ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アクティブユーザー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アクティブユーザー」に関する情報が集まったページです。

メルカリは機械学習に「AWS×Kubernetes」をどう使っている? CTOが仕組みを解説
AWSジャパンが開催した技術説明会に、メルカリの名村CTOが登壇。同社が「写真検索」機能などの構築に取り入れている、機械学習の仕組みを解説した。AWSの上でKubernetesを効率よく動かすため、「Amazon EKS」を使用しているという。(2019/10/4)

質の高いコンテンツへ広告配信:
フリークアウトと在京民放5社、広告マーケットプレース「TVer PMP」を共同開発
民放公式テレビポータルサイト「TVer」などの動画配信サービスのプレミアム広告在庫によるインストリーム広告マーケットプレース。(2019/9/30)

米国株で差別化図る マネックス証券の清明祐子社長に聞く
20周年を迎えたマネックス証券。米国株についてどう強化し、またグループに入った仮想通貨取引所コインチェックとの連携をどう進めていくのか。4月1日付で社長となった清明祐子氏に今後の戦略を聞いた。(2019/9/25)

MMD研究所調べ:
普及する? スマホ決済アプリ「インストールしたが使っていない」が約6割 最もインストールされているアプリも明らかに
MMD研究所が「2019年9月 スマートフォン決済に関する実態調査」を発表。同調査では、まだまだ「現金」が決済手段として人気なことが分かった。また、スマホ決済アプリをインストールした人でも、半数近くが利用するに至っていない実態も明らかに。10月の消費増税では、キャッシュレス決済にポイント還元が行われるが、スマホ決済は普及していくのだろうか。(2019/9/24)

Huawei、独自アプリエコシステム「HMS」に10億ドル投資 「Mate30」イベントで発表
Huaweiが、最新フラグシップ端末「Huawei Mate30」の発表イベントで、独自のアプリストア「Huawei App Gallery」を充実させるため、開発者向けエコシステム「HUAWEI Mobile Services」(HMS)に10億ドルを投じると発表した。Mate30ではGMSが使えず、GoogleマップなどのGoogleアプリはプリインストールされていない。(2019/9/20)

Huawei、Googleアプリ非搭載のフラグシップ「HUAWEI Mate30」シリーズ発表 799ユーロから
Huaweiが次期フラグシップAndroid端末「HUAWEI Mate30」シリーズを発表した。高性能カメラやSoliのようなジェスチャー操作などの機能が満載だが、Google製アプリは搭載されていない。(2019/9/19)

「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術
チャットツール「Slack」を提供する米Slack Technologiesが、カンファレンス「Frontiers Tour Tokyo」を開催。講演には東京大学アメフト部やメルカリなど、Slackと外部ツールを連携させている顧客が登壇。業務効率化などに役立つ活用法を紹介した。(2019/9/18)

新サービス「LINEチラシ」も発表:
LINEの中小企業向け事業の現在 最新サービスと事例を知る
企業のマーケティング担当者にとってLINEは「大手の企業向けサービス」「費用が高そう」「運用が難しそう」なのか。LINEのSMB(中堅・中小企業)向け事業の現在についてまとめた。(2019/9/17)

広告事業と並ぶ2本柱に:
ヤフーのZOZO買収、コマース事業の成長を加速する4つのポイント
Yahoo! JAPANの主要顧客は30〜40代でZOZOTOWNは20〜30代。「両社の顧客層は相互補完的」とヤフー社長の川邊 健太郎氏は強調する。(2019/9/13)

特集・日本を変えるテレワーク:
テレワークで「阿吽のコミュニケーション」を実現する秘訣は「絵文字」
テレワークでのコミュニケーション手段として必須のチャット。しかしチャット中心のテレワークでは相当の注意を払わないと真意が伝わらなかったり、誤解を与える可能性がある。そこで重要になってくるのが、実は絵文字の存在だ。また、テレワークを成功させる4つのルールも紹介する。(2019/9/10)

「バブル」弾ける兆しはあるのか:
タピオカに「おじさん」は結局飛び付いたのか ブームの構造にインスタ分析で迫る
はやり続けるタピオカについて、Instagramの投稿データから分析。ブームの構造や動向、果たして「おじさん」は飛びついたのかに迫る。(2019/9/3)

