって、「密度の濃い」(インテル執行役員技術本部長 土岐英秋氏)メンバーが集まり、センターのデモを見ながらインテルの技術を使ってできることのアイデアを出し合って議論を深め、その結果、具体的な形となった20例のデモをインテルコラボレーションセンターで見ることができる。

 インテルコラボレーションセンターのコンセプトは「日本からのイノベーションを発信」で、日本の市場にあるいいものを世界に発信していく支援をインテルが行うことを目指している。

 以下に、インテルコラボレーションセンターで展示しているデモを紹介していこう。

Olympus Media Glancer

 オリンパスとのコラボレーション。BluetoothでPCやタブレット、スマートフォンと接続して内蔵したディスプレイに表示する。重さは約24グラムでバッテリー駆動時間は、現在のところ動画の連続再生で約100分程度という。ただし、USB接続のバッテリーパックを複数用意しておけば、交換することで駆動時間は伸ばすことができる。本体部分は“つる”の部分から取り外せるほか、汎用の眼鏡に装着できるアダプターも用意している。

kn_intelcc_10.jpgkn_intelcc_09.jpgkn_intelcc_11.jpg Olympus Media Glancerには、アダプターを使って汎用眼鏡に取り付けることも可能。また、USBで接続する交換可能なバッテリーパックも用意している

自然光による静脈認証。手のひら静脈による本人認証

 自然光による静脈認証は、ユニバーサル・ロボットとのコラボレーション。1枚の掌画像から静脈パターンと掌紋を抽出して認証に利用する。専用のセンサーがいらないほか、独自の静脈認証アルゴリズムと三次元画像補正技術を利用しながらも、タブレットやスマートフォンといった小型デバイスでも短時間で処理ができる。

 手のひら静脈による本人認証は富士通、富士通フロンテックとのコラボレーション。こちらは、縦横25ミリ、厚さ6ミリ、重さ4グラムの手のひら静脈センサーをタブレットやUltrabookに組み込み個人認証に使う。手をかざすと1秒程度で認証処理を行う。

kn_intelcc_12.jpgkn_intelcc_13.jpgkn_intelcc_14.jpg 専用のセンサーを内蔵しなくても利用できる自然光による静脈認証を組み込んだタブレットと手のひら静脈による本人認証を利用できるUltrabook

TIZEN IVIによるConnected Car

 ゼンリツデータコムとのコラボレーション。車載情報システムの共通プラットフォームとしてTIZENを用いたTIZEN IVIの採用をインテルは支援しているが、TIZEN IVIに対応した3Dナビゲーションシステム・エンジンをゼンリツデータコムが開発している。インテルコラボレーションセンターでは開発中のナビゲーションソフトや表示系のAPIを使った計器画面を見ることができる。

kn_intelcc_06.jpgkn_intelcc_07.jpgkn_intelcc_08.jpg ゼンリンデータコムが開発中のTIZEN IVI対応3Dナビゲーションシステム

Ethernet AVBデジタルスピーカー

 ディー・クルー・テクノロジーズ、オンキヨー、Trigence Semiconductorとのコラボレーション。デジタル・オーディオ・データと電力をEthernnetでPCから送出し、デジタルスピーカーで再生する。デジタルスピーカーのボイスコイルまでデジタルデータのままなので、高音質、かつ、アナログアンプがいらないため発熱を抑制できる。また、Ethnernetでサウンドデータを扱えるEthernet Audio Video Bridgingをサポートするため、Ethnernetケーブルだけで接続が済むほか、電力をEthernetで扱えるPower Over Ethernetに対応するスピーカーなら電源ケーブルが不要になる。

kn_intelcc_03.jpgkn_intelcc_04.jpg Ethnernet AVBデジタルスピーカーのデモシステムは、Bluetoothで接続したスマートフォンから左右2chのサウンドデータをEthernetケーブルでEthernet AVB HUBに送り、そこから左右チャネルに分離してPoE Hubに送り、電力とともにデジタルスピーカーに送る

医療向けフィンガー・ジェスチャー・ソリューション

 NEC、NECシステムテクノロジーとのコラボレーションによる開発成果だ。Kinectを接続したPCで、カメラに掲げた手の動きでPCを操作することで、手術中でもPCに触れることなく必要なデータにアクセスできる。掲げた手の動きの認識には、NECが独自に開発したアルゴリズムを利用している。

kn_intelcc_02.jpgkn_intelcc_05.jpg カメラに掲げた手の動きでPCに触れることなく操作ができることで、施術中における衛生管理も向上する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.