ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キャリアパス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

スピン経済の歩き方:
日本社会から「単身赴任」がなくならない、根本的な理由
「4月から転勤することになったよ」と嘆いているビジネスパーソンもいるのでは。家族を残して「単身赴任」する人もいるだろうが、そもそもなぜこのような制度が存在しているのだろうか。歴史をさかのぼると、根深い理由が存在していて……。(2020/2/11)

キャリアニュース:
40代、50代管理職の約半数が現在の業務や待遇に不満足
インバスケット研究所が、「管理職の実態と本音」に関するアンケート調査結果を発表した。40代、50代管理職の約半数が、現在の業務や待遇に納得しておらず、業務量やプレッシャー、部下の育成が給料に見合わないと感じていることが分かった。(2020/2/6)

「働きがいのある企業」ランキング、Googleを抜いて1位だったSaaSベンダーとは……?
オープンワークが「働きがいのある企業ランキング」を発表した。従業員の士気の高さ、風通しの良さ、待遇面の満足度など8項目を調査したもの。首位はクラウド型の顧客管理システムなどを手掛けるセールスフォース・ドットコムだった。(2020/1/22)

キャリアニュース:
精密機器業界のやりがいを感じる企業ランキング――1位は東京エレクトロン
企業口コミサイト「キャリコネ」が「精密機器業界の仕事にやりがいを感じる企業ランキング」を発表した。1位は「東京エレクトロン」、2位「村田製作所」、同率3位が「ブラザー工業」「ソニー」だった。(2020/1/20)

データサイエンティストが東大生の人気職種に 新卒年収は1000万円以上
東大生の間で、データサイエンティスト職への注目度が高まっている。多方面の知識とビジネスセンスが必要で難易度は高いが、高給が期待できる点や自由な働き方ができる点などが人気の理由だ。(2020/1/14)

東大生に「データサイエンティスト」が人気、なぜ?
ビッグデータを分析・活用する職業「データサイエンティスト」の人材が不足する中、大学生の就活現場で異変が起きている。「官僚でもなく、有名企業でもなく、データサイエンティスト職を志望する東大生が目立ち始めている」(就職情報会社)からだ。(2020/1/10)

チャレンジしやすい環境か:
精密機器業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」 2位村田製作所、3位ブラザー工業とソニー、1位は?
「キャリコネ」は、精密機器業界の”仕事にやりがいを感じる企業”ランキングを発表した。2位は村田製作所、3位はブラザー工業とソニーが並んだ。1位は?(2020/1/10)

20代から50代まで、官公庁勤めの人からも応募:
経歴不問、年収青天井で「転職を考えていない人」を狙ったKDDIのイノベーション人材採用 担当者に狙いを聞いた
KDDIが発表した「イノベーション人材採用」。国籍や年齢の制限がなく、支給する給与も“青天井”だという。今回が初めてではなく、2018年にも1人を採用している。どういった狙いを持った採用なのか。担当者に聞いた。(2020/1/8)

キャリアニュース:
ITエンジニアの約6割が「技術的スキルだけでは生き残れない」と回答
VSNが、ITエンジニアを対象とした仕事に関する意識調査の結果を発表。「技術的スキルだけでは生き残れない」と55.9%が考えていた。また、今後高めたい能力として、自身で解決策を提案できる「コンサルティング力」を挙げた人が最も多かった。(2019/12/19)

離職率は大幅に改善:
ワタミの「ホワイト企業化宣言」は本当なのか? データから徹底検証する
創業者である渡邉美樹氏が10月1日、ワタミに復帰。復帰会見では離職率の低下など、「ホワイト企業化」が宣言された。「ブラック企業」と批判され続けてきたワタミだが、本当に環境はよくなったのか。ブラック企業アナリストの新田龍氏が3回にわたり、ワタミの過去を振り返るとともに現状を検証する。(2019/12/17)

PR:楽天テクノロジーコミュニティの魅力が集結 雰囲気は海外のテックイベント「Rakuten Technology Conference 2019」
楽天主催のテクノロジーイベント「Rakuten Technology Conference 2019」が開催された。楽天が注目しているテクノロジーとその活用や戦略の紹介、楽天の働き方などの魅力を発信することがカンファレンスの狙いだ。各セッションは、ほとんどが英語で行われた。その雰囲気はさながら海外のテックイベントだ。楽天の三木谷浩史社長や、CIO&CISO(Chief Information Officer & Chief Information Security Officer)で、テクノロジーディビジョンのトップである平井康文氏、楽天グループ全体のAI、データ、およびR&Dを統括する北川拓也氏などが登壇し、楽天が進める技術面での取り組みが紹介された。(2019/12/10)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
データサイエンティストの素養は「獣神サンダー・ライガー選手」に学べ
将来のキャリアに悩むデータサイエンティストは少なくありません。今後の方向性に悩めるデータサイエンティストは、あの業界の“レジェンド”に学んでみてはいかがでしょうか?(2019/12/5)