LINEで株を売買できる投資サービス「LINE証券」スタート 野村HDと提携
LINE証券が、LINEから直接利用できる証券サービス「LINE証券」を提供開始すると発表。Android版LINE上で先行公開する。投資を身近に感じてもらうことで、若者の資産形成を促す狙い。(2019/8/20)

2015年のアカウント流出に関する新情報
「Slack」が不正アクセス対策でパスワードをリセット、10万人以上に影響か
2015年に不正アクセスの被害を受けた「Slack」の提供元が、この事件に関して新情報が得られたと発表した。その結果、特定の条件に合致するアカウントのパスワードをリセットする対策を講じた。(2019/8/14)

ミクシィの1Qは85%の営業減益 止まらぬ「モンスト」不調 責任者変更で原点回帰へ
ミクシィが2020年3月期第1四半期の連結決算を発表。売上高が前年同期比39.9%減の207億8000万円、営業利益が同85.2%減の16億3700万円、最終利益が同84.4%減の11億3400万円と減収減益だった。不調が続くモンストの責任者を変更しており、原点に回帰してV字回復を目指すとしている。(2019/8/9)

業務を効率化するITツールの最新事情:
話題のSlackを導入するコツは? 基本と活用を解説
ビジネスチャットツールの現在の潮流を作ったのはSlack Technologiesの「Slack」であり、その潜在性はMicrosoftが同社買収を巡ってトップ間で激論があったことからもうかがえる。今回はそのSlackの基本から、活用までの情報をまとめたい。(2019/8/9)

ガンホーの上半期、パズドラ堅調で純利益75%増 カプコンと協業で攻勢へ
ガンホーの2019年1〜6月連結業績は、増収増益だった。主力のスマホゲーム「パズドラ」のMAUが堅調に推移。下半期はカプコンと共同開発した「TEPPEN」で、収益基盤を強化する。(2019/8/8)

メルカリ、19年6月期は最終赤字137億円 今後もメルペイなどに積極投資 山田会長「この1年が勝負」
メルカリが2019年6月期の通期連結決算を発表。売上高は前期比44.5%増の516億8300万円、営業利益は121億4900万円の赤字、最終利益は137億6400万円の赤字だった。20年6月期は「勝負の年」と位置付け、成長に向けた投資を加速させる。(2019/8/8)

AIとストレージ【前編】
AIシステムに要求されるストレージ要件
AIを構築するに当たって求められるストレージとはどのようなものか。何を保存する必要があり、どのようなアクセスが発生するのか。(2019/8/8)

B2BもB2Cもいける:
NVIDIA、ゲーマーから自動運転研究者までそれぞれの顧客体験を「Adobe Sensei」で最適化
NVIDIAは人工知能「Adobe Sensei」で何をしているのか。(2019/8/7)

スマートニュースが31億円の資金調達 米国など海外市場を強化
スマートニュースが日本郵政キャピタル他から約31億円の資金調達を行ったと発表した。(2019/8/5)

ITはみ出しコラム:
月収5000万円超の人気ゲーム実況者をTwitchから引き抜き Microsoftの後追いで勝つやり方
Twitchの人気プロゲーマーが活動拠点をMicrosoftのMixerに移すと発表しました。IT業界ウォッチャーとしては、またMicrosoftが後追いでシェアを取りにきたぞ、という印象です。(2019/8/4)

Spotify決算、31%増収、有料会員数は31%増の1億800万人
Spotifyの4〜6月期決算は、売上高は31%増の16億6700万ユーロ、営業損失は300万ユーロ。有料会員数は31%増の1億800万人だった。(2019/8/1)

専門家のイロメガネ:
中国で受け入れられた信用スコアは、なぜ日本で炎上するのか?
筆者の育った中国では、スコアリングが当たり前のように行われ、多くの人がそれを受け入れている。そこで先行してうまくいっている中国の事例を紹介し、日本はどのような対応をすべきか考えてみたい。(2019/7/29)

「赤字266億円」発表のLINE、株価は+10%の急伸 “300億円”山分けでユーザー300万人増
キャンペーンの効果は大きかったようです。(2019/7/25)

