ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「商談会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「商談会」に関する情報が集まったページです。

水曜インタビュー劇場(五十路公演):
50歳になった「ブルーレット」は、なぜ姿を変えても売れているのか
小林製薬の「ブルーレット」が売れている。50年前に発売された水洗トイレ用洗浄剤は、なぜ長く愛されているのか。その秘密を知るために、同社の広報に聞いたところ……。(2019/6/19)

うぉぉ、伝説の珍車「ステルビオ」も来るぞぉぉ!!「日産カスタムカーの総本山」が初の一般公開、6月16日
オーテック&NISMOカスタム車をガッと集めた珍しい商談会イベントです。(2019/6/7)

「ゲームに負けた平成」から“令和の逆襲”へ:
【独占】「ミニ四駆」の生みの親 タミヤ社長が語るプラモデルの未来
ミニ四駆の生みの親、タミヤの田宮俊作社長に、プラモデルの現状、そして令和時代を迎えた今後の在り方について語ってもらった――。(2019/6/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪が誇る「スーパー玉出」 毎日「1円セール」をしてももうけが出る仕組みに迫る
大阪市内最強のローカル食品スーパーといえる「スーパー玉出」。インパクトの強い看板やパチンコ店のような内装が特徴だ。名物の「1円セール」でもしっかりもうけるビジネスモデルに迫る。(2019/5/14)

目からうろこの行政サポート活用術:
販路開拓に最大50万円支給、創業間もないベンチャーもOK 「小規模事業者持続化補助金」の使い方
既存の商品やサービス、新規に開発する商品やサービスで、新規顧客の獲得や販路拡大を図りたい中小企業や個人事業主に、その事業資金を補助してくれるのが「小規模事業者持続化補助金」だ。補助対象の事業が幅広く、使い勝手のいい補助金の詳細や、申請のポイントなどを紹介する。(2019/3/28)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
両親亡くした一人娘の挑戦 元ラジオDJが「自己破産」覚悟でめっき会社社長に
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/10/31)

SNS通じ中国人の信頼獲得:
45万人が中国に数千億円の日本製品を転売 謎の在日バイヤーを追う
中国市場に数千億円もの日本製品を売り込む中国系バイヤーに迫った。日本に居ながらSNSを駆使し美容用品などを販売。日本企業が今後活用できるかが鍵。(2018/9/4)

水曜インタビュー劇場(3カ月10万台公演):
スマホの画像を印刷できる、「プリントス」はなぜ売れたのか
スマホで撮影した写真を印刷することができる「Printoss(プリントス)」が売れている。2017年12月、タカラトミーが発売したところ、すぐに品薄状態に。この商品の最大の特徴は「完全アナログ」なこと。時代に逆行しているような商品は、なぜ消費者に支持されたのか。(2018/6/27)

ソニーの電子ペーパー端末でAIの手書き文字認識可能に 「Tegaki」開発ベンチャーが試験運用
Cogent Labsは5月7日、AIを使った同社の手書き文字認識(OCR)サービス「Tegaki」とソニーの電子ペーパー端末「DPT-RP1」を連携させ、電子ペーパーに書いた文字をデータ化して業務システムで利用するサービスの試験運用を始めると発表した。(2018/5/7)

昭和すごかった “やり過ぎ”上等「スーパーカー自転車」はいかに少年の心をつかんだのか
昭和少年を熱狂させたゴテゴテフル装備とダブルフロントライト。スーパーカー自転車ブームを支えた「レジェンド開発者」に聞きました。(画像80枚)(2018/3/27)

2020年、空港でハローキティの無人タクシーがお出迎え サンリオとZMPがコラボ
ZMPのロボット技術とサンリオキャラクターがコラボ。宅配ロボット「CarriRo Delivery」や開発中の無人自動走行タクシーを“ハローキティ仕様”になる。(2018/2/5)

ボカロ&ボイロ「東北ずん子」「結月ゆかり」ら登場 秋葉原で「合成音声キャラ」のライセンス商談会
秋葉原で「合成音声キャラ」のライセンス商談会が開催される。キャラクターとのタイアップや、自社キャラクターに声をつけるといった要望に応える。(2018/1/10)

シャープ復活の「IFA 2017」 強いリーダーシップが市場を牽引する
今年も業界の将来を占う「IFA 2017」がメッセベルリンで9月に開催された。IFAリポートの前編はIFAの変容と麻倉氏が「特筆に値する」というシャープの8K戦略について詳しく聞いた。(2017/10/10)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
感情を表現できるDACとは? 麻倉シアター大改革(後編)
(2017/6/30)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
4K/HDRプロジェクターのリファレンスにJVC「DLA-Z1」を選んだ理由――麻倉シアター大改革(前編)
(2017/6/5)

