ニュース
» 2009年03月16日 14時58分 UPDATE

店頭に並ぶケータイの画面を広告に――DNPと日立、auショップで試験サービス

店頭に並んだケータイの画面を広告に――。こんな試験サービスを、大日本印刷と日立製作所が実施する。複数の携帯画面を1つの画面のように連動させて広告を表示する。

[ITmedia]
Photo 試験サービスの展開イメージ

 ショップの店頭に並ぶケータイの画面を広告に――。大日本印刷と日立製作所が、こんなデジタルサイネージの試験サービスを開始した。3月23日から約2カ月間、KDDIと講談社、アイ・ティー・シーネットワークの協力を得てauショップ品川店で展開する。

 ケータイショップや家電量販店の店頭にディスプレイされている携帯電話を、広告媒体として利用しようという試み。複数端末のケータイ画面を1つの画面のように使って広告を表示する技術を採用し、アイキャッチ効果の高い広告メディアを目指す。

 auショップ品川店には、5台の「W63H」が横一列に並び、右から左へと画像を動かす形で広告を表示。一定間隔で自動的に幕を下ろすことで上下方向の変化を加え、アイキャッチ効果を高める。広告画像は、KDDI、日立の携帯電話「H001」、講談社の「萌える麻雀入門 もえじゃん!」を配信する。

 試験サービスでは、横一列に並んだ携帯の画面に広告を配信するが、縦や階段状などの異なる陳列方法にも対応できるという。また、地域や時間帯によって、配信する広告の内容を変えることも可能だ。

 実証実験では、基本仕様の開発をDNPが担当し、携帯アプリの開発を日立製作所が担当。なお、アプリは情報配信サービス「キメクル」の技術を生かして開発された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.