Facebook決算、FTC制裁金で減益だが予想を上回る売り上げ
Facebookが4〜6月期の決算を発表した。同日FTCが発表した50億ドルの制裁金により、純利益は49%減だったが、売上高は予想を上回る168億8600万ドル。MAUも8%増加し、24億1000万人になった。(2019/7/25)

SnapchatのDAUがようやく2億人超 軌道修正が奏功
「Snapchat」を手掛けるSnapの4〜6月期の決算は、売上高は48%増だった。日間アクティブユーザー数(DAU)が予想を上回る8%増の2億300万人。ユニークなLensなどが奏功した。(2019/7/24)

迷惑広告指摘された中国CooTekのアプリ、Google Playで無効に
CooTekは「6月にGoogle Playに提出した更新版のアプリに、悪質な広告行為はなかった」と主張している。(2019/7/18)

YouTuber事務所のUUUM、「note」運営元と資本業務提携 “書き手”のサポートも開始
UUUMが「note」を運営するピースオブケイクと資本業務提携。YouTuberのマネジメントで培ったノウハウを生かし、noteで人気の書き手のサポートを行っていく。(2019/7/12)

継続率向上を支援:
スマートフォン向け広告効果測定データ基盤「ART DMP」に 「チャーン予測機能」
D2C RとD2C、アーリーリフレクションの3社は、広告効果測定データ基盤「ART DMP」に 「チャーン予測機能」を追加したと発表した。(2019/7/11)

デジタルでも勝ちたい 「少年ジャンプ」編集部の野望
漫画業界に押し寄せるデジタル化の波。週刊少年ジャンプ編集部はこの時代をどう生き抜くのか。(2019/7/2)

PR:チャット画面が業務アプリの入り口に? LINE WORKSで外出先の面倒な作業がラクになる理由
今や多くの企業が導入を開始したリモートワーク。いつでもどこでも働けるのはありがたいが、外出先でスマートフォンから業務アプリにアクセスするのは面倒なこと極まりない。この課題をビジネスチャットが解決してくれるとしたら……。(2019/7/1)

小売・流通アナリストの視点:
メルカリが電子決済の覇権を握る日
メルカリは中古品流通業界を制するといった小さなことを目指していない。彼らが握ろうとしているのは今後キーになる「電子決済の覇権」なのだ――。(2019/6/26)

配送を効率化:
新規客が3倍に! “伸びしろ”市場に挑む「楽天西友ネットスーパー」の将来性
2018年10月にグランドオープンした「楽天西友ネットスーパー」が順調なスタートを切った。ネットスーパー専用倉庫の新設によって多様なニーズに対応する体制を整えるなど、西友と楽天の強みを生かしている。今後の成長のポイントは?(2019/6/25)

#TwitterBrandSummit レポート:
Twitterがブランドにもたらす「オーディエンス」の力とは? 『カメ止め』女優や経沢香保子氏らが語る
映画『カメラを止めるな!』に出演した女優しゅはまはるみ氏、アーティスト和田永氏、キッズライン代表取締役の経沢香保子氏が語る「オーディエンス」の力。(2019/6/17)

現場担当者が語る:
ファンケル、PLAZA、QVC 小売業が自社アプリを持つべき理由とは?
2019年5月15日に開催された「アプリの虎 Vol.4 〜有名企業のアプリ活用最前線〜」において、有名小売企業各社の担当者がモバイルアプリを作った理由や活用事例を語った。(2019/6/18)

「AbemaTV」週間1000万ユーザー突破 山里亮太・蒼井優の結婚会見日は歴代トップに
ネットテレビ「AbemaTV」で、2019年6月3日〜9日の週間アクティブユーザーが1000万を突破。5日には、山里亮太さんと蒼井優さんによる結婚記者会見をノーカット放送し、この日の日間アクティブユーザーが開局史上1位を更新したという。(2019/6/11)

メーリングリストの老舗「freeml」終了 22年の歴史に幕
メーリングリストサービスの老舗「freeml」が12月2日正午に終了。老舗サービスが、22年の歴史に幕を閉じる。(2019/6/3)

