ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アクティブユーザー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アクティブユーザー」に関する情報が集まったページです。

漫画で分かる「LINE WORKS」:
PR:【第2回】面倒な勤怠入力、スレ違う連絡ツール――連携ソリューションでLINE WORKSを多様な業務の“入り口”に!
広く企業に普及し始めているビジネスチャット。中でも「LINE WORKS」は、プライベートでも身近なコミュニケーションアプリ「LINE」の使い勝手を踏襲しているだけあり、ITリテラシー問わず活用できると多くの企業から支持されている。第2回では、機能を拡張できる「連携ソリューション」の魅力に迫る。(2021/11/29)

「AirTag」競合のTile、約235億円で買収される 家族見守りサービスのLife360に
家族の見守りサービスなどを展開する米Life360が忘れ物防止タグを手掛ける米Tileを2億500万ドル(約235億円)で買収する。(2021/11/24)

GoDaddyにデータ侵害、最大120万人のWordPressホスティングユーザーの個人情報が漏えい
大手ドメイン登録事業者GoDaddyは顧客のWordPressのシステムにデータ侵害があったと発表。最大120万人分の個人データが流出した可能性がある。メールアドレス、管理者番号、sFTP、SSL秘密鍵などにアクセスされた。(2021/11/23)

月間アクティブユーザーは10億人突破:
TikTok流行語大賞2021 「卒アルお父さん」「写り込みチャレンジ」などがノミネート
バイトダンスは、2021年にTikTokで流行したワード「TikTok流行語大賞2021」ノミネート30選を発表した。コロナ禍で世界の月間アクティブユーザーが10億人を突破したTikTok。どのようなワードがノミネートされているのか。(2021/11/9)

Meta(旧Facebook)、Facebookでの顔認識機能停止へ 10億人以上のテンプレートは削除
Meta(旧Facebook)は、Facebookアプリでの顔認識機能をシャットダウンすると発表した。数週間中に顔認識テンプレートが削除され、写真のタグ付け提案などの機能が使えなくなる。メタバースへのシフトに向けて、プライバシーの懸念を減らす狙いだ。(2021/11/3)

「ロブロックス」3日間ダウン 子どもに人気のゲーム開発・共有プラットフォーム
ゲーム作成・共有プラットフォーム大手の「Rolox」(ロブロックス)が、10月28日(現地時間)午後から約3日間にわたってダウンした。(2021/11/1)

10倍に膨れたAWS運用費をどう減らす? ユーザー急増のnoteが挑む「コスト削減作戦」の裏側
巣ごもり需要によってユーザーが急増、これに伴い提供基盤であるAWSの運用コストも約10倍になったというnote。膨れ上がったコストの削減に取り組む「SREチーム」に、無駄を削減する具体的な手法を聞く。(2021/10/29)

Spotify、米国のPodcastプラットフォームとしてAppleを抜いて首位に──Edison Research調べ
Spotifyが3年前に立ち上げがPodcastのリスナー数が米国でもトップに立ったと発表した。米国のトップはこれまでAppleだった。サービス全体のMAUは年内に4億人を超えると予想した。(2021/10/28)

Twitter、売上高は37%増だが訴訟コストで約5億ドルの純損失 iOS変更の影響は軽微
Twitterの7〜9月期決算は、売上高は37%増だったが集団訴訟和解のコストが響き、約5億ドルの純損失。AppleによるiOS変更の広告への影響は軽微だったとしている。(2021/10/27)

Facebook決算、「Appleの影響で」予想を下回る売上高 リーク文書による批判記事は「虚偽を描いている」とCEO
Facebookの7〜9月期決算は、売上高も純利益も2桁増ではあったが、AppleのiOS変更の影響で売上高は予想を下回った。第4四半期からはメタバース関連を別セグメントで報告する計画も発表した。(2021/10/26)

楽天モバイル、韓国のP2Pファイル転送事業会社を買収、完全子会社化
楽天モバイルは、P2Pファイル転送サービスを開発する、韓国のスタートアップ企業Estmobを買収し、完全子会社化すると発表。(2021/10/25)

利用者急増のロシア発通信アプリ「Telegram」使ってみた 秘匿性高く悪用の懸念も受け皿の一つに
FacebookやInstagram、WhatsAppで大規模障害が発生した際、約7000万人のユーザーを獲得したのがロシア発のTelegramだ。秘匿性が高いため悪用を懸念する声もあるが、専門家は「LINEに問題があれば受け皿となる可能性もある」との見方を示す。(2021/10/22)

