ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Core i9」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Core i9」に関する情報が集まったページです。

TSUKUMO、Quadro搭載クリエイターPCに第11世代Coreモデル
Project Whiteは、第11世代CoreプロセッサとQuadroを標準で搭載したクリエイター向けデスクトップPCの販売を開始した。(2021/4/9)

古田雄介のアキバPick UP!:
「売れ筋は第10世代の方かも……」――第11世代Core iの評判
第11世代Core i(開発コード名:Rocket Lake-S)シリーズが売り出されて数日経ち、PCパーツショップでの売れ方が見えてきた。AMDとのシェア争いも含めた現状を追いたい。(2021/4/5)

サードウェーブ、クリエイターPC「raytrek」に第11世代Core搭載モデル
サードウェーブは、同社製のクリエイター向けPC「raytrek」シリーズに第11世代Coreプロセッサ搭載ミドルタワー型モデルを追加した。(2021/4/5)

TSUKUMO、クリエイター向けの第11世代Core搭載ミドルタワーPCを発売
Project Whiteは、第11世代Coreプロセッサを採用したミドルタワー型デスクトップPC計3製品を発売した。(2021/4/2)

デル、タワー型ゲーミングPC「Alienware Aurora」に第11世代Core採用の新モデル
デル・テクノロジーズは、同社製ゲーミングデスクトップPC「Alienware Aurora」の新モデル「Alienware Aurora R12ゲーミング デスクトップ」を発売する。(2021/3/31)

サードウェーブ、第11世代Core搭載ゲーミングPCを販売開始 Core i9モデルなど6機種
サードウェーブは、第11世代Coreプロセッサを採用したゲーミングデスクトップPC計6機種の販売を開始した。(2021/3/31)

スペックは「ロケット級」? Intelの新CPU「Core i9-11900K」「Core i5-11600K」の実力を速攻で検証
Intelのデスクトップ向け第11世代Coreプロセッサ(Rocket Lake)の販売が解禁された。同時にそのレビューも解禁されたので、最上位のCore i9-11900Kと、ゲーミングにおける普及モデルとなるであろうCore i5-11600Kの実力をチェックしていこう。(2021/3/30)

TSUKUMO、第11世代Coreを採用したデスクトップPC計6製品を販売開始
Project Whiteは、第11世代Coreプロセッサを標準搭載したミニタワー/ミドルタワー型デスクトップPCなど計6製品を発表した。(2021/3/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
64コア128スレッド! ワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO 3995WX」がデビュー
ワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO 3000WX」シリーズが秋葉原のPCショップで一斉に売り出された。最上位の「3995WX」は、税込みで70万円超という価格となる。(2021/3/29)

インバースネット、第11世代Core搭載ミドルタワーPCを販売開始 新デザイン筐体を採用
インバースネットは、ミドルタワー型PC「GH」シリーズをリニューアルを発表、第11世代Core搭載の新モデルを発売した。(2021/3/26)

古田雄介のアキバPick UP!:
一番人気はCore-i7――第11世代Core i予約販売が始まる
第11世代Core i(開発コード名:Rocket Lake-S)の発売日が確定すると同時に、複数のショップで予約販売がスタートした。ハイエンドなIntel Z590チップセット搭載マザーボードも続々と登場し、新プラットフォームへの期待がグンと具体化している。(2021/3/22)

Core i3は第10世代で据え置き:
Intelがデスクトップ向け「第11世代Coreプロセッサ」(Rocket Lake-S)を発表 クロック当たりの性能向上+AI処理を強化
「Rocket Lake」ことデスクトップ向けの第11世代Coreプロセッサのラインアップが発表された。モバイル向けの「Tiger Lake」に搭載された要素技術を反映することでパフォーマンスを向上したことが特徴だ。一方、Core i3とPentium Goldについては第10世代(開発コード名:Comet Lake)のまま据え置かれることになった。(2021/3/17)

