ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コーヒーメーカー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コーヒーメーカー」に関する情報が集まったページです。

おうち改造のスケールがでかすぎる! 世界のすごいインテリアを紹介する番組「拝見! こだわりの住空間」に度肝を抜かれる
家がめっちゃほしくなります!(2020/10/17)

プラススタイル、Amazonプライムデーにスマート家電18商品を出品 最大44%OFF
プラススタイルは、10月13日、14日に開催されている「Amazonプライムデー」に、+Style家電などスマート家電18商品を出品した。+Style家電は、専用アプリ1つでさまざまなジャンルの製品を管理・操作するスマートホーム家電。プライムデーには14製品を出品している。(2020/10/13)

+Style、Amazonプライムデーにスマート家電18商品を最大44%オフで販売
プラススタイルは、10月13日〜14日に開催される「Amazonプライムデー」でスマート家電18商品を最大44%オフで販売。「スマートマルチリモコン」や「スマート全自動コーヒーメーカー」などをそろえる。(2020/10/9)

欧州FM見聞録(5):
FMの関連システムを統合するIWMSで起きている変化
本連載では、ファシリティマネジメント(FM)で感動を与えることを意味する造語「ファシリテイメント」をモットーに掲げるファシリテイメント研究所 代表取締役マネージングダイレクターの熊谷比斗史氏が、ヨーロッパのFM先進国で行われている施策や教育方法などを体験記の形式で振り返る。第5回は、FMの関連システムを一元管理するIWMSに現在起きている変化を紹介する。(2020/9/29)

車内で家電が使える! AC100Vコンセントがあるクルマ5選
停電時やキャンプなどで役立ちます。(2020/9/22)

聖地・高野山で“テラワーク” 仕事がはかどる仕掛けとは
弘法大師・空海が開いた高野山、標高800メートルの神秘の聖地でテレワークをしてみれば−。(2020/9/11)

聖地・高野山で“テラワーク” 仕事がはかどる仕掛けとは
高野山の宿坊がテレワークを応援する宿泊プランを始めた。瞑想修行や写経体験、明智光秀ら戦国武将が眠る奥之院をめぐるツアーなどにも参加できる寺でのテレワークを記者が体験した。(2020/9/11)

大竹しのぶ、明石家さんまと35歳長男の2ショットに感動 互いを思いやる2人の姿に「幸せを感じる夜になりました」
きっとその場の全員が幸せになったバースデー。(2020/9/4)

シリーズ「私とテレワーク」:
モバイルワークの「柔なスタイル」を生かしつつ在宅型テレワークに最適化
自宅で本格的に仕事をできるように、テレワーク環境を構築するにはどうしたらいいのか。PC USERには、以前から自宅で仕事しているライター諸氏が多数いる。彼ら彼女らからその極意を伺っていく。フリーランスライターの井上晃氏に伺った。(2020/8/26)

【5年前に家電ほぼ捨てちゃった人インタビュー】夫婦での途上国滞在で学んだ「“ない生活”をしてみるメリット」
現在は日本で、「ない生活」ではなく「自分にとっていらないものを持たない生活」を送っているようです。(2020/8/7)

ロボット掃除機ほかスマート家電が最大45%オフで購入できる「+Style夏祭り 2020」7月20日まで開催
プラススタイル(+Style)が、7月20日までセールを開催する。2万9999円と9999円(共に税込み)の「ラッキーバッグ(福袋)」を数量限定で販売する他、単品製品の一部も通常よりも手頃な価格で販売する。(2020/7/14)

お寺でテレワークいかが 高野山の宿坊が新プラン
和歌山県・高野山の宿坊「高野山恵光院」がテレワーク向けの宿泊プランを始めた。Wi-Fi環境の整った6畳の和室を約1万円で貸し出す。副住職は「静かな山内で仕事し、瞑想や散策もできる」としている。(2020/7/8)

おしえて、キラキラお兄さん:
副業ってお金以外にメリットありますか?
会社員とフリーのエンジニアという二足のわらじを履きこなしている保坂駿さんは、学生時代から、空いた時間に自分がしたいこと、自分にできることを着実に積み重ねてきた。(2020/7/7)

テレワークの“朝”は自動化できるか? 「スマート全自動コーヒーメーカー」を試す
“スマート”なコーヒーメーカーがプラススタイルから登場。(2020/6/24)

Mobile Weekly Top10:
まだまだ主役は「LTEスマホ」/イヤフォンマイク端子が復活した「Xperia 1 II」
NTTドコモが、2020年夏商戦向けのLTEスマートフォンの販売予約を受け付け始めました。エリアに広がりがない現状を踏まえてか、5Gスマホが出てくる中でも熱視線を集めているようです。(2020/6/17)

アプリや音声で操る「スマート全自動コーヒーメーカー」、+Styleが発売 家電連携で「毎回操作する必要はない」
プラススタイルがWi-Fi対応の「スマート全自動コーヒーメーカー」を発表した。アプリやスマートスピーカーによる操作に加え、家電連携にも対応する。(2020/6/11)

