ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「車検」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!車検→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で車検関連の質問をチェック

3人に1人は頭金10万円未満:
車のローン、頭金を抑える人が増加 月々の支払額と期間は?
定額カーリースのナイル(東京都品川区)は、車のローンを組んでいる人を対象にインターネット調査を実施した。その結果から見えてきた、いまどきの車のローンについての考え方とは?(2021/9/20)

タイミング2位は「5年以内」:
輸入車の買い替えタイミング、「3年以内」が最多 理由は?
「輸入車を買い替える期間とその理由」に関する調査を実施した。「3年以内」と回答した人が最も多かった。その理由は?(2021/8/31)

モータースポーツ超入門(9):
GR86と新型BRZでさらなる盛り上がり、ワンメイクの「86/BRZレース」とは
トヨタ自動車とスバルが共同開発した小型FR(後輪駆動)スポーツカー、トヨタ自動車の「86」とスバルの「BRZ」を使った参加型モータースポーツが「トヨタガズーレーシング86/BRZレース」だ。(2021/8/27)

維持費の平均は月1万1700円:
マイカー所有者が「負担だなぁ」と思う諸経費 「駐車場代」「燃料代」を抑えて1位になったのは?
ソニー損保が、自家用車を所有し月に1回以上車を運転する男女1000人を対象に「全国カーライフ実態調査」を実施した。(2021/8/26)

「悪いな〜これ(笑)」 バッドボーイズ佐田、あのハイエースもイジりまくる 唯一無二のFUJITSUBO特注マフラーにご満悦
このサウンドでもちろん車検対応。的確なプロの技もすごい。(2021/8/6)

oricon MEが調査:
満足度の高い「車検」と「タイヤ専門店」ランキング 店の雰囲気や接客力の違いは?
oricon MEは実際のサービス利用者を対象に、満足度の高い車検とタイヤ専門店を調査した。それぞれの分野で1位になったのは?(2021/8/4)

製造マネジメントニュース:
レクサス販売店で不正車検565台、人員不足などで慢性的な高負荷が背景に
トヨタ自動車は2021年7月20日、販売会社トヨタモビリティ東京が運営する店舗「レクサス高輪」において不正な車検(指定整備)が行われていたと発表した。対象のユーザーには直接連絡を取り、再車検を実施する。(2021/7/21)

レクサス販売店で不正車検 565台で検査未実施や数値書き換え
トヨタ自動車は7月20日、トヨタモビリティ東京が運営するレクサス高輪で、車検に不正があったと発表した。(2021/7/20)

高根英幸 「クルマのミライ」:
アイドリングストップのクルマはなぜ減っているのか? エンジンの進化と燃費モードの変更
アイドリングストップ機構を備えないクルマが登場し、それが増えているのである。燃費向上策のキーデバイスに何が起こっているのか。(2021/6/21)

「あ〜気持ちいい」「いい天気だ」 チュート徳井、激シブな愛車トライアンフで「バイク日和」に走る
バイクも天気もいい気持ち。いいな〜。(2021/6/3)

オリコンが調査:
満足度の高い「カー用品店」ランキング 3位「イエローハット」、2位「ジェームス」、1位は?
oricon ME)は、「カー用品店」における顧客満足度調査の結果を発表した。1位になったのは?(2021/6/3)

自動車ディーラーのDX
若手の成績アップ、毎月の受注増加を確実に――自動車ディーラーのAIセンター
自動車ディーラーは、車検時期到来を軸として見込み客のリストをExcelベースで作り、営業活動に役立てる。だがこの方法は手間も掛かり、個人の業績にもばらつきが出る。確度の高い見込み客を導き出し、確実に受注を増やす方法がある。(2021/6/2)

N-BOXで月2万9194円から 新車のサブスク、ホンダも開始「楽らくまるごとプラン」登場
コミコミで新車に、7年プランは契約後「無償譲渡」も。(2021/5/26)

