ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NTTドコモ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
NTTドコモ - ITmedia Mobile
質問!DoCoMo→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でDoCoMo関連の質問をチェック

買取と販売ともにiPhone7/8が好調 ゲオの中古スマホ3月ランキング
ゲオは、4月8日に「ゲオ中古スマートフォン3月月間ランキング」を発表。販売ランキングは1位はNTTドコモの「iPhone7」で、買い取りランキングでは3キャリアともに「iPhone 7」が1位となった。(2021/4/9)

楽天モバイル、4月8日から「Rakuten UN-LIMIT VI」の3カ月無料キャンペーン
楽天モバイルが、4月8日から料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を3カ月間無料とするキャンペーンを実施する。Rakuten UN-LIMIT VIに新規またはMNPで契約した人、MVNOサービスの楽天モバイル(ドコモ回線とau回線)からプランを変更した人が対象。過去に1年間無料のキャンペーンが適用された人は対象外。(2021/4/8)

楽天モバイル390万回線突破 3カ月無料の新キャンペーンで続く消耗戦
楽天モバイルの申込み回線数が、4月8日に390万回線を突破した。本サービスを開始してからちょうど1年となる。ドコモのahamoなど新料金プランに対抗するため、1月29日に1Gバイトまで無料で利用できる新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表し、加入者の伸びが加速した。(2021/4/8)

「Galaxy S21 5Gシリーズ」が4月22日に日本上陸 NTTドコモとauが取り扱い
サムスン電子のフラグシップスマートフォン「Galaxy S21シリーズ」が日本に上陸する。NTTドコモはGalaxy S21とGalaxy S21 Ultraを、auはGalaxy S21とGalaxy S21+を取り扱う。(2021/4/8)

BTSに絡む「何か」も発表?:
サムスン電子が4月8日10時からYouTubeでライブ配信 新型「Galaxy」を発表か
サムスン電子ジャパンが、4月8日10時からYouTubeの公式チャンネルでライブ配信を行う。NTTドコモやau(KDDI)の公式Twitterアカウントも告知をしていることから、両社からGalaxyスマートフォンの新製品が出る可能性が高い。(2021/4/7)

ドコモ、金融に特化したポータルサイト「dメニューマネー」
NTTドコモは、スマートフォンポータルサイト「dメニュー」内で「dメニューマネー」を提供開始。金融に特化し制作したオリジナル記事をはじめ、金融・投資情報を扱っているメディアと連携してさまざまな情報を取り扱う。(2021/4/7)

消費者庁が「携帯料金」に関する注意喚起を更新 大手キャリアの最新料金プランを反映
消費者庁が「携帯電話に関する注意喚起」の内容を一部更新した。2020年12月から公開している料金面での注意喚起について、NTTドコモと楽天モバイルの新プランを反映している。(2021/4/6)

ドコモ「ahamo」で臨時メンテナンス 4月6日21時半から
NTTドコモは、4月6日21時30分〜4月7日9時に「ahamo」のWebサイトで臨時メンテナンスを実施。メンテナンス中は新規契約/MNP、プラン変更といった手続きができなくなる。(2021/4/6)

ドコモ子会社化の公正性に「疑義あり」 KDDIやソフトバンクら21社が総務省に意見書提出
KDDIやソフトバンクら21社は、NTTによるドコモ子会社化を受けた有識者会議の報告書への意見書をまとめて総務省に提出したと発表した。NTT幹部が総務省幹部を接待していた問題を受け、こうした関係性が行政判断を歪めていないか明らかにすることなどを求めている。(2021/4/5)

iPhone 8が1位、arrows UとGalaxy A21もトップ10入り ムスビーの3月中古スマホランキング
ムスビーは、2021年3月中古携帯/スマホランキングを発表。iPhoneシリーズが総合ランキングに多数ランクインする中、8位にソフトバンクの「arrows U」、9位にNTTドコモの「Galaxy A21 SC-42A」が登場した。(2021/4/5)

会食問題でドコモのNTTコム子会社化に待った 21社が総務省に意見書を提出
ソフトバンクやKDDIなど電気通信事業を行う21社が4月5日、総務省に連名意見書を提出した。NTT持株のNTTドコモ完全子会社化が与える影響を中心に議論する「公正競争確保の在り方に関する検討会議」の報告書(案)に対するもの。NTT持株と総務省の会食問題により、情報通信行政がゆがめられたのではないかとの懸念を指摘する。(2021/4/5)

