ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CPM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Corporate Performance Management:企業パフォーマンス管理

関連キーワード

「COBIT 2019」基礎解説【後編】
ITガバナンスの新指針「COBIT 2019」 4つのコアガイドに書かれていること
組織のITガバナンスとマネジメントの成熟度を評価するのに役立つフレームワーク「COBIT」がアップデートされた。最新版の「COBIT 2019」で新たに追加された要素とコアガイドの使用方法について紹介する。(2019/6/20)

BIからCPM、可視化の次へ
意思決定を導く経営分析、手軽に実現するには?
Excel依存からの脱却は多くの企業の共通課題。分析業務を効率化し、意思決定のスピードを上げるために、どんな方法があるのだろうか。(2019/3/11)

中間管理職タグチの変革道場:
PR:さらばExcel! デジタルトランスフォーメーションを推進する「BOARD」とは何か
「計画の詰めが甘い!」「この数字はどうなってるんだ!」と経営陣から怒られた経験のある経営管理部門の担当者は多いだろう。また、Excelを使った予算管理業務を見直したいと考えている担当者もかなりいるはずだ。経営管理課のタグチもそんな悩みを抱えていたが、「BOARD」というCPMに出会ったことで経営陣から褒められるようになった。なぜなのだろうか。(2019/3/8)

経営管理部門や財務部門の担当者に朗報:
PR:まだExcelを使っている? 予算管理や、月次の業績見通しの働き方改革
Excelを使った予算編成業務に不満を抱えている経営管理部門や財務部門の担当者は多いだろう。実は、予算業務には専用システムがあり、H&M、シーメンス、ロールスロイスなど、さまざまな多国籍企業に幅広く導入されている「BOARD」というCPMがある。予算編成業務にかかわる働き方改革が実現できるだけでなく、経営陣の意思決定の質を高めることに役立つというが、どのようなものなのだろうか。(2018/7/5)

「セルフサービスBI」セミナーリポート:
Excelすら使えなかった新人が、2年で「BIエバンジェリスト」になれた理由
データ分析に取り組む企業が、必ずと言っていいほどつまづく「人材」の問題。ビジネスの現場でデータを扱う人材をどう育てればいいのか。その方法を、大阪ガスとホテルおかだの事例から見てみよう。(2017/10/19)

“革新を起こす”新アーキテクチャ活用術(2):
データ処理の高速化が、ビジネスチャンスを呼び込む
データをビジネスに生かす上で着目すべきは、分析処理するデータのボリュームだけではない。処理のスピードを上げることも、データを有効活用する重要なポイントとなる。(2012/6/28)

ERPリノベーションのススメ(9):
クラウド時代に向けて、情シスの在り方を見直せ
IT投資が回復基調にある一方で、企業競争力を確保する新しいカギとなるであろうクラウドコンピューティングも進展しつつある。こうした中、われわれ情報システム部門は、IT投資を有効に生かし切るうえでは、どのようなスタンスが求められるのだろうか。今回はERPの有効活用以前の“最も基礎的な問題”を振り返っておく(2010/7/29)

中堅・中小企業のためのERP徹底活用術(5):
そのERPとBI、本当に使いこなせますか?
IT予算にようやく回復の兆しが見えてきたが、せっかくの予算を有効活用するうえでも、ツール選びの基本をもう一度胸に刻み込んでおきたい。機能の豊富さに目を奪われがちなものだが、本当に必要なのか、使いこなせるのか、使いこなすためにはどうすればよいのか、もう一度自問したい。(2010/6/24)

中堅・中小企業のためのERP徹底活用術(3):
自主性があればERPで「見せる化」も実現可能
ERPによる「経営の見える化」「現場の見える化」などはベンダなどが盛んに提案している。しかし、導入企業自身に活用に対する強いモチベーションがあれば、「見える化」にとどまらずERP活用の可能性は大きく広がる。(2009/12/14)