「価値創出」や「スピード」ばかりに目を奪われるのは危険:
DXも台無しにしかねない日本企業の「ソーシング問題」――「内製化が難しい」なら、どう戦うか?
デジタルトランスフォーメーション(DX)の潮流が高まる中、社会全体で「イノベーション」や「スピード」といった要素が注目されている。だが、いくら「新たな価値」を生み出したところで、それがビジネス/サービスである以上、信頼に足る品質を担保していなければ意味がない。特に内製が難しいトラディショナルな企業にとっては、一般的なIT活用でもDXにおける価値創出でも、社外の開発・運用パートナーと組むことが不可欠となる。そうした中でも、今のスタンスのままで本当に「ビジネス価値」を生み出すことができるのだろうか?(2019/12/6)

女子と労働:
「キャリア、ライフステージ、そしてオタク事が三つ巴」――“オタク女子と労働”の大変さと楽しさを『本業はオタクです。』劇団雌猫かんさんに聞いた
みんなラクラク両立できてるわけではない!(2019/11/30)

「案件中心」から「顧客中心」へ:
サイボウズは「SaaSシフト」をどのように成功させたのか
業務アプリケーションの「パッケージソフト販売」から、「クラウドベースのSaaSモデル」への事業転換に成功したサイボウズ。同社の開発本部長である佐藤氏に話を聞いた。(2019/11/28)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
【新連載】これからの企業が求めるのはITとビジネスの本質を理解した「ハイブリッド型人材」
1951年の創業以来、さまざまなイノベーションで、顧客の支持を得てきたクレディセゾン。今後もDXにより、革新的なサービスやコンテンツを創造し、さらに50年先まで顧客に寄り添えるファイナンスカンパニーを目指している。(2019/11/20)

セキュリティログ分析基盤活用入門(1):
セキュリティ業務における「ログ」の基礎知識――なぜ分析基盤が必要なのか
セキュリティ業務における「ログ」と、その分析基盤の活用について解説する連載。初回は、セキュリティログに関する基礎知識や分析基盤に求められることなどについて。(2019/11/14)

「不透明な社内評価」にNO! 報酬は「市場価値」で決める――ベルフェイス社長が人事制度に大なたを振るった理由
足に頼った営業をユーモラスにチクリと皮肉るテレビCMで一躍、有名になったインサイドセールスシステムのベルフェイスが、社員の報酬を「市場価値」で決めるという革新的な人事制度の導入に踏み切った。導入の背景と効果について社長の中島一明氏に聞いた。(2019/11/13)

ぶっちゃけ、電ファミって利益出てました? 「電ファミニコゲーマー」編集長・TAITAI氏に聞く、独立の裏側、これからの野望
2016年のオープンから3年、大きな転機を迎えた電ファミは今後どうなる?(2019/10/22)

組織のカルチャーをいかに作り上げるか:
PR:テクノロジーで日本企業のチーム力は強化できるのか?――コラボレーションツールの首脳が本音でトーク
(2019/10/7)

不足しているなら育てればいい:
郵便配達員や窓口担当者を「IT人材」に――日本郵便が取り組む“現場が分かるIT担当”の育て方
不足しているなら育てればいい――。IT未経験者を対象にした日本郵便の「IT人材育成プログラム」とは。(2019/10/7)

外食産業のネガティブなイメージを変えたい:
就業時間中に昼寝OK 生産性が高まる新オフィスをトリドールHDが公開
丸亀製麺などを運営するトリドールHDが新オフィスを公開。働き方改革につながる「ABW(アクティビティー・ベースド・ワーキング)」の考え方を導入。新しいオフィスの中身とは?(2019/9/24)

オンプレミスと共通する部分も
パブリッククラウドを使う企業のITアーキテクトに必要な5つのスキル
パブリッククラウドを利用するときもオンプレミスと同様、データセンターとネットワークの論理設計が必要だ。クラウドでシステムの開発と運用をするとき、ITアーキテクトに求められる5つのスキルについて説明する。(2019/9/4)