組み込み開発ニュース:
ミリ波帯サービス実現の一歩、高速で動く5G通信端末で基地局切り替え実験に成功
NTTドコモは2021年3月31日、時速90km以上で走行する車両に5G通信端末を搭載して、連携する複数基地局を瞬時に切り替える実証実験に成功したと発表した。高速移動中の移動体に対する、安定的な5G通信サービスの実現につながる可能性がある。(2021/4/5)

ドコモ、ロボット掃除機やVRヘッドセットなどをレンタルできる「kikito」提供開始
NTTドコモは、4月1日にデバイスレンタルサービス「kikito」を提供開始。ロボット掃除機「ルンバ」や一眼レフカメラ、一体型VRヘッドセットなどを自宅で受け取り、自宅・コンビニから返送できる。(2021/4/1)

ドコモ、arrows 5GとLG V60 ThinQ 5Gの割引施策を4月1日から変更
NTTドコモは、4月1日からドコモオンラインショップ限定で実施している機種購入割引を変更。「arrows 5G F-51A」「LG V60 ThinQ 5G L-51A」が「5G WELCOME割」「はじめてスマホ購入サポート」へと変更される。(2021/3/31)

ドコモ、ahamoのMNP転入手続き受付を再開
NTTドコモがスマートフォン向け新料金プラン「ahamo」のMNP転入手続きの受け付けを再開したと発表。29日から受け付けを停止していた。(2021/3/30)

NTTコムがローカル5Gの支援サービスを提供 ドコモとも連携して“キャリア品質”目指す
NTTコミュニケーションズが、2021年3月31日から「ローカル5Gサービス」を提供する。企業がローカルを5G導入する際のコンサルティング、免許取得、機器構築、運用などの支援をトータルで行う。NTTドコモが持つ、エリア調査や回線設計などに関する知見を取り入れることで、高品質なエリア構築を目指す。(2021/3/30)

ドコモの「ahamo」がMNP新規契約の受け付けを再開 配送時期の遅延は解消せず
NTTドコモが、一時的に見合わせていた「ahamo(アハモ)」のMNPによる新規契約の受け付けを再開した。ただし、SIMカードや端末の配送に遅延が生じる可能性については解消しきれていない。(2021/3/30)

車両や路線の異常を即時に配信:
5Gと深層学習を活用、鉄道インフラを遠隔監視
中央復建コンサルタンツとNTTドコモ、京浜急行電鉄および、横須賀市の4者は、5Gと高速AIディープラーニングを活用して、遠隔地から鉄道インフラをリアルタイムに自動監視する実証試験に成功した。(2021/3/30)

ドコモ、携帯にデータを残したまま修理するサービス 4月から提供
NTTドコモが、携帯電話のデータを残したまま修理するサービス「預かり修理(データあり)」を4月1日に始める。価格は4950円(税込)。(2021/3/29)

「dポイント スーパー還元プログラム」が2021年7月9日に終了
NTTドコモは、2019年6月10日から実施していた「dポイント スーパー還元プログラム」を終了。エントリー受付・還元率アップ期限は7月9日、ポイント最終進呈日は8月31日となる。(2021/3/29)

データや設定を残したまま修理 ドコモが「預かり修理(データあり)」開始
NTTドコモはデータを削除することなく修理を実施し、携帯電話をそのまま返却できる「預かり修理(データあり)」を提供開始。修理拠点で実施可能と判断した場合のみ、修理代金とは別に4500円(税別)を支払えば利用できる。(2021/3/29)

ahamo、事前エントリー254万人 申込み殺到でMNP受付停止
NTTドコモは3月26日からサービスを開始した新料金プラン「ahamo」について、「想定を上回るお申し込み」により、他キャリアからの乗り換え(MNP)を停止した。現時点では申込み再開のめどはたっていない。(2021/3/29)

ドコモの「ahamo」、申し込み集中で配送に遅れ 4月中旬以降の手続き求める
NTTドコモが「ahamo」について、想定以上の申し込みがあり、SIMカードや端末の配送に遅れが出ていると発表。MNP転入手続きの受け付けも停止した。(2021/3/29)

ドコモの「ahamo」に申し込みが集中 配送の遅延が発生 MNP受付も一時停止中
NTTドコモが3月27日から提供を開始した「ahamo(アハモ)」に申し込みが集中している。その影響で、SIMカードや端末の発送に遅延が生じる可能性がある他、3月29日9時現在においてMNPによる新規契約の受け付けも一時的に中止している。【追記】(2021/3/29)

「災害用音声お届けサービス」、2022年3月31日で提供終了 災害用伝言板などを代替に
NTTドコモは災害時に音声メッセージを送受信できる「災害用音声お届けサービス」の提供を2022年3月31日で終了すると発表。同社は終了理由を類似サービスが増えたためとしており、今後は災害用伝言版などの利用を呼び掛けている。(2021/3/29)