企業業績管理(CPM)導入の注意点【後編】
BIソフトとCPMソフト──自社開発か購入か
既存ソフトを購入する場合は、ビジネスに合わせてソフトをカスタマイズするためのコスト──もっと厄介な場合は、ソフトに合わせてビジネス手法を変更するためのコストを考慮する必要がある。(2009/12/4)

企業業績管理(CPM)導入の注意点【前編】
BIソフトとCPMソフトの違いとは
CPMソリューションはBIソフトウェアを含むが、単なる技術ではなく、業務を監視・測定・管理するために使用するプロセス、手法、指標、技術などで構成される。(2009/11/25)

特別企画:ROI最大化を実現するCPM きめ細かな管理・統制が、ROI最大化の秘けつ
先の見通しが立てにくい市場環境にあるいま、企業が経営の継続的改善を図るためにはどんな取り組みが必要なのか――ROI最大化に貢献するとして、いま注目されているCPMについて、自社でも支援製品をリリースしている日本インフォアの笹俊文氏に話を聞いた。 (2009/11/2)

アナリストの視点:
システム構築の砦「パッケージソフト」にもマイナス成長の余波
メインフレームからオープンシステムへの移行、そしてWeb化とシステム構築のトレンドが変遷する中、パッケージソフトは一定のポジションを確保してきた。だが2009年は初のマイナス成長に陥るなど苦戦を強いられる。同市場の現状を数字で分析する。(2009/7/24)

QlikTech、クラウドやモバイル対応のBIツール最新版をリリース
BIツール「QlickView 9」では、Amazon EC2での運用やスマートフォンからの利用に対応した。(2009/6/18)

ERPリノベーションのススメ(6):
不況に乗じて“勝てる”コスト構造を構築せよ
この不況も見方を変えれば、「現行システムをじっくりと見直す好機」ともいえる。目先のコスト削減に走ることなく、新技術の導入も視野に入れた、戦略的なコスト削減にじっくりと取り組んでみてはどうだろう。(2009/4/20)

これからのビジネスマンに必須のツール:
パーソナルBI入門 第一回 Excelで身近なBIを体験
個人でBIを操ることができるようになれば、これからの厳しい時代を生き抜くための強力な武器になる。ここでは、データから物事を推測するBIを、身近なシーンを通じて体験してみよう。(2009/4/7)

BIも着実にアップ:
CIOが重視するテクノロジーは仮想化――ガートナーの調査
ガートナージャパンは「エグゼクティブ・プログラム(EXP)」で実施した2009年の課題に関する調査結果を発表した。同社は「ITコスト削減ではなく、ITを活用したコスト削減が必要」と提言している。(2009/3/23)

インメモリで高速処理:
BIに新機軸、米QlikViewが日本上陸
BIツールを提供する米QlikTechは日本市場に本格参入すると発表した。3年後までに売上高1000万ドルを目指す。(2009/3/11)

Excelファイルから本格システムまで
CPM(企業業績管理)の効果的な進め方
CPMの目的は、収益性の継続的な向上に向けて最新の業績を追跡することにある。強固なCPM基盤を作るのに有効な5つのステップを紹介する。(2009/3/9)

Gartner Column:
情報は企業の競争優位を生み出すか――最高不可視責任者(CIO)から脱却する
今回は「価値ある情報は競争優位を生み出すのか」というテーマです。ガートナーで多くのことを学びました。1つが「言葉の意味を正確に理解する」ということです。(2009/2/20)

部長のためのBI活用講座【第2回】
失敗しないBIツールの選び方
BIツールの導入に失敗した企業の話を聞くと、どうやら社内展開の過程で問題が発生している場合が多いようだ。(2009/1/30)

日本インフォア、ビジネスの状況を可視化するパフォーマンス管理の新ソフトを発表
企業の財務や業績の状況を可視化するパフォーマンス管理の新製品を提供する。(2008/10/31)