プラススタイルが「スマート全自動コーヒーメーカー」を投入する理由
プラススタイルが6月25日に「スマート全自動コーヒーメーカー」を発売する。コーヒー豆と水をセットしておくことで、アプリからの操作でコーヒーを入れられる。同社は「キッチン」向けの製品を強化し、「寝ている間に小人が動くような」世界を目指す。(2020/6/11)

Innovative Tech:
3Dプリントしたオブジェクトに目視できないラベルを埋め込む技術「G-ID」 MITなど開発
人の目では認識できないが、マシンビジョンでは識別できるコードを3Dプリンタ出力に埋め込む。(2020/5/29)

存在感ぱねぇ……! ポルシェ911のエンジンを再現したエスプレッソマシンが超かっこいい
マシンにはアルミニウム合金やチタンなども使用しています。(2020/5/14)

製造業にダイナミズムをもたらすデジタル変革(1):
デジタル化が加速する世界、製造業が革新を生み出すには何が必要か
デジタル化がどのように製造業の企業活動の変革を導くのかを解説する本連載。第1回は、企業収益の次の柱となり得る、革新的な製品やビジネスをどのように創出するかについて考察する。(2020/4/23)

エッジ:データのフロンティア【後編】
スタバとMicrosoftが構築したエッジコンピューティングシステム
エッジコンピューティングは既に現実的なソリューションだ。StarbucksとMicrosoftが構築したエッジコンピューティングシステムがその一例だ。(2020/4/2)

砂時計のようなコーヒーメーカー、デロンギが発売 アイスコーヒーモード搭載
デロンギ・ジャパンがアイスコーヒーモードを搭載したドリップコーヒーメーカー「デロンギ クレシドラ」を発売する。(2020/2/19)

コンビニオーナー“大反乱”の真相:
脱24時間で息吹き返したセブン加盟店、密着ルポで迫る「時短営業の意外な現実」
コンビニ業界に脱24時間化の激震が走る。最大手・セブンのとある時短実施店に筆者が密着ルポ。意外な実像から浮かび上がる「コンビニの未来像」とは。(2020/2/12)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIとドローンで在庫管理、シフト表を自動作成 知られざる小売業界のAI活用術
接客業務や在庫管理など、小売・サービス業に関する国内外のAI活用事例を紹介する。(2020/2/5)

CES 2020:
「Googleアシスタント」の今年の新機能は家族用掲示板や家電の起動予約など
Googleが、CES恒例の「今年提供予定のGoogleアシスタントの新機能」を紹介した。家族で確認できる掲示板機能やコーヒーメーカーなどの家電の起動予約、Webページの長文朗読などだ。(2020/1/8)

笑わない男・稲垣啓太、渾身の“ラテアート”に反響 かわいいハート型に「ギャップ萌え」「ドブ卒業おめでとう!」
うまくいったときは笑ったのかな。(2020/1/6)

「Gatebox」の電源を入れなくなってしまった理由
“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」を自腹で購入した筆者。いやし系、頑張り屋、天然キャラ……という「逢妻ヒカリ」の笑顔に、筆者だけでなくITmedia NEWS編集部のメンバーも興味津々だった。しかしあれから2カ月がたち、いつしか電源を入れなくなった自分がいた。(2019/12/27)

「HoloLens 2」でコールセンターの働き方改革 製品を3D化、客の「使い方教えて」に自宅から対応
日本マイクロソフトなど4社が「HoloLens 2」を活用してコールセンター業務を支援する実証実験を開始。製品を3Dオブジェクト化して表示し、オペレーターが社外から内容を確認できるようにする。自宅などからの顧客対応を実現し、働き方の柔軟性を高める狙い。(2019/12/3)

楽天、11月末からブラックフライデーセール開催 家電やカメラなど“黒い”商品が割安に
楽天が19年もブラックフライデーセールを行うと発表。「楽天市場」「Rebates」が対象。“黒い”商品などを割安で販売する他、ポイント付与率が上がるキャンペーンも行う。(2019/11/21)

スタートアップの勢いにも期待:
戦いの火ぶたが切られたエッジAI市場
人工知能(AI)は過去2年間で、世界的なメガトレンドへと変化した。機械学習は、消費者や自動車、産業、エレクトロニクス全般など、ほぼ全てに何らかの形で影響をもたらしている。さらに、私たちがまだ、うかがい知れない方法で社会や生活に影響を与えると思われる。(2019/11/11)

内蔵センサーと機械学習で実現:
韓国KAISTの「物体識別技術」、スマートフォンの角で“ノック”するだけ
KAIST(韓国科学技術院)の研究チームが、スマートフォンの角で物体を軽く“ノック”するだけで、物体を識別できる技術「Knocker」を開発した。識別できるだけでなく、物体とひも付いた適切なアプリケーションやサービスを自動的に起動できる。(2019/10/9)

独自メニューも投入:
ブルーボトルコーヒーが日本1号店を旗艦店にリニューアル 初となるサービスも提供
ブルーボトルコーヒーが日本1号店を旗艦店としてリニューアルする。同店ではバリスタが接客を行う。コーヒーの抽出方法を学べるクラスも開催する。(2019/9/12)