5Gビジネスの神髄に迫る:
ローカル5G、フルMVNO、ドコモとの連携――NTTコミュニケーションズの5G戦略を聞く
NTTのグループ会社の中で、とりわけ法人向けビジネスに強みを持つNTTコミュニケーションズ。最近ではフルMVNOやローカル5Gなど、無線通信を活用した法人ソリューションの強化も推し進めている。同社では、法人ユースに対応したネットワークのクオリティーや知見を強みとしている。(2021/3/29)

石野純也のMobile Eye:
「OCN モバイル ONE」新料金プランを解説 「サブブランド対抗」と「ドコモ連携」では課題も
「OCN モバイル ONE」の新料金プランがようやく発表された。現行プランをベースにしつつ、最低利用料金は1GBコースの700円(税別)。MVNOの競合他社と比べても、肩を並べるか、優位性のある料金プランになっている。一方で、ドコモを中心としたNTTグループ再編の観点では課題も残る。(2021/3/27)

携帯各社、2022年3月末に「災害用音声お届けサービス」を終了
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、2022年3月31日に「災害用音声お届けサービス」を終了する。災害時の安否確認は「災害用伝言板」や、+メッセージのボイスメッセージ送信を利用するよう促している。(2021/3/26)

ドコモが「スマホ診断online」をリニューアル 診断項目の増加でショップと同水準に
NTTドコモは、スマートフォンやタブレットの故障診断ができるアプリ「スマホ診断online」をリニューアル。診断項目を従来の17項目から37項目に増やし、ドコモショップの故障診断ツールと同水準で診断可能となる。(2021/3/26)

ドコモの「ahamo」、登録手続きに不具合 一定の条件下で完了画面が表示されず
ドコモのスマホ向け新料金プラン「ahamo」の登録手続きに不具合。一定の条件が重なったとき、手続きが完了しているにもかかわらず、完了画面が表示されないという。(2021/3/26)

ahamoへのプラン変更でエラー表示 ドコモ回線から申し込んだ場合に発生
ドコモユーザーがahamoに変更した際、エラーが表示されることが判明。ドコモ回線から申し込んだときに起こる。手続き自体は完了している。(2021/3/25)

「ドコモテレビターミナル02」がOSバージョンアップ Android 10に Dolby Visionにもようやく対応
NTTドコモが、「ひかりTV for docomo」用として販売しているセットトップボックス(STB)のOSバージョンアップサービスを開始した。バージョンアップと合わせて、「Dolby Vision」規格に準拠したHDR表示にも対応する。(2021/3/25)

製造ITニュース:
5Gで2500km離れたグアム島の車両を遠隔操縦、ソニーとNTTドコモが実証で
ソニーとNTTドコモは2021年3月24日、米国領グアム島に設置したエンタテインメント車両を約2500km離れた東京から5Gを活用して遠隔操作をする実証実験に成功したと発表した。(2021/3/25)

ドコモがWebでの「回線解約」を受け付け開始 dアカウントが必要
NTTドコモが、My docomo(Web)において携帯電話回線の解約と、即時解約を伴うMNP転出の手続きを受け付け始めた。契約状況によっては従来通りドコモショップでの手続きが必要な場合もあるので注意しよう。(2021/3/24)

サムスン電子がahamo/povo検討者向けに「おすすめGalaxy」を紹介するサイトを開設
サムスン電子が、NTTドコモの「ahamo」やauの「povo」を検討している人に“おすすめ端末”を紹介するサイトを開設した。ahamoについては、端末を購入するためのリンクも用意されている。(2021/3/23)

ドコモのミリ波対応スマホ「arrows 5G F-51A」がOSバージョンアップ Android 11に
NTTドコモが発売している「arrows 5G F-51A」が、Android 11にバージョンアップする。同OSの新機能に対応する他、一部機能の仕様変更が行われる。(2021/3/23)

グアムにある車を2500km先の東京から遠隔操作 ソニー・ドコモが5G活用の実証実験
ソニーとNTTドコモが5G通信を活用し、グアムにある車を約2500km離れた東京都の拠点から遠隔操作する実証実験に成功。国を跨いだ遠隔運転を可能にすることで、遠い場所にいる人材でもドライバーとして起用できるという。(2021/3/23)