サードウェーブ、DTM作業に適したクリエイター向けデスクトップPC 各種機器/ソフトの動作検証済み
サードウェーブは、クリエイター向けPCブランド“raytrek”からDTM作業に適したデスクトップPC「raytrek スリープフリークス監修 DTM モデル」の販売を開始した。(2021/3/8)

「最新CPU搭載PCがすぐに欲しい」にどう応える?:
PR:教育機関や研究施設が求めるハイスペックPCを用意、オーダーメイドPCの最適解とは
現在、教育機関や研究施設において、AMD Ryzenを搭載するようなハイエンドPCの需要が高まっている。しかし、供給不足や納期の長期化、公費購入による事務手続きの煩雑さが購入者の課題となっている。解決策とは?(2021/2/26)

サードウェーブ、クリエイターPC「raytrek」に“東京カメラ部10選”監修モデル
サードウェーブは、写真投稿サイト「東京カメラ部」とコラボレーションしたクリエイター向けデスクトップPCの販売を開始した。(2021/2/15)

サードウェーブ、ミドルタワー筐体を採用したスタンダード設計のデスクトップPC「Monarch GE」
サードウェーブは、ミドルタワー型筐体を採用するデスクトップPC「Monarch」シリーズの新モデルを発表した。(2021/2/15)

PR:ゲームも在宅環境もこれ1台で快適に! 高い性能と静音性を両立した水冷ミニタワーPC「G-Tune XM-Z」を試す
マウスコンピューターの「G-Tune XM-Z」は、高い性能を小柄なボディーに凝縮したゲーミングデスクトップPCだ。最新のGeForce RTX 3070を搭載した本機の魅力に迫る。(2021/1/27)

最高360Hz液晶を搭載可能な新AlienwareノートPC
デル・テクノロジーズは、同社から発売されているAlienwareシリーズより、ノートPC「Alienware m15 R4」、「Alienware m17 R4」を発売した。(2021/1/29)

Zen 3アーキテクチャは効果てきめん? AMDがモバイル向け「Ryzen 5000」シリーズを解説
AMDがCES 2021に合わせて発表したモバイル向けのRyzen 5000プロセッサ。その特徴と実力はいかなるものなのだろうか。同社が報道関係者に説明した。(2021/1/26)

MSI、GeForce RTX 3000シリーズ搭載のゲーミングノートPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、GeForce RTX 3060を搭載したスリムゲーミングノートPC「GF65 Thin」「GF75 Thin」を発表した。(2021/1/21)

MSI、ユニークなデザイン筐体を採用するRTX 3080搭載ハイスペックゲーミングPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、Core i9+GeForce RTX 3080を標準搭載したハイスペックゲーミングPC「Aegis Ti5 10TE-018JP」を発売する。(2021/1/15)

CES 2021:
ASUSがクリエイター向け2画面PCやモバイル液晶ディスプレイなどを相次いで投入
ASUSが1月13日(現地時間)、オンラインイベント「BE AHEAD」を開催し、2画面PCの「ZenBook Pro Duo/Duo」シリーズの新モデルや、独自コントローラーを備えたモバイル液晶ディスプレイといったクリエイター向け製品などの投入を明らかにした。日本国内での発売時期や価格は現時点で不明だ。(2021/1/14)

CES 2021:
MSIがGeForce RTX 3080/3070/3060搭載ゲーミングノートPCを発表――限定モデルの投入も示唆
MSIがCES 2021に合わせて、ゲーミングノートPCのフルモデルチェンジを発表した。いずれもNVIDIAの新モバイル向けGPUのGeForce RTX 3080/3070/3060を搭載しているのが特徴だ。同時に、限定モデルの投入もほのめかした。(2021/1/14)

CES 2021:
DellがAlienwareブランドの新PCを発表 Ryzen 5000シリーズ搭載デスクトップと新型GeForce RTX搭載ノート
Dellが、Alienware(エイリアンウェア)ブランドの新型PCを発表した。デスクトップではRyzen 5000シリーズ(第4世代Ryzen)を搭載できる新モデルが登場し、ノートではGeForce RTX 30シリーズを搭載できる新モデルが投入される。(2021/1/13)