コーヒーの香りで目覚める朝 英メーカーのドリッパー付き目覚まし時計
今後、日本でも販売されるかも?(2019/9/2)

そこまでして肉を焼きたいか! バーベキューグリル付きバイクが爆誕、米カスタムメーカーが考案
バイクにアメリカンな改造を。(2019/8/5)

瀕死の状態:
誰がミルク業界を潰したのか? 米国で激化する「ミルク戦争」の行方
米国で、牛乳離れが加速している。子どもの成長に欠かせない、栄養価の高い飲み物として知られているのに、なぜ米国人は牛乳をあまり飲まなくなったのか。背景に……。(2019/7/28)

【Amazonプライムデー】セール終了直前! もう買い残しはない? 最終日の売れ筋・目玉商品をまとめて紹介
セールは16日いっぱいまで!(2019/7/16)

タイムアウト東京のオススメ:
穴場の喫茶を見つける
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/6/11)

IoT時代のセキュリティ絶対防衛ライン:
元妻が住む家のエアコンを遠隔操作で嫌がらせ、商品レビューで告白 スマートホームの注意点とは?
各業界のIoT関連サービスが抱える問題点、そして有効な対応策とは? セキュリティの専門機関が情勢を伝えます。(2019/6/3)

AIで一人一人にあった商品提案――IoTやブロックチェーンも活用するStarbucks
Starbucksは、MicrosoftのクラウドやAI、IoT、ブロックチェーンといった技術を利用して、顧客に好みの商品を提案したり、コーヒーメーカーやグラインダーといった機器を管理したり、コーヒー豆の栽培元を管理したりしている。(2019/5/14)

「Gatebox」の購入予約をキャンセルするか迷っている話
“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の購入予約をキャンセルするかどうか、迷っている。当初の発送予定(18年10月)から約半年がたっても届かず、気持ちが冷めてしまった自分がいる一方、キャンセルをためらう理由もある。(2019/4/9)

ポップコーンメーカーの構造を応用 コーヒーの電動焙煎機「ホームロースター」がクラウドファンディング実施中
煎りたて、ひきたて、いれたてのコーヒーが楽しめる。(2019/3/17)

大阪・森ノ宮にRPGがテーマの24時間営業コワーキングスペースが誕生 クラウドファンディングで「1日利用券」など
さまざまな業種の方との出会いや多彩なビジネスの発信が期待されるシェアオフィスです。(2019/3/3)

ノックで家電を操作する「スマートテーブル」、ソニックジャムが開発
「コンコン」……テーブルをノックすると電動カーテンが開き、コーヒーメーカーやオーディオが動き出す。デザインスタジオのソニックジャムが「スマートテーブル」を開発した。(2019/1/18)

店員は1人だけ:
支払いは顔認証で セブン、「近未来コンビニ」オープン
セブン-イレブンが省人型の新店舗をオープン。レジが無く顔認証で決済可能、AIが商品発注を提案。店員1人でこなせる店舗として実証実験する。(2018/12/17)

ET2018:
「Azure Sphere」でIoTコーヒーメーカーを守る、「Device Twin」の機能有効化も
アヴネットは、「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」の日本マイクロソフトブース内で、同社のIoT(モノのインターネット)向けセキュリティソリューション「Azure Sphere」のデモを披露した。(2018/11/16)

可能性は無限大? スマホでなんでもスイッチをオン・オフできるガジェット「SwitchBot」がめっちゃ力技
タイマー機能もあるよ!(2018/11/9)

食材の鮮度が分かる冷蔵庫、帰宅すると照明やエアコンが一斉に——生活を変えるスマート家電
スマート家電は欧州の人々のマインドあるいは生活にも着実に浸透しているようだ。未来のコンセプトではなく、いつでも使える選択肢になった。「IFA 2018」で見つけた一歩先をいくスマート家電を紹介しよう。(2018/9/24)

ITはみ出しコラム:
Amazonが「音声アシスタント対応の電子レンジ」で生活家電に参入するワケ
米Amazon.comが大量の新製品を発表しました。日本でもスマートスピーカー「Amazon Echo」の新モデルが売られますが、印象深いのは初のオリジナル家電として、Alexa対応の電子レンジ「AmazonBasics Microwave」を発表したことです。(2018/9/23)

Amazonのスマートコンセント「Amazon Smart Plug」はスマートホームハブ機能搭載で25ドル
「Amazon Smart Plug」は、「Echo Plus」にも搭載されているスマートホームハブ機能を持つスマートコンセント。米国での販売価格は24.99ドルだ。(2018/9/21)

IFA 2018:
LINEで自在にIoTデバイスを操る「LINE Things」
「IFA 2018」にLINEが初出展。開発中のIoTプラットフォーム「LINE Things」を披露した。メッセンジャーアプリの「LINE」を使って各種IoTデバイスの管理や操作が行える。担当者に狙いを聞いた。(2018/9/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。