カーシェア需要、好機にできるか 持続可能な社会実現へ試金石
 自粛ムードが続く東京で、今年のゴールデンウイークはいつもとは違う場所が忙しかったようだ。それは車のレンタルサービスである。密が気になる人たちは電車など明らかに混雑している移動手段を避けたがるのは当然であろう。そうならば、最小限の家族単位で安心して移動手段を確保できるサービスに目が向く。(2021/5/10)

軽自動車にあって高級セダンにない…… 不思議な装備「リアワイパー」って必要?
使っていますか? リアワイパー。(2021/4/6)

借金は1億円に:
経営危機を救ったビジネスモデルが沖縄から全国に拡大中 車の購入法、人気に火
沖縄市に拠点を構える西自動車商会。1998年に始めた個人向けカーリースのビジネスモデルが、全国に広がっている。発案したのは……。(2021/4/5)

SUBARU、アイサイト搭載車を月3万9820円から利用できる「SUBARU サブスクプラン」開始
比較的高年式の「XV」などを用意。(2021/3/26)

高根英幸 「クルマのミライ」:
メーカー直販EC、カーシェア、EV化の三重苦 日本の自動車ディーラーは今後どうなる?
ここ5年ほどで、自動車ディーラーの店舗が大きく様変わりしてきている。10年に1回はリフォームなどで清潔感や先進性を維持するのが通例となっているが、このところディーラー再編に伴う建て替えと、新しいCIに沿ったイメージへの転換に向けた建て替えという2つの理由で、かなりの数のディーラーが、それまでと一新する装いを放ち始めたのだ。だが、そんな戦略もコロナ禍ですっかり狂ってしまった。(2021/3/15)

月5000円から ネットで申し込める中古車サブスク「ニコニコダイレクト」開始
スマホ料金並み。軽ワゴンで月5000円から、月1万円のプリウスなども〜。(2021/2/2)

「GTOをEVのドリ車仕様に鬼改造……本気ですか?」 バーチャルオートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」
2021年もSUGEEEやつたくさん……でも、ほんの一部です。(2021/1/28)

「ナナメに走る」……? やっぱ変なマシンばかりだ バーチャルオートサロン2021「ブッ飛び学生カスタム」大集合
もはやベース車が何だか分からないシロモノも。(2021/1/21)

MONOist 2021年展望:
自動車に「ソフトウェアファースト」がもたらす競争力を考える
今後、ソフトウェアが担う役割を拡大していく要因は、クルマがユーザーの手元に来た後に機能を拡充するアップデートを行おうとしている点です。以前は車両購入後のソフトウェア更新というと、ナビゲーションシステムの地図データのアップデートや、クルマの修理で制御プログラムを修正するのが中心でした。スマートフォンで好みのアプリを追加したり、より良い最新の状態にアップデートしたりするようにクルマが変わっていけば、クルマの使い方や価値も大きく変化します。(2021/1/13)

SOMPOは自らを壊し「保険のない世界」を目指す――グループCDO/CIO 尾股 宏氏
既存事業を破壊する中からしか未来は生まれない。そう語るのは保険業界で唯一DX銘柄に選出された企業のCDOだ。同社がこだわるのは同社独自の定義による「リアルデータ」だ。同社グループ CDOの尾股氏にその意図を聞いた。(2021/1/12)

3Dプリンタニュース:
自動車検査治具用の3Dプリンタ材料を出力素材認定、保守サポートサービスを開始
XYZプリンティングジャパンは、群栄化学工業の3Dプリンタ材料「CB50」を出力素材に認定した。高剛性の自動車検査治具用材料について、レーザー焼結式3Dプリンタ「MfgPro230 xS」の純正パウダーと同じ保守サービスを提供する。(2020/12/25)