中国勢がITインフラに積極投資
「TikTok」のByteDanceがデータセンター支出トップ10入りした“当然の理由”
中国企業がデータセンター投資を加速させている。ByteDanceがデータセンター支出の世界上位10社に仲間入りするなど、その勢いは米国企業を脅かすほどになった。何が起きているのか。(2021/10/19)

「LINE NEWS」ユーザー7700万人以上にリーチ:
Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。(2021/10/15)

TikTokのMAUが10億人超え
中国ByteDance傘下の米TikTokの月間アクティブユーザー数(MAU)が10億人を超えた。昨年夏時点では7000万人だった。ちなみにFacebookの第2四半期のMAUは27億人以上だった。(2021/9/28)

石野純也のMobile Eye:
大幅リニューアルした「povo2.0」のインパクト 楽天モバイルにも影響あり?
auのオンライン専用ブランド「povo」が、その内容を大幅に変え、「povo2.0」に生まれ変わる。使いたいときだけ必要なデータ容量をトッピングする仕組みは定着するのか。povo2.0の料金の仕組みを解説しながら、KDDIの狙いや業界に与えたインパクトを読み解いていきたい。(2021/9/25)

Twitter、成長予測をめぐる2016年の集団訴訟で約9億ドルの和解金
Twitterは、2016年に起こされた集団訴訟の和解に向けて8億950万ドル(約887億円)を支払うと発表した。2014年に「非現実的な」成長予測を提示したとして訴えられている。和解には裁判所の承認が必要だ。(2021/9/21)

自分で育てたAIとLINEで話せる「エアフレンド」が緊急メンテ ユーザー急増でAPIのリクエスト上限に到達か
メッセージアプリ「LINE」で使えるAIチャットbotサービス「エアフレンド」が緊急メンテナンスに突入。9月17日午後5時ごろから利用できない状態になっている。ユーザーの急増により、APIの秒間リクエスト数の上限を超えている可能性があるという。(2021/9/17)

スマートニュース、251億円の大型調達 シリコンバレーのエンジニア採用などに投資
スマートニュースが251億円の大型調達。「国内スタートアップの1ラウンドあたりのエクイティ資金調達額としては過去最大級」(2021/9/16)

15億円の広告事業から撤退しSaaSに賭けるFringe81の決断
8月11日、Fringe81は10年以上に渡り手掛けてきたネット広告事業から撤退し、「ピアボーナス」を実現するSaaS「Unipos」専業とする公表を行った。併せて、社名も10月1日より「Unipos」となる。祖業を畳(たた)み「感情報酬」という新たな価値を主力サービスとする意思決定の背景とは、そして、今後の勝算をどう見据えているのか。(2021/9/7)

ファミペイ翌月払い、新制度活用の狙い 公共料金や税金にも対応
ファミリーマートは9月3日、コード決済サービス「FamiPay」の後払いサービス「ファミペイ翌月払い」を9月7日に開始すると発表した。残高がなくても最大10万円まで支払いに使える後払いサービスで、利用額は利用の翌月末に指定した銀行口座から引き落とされる。手数料はかからない。公共料金や税金の支払いにも使えることがFamiPayの特徴であり、翌月払いでもFamiPayボーナスが貯まる。(2021/9/3)

他社が有料化のタイミングで、決済手数料ゼロにする楽天ペイの狙い
これまで3.24%の決済手数料を堅持してきた楽天ペイが、10月から1年間決済手数料ゼロのキャンペーンに踏み切る。新規登録の年商10億円以下の中小店舗に限り、2022年9月までの1年間、手数料とともに決済金の振り込みも手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンだ。(2021/8/25)

21年6月期:
メルカリ、初の通期で黒字化 潜在顧客がまだまだ増えている理由
メルカリの2021年6月期通期の最終利益は57億円(前期は227億円の赤字)。通期では初めて黒字化した。(2021/8/12)

「既定」と「最大」の容量は
「OneDrive for Business」の容量を増やすには? 注意すべきMicrosoft 365の制限
「Microsoft 365」を利用する場合、「OneDrive for Business」のストレージ容量の上限に注意が必要だ。その上限を増やす方法を紹介する。(2021/8/3)