CES 2021:
Intelが第11世代CoreとEvoプラットフォームのvPro対応を発表――次世代CPU「Alder Lake」の実働デモも
Intelは1月11日(現地時間)、第11世代CoreおよびIntel EVOプラットフォームのvPro対応を正式に発表した。また、次世代CPU「Alder Lake」(開発コード名)の実働デモも行った。(2021/1/12)

CES 2021:
IntelがTDP 35Wで5GHzオーバーの第11世代Core H35シリーズを発表
Intelは1月11日(現地時間)、開発コード名「Tiger Lake-H」の4コア8スレッドモデル「Core H35」シリーズを発表、同時に8コア16スレッドのCore-Hについても言及した。(2021/1/12)

2020年のアキバまとめ後編:
多方面でAMDが存在感を示した1年――アキバの1年を振り返る【後編】
PCパーツ市場の動向を中心に振り返ると、トレンドを作ったいくつものジャンルでAMDが顔を出すことに気づく。コロナ禍の中で自作PCの新たな需要もわき起こった特殊な1年を、キーになったパーツごとにたどってみよう。(2020/12/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
RTX 3070搭載カードまで刺せるNUCベースの小型BTO対応PCが登場
年の瀬にさしかかり、ゲームやマルチメディアが楽しめる小型BTO対応PCが複数登場している。Intel NUCにRTX 3070カードを加えたり、7万円台でRyzen 5搭載モデルを即買いしたりすることも可能だ。(2020/12/27)

PR:“まるで高級車のような乗り心地”をノートPCで実現した極上のクリエイター向けモデル「DAIV 7N」の大いなる魅力
マウスコンピューターがクリエイター向けに渾身(こんしん)のモデルを投入した。今ある最高のパーツでノートPCを作ったら……という夢のようなスペックのモンスターPCだ。「DAIV 7N」の実力をチェックした。(2020/12/25)

ADATA、NUC筐体を採用したCore i7/i9搭載ミニデスクトップPC
エイデータテクノロジージャパンは、Intel製ベアボーン筐体を採用したコンパクトデスクトップPC「XPG GAIA MINI PC」2製品を発売する。(2020/12/18)

アスク、Quadro RTXを搭載した教育機関向けのディープラーニング推奨WSを販売を開始
アスクは、ディープラーニングに適した教育機関向けデスクトップワークステーションの販売を開始する。(2020/12/8)

GeForce RTX 3060 Ti搭載ゲーミングPCの販売が開始
最新ミドルレンジGPU「GeForce RTX 3060 Ti」搭載グラフィックスカードを採用したゲーミングPCが各社から発表された。(2020/12/3)

エプソンダイレクト、Core i9の搭載にも対応したスリムPC「Endeavor MR4900」
エプソンダイレクトは、スリムタワー筐体を採用した高性能デスクトップPC「Endeavor MR4900」を発表した。(2020/12/2)

Amazonのブラックフライデー&サイバーマンデーでスマスピやPCがお得に
Amazonがビッグセール「ブラックフライデー&サイバーマンデー」セールを11月27日〜12月1日23時59分まで開催中だ。スマートディスプレイやスマートスピーカーに加え、PCなどもセールで安くなっている。(2020/11/28)

古田雄介の週末アキバ速報:
Radeon RX 6000シリーズの独自設計モデルに期待が高まるアキバ
登場してから枯渇が続くRadeon RX 6000シリーズだが、オリジナルデザインのモデルや上位GPUの発売情報が具体化し、そちらが注目を集めていく流れになってきている。(2020/11/28)

Radeon 6000シリーズ搭載ゲーミングPCが各社から販売開始
AMDの最新GPUとなるRadeon 6000シリーズ採用グラフィックスカードを搭載したゲーミングPCが各社から発表されている。(2020/11/24)