「終わり見えない熊本地震」Amazonが復興支援 県と協定「特産品フェア」開催
Amazon.co.jpで「がんばるけん!くまもとけん!熊本県フェア」を開催。特産品やくまモンのグッズなど、品ぞろえを充実させる。(2017/4/11)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
映像は誰のもの?――麻倉怜士の「デジタルトップ10」(後編)
2016年のデジタル業界を総括する「デジタルトップ10」。後編はトップ3と番外編2の発表だ。驚くべきことに、今回のトピックは全てビジュアルで占められた。……え、番外編は「ガッカリ賞」ですか?(2016/12/31)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
映像技術の底力を見せつけたパナソニックとソニー、麻倉怜士のIFAリポート2016(前編)
近年低調気味だったパナソニックとソニーだが、今年のIFAではそれぞれキラリと光る技術を公開した。現地を取材したAV評論家の麻倉怜士氏が、会場の様子を2回にわたって大いに語る。(2016/10/3)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
世界の4K番組最前線! 「miptv2016」レポート(前編)
昨年、スカパー!を皮切りに4Kの商業放送がスタートし、ハード/ソフトの両面で4Kの存在感が増しているが、日本以外はどうなっているのか? 実は、世界の映像コンテンツ業界は今、4Kの可能性に夢中だ。(2016/6/7)

3400を超える商談数、参加企業からの高い評価:
PR:日本の高品質要求に応える企業が参集――「日韓中小企業商談会」の魅力とは
来る2016年6月23日、東京で「第26回 日韓中小企業商談会」が開催される。この商談会は2003年から毎年、日韓で開催されてきたもの。第25回までの商談数は3400を超え、両国参加者の評価は非常に高い。なぜ長年にわたって開催され数多くの商談を生み出しているのか、どのような魅力があるのかなど、海外取引を模索する中小企業にとって興味のあるところを、主催者と参加経験者が語り合った。(2016/5/27)

団子のクッキングトイも:
ビールが苦手な若者に! 苦みを抑えて香りを付ける家庭用ビールサーバーが登場
タカラトミーアーツが、ビールに香りを付けられる家庭用ビールサーバーを発表した。(2016/4/13)

まさかの橋本にゃーちゃん:
これで「松ロス」解消だ! 「合コンファイル」など「おそ松さん」新グッズを公開
タカラトミーアーツが「おそ松さん」の新商品を公開した。(2016/4/13)

「キンプリ」のサイン入り色紙、カヅキ先輩がリスペクトされすぎと話題に
タカラトミーアーツ商談会で色紙の実物(一部)を初だし。(2016/4/13)

名前を呼んでくれる! タカラトミーの会話ができるぬいぐるみとお話してきた
ハッピー(クマ)とラッキー(イヌ)から選べる。(2016/3/24)

表情が変わる「おそ松さん」フィギュアをぐりぐりしてきた
いい表情だ。(2016/3/24)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
2015年を総括! 恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」(前編)
年末恒例、AV評論家・麻倉怜士氏が注目したデジタル製品や映像/音楽タイトルを総ざらいする「麻倉怜士のデジタルトップ10」。今年は豪華拡大版として3回にわたって掲載します。(2015/12/25)

新食感:
“ほろしゅわ”な生ラムネが家で作れる 混ぜて押すだけのクッキングトイ「どうぶつラムネ工場」
タカラトミーアーツは、ほろほろとした新食感の“生ラムネ”を簡単に作れるクッキングトイ「どうぶつラムネ工場」を11月19日に発売する。(2015/10/21)

UD商品戦略が支える三菱の“大人家電”
三菱電機のWebサイトに、新コンテンツ「三菱“大人”家電」がある。シニア向けの家電の提案ということでは、ターゲットをほぼ同じに設定しているパナソニックの「Jコンセプト」のシリーズと似ている。だが決定的な違いがある。それは……。(2015/9/9)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
日本でも視聴できる!――映画の街で見つけた最新4Kコンテンツの感動ポイント
仏カンヌで開催された「miptv」で、麻倉怜士氏は感動的な4Kコンテンツをいくつも発見した。欧州の最新4K事情とともに、日本でも視聴できる4Kコンテンツを紹介してもらった。(2015/8/27)

その恐竜、凶暴につき:
目の色を変えて暴れまくるお怒りモードな恐竜ロボットと戯れてきた
タカラトミーは、リモコンやジェスチャーで操作できる恐竜ロボット「Hello! DINO」(ハロー!ダイノ)を4月23日に発売する。激しく暴れまくるダイノと早速戯れてきた。(2015/4/17)

スマホ連携も:
サバゲー初心者はまずこれで 連射できる次世代型ゴム鉄砲「サバコン!」
タカラトミーが、誰でも気軽にサバイバルゲームを体験できる次世代型ゴム鉄砲「サバコン!」を7月に発売する。柔らかいゴム弾を使うので、体に当たっても痛くない。(2015/4/17)

Apple Watchよりバッテリー長持ち?:
カメラ内蔵、1.41型カラータッチ液晶搭載 子供向けスマートウォッチ「プレイウォッチ」が侮れない
子供だってスマートウォッチを使いたい。タカラトミーの「プレイウォッチ」は、1.41型のタッチ対応カラー液晶や、静止画と動画を撮影できるカメラを搭載する。(2015/4/17)