Square、分割後払いサービスのAfterpayを290億ドル(3兆円超)で買収
ジャック・ドーシー氏率いるモバイル決済企業Squareが決済サービスのAfterpayを買収する。総額290億ドル(約3兆1822億円)。Afterpayは無利息で分割払いできるサービスで、Squareはこの機能を送金アプリに統合する計画だ。(2021/8/2)

Facebook、純利益2倍増で四半期過去最高を更新も「今後は規制やAppleで鈍化」と予告
Facebookの4〜6月期決算は、引き続きの“巣ごもり需要”で売上高、純利益ともに第2四半期として過去最高を更新した。今後については「規制やAppleにより」成長は鈍化すると予測した。(2021/7/29)

Twitter決算、売上高74%増 mDAUはついに2億人突破
Twitterの4〜6月期決算は、売上高、純利益ともにアナリスト予測を上回った。iOS 14.5のATTの影響は「予想より少なかった」。収益につながるmDAUは11%増の2億600万人。(2021/7/23)

楽天、「SmartNews」に「楽天リワード」の提供開始
楽天グループはスマートニュースのニュースアプリ「SmartNews」に向けて、「楽天リワード」の提供を7月16日より開始した。同サービスは、各アプリを使ってミッションを達成することにより「楽天ポイント」を獲得できるアプリ向けのサービス。(2021/7/19)

相馬留美の「今そこにある商機」:
「消費期限1日」の魚を販売するネットスーパー その仕組みは?
「perrot(ペロット)」という、「消費期限1日」という足の早い生鮮品までが並ぶネットスーパーをご存じだろうか。2020年8月にサービスをローンチし、新鮮な魚介類が届くことを武器に人気を集めているのだ。生きたままのカニや魚の刺身が届く仕組みを取材したところ……。(2021/7/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
大赤字で“株価暴落中”の出前館、これは「良い赤字」か「悪い赤字」か
コロナ禍による巣ごもり消費の追い風を受け、急速に対応エリアと店舗を拡大している出前館。しかし、25日に発表された出前館の決算は惨憺(さんたん)たる結果として市場に受け入れられた。コロナ禍を経て赤字が7倍以上も膨らんだことになる。(2021/7/2)

ピクシブ、3Dキャラ作成ソフト「VRoid Studio」正式版を今夏公開 新キャラ3体のデータも無料配布
ピクシブが3Dキャラクター作成ソフト「VRoid Studio」の正式版リリースを21年夏に決定。背景には海外での需要の高まりが。6月29日からサンプルモデル3体を無料配布。(2021/6/29)

20年9月〜21年5月期:
出前館の売上高、前期比2.7倍 配達員数は7倍に
フードデリバリーを手がける出前館は6月25日、2021年8月期第3四半期(9-5月期)決算を発表した。売上高は2.7倍に伸び、事業は急拡大しているが、積極的な事業展開と投資実行により増収減益となった。(2021/6/28)

Mobile Weekly Top10:
6月のスマホ決済キャンペーンはどう?/LINEが古いAndroidスマホのサポートを終了へ
スマホ決済サービスは、キャンペーンを駆使して「あの手この手」でアクティブユーザー数を増やそうと工夫しています。日用品で還元率をアップすると、結構効果がありそうですよね。でも「もっと高いところが……」と手をこまねいているとキャンペーンが終わってたとか、よくありますよね……。(2021/6/17)

ログイン離脱解消で増収達成:
PR:一般的な「ログイン」がサイトの売り上げに限界をもたらしているワケ
オンライン会員サイトでアクティブユーザーを増やす近道は何なのか? 実は、UIや購入フローを見直す前に、真っ先に目を向けたいことがある。それが、ログイン失敗からの離脱ユーザーをすくいあげ、カスタマーエクスペリエンスを向上させることだ。(2021/6/14)

Google フォトの容量無制限終了で考える:
有料になった「Google フォト」を使い続けるメリットとは? 企業の狙いとともに考察
容量無制限が終了した「Google フォト」を使い続けるメリットはあるのか。企業の狙いとともに考察する。(2021/6/11)

コード決済市場規模4.2兆円 1年で規模3.5倍に キャッシュレス推進協議会
キャッシュレス推進協議会は、2020年のコード決済の利用状況データを公表した。2020年の決済金額は4兆2003億円となり、19年の1兆1205億円から約3.5倍に増加した。また月間アクティブユーザー数(MAU)は19年の1854万人から3636万人へと倍増した。(2021/6/2)