CloseBox:
M1の異常な性能 または私は如何にしてiPhoneを毎年更新するのを止めてApple Silicon Mac miniを買うようになったか
M1搭載Mac miniがやってきたので早速感想文を書いた。(2020/11/18)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple M1」のMacBook AirとPro、Mac miniを3台まとめて実力チェック 驚異的な性能が明らかに
いち早く「Apple M1」搭載の新型Macに触れる機会を得たので、「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」の3台を横並びで性能評価してみた。同じプロセッサでも性能に違い出るのか、そしておすすめのモデルはどれなのか。(2020/11/17)

M1搭載MacBook Airは、最低スペックでもIntel版MacBook Proを寄せ付けない性能だった
ついにApple M1チップを搭載したMacBook Airがベールを脱いだ。林信行氏を驚かせた性能は、どのようなものだったのだろうか?(2020/11/17)

Apple Silicon MacのM1ベンチマーク M1 MacはIntel Core i9のMacBook Pro 16インチと同等
3つのM1 Macを、対応するIntel Macと比べた。(2020/11/13)

これぞ1つの“到達点” 第4世代Ryzenプロセッサの圧倒的な実力をチェック!
11月6日19時に販売が解禁される、デスクトップPC向け第4世代Ryzenプロセッサ。AMDが発表したベンチマーク結果を見る限り、性能面でも大いに期待できそうだが、実態はどうなのか。発売に先んじて検証する。(2020/11/5)

GeForce RTX 3070搭載ゲーミングPCを各社が発表
このほどNVIDIAが発表した最新GPU「GeForce RTX 3070」搭載カードを採用したゲーミングPCが各社から発表されている。(2020/10/30)

MSI、ゲーミングノート「GE66 Raider」に“宇宙船”をイメージした特別デザイン限定モデル
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製ゲーミングノートPC「GE66 Raider」をベースにした特別デザイン限定モデルを発表した。(2020/10/22)

X300だけではない!:
第10世代Coreに対応しインタフェースも強化した最新小型ベアボーン「DeskMini H470」は何が変わったのか
ASRockの「DeskMini H470」は、第10世代Coreプロセッサを搭載可能な最新ベアボーンキットだ。AMD版の「DeskMini X300」に続き、実機をテストした。(2020/10/22)

古田雄介のアキバPick UP!:
「DeskMini X300」がデビュー即大ヒット!
ASRockの小型ベアボーンキット「DeskMini X300」が発売早々ヒットを飛ばしている。一方、同時発売のIntel系「DeskMini H470」は一部で高く評価されていた。(2020/10/12)

AMD、Zen 3採用の「Ryzen 5000シリーズ」発表 シングルスレッド性能でもIntel第10世代超え
米AMDが、デスクトップPC向けプロセッサ「Ryzen 5000」シリーズを発表。アーキテクチャには「Zen 3」を採用し、最上位モデルではシングルスレッドでも米Intelの「Core i9-10900K」を上回るという。(2020/10/9)

「Zen 3」採用のデスクトップ向け「第4世代Ryzenプロセッサ」登場 11月5日から出荷 価格は約3.2万円から
新しい「Zen 3アーキテクチャ」を搭載したデスクトップ向けのRyzenプロセッサがついに登場した。今回は「X」が付くプロセッサのラインアップが用意され、米国では全モデルが11月5日から出荷となる。(2020/10/9)

エプソン、第10世代Core+GeForce GTXを搭載したフォトグラファー向けミニデスクトップPC
エプソンダイレクトは、第10世代Coreプロセッサを採用したミニデスクトップPC「Endeavor SG100E」を発売する。(2020/10/6)

ASRockがコンパクトベアボーンの新型「DeskMini」シリーズを10月9日に発売、税別1万9880円〜
ASRockが、小型ベアボーンキットの新型を10月9日から発売する。最新のRyzen APUに対応した「DeskMini X300」は1万9880円、LGA1200対応の「DeskMini H470」が2万880円(いずれも税別)だ。(2020/10/5)

GIGABYTE、ゲーミングノート「AORUS」に300Hz駆動パネル採用のハイスペックモデル
GIGABYTE Technologyは、同社製ゲーミングノートPC「AORUS」シリーズに第10世代Core採用の新構成モデル計4製品を追加した。(2020/10/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。