広テレやドコモらが協力して「遠隔バスケットボール教室」を開催 5Gで遠隔地から指導支援
広島テレビ放送(広テレ)やNTTドコモ中国支社など7社が、遠隔地でのスポーツ指導格差の解消を目的とした「遠隔バスケットボール教室」を実施した。5G回線を活用し、映像伝送技術やストリーミング配信技術を使いつつ、VRスポーツ指導コンテンツを配信した。(2021/3/23)

arrows 5GとLG V60 ThinQ 5Gが約3.9万円引きに ドコモオンラインショップ限定施策
ドコモオンラインショップは、3月19日〜3月31日に「オンラインショップ限定 機種購入割引」を実施。「arrows 5G F-51A」「LG V60 ThinQ 5G L-51A」が3万9050円(税込み)割り引かれる。(2021/3/22)

ドコモとソニー、日本とグアム間でエンタテインメント車両の5G遠隔操作に成功
NTTドコモとソニーは、約2500km離れた東京とグアム間でエンタテインメント車両の遠隔操作を行う実証実験に成功。5Gを活用し、リアルタイムで車両の周囲の映像を都内にあるソニーの開発拠点に伝送して操作した。(2021/3/22)

ドコモ、公式アカウントからのメールを明示する新機能を提供 フィッシング詐欺対策に
NTTドコモは、同社や申込企業・団体の公式アカウントから送信されたメールだと明示する「ドコモメール公式アカウント」5月中旬以降に提供予定。公式アカウントのマークが表示され、送信元の判別が容易になるという。(2021/3/22)

ドコモの5Gサービスが250万契約を突破
ドコモの5Gサービスの契約数が、2021年3月21日に250万を突破した。目標に掲げていた「2020年度で250万契約」を予定通り達成した。3月26日からは、オンライン専用で5Gにも対応する「ahamo」を提供する。(2021/3/22)

ドコモの「ahamo」は3月26日10時から受付開始 他キャリア端末の動作確認状況も公開
3月26日にサービスを開始する「ahamo」の受付開始時間が午前10時に決まった。ただし、4月15日まで“待つと”先行エントリーキャンペーンでもらえるdポイントが倍増する特典がある。他社が販売する端末のahamoでの動作確認状況も公開された。(2021/3/22)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
ahamoの影響? ドコモの5G契約“非対応”の一部端末で「圏外」になる問題が解決!
NTTドコモの5G契約のSIMカードは、古めのXi(LTE)端末で動作しません。しかし、間もなくスタートする「ahamo」がLTE/5G両対応をうたうせいか、5G契約のSIMカードで一部のXi端末が動作するようになりました。とりわけiPhoneではその恩恵を大いに受けられそうです。【訂正】(2021/3/19)

ドコモ、DX推進で読売巨人軍と提携 5Gでファンサービスの拡充へ
TTドコモは、読売新聞東京本社・読売巨人軍とオフィシャルDX推進パートナー契約を締結。5Gなどを活用した最先端技術を活用し、ファンサービスの開発・提供を目指す(2021/3/18)

ドコモ、3月19日以降に割引内容を変更 iPhone 12シリーズが5G WELCOME割の対象に
ドコモは、3月19日以降に「5G WELCOME割」「はじめてスマホ購入サポート」「端末購入割引」の割引内容を変更。割引額やポイントの増額などを行う。(2021/3/18)

「ウルトラマン」シリーズが定額で見放題のサービス ドコモと円谷プロが提供
NTTドコモと円谷プロダクションは、公式定額制デジタル・プラットフォーム・サービス「TSUBURAYA IMAGINATION」を提供開始。約1700エピソードなどが見放題となり、イベントチケットの先行受付も利用できる。(2021/3/17)

ahamo契約でspモードコンテンツ強制解約、20以上のサービスで手動変更・解約必須に
3月26日に提供開始予定のドコモのahamo。音声定額はそのままに料金を2700円に値下げしたこともあり、ユーザーからの支持は強いようだ。しかし、「ネットのみで契約」ということ以外にもさまざまな制約があり、ユーザーの混乱も招きかねない。(2021/3/17)

16日夜からドコモメールで障害 現在は復旧
3月16日21時30分頃から、ドコモメールなどのサービスが利用しづらい状況が発生していた。翌17日5時34分頃に回復した。原因は調査中とのこと。(2021/3/17)

本田雅一の時事想々:
「ahamo」のドコモ、経営統合のヤフーとLINE──“人口減少先進国・日本”で、勝機はあるのか
ヤフーとLINEが事業統合を進めている。その背景には“人口減少先進国”という、日本の負の側面を、近い将来、プラスに持っていきたい意図が見える。(2021/3/18)