りそなHD南昌宏社長インタビュー【前編】:
DXで先端を走るりそなHD 南昌宏社長が展望する「リテールトップへの道筋」
りそなホールディングスがDXを積極的に導入して銀行改革を大胆に進めている。南昌宏りそなHD社長のインタビューをもとに、りそながデジタル時代を先導してどこに向かおうとしているのかをお届けする。前編は、リテール(中堅・中小企業+個人向け金融)ナンバー1の実現に向けた銀行改革の流れを振り返る。(2021/5/27)

Build 2021:
Microsoft、「Teams」向けアプリ「collaborative apps」のAPIなどを発表
Microsoftは「Teams」上で稼働するアプリ「collaborative apps」の開発ツールを発表した。開発者はアプリを「Teams Store」で公開できるようになる。TeamsのDAUは1億4500万人だ。(2021/5/26)

スマートニュース、個人ごとにワクチンの予約開始を知らせる「ワクチンアラーム」機能を拡充
スマートニュースはSmartNews内の「新型コロナワクチンチャンネル」で提供する「ワクチンアラーム」の機能を拡充した。(2021/5/19)

Microsoft Focus:
JR東日本がTeams導入 “無線中心”だった緊急連絡をデジタルで高速化した方法
2021年4月に開催されたオンラインイベント「Microsoft 365 Day & Happy Birthday Teams!」は、自治体や企業がMicrosoft 365やTeamsといったツールを使って業務の効率化や変革を進める様子を紹介した。その中から、大胆な変革を実現した企業の事例を取り上げる。(2021/5/18)

「LINE BIZ DAY 2021」まとめ:
LINEのマーケティング活用最新事情 OMO(店頭×デジタル)、ミニアプリ、MaaS他
深い顧客理解の鍵はLINEの活用にあり。「LINE BIZ DAY 2021」で発表されたLINEの現状と新サービスの概要をまとめた。(2021/5/17)

Discord、6周年でマネタイズ機能や新ロゴを発表
6周年を迎えたDiscordが新機能や新ロゴを発表した。4月に発表したClubhouse的なサービスを“発見”したり、有料チケットでのマネタイズが可能になる。ロゴのClydeくんはフキダシから開放された。(2021/5/14)

SIE、PlayStation NetworkにDiscordを“統合”へ
SIEは来年、チャットルームサービス「Discord」をPlayStation Networkに統合すると発表した。また、DiscordのSeries Hラウンドで投資したことも発表した。(2021/5/4)

Twitter決算 広告売上32%増だがmDAUは2億人に届かず
Twitterの1〜3月期決算は、売上高は28%増、純利益は黒字だった。収益につながるDAU、mDAUは20%増の1億9900万人で過去最高を更新した。(2021/4/30)

アップル売上高1.5倍 出そろったGAFA決算、懸念は?
コロナ過から1年、米ハイテク大手グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの2021年1-3月期の決算が出そろった。ロックダウンやリモートワークに伴うオンライン活動の活発化に伴い、各社ともに好調な決算となった。(2021/4/30)

「Power Fx」についてMicrosoftに聞く【前編】
「ノーコード/ローコード開発が主流になる」は本当か? Power Fx担当者に聞く
Microsoftが開発したノーコード/ローコード開発用プログラミング言語「Microsoft Power Fx」とはどのようなものか。ノーコード/ローコード開発を取り巻く環境と併せて同社の担当者が解説する。(2021/4/30)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
サクラ革命が月数千万の売り上げ捨ててもサービス終了させたかった理由
大型スマホゲームのセガ「サクラ革命」が、リリースからわずか半年程度でサービス終了となる。一部で噂されるサクラ革命の開発費30億円という数字が事実であるとするならば、なぜ多額の開発費をかけたスマホゲームが、ここまで早いスピードで撤退に追い込まれたのだろうか。(2021/4/30)

Facebook、広告好調で純利益は94%増の95億ドルに
Facebookの1〜3月期決算は、売上高、純利益ともに第1四半期としての過去最高を更新した。今後についてはAppleによるiOS 14.5のリリースや各国当局による規制強化により広告ターゲティングの逆風に直面する、と予測した。(2021/4/29)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方
世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。(2021/4/16)

グラフィックスが“初代プレステ”レベルと話題のJTB製バーチャル空間 サービスの意図を聞く
JTBが4月7日に発表したバーチャル空間事業「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」の動画が波紋を呼んでいる。グラフィックスの品質が低いとして、YouTubeのコメント欄やTwitterでは批判が殺到。JTBにサービスの意図を取材した。(2021/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。