個人でなく構造的な問題:
アパレル、ウエディング……「キラキラ系業界の接客女子」が転職に行き詰るワナとは
アパレルやウエディングなど華やかな接客業は女性に人気。しかし、離職率が高い上に異業種へ転職しにくい傾向も。構造的なキャリアの断絶問題を解き明かす。(2019/8/26)

キャリアニュース:
Linux管理者のスキルを評価する認定資格試験の配信を開始
CompTIA日本支局は、Linuxシステムを運用するITプロフェッショナルのスキルを証明する認定資格試験「CompTIA Linux+」の配信を開始した。パフォーマンスベーステストが導入されたLinux唯一の認定資格だ。(2019/8/22)

SuperStreamが15年ぶりに人事給与システムを大幅刷新:
PR:「日本の人事部の『現場に本当に必要なもの』を追求」 HRTechを実現する人事体制
人材(Human)を資産(Resources)と見なし、ITの力で有効活用を促進するHRTechが注目を浴びている。24年間、人事給与システムを作り続けてきた老舗のERPパッケージベンダーが新たにリリースした、「人材の個人情報」を活用するためのツールとは。(2019/9/4)

知の賢人・田坂広志が語るキャリア論【前編】:
田坂広志が社会人1年目に味わった絶望感――逆境を越えられた理由は「研究者視点」と「心の師匠」
7年遅れで実社会に出た研究者上がりの若者が、ビジネスの世界で道を拓けたのは、仕事を深く研究するという「反省の技法」と、優れた上司からその技術や心得を徹底的に学ぶ「私淑の技法」の賜物だった――。(2019/8/6)

RPA失敗の構図――あなたの会社にも潜む引き継ぎという名の魔物
RPAは、「人生100年時代」にワークライフバランスややりがいを求める従業員と、1日48時間分の労働生産性を必要とする企業の要望をかなえ、双方のギャップを埋める良薬だ。しかし、多くの企業はRPAを生かすためのたった1つの視点を見落としている。それは一体何か。日本RPA協会の理事による新連載がスタート。(2019/7/1)

10個のヒントとは?:
「気に入らないコード」をレビューする際にRed Hatのエンジニアはどうしているのか
プロジェクトメンテナーの立場にあるとき、提出されたコードが何らかの理由で気に入らない場合はどうしたらよいだろうか。Red Hatのソフトウェアエンジニアが、コードレビューを行うに当たって念頭に置くべき10のヒントを解説した。(2019/7/10)

モノづくり業界転職トレンド(10):
コンサルティングファームがエンジニアを求めている
今、エンジニア出身者のコンサルタントのニーズが高まっている。新たなキャリアパスとしてのコンサルタントという仕事、エンジニアが求められる背景などを転職コンサルタントに聞いた。(2019/7/8)

昭和な制度が変わらないワケ:
「エライ人=管理職」をやめようとして大失敗した話
変化の時代に実務を知らないマネジャーは使いものにならない――というのは昨今の定説だが、その問題を解消するのは非常に難しいようで……。(2019/7/4)

スピン経済の歩き方:
「闇営業」の原因は、日本の芸能ビジネスの「中抜き構造」にある
ワイドショーなどで連日のように、芸人の「闇営業」問題を取り上げている。「最初に発覚したときにうそをついたことがいけなかった」などとコメントしている人が多いが、問題の本質はそこにあるのか。筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしていて……。(2019/7/2)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:現状に不満はない! でも、もっと新しいことをやりたい!――こんな転職理由じゃダメですか?
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2019/7/1)

ロボット掃除機「ルンバ」にサブスクプラン 月額1200円から 8日スタート
アイロボットジャパンがルンバの月額利用サービス「Robot Smart Plan」を提供開始すると発表した。(2019/6/4)

キャリアニュース:
「IT企業の求人は女性からの応募を想定していない」と半数が回答
ブッキング・ドットコム・ジャパンが世界10カ国6898人を対象とした「IT業界で働く女性に関する調査」の結果を発表。IT業界で働く女性の47%が「就職活動時のジェンダーバイアスが女性のIT業界進出を難しくしている」と考えていることが分かった。(2019/5/30)