IBM Information on Demand 2008 Report:
ビジネス最適化を導くIOD、日本の中小企業に商機見いだす
BIツールや産業別サービスの提供などを通じて企業の情報活用を推し進めるのが、IBMの戦略「Information on Demand」だ。同戦略が生み出す「ビジネス最適化」について、アンブッシュ・ゴヤールGMに聞いた。(2008/10/30)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
社員の情報活用を促進し、企業に価値をもたらす仕組みづくりを
BIツールを導入しながら、思うような成果を上げられていない企業は少なくない。その理由の1つに、社員ごとに重要な情報が異なるが故に全社的な活用を阻んでいることが挙げられよう。では、この課題を解決するための方法とは果たして――。(2008/10/25)

意思決定迅速化を支援:
BIツールを組み合わせ、分析力と表現力を強化――SBIインテクストラ
知的財産情報を活用した経営層への意思決定支援サービスを展開するSBIインテクストラは、自社開発した分析ツールにBIツール、「MicroStrategy 8」を組み合わせ、よりレベルの高いサービスを提供している。(2008/10/22)

「モバイルSaaSはiPhoneなしに考えられない」――ソフトバンクの中山氏
ネットとの親和性が高く直感的な操作が可能なiPhone 3Gは、法人向け端末としても注目を集めている。ソフトバンクiPhone事業推進室でシニアエバンジェリストを務める中山氏は「モバイルSaaSはiPhoneなしに考えられない」とし、その魅力をアピールした。(2008/10/10)

ERPリノベーションのススメ(4):
マスタデータ整備が、ERP活用の大前提
ERPの利活用というと、SCM、CRMとの連携など、機能拡張を第一に考えてしまいがちだ。しかしERPの能力を徹底的に引き出すためには、まずは足もとから固めることが大切だ。(2008/9/25)

最適な価格設定を支援:
SAS、小売業向け価格最適化ツール 勘に頼らず在庫を一掃
勘や経験による価格設定をしてきたアパレルや家電量販店では、商品の在庫を抱え、ライバル企業との価格競争を強いられている。SASは、商品を展開する場面ごとに最適な価格を設定できる製品を発売した。(2008/9/18)

同じ技術基盤上に:
日本ビジネスオブジェクツ、中堅企業向け新製品を発表
SAP傘下で、ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェア大手の日本ビジネスオブジェクツは、中堅企業向けに2つの意思決定支援ツールを提供すると発表した。(2008/8/29)

ERPリノベーションのススメ(3):
ERPで「見える化」も実現!
「見える化」というと、反射的にSCMやBIの導入を考えがちだが、ちょっと待ってほしい。ERPをベースにして足りない機能だけ補えば、「見える化」をはじめ、実にいろいろなことができる。いまあるシステムを賢く、安く、徹底的に使いこなしたい(2008/8/11)

海外ダイジェスト(8月9日)
Lenovo決算は65%の増益、IBMがスマートフォン向け「Lotus Notes Traveler」を発表、など。(2008/8/9)

ITベンダがこぞって提唱:
新たな3文字略語「EPM」に秘められた“片思い”
(2008/8/7)

SPSSとOEM契約で:
日本BO、データマイニングを組み込んだ予測分析ツールを発表
SAP傘下の日本ビジネスオブジェクツは、BIの新製品を追加したと発表した。(2008/7/18)

名付け親に聞く:
課題が多いSOAによるシステム構築――Gartnerの最上級アナリスト
米Gartnerの最上級アナリスト、ロイ・シュルテ氏はSOAは今後広くシステム構築手法に使われるとする一方、現状では技術的な課題も多いとしている。(2008/7/17)

老舗ワイナリーに魅せられたCIO:
美味しいワインをITで造る【後編】
ぶどうの収穫のタイミングや醸造の温・湿度調整、品質管理など、ワイン造りには繊細さが求められる。ITシステムの導入により業務効率を高め、生産性や収益の向上につなげていくという。(2008/7/10)

CO2排出量を管理:
SAS、環境問題を解決する新ソフトウェア群を発表
SAS Institute Japanは環境問題への対応や経営情報の透明化などの取り組みが求められる企業向けにソフトウェアの新製品を提供する。(2008/7/9)