ジミー大西をAI化 音声対話アプリ「携帯人間AIジミー」開発 ドコモの技術で
タレントのジミー大西さんを再現したAIとの音声対話を楽しめるアプリ「携帯人間AIジミー」がリリースされる。人やキャラとの対話を高精度に再現するというNTTドコモの技術を活用した。(2021/3/16)

dカード、3万円以上利用でもれなくdポイントが当たる総額3億円還元キャンペーン開催
NTTドコモは、3月16日から「dカードご利用で必ず当たる!春の総額3億円還元キャンペーン!」を実施。条件を満たしたユーザーの中から抽選で500人に10万ポイントを進呈し、外れた場合も1億円分のポイントを山分けする。(2021/3/15)

巣ごもり需要で150%成長した「dTV」 5G時代の戦略とは? NTTドコモに聞く
コロナ禍の巣ごもり需要で動画配信サービスの成長が目立つ。NTTドコモの「dTV」についても、2020年12月には20世紀スタジオとディズニー配給の洋画200タイトル、海外ドラマ1800エピソードが追加された。dTVを統括するNTTドコモ コンテンツビジネス部長の田中伸明氏に、今後の戦略を聞いた。(2021/3/15)

AI活用で動画制作を効率化:
数分間の動画とテキストデータだけで「オンライン講座」を制作可能に NTTドコモとドコモgacco
NTTドコモとドコモgaccoは、AI技術を活用して大規模公開オンライン講座を制作した。講師が話している数分程度の動画の「口の動き」に、テキストから生成した音声データを重ね合わせることで講師本人が話しているような講義動画を自動生成したという。(2021/3/16)

VRニュース:
x gardenがNTTドコモと協業、ニトリのショールーム向けにMRアプリを開発
x gardenはNTTドコモと協業し、ニトリのショールーム向けにMRグラス「Magic Leap 1」で体験できるMRアプリケーションを開発した。同アプリの導入により、ユーザーはカラーや素材、サイズなど多様な商品パターンをその場で試すことができる。(2021/3/15)

ahamoはどんな人にオススメ? 「1人暮らし」から「家族での利用」までを検証
ドコモは3月26日から、月額2700円(税込み2970円)で通信量20GB、通話1回5分無料の新プラン「ahamo」を提供する。現在、家族でドコモを利用中の場合もファミリー割引などを維持したまま移行しやすいプランとなっている。この記事では、ahamoにすると既存のドコモのプランより安いのか、1人暮らしや家族での月額料金について検証した。(2021/3/14)

AIが合成したオンライン講座、NTT子会社が無料配信 文章と講師の映像から講義動画を生成
ドコモgaccoが、AIが合成したオンライン講座の無料配信を、同社の映像配信サービス「gacco」で始めた。講座の映像は、文章と講師の映像を基に合成した。(2021/3/12)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTと総務省幹部による会食報道の波紋――携帯料金値下げ政策に影響を及ぼしていないのか
文芸春秋が、NTT(日本電信電話)と総務省との会食報道を相次いで行っている。会食を行っていたとされる時期を振り返ると、NTTドコモの完全子会社化、そして同社の新料金プラン「ahamo(アハモ)」の実現に何らかの影響を与えている可能性を否定しきれない。(2021/3/12)

なぜVoLTE非対応に? 対応策は? LINEモバイルのドコモ回線旧プランにまつわる仕様変更
LINEモバイルのドコモ回線を使った音声通話SIMのうち、旧プランを契約しているものは4月6日からVoLTEが使えなくなる予定となっている。それはなぜなのだろうか。対応策はないのだろうか。(2021/3/11)

通信キャリアのプラン変更/乗り換え検討先、上位は「ドコモ」と「楽天モバイル」 MMD研究所調べ
MMD研究所が「通信サービスのプラン変更・乗換え意識」の結果を発表した。通信キャリアのプラン変更/乗り換え検討先の上位は「NTTドコモ(ahamo以外のプラン)」「ahamo」「Rakuten UN-LIMIT」となった。(2021/3/11)

ドコモとスカパー、39GHz/2GHz帯を利用した上空エリア化の実証実験
NTTドコモとスカパーJSATは、5G evolution/6Gでの上空エリア化実現に向けた電波伝搬測定の実証実験を実施。高速通信の提供が難しかったへき地、空、海上などへの通信エリアの拡大を目的としている。(2021/3/11)

英語音声を自動で文字起こし ドコモが「Otter」のBusinessプランを発売
NTTドコモは、Otter.aiが提供する英語音声を自動で文字起こしをする音声認識AIサービス「Otter」のBusinessプランを販売開始した。利用料金は1アカウントで1年あたり3万3000円(税込み)。(2021/3/9)

携帯電話の格安プラン、一番お得なのはどこ? 「ahamo」がリード 楽天は2台目以降の選択肢
携帯電話会社の新料金プランが出そろいつつある。菅義偉首相の意向を受けた形で大幅に値下げされたが、最も賢くプランを選ぶにはどうすればいいのか。現時点では2700円に値下げしたドコモの「ahamo」が一歩リードしている。(2021/3/9)