PR:使い切れない「楽天ポイント」は「楽天ペイのSuica」にチャージすべし! 2人に1人、必ず当たる! 1000ポイントゲットのチャンスも見逃すな
「楽天ペイのSuica」は、「楽天ペイアプリ」から簡単に発行でき、楽天カードからチャージをするたびに楽天ポイントが貯まるサービス。12月9日から、貯まった楽天ポイントからSuicaにチャージをすることが可能になった。その便利さや、どんな人にピッタリなのかを解説しよう。(2020/12/18)

コンバーチブル、ロードスター、カブリオレ…… なぜ「オープンカー」にいろいろ呼び名があるの?
サクッとまとめて「オープンカー」でええやんと言いたくなりますが、使い分けるといいことがあるかもです。(2020/12/14)

伊藤かずえ、30年ともにした初代シーマで疾走 メンテナンス行き届いた美ボディーに「これが真の愛車」
他の車と並んでもそん色ない……。(2020/11/11)

非接触で給油や洗車が可能な「スマホで給油オーダー」に新機能が追加
スマホアプリで給油の予約と決済ができる「スマホで給油オーダー」にフルサービスステーション向けの新機能が追加。窓拭きやタイヤの空気圧チェックなどの付加サービスも要不要を事前注文できるようになり、車の窓を開けることなく、非接触で給油と各種サービスを受けられる。(2020/10/13)

車の窓を開けずにスマホを見せるだけで給油可能に 「スマホで給油オーダー」の新機能
NECプラットフォームズは、スマホアプリでサービスの注文・決済が可能な「スマホで給油オーダー」へ機能追加。窓ふきやタイヤ空気圧のチェックなど、接客サービスをアプリ上で選択して店舗に通知できるようになる。(2020/10/12)

「コンタクトレス・アプローチ」に迫る:
テレワーク下でこそ威力、「顧客と会わない営業」の極意とは?
営業が訪問しづらいテレワーク時代。「顧客と会わない」新たな営業手法が台頭。このコンタクトレス・アプローチとは?(2020/10/11)

「アウトランダーPHEV」など対象:
三菱自動車がサブスクサービス開始、7車種から 車検費用や保険料もまとめて定額に
三菱自動車は、月額定額サービス「ウルトラ マイカープラン」を開始した。車両の代金や保険料などをまとめて定額で支払うことで、一定期間、車両を利用できる。まずは7車種が対象となる。(2020/10/2)

「超小型モビリティの公道走行が解禁に」 つまりどういうこと?
どういうこと? それは何? 何が変わるの? を解説します。(2020/9/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
コロナ対策? トヨタが非対面中古車ビジネス
トヨタがオンラインの中古車販売サイトを立ち上げた。実績のある安い中古車を入り口に、徐々に高価格な中古車へ広げていくとトヨタはいうが、筆者は中古車だけのはずはないと思っている。新車だって対象にしない理由はないし、実質的に新車に近いは新古車などはすぐに対象に入ってくるはずだからだ。(2020/9/14)

現状は「トゥーマッチ」? オートバックスが描く新事業プラットフォームの衝撃
オートバックスセブンは、IBM主催の「IBM think summit Japan 2020」で、中古車売買市場におけるC2Cプラットフォームの提供を発表した。同社が見据えるエコシステムの未来とは。(2020/9/7)

凶悪無比な魔界(?)仕様「無敵のプリウス」が降臨 魔改造だけれどちゃんと合法、マジSUGEEEE!
ちゃんと公道走れます。もちろんいつも安全運転、燃費はリッター20キロです。(2020/9/6)

チョイ乗りに良いかも 戦前の高級車っぽいルックスの1人乗り電動ミニカー「EV CLASSIC」登場
昔のロールスロイスっぽいデザインが良い。(2020/8/27)

月5000円から!? 維持費込みのリース式クルマ定額サービス「ニコニコダイレクト」開始
元レンタカーの中古車を有効活用します。(2020/7/22)

