ニュース
» 2010年04月26日 15時50分 UPDATE

ドコモ、ルネサスと端末メーカー4社、新アプリケーションプラットフォームを共同開発

NTTドコモ、ルネサス エレクトロニクス、富士通、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープの6社が、Linux OSやSymbian OSで動作する共通アプリケーションプラットフォームを共同開発する。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモ、ルネサス エレクトロニクスと富士通、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープの6社が4月26日、LinuxとSymbianの両OSに対応した新たなアプリケーションプラットフォームを共同開発すると発表した。2011年度の後半に発売予定の端末に搭載する計画。

 現在ドコモ向けの端末は、NECとパナソニック モバイルコミュニケーションズがLinux OSをベースとしたMOAP(L)、富士通とシャープがSymbian OSをベースにしたMOAP(S)というプラットフォームをそれぞれ採用している。今回の取り組みは、Linux OSとSymbian OSの両方に対応した端末で共通に搭載可能なアプリケーションプラットフォームの開発を目指すもの。基本機能の部分を共通化させることで、開発期間の短縮と開発コストの低減を図り、メーカー各社が独自機能の開発にリソースを割けるようにする。新しいアプリケーションプラットフォームでは、共同開発する6社の端末開発ノウハウを融合し、アプリケーション処理能力の高速化や3Dグラフィック処理機能の拡充などを行う。

Photo

 なお新たに開発するアプリケーションプラットフォームは、全世界の携帯電話市場に提供予定。AndroidなどのオープンOSへの対応も検討していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.