ドコモ、触れずに“サバ”の体長測れる水中超音波技術を開発 
NTTドコモが、いけすを泳ぐ養殖サバの体長の平均値を、魚体に触れずに測定することに成功。体長を測るときにサバを死なせてしまうことがなくなり、作業を効率化できるという。(2021/3/8)

Mobile Weekly Top10:
「ahamo(アハモ)」で使えるサービス、使えないサービス/nuroモバイルも新プラン
NTTドコモが新プラン「ahamo」に関するサービス仕様を明らかにしました。現在spモードで有料コンテンツを使っている人は、特に注意が必要です。(2021/3/8)

継続利用にはプラン変更が必要:
LINEモバイルのドコモ回線旧プランで「VoLTE」が利用不可能に 4月6日以降(予定)
LINEモバイルのNTTドコモ回線を利用する音声通話SIMのうち、旧プランを契約しているものがVoLTE通話に非対応となる。VoLTE通話を今後も利用するには、現行プランへの移行が必要だ。【追記】(2021/3/8)

ドコモオンラインショップが割引内容を変更 5GスマホやiPhone SEなどがポイント対象&増額に
ドコモオンラインショップが「5G WELCOME割」「はじめてスマホ購入サポート」「端末購入割引」の割引内容を変更。対象機種や割引額・ポイントが変更になる。(2021/3/8)

石野純也のMobile Eye:
2700円に値下げをした「ahamo」の戦略 “サービスの簡略化”による混乱も?
ドコモは3月1日に、ahamoの料金を2700円(税別)に値下げすることを発表した。値下げ幅は280円と少額だが、総額表示が義務化される4月以降、3000円を下回る2970円でアピールできるのは大きな差になりそうだ。一方で、ahamoのサービス内容は既存の料金プランから大幅に簡略化されているため、混乱も予想される。(2021/3/6)

ドコモ、「マイカーシェア」を終了へ 8月31日に
NTTドコモが個人間カーシェアサービス「マイカーシェア」の提供を8月31日に終了すると発表した。「現在の事業環境に鑑み、サービスを終了する」という。(2021/3/5)

“4Kの16倍”「16K」の360度VR映像を配信できるシステム、ドコモが開発 スポーツや音楽イベントに活用
NTTドコモが、5G通信を活用し、4Kの16倍の解像度「16K」の360度VR映像を配信できるシステムを開発したと発表。スポーツや音楽イベントのライブを従来より高画質で配信できるという。(2021/3/5)

その他のサービスは継続:
ドコモが「dカーシェア」の個人間カーシェアサービスを終了 8月31日付
NTTドコモが、カーシェアリングサービス「dカーシェア」のサービスのうち、個人間で自動車を貸し借りできる「マイカーシェア」を8月31日をもって終了する。レンタカーや通常のカーシェアについては、引き続きサービスを提供する。(2021/3/5)

ドコモの「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」がAndroid 11にバージョンアップ
NTTドコモが「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」のOSバージョンアップを開始した。バージョンアップ後はAndroid 11の新機能を利用できるようになる他、不具合の修正も合わせて行われる。(2021/3/5)

MVNOに聞く:
20GBプランは必要? 音声定額はどうなる? mineo新料金プランの狙いを聞く
MNOのオンライン専用20GBプランの開始を控える中、MVNOの中では早期に値下げを実現したのが、オプテージの「mineo」だ。ドコモ、au、ソフトバンクの回線で異なっていた料金を統一し、旧プランから値下げした。料金体系を抜本的に変更したmineoだが、その狙いや背景をオプテージのモバイル事業戦略部長の福留康和氏に聞いた。(2021/3/5)

ahamoの値下げに対抗か:
LINEMOが通話オプション料金を1年間割り引くキャンペーンを実施 準定額なら「無料」に
ソフトバンクが3月17日から提供する「LINEMO(ラインモ)」において、通話(準)定額オプションの月額料金を1年間500円引きするキャンペーンを発表した。NTTドコモが「ahamo(アハモ)」で通話準定額を維持しつつ値下げしたことへの対抗策と思われる。(2021/3/4)

5Gモデルが対象:
レノボの「ThinkPad X1 Fold」がドコモの5Gネットワークに対応 Sub-6エリアで通信可能
レノボ・ジャパンのフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」の5Gモデルが、NTTドコモの5Gネットワークに対応した。ただし、ドコモでは同モデルを販売しない。【訂正】(2021/3/4)