車載セキュリティ:
自動車セキュリティとソフト更新の国際基準が成立、2022年へ対応急務
国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)が2020年6月24日に開催され、自動車のサイバーセキュリティとソフトウェアアップデートに関する国際基準(UN規則)が成立した。車両の型式認可を受ける際に、国際基準を満たす体制であることを示す必要がある。サプライチェーンや製造後の自動車の使用期間の全体像を見た対応が求められており、自動車メーカーだけでなく、サプライヤーの参加や自動車のユーザーの理解も不可欠だ。(2020/6/30)

あの会社のこの商品:
電動スクーター「ブレイズスマートEV」は、なぜ3000台以上も売れているのか
名古屋市に本社を置く自動車ディーラーのブレイズが開発した電動スクーター「ブレイズスマートEV」が注目を集めており、売れ行きも好調だ。人気の秘密を取材したところ……。(2020/5/22)

トヨタのクルマサブスク「KINTO ONE」に最大7年の新プラン 最安値設定でヤリスが月1万6390円から
「ローン」と何が違うの……?(2020/4/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタが始めるブロックチェーンって何だ?
トヨタ自動車は、ブロックチェーン技術の活用検討の取り組みを発表した。同社は、4月からグループを横断する「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」を立ち上げ、あらゆるモノ、サービスを、「安全・安心」かつ「オープン」につなぐ新しいサービスに取り組んでいくという。(2020/3/23)

モビリティサービス:
2020年から市販化する超小型モビリティ、免許制度や軽との差別化が課題に
矢野経済研究所は2020年3月12日、超小型モビリティや電動ミニカーなど「次世代モビリティ」の市場調査を発表した。超小型モビリティの規格が創設される2020年から普及が進み、2025年に日本国内の販売台数が8300台に拡大すると見込む。2030年には1万1200台に市場規模が拡大するとしている。(2020/3/19)

事前申し込みは4月13日から:
新たなご当地図柄入りナンバー、5月に交付 知床、葛飾、伊勢志摩など17地域のデザインは?
国土交通省は、新たな「地方版図柄入りナンバープレート」の交付を5月11日に始めると発表。知床、葛飾、伊勢志摩など17地域が新たに導入する。(2020/3/11)

どうなる? 次世代車の整備(1):
高度化する自動車技術、修理や整備は追い付けるか
自動車技術の高度化は、快適性の向上や環境負荷の低減など、自動車が抱える多くの課題を解決し、持続的な自動車社会の形成には不可欠なものです。同時に車両技術の高度化に伴い、整備や修理の技術にも変化が求められます。(2020/3/9)

感染拡大のリスクが年度末に増大:
自動車検査証の有効期間が伸長 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため
自動車検査証の有効期間が伸長。国土交通省が発表。年度末には不特定多数の申請者が運輸支局などに集中するため。(2020/2/28)

収納ありすぎ、車内めっちゃ広ぇ…… 写真で見る「新型ルークス」 スーパーハイト軽ワゴンの新型
顔は「厳つい」、でも機能満載。141万1570円から。【写真55枚】(2020/2/25)

月2万9800円から 「クルマのある生活」をLINEで申し込んで月単位で試せるサービスが登場
試せる、ってどういうこと?(2020/2/21)

政府が進める「ドローン革命」、2022年の日本の空はどう変わるか
政府は、積極的に音頭を撮りながらドローンの利活用に関する研究や制度設計が進められている。政府が考える、ドローン活用の未来地図とは。(2020/1/27)

高い自動車ローンを変える クラウドローンが、銀行とユーザーをマッチングさせるプラットフォーム開始
自動車ディーラーなどでクルマを買うときに、提示されるローンに申し込む人は多いだろう。しかしその金利は実は高いことを知っているだろうか。金融系スタートアップのクラウドローンは、1月23日から、個人がマイカーローンや教育ローンを組むときに、複数の銀行との間でマッチングしてくれるサービスを開始した。(2020/1/23)

「上級珍走団」「本当にひどかった」 東京オートサロンで出展者同士による騒乱トラブル、ランボルギーニ愛好家の空ぶかし行為がきっかけ
周辺道路で38台が違法改造で検挙されたという発表も。(2020/1/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。