連載
» 2015年06月14日 06時00分 UPDATE

週末アップルPickUp!:これ欲しい! 「Apple Design Award 2015」受賞アプリ12選

WWDC 2015でアワードに輝いた注目アプリをチェック!

[らいら,ITmedia]

 アップルの開発者向けイベント「WWDC 2015」にて、デザインや機能が優れたアプリに贈られる「Apple Design Award 2015」が発表されました。

og_applepickup_001.jpg 新OSや「Apple Music」の話題で持ちきりですが、「Apple Design Award 2015」も見逃せません

 このアワードは毎年恒例となっており、2014年は「スカイ・ガイド」が受賞したことでさらに人気のアプリとなりました。今年選ばれた12本も素晴らしい出来のものばかり。さっそくチェックしてみましょう!

みんな大好きゲームアプリ

og_applepickup_002.jpg 受賞したゲームアプリ「Shadowmatic」

 受賞アプリ12本のうち、7本を占めたのはゲームアプリでした。

  • 影を使ったパズルゲーム「Shadowmatic」(360円)
  • 子供向け知育ゲーム「Metamorphabet」(480円)
  • 中毒性のあるアーケードゲーム「Crossy Road」(無料)
  • ドライビングゲーム「Does Not Commute」(無料)
  • 次世代のオンラインバトルゲーム「Vainglory」(無料)
  • 小学生向けクイズアプリ「Elementary Minute」(120円)※学生受賞者
  • ゴールに向けてボールを転がす、ミニマルなデザインが特徴の「jump-O」(無料)※ 学生受賞者


 注目は2014年9月のアップルスペシャルイベントでも紹介された「Vainglory」でしょうか。超高画質なグラフィックと操作性の高さが注目を集めています。

実用的な仕事効率化アプリ

og_applepickup_003.jpg 受賞したカレンダーアプリ「Shadowmatic」

 仕事でアップル製品を使うことが多い方は、仕事効率化カテゴリのアプリをチェック! 「Fantastical 2」はMac、iOSデバイス、Apple Watchで使える人気カレンダーアプリです。

 日本語の自然言語認識に対応した2015年3月、ITmediaでは開発元であるFlexbitsのCEO、マイケル・シモンズ氏にインタビューしています!(受賞の決め手となった自然言語解析機能の開発裏話)。今回の受賞を記念し、Mac版は20%オフの4800円で提供中です。



 自動化ツール「Workflow」(400円)はリリース直後から国内でも話題沸騰だったので、すでに購入している人も多いのでは? iPhone上にある複数のアプリを連係させ、操作を自動化することのできる革新的なアプリです。



 日本未発売の「Robinhood」は、シンプルなデザインが美しい株価売買アプリ。売買取引手数料が無料となるサービスで、日本でのリリースが待たれます。

 ほかには、音楽をリミックスできるアプリ「Pacemaker」(無料)や、OS X向けデザインアプリ「Affinity Designer」が選ばれました。「Affinity Designer」は受賞を記念し、4800円となる20%オフセールを実施中。脱Illustratorしたい方はこの機会にどうぞ!



※アプリの価格はすべて6月12日現在のものです。購入の際はApp Storeにてご確認ください。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-