老舗ワイナリーに魅せられたCIO:
基幹システムに新しい息吹を【前編】
コーベルのCIO、ロバート・バーンズ氏は、19世紀創業のワイナリーである同社に、21世紀のITを取り入れた。ERPプロジェクトの迷走とBIシステムのトラブルに終止符を打ち、同社の発展に寄与したそのノウハウとは?(2008/7/4)

市場動向から予測するアプリトレンド【BI編】
企業が今すべきは「カジュアルBI(ビジネスインテリジェンス)」か?
BIベンダーを手に入れたOracleやSAP、IBMは、BIを活用した企業のパフォーマンス管理への対応を打ち出しているが、ユーザー企業はどのBIツールを選ぶべきか。IDC Japanへの取材を基に、BIツールの今後の展開を予測する。(2008/6/12)

間違いだらけのIT経営:
IT導入「ユーザー主導」の正しい姿とは――ベンダーの「面従腹背」
IT導入において「ユーザー主導」の意味をはきちがえると、肝心のシステムそのものに問題が発生する場合が多い。(2008/6/5)

生き残るCIOのアイデア:
BIの現在と未来――ガートナーの認識
ガートナージャパンがBIを動かす組織とBIの今後の形に関して提唱する講演を行った。(2008/5/29)

BPMで経営に改革を:
【第2回】成功の鍵は決定前の青写真
企業の相次ぐM&Aや新規参入で活性化するBPM市場。一方で、ユーザー側ではBPMソフトを過信して失敗するケースも少なくない。そこで、CIOには正しい指標を見極めて導入をコントロールする力が求められる。(2008/5/27)

BIも活用:
SAP、資生堂の基幹システムを構築
SAP ERP 6.0とSAP NetWeaver Business Intelligenceの導入により、資生堂の販売・物流、会計システムの効率化を図った。(2008/5/20)

ファッション業界のIT化:
売れる仕組みは、適時、適品、適量、適所、適価の『五適』
カジュアルウェアを販売大手のライトオンは統合BI基盤を構築。より精緻な商品販売計画を立案すると同時に、計画を可視化し、経営層の意思や計画情報を全社で共有することに取り組んでいる。(2008/5/15)

BPMで経営に改革を:
【第1回】脱Excelで業績管理のスピードが向上
会社の業績は良好か? 問題があるとしたら、それはどこなのか? この質問にあなたは即座に答えられるだろうか? それができないとしたら、あなたの会社もそろそろ業績管理ソフトの導入を検討する時期かもしれない。(2008/5/12)

BIのデータ品質、約7割が「何らかの問題あり」と認識
ビジネスインテリジェンスの導入は進んでいるものの、データの品質には問題が残っているようだ。アビームが活用の実態を調査した。(2008/4/24)

BI特集:
動きの良い「ルールの翻訳機」を――見える化実現目指すユーザー企業
いくら膨大な蓄積データがあるからといって、それだけで業務の見える化は実現しない。ユーザー企業自身がデータの成り立ちを理解し、ルールを解析するという作業が不可欠だ。(2008/4/18)

ITmediaエンタープライズの歩き方:
ITマネジャー支援サイト「PlanIT」がオープンしました
ITmediaエンタープライズのリニューアルにともない4月1日にオープンした、企業変革を目指すITマネジャー支援サイト「PlanIT」をご紹介します。(2008/4/14)

BI特集:
マネジャーの武器となる「BIの現場活用」
業務プロセスとの関連が深まりだした最近のBI。マネジメント層にとって、現場活用が深まることで、企業の内外で起こっている変化の兆しをキャッチできるようになる。(2008/4/8)

大手ITベンダーのコンタクトセンター:
ロケーションフリーの仕組みを構築し、ビジネスに好循環を
富士通は国内に点在するコンタクトセンターに集まる情報を一元的に管理し、それらをBIツールで分析する仕組みを構築した。迅速で正確な顧客サービスの一層の向上を目指す。(2008/4/1)

BI特集:
前期の「震えがくる数字」から逃げずに立ち向かう
株式会社武蔵野代表取締役社長の小山昇氏は、「BIの効果が出ないのは、現場で使っていないから。つらい数字にも逃げずに対応しなくては」と断言する。(2008/4/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。