通話料金の設定権移行に先行:
NTT東西の固定電話からau/ソフトバンク携帯電話への「通話料金」が値下げへ 5月1日から
NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、KDDIとソフトバンクの5社が、固定電話から携帯電話への通話について、料金の設定権をNTT東日本とNTT西日本に移行することに合意した。それに先駆けて、NTT東西の固定電話からauとソフトバンクの携帯電話に発信した際の通話料金が値下げされることになった。(2021/3/3)

KDDIとソフトバンク、固定電話から携帯への通話料値下げ
 KDDI(au)とソフトバンクは2日、NTT東西の固定電話から携帯電話にかける際の通話料について、5月1日からNTTドコモと同じ3分あたり60円に値下げすると総務省の有識者会議で明らかにした。現在の通話料はKDDIが90円、ソフトバンクが120円だった。(2021/3/3)

利用できないサービスは? 「ahamo」で注意すべきこと(2021年3月最新版)
NTTドコモが3月26日に提供開始する新料金プラン「ahamo」の詳細が判明した。月額料金は当初の2980円(税別)から2700円に改定され、対応機種やahamoで購入できる機種も発表された。ahamoはドコモの“料金プラン”という位置付けだが、利用できないサービスも多い。(2021/3/2)

ahamoに先行エントリー&4月15日以降の契約で最大6000ポイントを付与
ドコモは、ahamoの先行エントリーをしたユーザーに最大6000ポイントのdポイントを還元する。4月15日から5月31日までにahamoに申し込んで新規契約または端末を購入したユーザーが対象。サービス開始直後の混雑を避けるため。(2021/3/1)

ポイント優待サイト「dカード ポイントUPモール」、5万人へ3000ポイントプレゼント
NTTドコモは、ポイント優待サイト「dカード ポイントUPモール」を経由して買い物をした中から抽選で5万人にdポイントを3000ポイント進呈するキャンペーンを開催する。(2021/3/1)

ahamoユーザー限定の「dカード特典」 データ増量やポイント還元など
NTTドコモは、「ahamo」のユーザー限定の「dカード特典」を提供する。ahamoの料金をdカードまたはdカードGOLDで支払うと、毎月のデータ量を増量する。ahamoの携帯電話をdカードGOLDと連携すると、毎月最大300ポイントを進呈する。(2021/3/1)

他社端末の動作も後日発表予定:
Androidが72機種/iPhoneが21機種――ドコモが「ahamo(アハモ)」対応機種を発表 端末の購入方法も案内
NTTドコモが3月26日に提供を開始する「ahamo(アハモ)」の対応端末を発表した。合わせて、ahamoにおける端末の購入方法も案内された。(2021/3/1)

ahamoが値下げ、月額2980円→2700円に 「povoやLINEMO受け見直し」とドコモ
NTTドコモが、携帯料金の新プラン「ahamo」の値下げを発表。これまでは2980円(税別、以下同)としていたが、2700円に変更する。(2021/3/1)

ドコモ、ahamo取り扱い機種を発表 iPhone 11を4万9390円から
NTTドコモは3月1日、ahamoとして販売するスマートフォンを発表した。「iPhone 11」「Xperia 1 II SO-51A」「Galaxy S20 5G SC-51A」の3機種で、3月26日から発売する。iPhoneは4Gまでの対応だが、Android 2機種は5Gに対応する。(2021/3/1)

ドコモが「ahamo」を値下げ 5分通話定額付きで月額2700円に
NTTドコモが、3月26日に開始する新料金プラン「ahamo」の料金を改定した。これまで、ahamoは月額2980円で20GBのデータ通信と、5分通話定額を利用できるという内容だったが、これらの内容は変えず、料金を2980円から2700円に改定する。(2021/3/1)

ドコモ、ahamo値下げ 2700円に 通話無料はそのまま
NTTドコモは3月1日、新料金プラン「ahamo」を2700円(税抜)に値下げすると発表した。従来は2980円だった。KDDIやソフトバンクの新プランでは、無料通話をオプションとして2480円としているが、ahamoは5分以内の無料通話を含んでいる。(2021/3/1)

現在は表示:
ドコモとKDDI、解約ページなどが表示されない 総務省が指摘
総務省は26日、NTTドコモとKDDIが一時期、自社の携帯電話などの解約ページなどがウエブ検索しても表示されない設定になっていたと公表した。いずれも現在は検索すると表示されるようになっている。(2021/2/27)

