ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ドナルド・トランプ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドナルド・トランプ」に関する情報が集まったページです。

ByteDance、自治体のTikTok利用停止に「心配をかけて大変申し訳ない」
中国ByteDanceの日本法人は、埼玉県や神戸市などの自治体がTikTokを使った広報活動を中断したことを受け、「自治体、自治体在住の皆さまに心配をかけて大変申し訳ない」とコメントした。(2020/8/6)

Facebook、「TikTok」競合の「Instagram Reels」を日本を含む世界で公開
Facebookが昨年ブラジルでテスト公開した「TikTok」対抗の15秒動画共有機能「Reels」を、「Instagram」の1機能として日本を含む世界で公開した。TikTokは9月15日までにMicrosoftによる買収が決まらないと米国で使用禁止になる可能性がある。(2020/8/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
禁止か買収か TikTokがトランプの目の敵にされる「4つの理由」
人気アプリ「TikTok」を巡って、米中の混乱がさらに深まっている。なぜ米政府はTikTokの禁止や買収に言及しているのか。トランプ大統領がこのアプリを禁止したい理由は4つある。TikTokに逃げ道は残されておらず、こういった締め付けは今後も続く可能性が高い。(2020/8/6)

神戸市と埼玉県、TikTokの利用を中断 市民から不安の声 広島県、東京都などは継続
神戸市と埼玉県が、安全保障上の理由でTikTokアカウントを停止した。市民から不安の声があったという。一方、広島県や東京都はTikTokを使った広報を継続する方針を示している。(2020/8/5)

トランプ米大統領、TikTokのMicrosoftによる買収を容認も「9月15日までに決まらなければ国内使用禁止」
MicrosoftがTikTokサービスの買収で中国ByteDanceと交渉中であることについて、トランプ大統領は、9月15日までに話をまとめなければTikTokを米国で使用禁止にすると語った。(2020/8/4)

マイクロソフト、TikTok米国事業の買収に向けて交渉を継続すると明らかに
「MicrosoftはTikTok買収に向け交渉していたが、大統領の反発を受けて中断した」と報じられていました。(2020/8/3)

Microsoft、TikTok買収を検討中と正式発表 「トランプ大統領とも会談済み」
Microsoftが、米国でのTikTok運営権を中国ByteDanceから買収する計画を正式に発表した。ナデラCEOがトランプ米大統領に相談し、計画を進めている。トランプ氏はTikTokの米国での使用を禁止すると語っていた。(2020/8/3)

「新型コロナに抗マラリア薬有効、マスク不要」という誤情報動画、削除前に数千万回再生
オルタナ右翼メディアBreitbartがFacebookとYouTubeに投稿した新型コロナウイルス感染症対策に関する不確かな情報動画が、各プラットフォームが削除するまでに数千万回再生された。(2020/7/29)

米宇宙軍の正式ロゴ発表 スター・トレック似ではなくなる
米宇宙軍(USSF)の正式ロゴが発表された。1月にトランプ大統領がツイートし「スタトレの宇宙艦隊ロゴにそっくり」と話題になったものとは異なるデザインだ。(2020/7/23)

Twitter、陰謀論のQAnonアカウントを大量停止
Twitterは、極右の陰謀論を展開するQAnon関連アカウントを大量に停止し、トレンドや検索結果にコンテンツを表示させないようにすると発表した。同社はNBCに対し、これまで7000件以上のアカウントを停止し、約15万件のアカウントが影響を受けると語った。(2020/7/22)

リンキン・パーク「トランプ大統領を支持しない」 陣営による楽曲の無断使用ツイートが非表示に
トランプ米大統領の選挙陣営のディレクターの投稿が著作権違反として非表示になっている。リンキン・パークの楽曲が使われていた。リンキン・パークは公式アカウントで「トランプ氏を支持していないし、われわれの音楽の使用も認めない」とツイートした。(2020/7/20)

Twitterのセレブアカウントハック、「高権限従業員標的のソーシャルエンジニアリング攻撃」の可能性
Appleやイーロン・マスク氏など著名人(団体)のTwitterアカウントがいっせいに暗号通貨詐欺ツイートをした問題の原因を調査しているTwitterが、経過報告の中で、高い権限を持つ従業員へのソーシャルエンジニアリング攻撃らしきものを検出したと発表した。(2020/7/16)

Twitch、トランプ大統領のアカウントを2週間停止後復活
Amazon傘下のTwitchが、問題のあるコンテンツがあるとしてドナルド・トランプ米大統領の公式アカウントを一時停止していたが、2週間後の7月13日にアカウントを復活させた。(2020/7/14)

Facebookの外部監査報告、「取り組みはあまりにも受け身で断片的」と厳しく批判
Facebookが議会からの要請を受けて外部監査人に依頼した自社のポリシーと慣行についての監査結果が公開された。監査人は「Facebookの人権への取り組みはあまりにも受け身で断片的だ」と批判し、このままでは現実の世界に危険で命にかかわる結果をもたらす可能性があることを認識すべきだと警告した。(2020/7/10)

米移民局「オンライン授業のみの留学生は滞在認めない」方針発表
留学生から不安の声。(2020/7/7)

「みんながマスクしたら編集ボタンつける」 Twitter公式アカウントのツイートが波紋を呼ぶ
Twitter幹部は「冗談ではありません」と言っていますが……?(2020/7/3)