バナナやゴーヤをよりおいしくする不思議な粉「バナナ、あっぱれ」「ゴーヤ、ばんざい」発売
バナナクラスタ&ゴーヤクラスタ歓喜。(2015/3/10)

zenmono通信:
金属加工がしたいメイカーズのための秘密基地
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、関東精密の杉田勇さんにお話を伺った。(2014/12/8)

シャープに聞いた4Kテレビ拡販戦略――そして8Kのこと
NexTV-Fによる試験放送が始まり、市場では製品ラインアップの拡大に低価格化も手伝って大画面4Kテレビが売上を延ばしている。4Kテレビの販売状況と戦略について、シャープに話を聞いた。(2014/12/1)

メガトロンは16-BITだった?:
「プレステ」と「メガドライブ」がトランスフォームするとこうなる
今年30周年を迎える「トランスフォーマー」と、20周年のソニー「プレイステーション」がコラボ。ゲーム機からロボットに変形するオリジナルアイテムが登場した。(2014/10/15)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
「1カ月半で売上を倍増せよ!」
これまでに学んだ図解思考の会議術を用いて「社長から課せられたタスク」を解決してみましょう。会議は、創造的でエネルギッシュなものに変えられます。(2014/10/15)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
テレビメーカーの画質回帰、その背景にある2つの新規格とは――IFA振り返り
今回のIFAでは湾曲した画面のテレビが目立ったが、一方で画質回帰ともいうべき高画質技術のアピールも増えた。その背景にあるのは、新世代の放送と光ディスクだった。(2014/9/30)

クリスマスおもちゃ見本市2014:
それは想定外!――完成品の「Robiジュニア」からトミカ「首長竜搬送車」まで
年末商戦に向け、玩具メーカー各社が新製品を披露する展示商談会「2014クリスマスおもちゃ見本市」が開幕。新作玩具を中心にピックアップした。(2014/9/3)

革新的なサーバーを採用:
PR:生き残りを懸けて変わる企業、これを支えるIT
150年の歴史を今に引き継ぐ瀧定大阪は、服地卸で圧倒的なシェアを握ってきた。その瀧定大阪が2010年、抜本的な経営変革に乗り出した。その一方で、ITシステムを目覚ましいスピードで整備。SAPに続いて、シスコのサーバー「Cisco Unified Computing System」を採用し、短期間でSAP HANAの導入を完了。情報を駆使した攻めの経営に転じている。(2014/8/4)

3次元CADが作る未来の世界:
3次元データを活用したモノづくりで環境問題解決と開発途上国支援
オートデスクのクリーンテックパートナープログラムおよびテクノロジーインパクトの参加企業・団体による、ユニークな小型風車開発、開発途上国の少年への義足提供など、環境問題解決や発展途上国支援の事例を紹介する。(2013/11/29)

出版業界ニュースフラッシュ 2013年11月第3週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。11月第3週は、出版4団体が権利付与に関する「緊急アピール」を行ったことなどが注目されました。(2013/11/18)

大学教員は見た! ニッポンの中小企業事情(5):
海外市場参入の成功の秘訣は「良きパートナーづくり」――埼玉、新潟、岐阜の3企業
中小企業の海外市場参入が増えてきているが、具体的な成果を挙げている企業はまだ少ない。本稿では海外市場参入に成功した3企業を紹介する。(2013/10/31)

丸いスクリーンだから分かること——学研「WORLDEYE」
学研ステイフルが10月下旬に発売する「WORLDEYE」は、地球儀のようなリアプロジェクションディスプレイだ。HDMI入力やUSB端子も備えている。(2013/9/11)

東京国際ブックフェアリポート:
ブックフェア/電子出版EXPOでにぎやかだったブースたち
東京ビッグサイトで開催中の「第20回東京国際ブックフェア」。ボイジャーや楽天Koboのブースを紹介する。(2013/7/5)

東京国際ブックフェアリポート:
東京国際ブックフェア、今年は何が新しかったか
東京ビッグサイトで開催中の「第20回東京国際ブックフェア」。さまざまな出展があるが、注目を集めているブースを幾つかピックアップしよう。(2013/7/4)

出産の記念に3Dホログラム写真、パイオニアが提案
パイオニアは、ベビーグッズなどの専門商談会「ベビー&キッズ EXPO」に、開発中の小型ホログラムプリンターを参考展示する。(2013/6/20)

地域活性化を支えるOffice 365:
PR:異業種のワイン関係者がLyncでコラボ “オール山梨”で挑むワインイベントの舞台裏
(2013/6/10)

松浦尚子のワイン&コミュニケーション:
パリからTGVで小一時間、優美なワイン産地ロワール地方へ
大河ロワールが育む美しい自然、歴史的遺産。飲みやすく彩り豊かなロワールワインは見逃せない。(2012/11/2)

ドロドロなやつとかヒエヒエなやつとか:
「2013 タカラトミーアーツ新春商談会」に行ってきた
昔どこかで見た気がするドロドロなやつや、冷蔵庫に入れておくという癒やし系グッズや、ガチャで話題だったLINEキャラクターの新展開などなどを見てきました!(2012/10/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。