ドコモとKDDI、回線解約ページを検索エンジンから隠ぺい 総務省の指摘受け修正
NTTドコモとKDDIが携帯電話の解約手続きを案内するWebページを検索できないようにしていた。総務省の指摘を受け、両社は検索できるようサイトを改修した。(2021/2/26)

d払いがスーパーで10%還元キャンペーン やまや、オークワ、東急ストア、サミットストアなど
NTTドコモは、3月1日から31日まで「とくトクd払い‐スーパー限定+10%還元キャンペーン‐」を開催。やまや、オークワ、東急ストア、サミットストア、PLANTなどで利用金額(税込み)の10%のdポイントを進呈する。(2021/2/26)

現在は解除済み:
ドコモとauが解約/MNP転出案内サイトに「検索除外」の措置 総務省が指摘
NTTドコモとau(KDDIと沖縄セルラー電話)が、解約やMNP転出に関する手続きを案内するWebサイトに対して、Web検索されないようにするための措置を講じていたことが判明した。総務省からの指摘に前後する形で、両社は共に措置を解除している。(2021/2/26)

石川温のスマホ業界新聞:
月額2980円、ahamoの次の一手はどうなる?――「電話しないユーザー」の期待にどう応えるのか
ソフトバンクがオンライン専用料金プランを「LINEMO(ラインモ)」として正式発表した。当初は織り込む予定だった5分以内の国内通話定額を外すことで500円引きを果たしたわけだが、ここで注目したいのがNTTドコモの「ahamo(アハモ)」がこの動きに追随するかどうかである。(2021/2/26)

YouTubeの認知率は96.2% 利用率1位は佐賀県――ドコモ「モバイル社会研究所」が調査
NTTドコモの社内研究所「モバイル社会研究所」が、スマートフォンやケータイの所有者のYouTube利用動向を調査した。サービスの認知率は96.2%、月に1回以上の利用率は64.0%で、都道府県別の利用率は1位は佐賀県となった。(2021/2/25)

d払い、ユニクロで20%還元キャンペーン 初回ユーザーは最大70%還元に
NTTドコモは、3月1日から31日まで「ユニクロ『d払い』20%還元キャンペーン」を開催。キャンペーンサイトからのエントリーは2月25日から受付を行い、キャンペーンとの併用で初回ユーザーは最大70%還元となる。(2021/2/25)

ユニクロでd払い、20%還元キャンペーン実施
NTTドコモは2月25日、ユニクロでのd払い決済に対して20%還元するキャンペーンを実施すると発表した。期間は3月1日から31日まで。(2021/2/25)

PR:快適で安心な新しい日常のパートナーに! 誰にでも使いやすい5Gスマホ「arrows NX9 F-52A」
「新しい日常」が広まりつつある今日この頃。NTTドコモの富士通コネクテッドテクノロジーズ製スマートフォン「arrows NX9 F-52A」は、そんな新しい日常を意識した機種です。その魅力を「arrows先生」が解説します。(2021/3/1)

Mobile Weekly Top10:
SoftBank on LINEは「LINEMO(ラインモ)」に/それでも注目されるのは「ahamo(アハモ)」?
ソフトバンクがLINEと提携して提供するオンライン専用ブランド(料金プラン)を「LINEMO(ラインモ)」としました。国内通話の準定額をオプション化することで、当初予定より500円(税別)引きで提供されることになったのですが、NTTドコモの「ahamo(アハモ)」は対抗するのでしょうか……?(2021/2/24)

「ドコモ光」が700万契約を突破
NTTドコモの提供する光ブロードバンドサービス「ドコモ光」が、2月19日に契約数700万を突破した。(2021/2/22)

d払いアプリから「ポイント投資」が可能に 最大1万ポイントが当たるキャンペーンも実施
ドコモのスマホ決済サービス「d払い」アプリで、2月22日から「ポイント投資」が可能に。500万ポイントの山分けと最大1万ポイントがあたる「ポイント投資Wキャンペーン」も実施する。(2021/2/22)

製造業IoT:
海外法人への5Gソリューション展開を目指し、13社がコンソーシアム「5GEC」設立
富士通、NEC、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、AGCなど13社は、「海外法人5Gソリューションコンソーシアム(5GEC)」の設立に向け、基本合意した。各企業のネットワーク技術や販売網などを生かして、海外に拠点を持つ企業向けに、安定した5Gプライベート網やソリューションなどを提供する。(2021/2/22)

docomo Open House 2021:
汎用PCで5G基地局を構築 docomo Open House 2021で語られた、ローカル5Gの可能性
ドコモの最新技術とサービスに関する数多くの展示、講演がオンラインで配信された「docomo Open House 2021」で東京大学大学院 情報学環・学際情報学府の教授で、第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF) ネットワーク委員会委員長なども務める中尾彰宏氏が「Beyond 5G/6Gに向けた研究開発」というタイトルで講演した。その内容についてご紹介しよう。(2021/2/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。