経団連・トヨタのトップが示唆:
終身雇用の“終わり”で「ジョブ無しおじさん」は生き残れるか 城繁幸氏に直撃
財界トップが相次ぎ終身雇用の見直しに言及。年功序列から職務給への移行で「ジョブ無しおじさん」は生き残れるか。人事コンサルタントの城繁幸さんに直撃。(2019/5/24)

専門家のイロメガネ:
トヨタ社長が「終身雇用は難しい」と言っても、やっぱり「終身雇用」が必要な理由
トヨタ自動車豊田章男社長の「終身雇用は難しい」発言が大きな波紋を呼んでいる。企業側の厳しい環境はわかるが、終身雇用の維持は日本企業の責任ではないのか? そう考える4つの理由をまとめる。(2019/5/21)

なぜ数日で採用に至らないのか:
IT分野の「非正規社員」採用意欲高める日本企業、ヘイズ・ジャパンが調査
ヘイズ・ジャパンの業界動向レポート「インサイドストーリー」によると、日本企業はIT分野の非正規社員採用について意欲的だ。正社員の採用では必要なスキルを持つ人材を確保できないことに気付き始めているためだが、採用決定に長い期間を必要としており、効率が低い。(2019/5/14)

「ITmedia マーケティング」月刊ヘッドラインレビュー:
超イケメンなブランディング論が教えるサブスクリプションビジネスの本質
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。(2019/4/12)

NTTコム「人材流出防止に押しかけラグビー」報道に波紋 実際に行われているのか聞いてみた
デマではないものの、いろいろと誤解を含んだまま広まってしまったようです。(2019/3/28)

何がキャリアを脅かすのか
CIOが解雇される5大要因、自分の身を守るためにできることとは
CIOは自分のキャリアパスの守りを固めた方がいい。CIOが解雇される5つの理由、そしてそれを避ける方法について解説する。(2019/3/28)

おかんマーケターの働き方革命:
営業からマーケターへのキャリアパス、全力でやってきたことは必ず次につながる
おかんマーケターとしてデビューして1年半でB2Bマーケターのアワードを受賞した筆者。そのノウハウの一部を紹介しつつ、これからマーケティングの道を歩む人へのメッセージも。(2019/3/20)

エリートほど陥りやすい?:
中高年社員を確実に待ち受ける“絶望への落とし穴”とは 調査で解明
企業でささやかれる「働かない中高年」問題。その背景には個人ではなく構造的問題が。調査から迫ったパーソル総研研究員に直撃。(2019/3/6)

AIが転職サポート、経歴と価値観で分析 スマホアプリ「VIEW」
経歴と価値観を登録すると、AIが自分に合った職業を提示する――若手人材の転職をサポートするスマートフォンアプリ「VIEW」が登場。(2019/2/27)

LinkedInとIndeedの調査から見えること
リモートワークなどの柔軟な働き方を認めれば採用への応募が増加する?
ある調査結果によると、働く場所や時間を従業員自身が自由に決められるような柔軟な業務ポリシーがある企業ほど、求職者の支持を集める可能性がある。(2019/2/26)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

新試験の予定も明らかに:
PR:なぜCompTIA認定資格なのか、3つの理由とは?
ベンダーニュートラルな認定資格を提供するCompTIAのグローバル担当者によれば、資格取得の理由は3つあるという。1つ目はグローバルな転職や採用にも役立つこと。残りの2つのメリットも強調した。今後は、Linuxを活用するITプロフェッショナルに必要なスキルを網羅した認定資格「CompTIA Linux+日本語版試験」を2019年中に開始する他、パフォーマンスベーステストも開発中だという。(2019/2/25)

近未来の働き方を想像する:
もしも銭形警部が人工知能を使いこなしたら、警察はルパンを逮捕できるのか?
日本では「熱血型上司」が人気だという。しかし、近い将来それと対極にある存在が私たちの上司になるかもしれない。人工知能だ。そのとき、部下の動きはどのように変わっているのだろうか。「ルパン三世」の銭形警部を例に見ていこう。(2019/2/13)

働き方改革:
高砂熱学工業が“選択定年制”や“年齢給廃止”など、新人事制度を導入
高砂熱学工業は2019年4月から、60〜65歳までの選択定年制や年齢給の廃止などを盛り込んだ“新人事制度”を導入する。(2019/2/7)

「コラボレーション主導型マーケター」の時代へ:
アクセンチュアが考える新たなCMO像、マーケティングの知見で企業全体をつなぐ
これからのCMOが担うべき新たな役割とは何か。(2019/2/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。