今日のリサーチ:
世界のモバイルアプリ市場動向、インストール後1週間で約8割のユーザーが失われる――Adjust調査
世界のモバイルアプリ市場は今、どうなっているのでしょうか。(2019/5/28)

毎年200億円赤字でもやり続ける理由:
藤田 晋社長がAbemaTVに挑む背景 広告業界における「一番クリティカルな問題」とは?
「何を言われても執念深く最後までやり切ろうと思っている」。藤田 晋社長は広告代理店向け事業戦略発表会「AbemaTV Ads CONFERENCE 2019」で力強く語った。(2019/5/27)

製造マネジメントニュース:
“ソニーらしさ”を再定義、CMOSイメージセンサーはエッジAIを組み込み新価値創造
ソニーは2019年5月21日、経営方針説明会を開催。コンテンツの入り口から出口までをカバーするテクノロジーカンパニーとしての立ち位置をあらためて明確化した他、次世代コンソールに注目が集まるゲーム関連事業や、CMOSイメージセンサーを中心とした半導体事業の取り組みについて紹介した。(2019/5/22)

LINE Payの“300億円祭”に疑問の声 「20%還元の方がうれしい」
モバイル決済サービス「LINE Pay」で300億円を山分けするキャンペーンが実施される。ネットでは「20%還元の方がうれしい」という声も。(2019/5/17)

LINE Payが300億円還元キャンペーン 「友だち」に無料で1000円送付できる
LINE Payは5月16日、新キャンペーン「祝令和 全員にあげちゃう300億円祭」を発表した。LINEの友だちに無料で1000円相当のLINE Payボーナスを送付できる。300億円という還元金額は、LINEとしても史上最大をうたう規模だ。(2019/5/16)

「モンスト」は不調、「パズドラ」は好調 明暗分かれた決算
「モンスト」を運営するミクシィの19年3月期は、大幅な減収減益。一方、「パズドラ」のガンホーは18年12月期は減収減益だが、直近の2四半期では復調傾向。スマホゲームの二大巨頭で明暗が分かれた。(2019/5/14)

ガンホー、1〜3月決算は利益が倍増 「パズドラ」ユーザー数が回復
7周年を迎え、再び活発化。(2019/5/13)

「パズドラ」好調のガンホー、1Qは営業利益2倍に “休眠ユーザー”掘り起こす
ガンホー・オンライン・エンターテイメントの2019年1〜3月期連結業績は、売上高が350億円(前年同期比60.2%増)、営業利益が130億円(同101.3%増)、純利益が84億円(同109.4%増)と増収増益だった。(2019/5/13)

「デジタル化の力」で顧客接点を豊かに:
PR:大分銀行が掲げる“地域総合プラットフォーム構想”とは
デジタル化により顧客との新たな関係を築こうとしている大分銀行。2018年にはクラウドベースの顧客関係管理で世界市場を牽引しているSalesforceを戦略的IT基盤として採用した。数ある選択肢の中からSalesforceを選んだ決め手は何だったのか。そして大分銀行が目指すビジョンとは。(2019/5/13)

「モンスト」苦戦のミクシィ、20年度は純利益88%減の見通し “ライトユーザー離れ”防げるか
ミクシィの2019年3月期は、大幅な減収減益。不振のモンストをてこ入れするというが、20年3月期の業績予想は純利益が88.7%減と厳しい見通しだ。(2019/5/10)

ミクシィ、今期の利益は9割減を予想 「モンスト」の落ち込みで巨額の減収減益に
ライト層の活性化が課題とのこと。(2019/5/10)

メルカリ、3Q累計で73億円の最終赤字 メルペイなどに“戦略的投資”
メルカリが2019年6月期第3四半期の連結決算を発表。売上高が前年同期比43.0%増の373億7800万円、営業損益が59億8100万円の赤字、最終損益が73億4100万円の赤字と増収減益だった。米国事業やAI人材の採用、スマホ決済「メルぺイ」への投資がかさんだ。(2019/5/9)

Spotify、有料サブスク数が1億人超と好調で増収だが赤字に戻る
音楽ストリーミングサービスのSpotifyの有料会員数が初めて1億人を突破した。競合するApple Musicの会員数は昨年末時点で5000万人だった。(2019/4/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。