Twitch、トランプ大統領のアカウントを一時停止 「ヘイト行為は許されない」 
政治的な内容であっても例外を設けずに利用規約の順守を求めています。(2020/6/30)

Reddit、ヘイト対策ポリシー更新でトランプ大統領支持団体を含む約2000のサブレディットを停止
Redditがヘイトスピーチ対策でコンテンツポリシーを更新し、新ポリシーに違反するトランプ米大統領支持サブレディット「r/The_Donald」を含む多数のサブレディットを停止した。(2020/6/30)

Twitch、トランプ米大統領の公式アカウントを一時的に停止 動画内のヘイト発言で
Amazon傘下の実況サービスTwitchが、ドナルド・トランプ米大統領の公式アカウントを一時的に停止した。支持者集会の動画内で移民を蔑称で攻撃した部分がポリシーに違反した。(2020/6/30)

FacebookのザッカーバーグCEO、「政府高官の投稿にもラベルを付ける」と方針変更
トランプ米大統領の問題投稿を放置したことで批判されているFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが金曜の午後、「ニュース性のある問題投稿にはラベルを付ける」と発表した。また、VerizonやUnileverなどが差別投稿放置に反対してボイコットする中、「差別広告を禁止する」とも語った。(2020/6/27)

Facebookのヘイトスピーチ対策が不十分として大手広告主が多数ボイコット
Facebookのヘイトスピーチ対策が不十分としてADLが大手広告主に広告引き上げを求める公開書簡を送ったことを受け、North FaceやEddie Bauerなどのブランドや、通信キャリア大手のVerizonなどが少なくとも7月いっぱい、対策が強化されるまで広告をボイコットすると宣言した。(2020/6/26)

トランプ大統領のタルサ集会「空席が多かったのはTikTokユーザーのたくらみのせいではない」と陣営幹部
トランプ大統領が当初Juneteenthに計画し、批判を受けて翌日にオクラホマ州タルサで開催した大統領選に向けた集会の参加者は、スペースの3分の1に満たなかった。TikTokユーザーが組織的にオンライン入場券を申し込んで参加しないことで影響を与えたと報じられたが、陣営はこれを否定した。(2020/6/22)

Facebook、初めてトランプ陣営の広告を削除 「ナチスが使った記号表示はポリシー違反」
Facebookがメディアからの批判を受け、初めてトランプ陣営の広告を削除した。赤い逆三角の記号はナチスが政治犯に使ったものであり、「組織的な差別に対するポリシー違反」に当たるとしている。(2020/6/19)

米司法省、オンラインプラットフォーム保護を弱化する「セクション230」法改定を提案
米司法省が、Communications Decency Act第230条(いわゆる「セクション230」)の改定案を発表した。TwitterやFacebookなどのプラットフォームにコンテンツの責任を問えるようにするものだ。(2020/6/18)

“Facebookの良心”クリス・コックス氏がCPO(最高製品責任者)に復帰
Facebookを昨年3月に退社したCPO(最高製品責任者)、クリス・コックス氏が復帰した。「私たちの家族やコミュニティのために、そして子どもたちの未来のために何ができるか懸命に考えた。Facebookは、私が腕まくりして頑張るのに最適な場所だ」(2020/6/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
社長、間違ってます! 米国で広がる「従業員アクティビズム」で会社は変わるか
日本では会社で主義主張を叫ぶことは歓迎されないが、今、米国を中心に「従業員アクティビズム」が広がりつつある。Facebookやニューヨーク・タイムズなどで、社会問題に絡む経営陣の判断に従業員が抗議。従業員自ら会社の存在意義を考え、変えることもできるのだ。(2020/6/11)

Twitter、トランプ陣営が投稿した動画を著作権者からのクレームで非表示に(YouTubeで視聴可能)
Twitterが、ドナルド・トランプ米大統領の選挙キャンペーンチームが投稿した動画を非表示にした。動画で使われている写真について著作権者から申し立てがあったため。これを受けトランプチームはYouTubeで公開した同じ動画へのリンクをツイートした。(2020/6/6)

Google、2020年米大統領選のキャンペーンチームに中国とイランの攻撃があったと警告
Googleのセキュリティ担当者が、ジョー・バイデン氏の選挙キャンペーンチームに中国が、ドナルド・トランプ氏のチームにはイランが、それぞれサイバー攻撃を仕掛けたとツイートした。侵入された形跡はないとしている。(2020/6/5)

#BLMを表明する米IT企業トップたち
黒人男性ジョージ・フロイド氏の白人警官の暴行による死を契機に高まっている「#BLM(Black Lives Matter)」に、AppleやGoogleをはじめとする多数の米IT企業のCEOが人種差別反対を表明した。(2020/6/5)

米大統領選挙の陣営を狙うフィッシング、Googleが観測
Googleの研究者が、米国のトランプ大統領と野党民主党のバイデン前副大統領の陣営を標的とするフィッシング攻撃を観測した。(2020/6/5)

Snapchat、トランプ米大統領のアカウント宣伝停止を宣言 「平等のために努力して欲しい」
Snapchatが、人種間の暴力を扇動する人物の声は宣伝しないとして、トランプ大統領の公式アカウントのディスカバーでの表示を停止した。トランプ氏の選挙チームはこれを「不正で違法だ」と抗議した。(2020/6/4)

トランプ氏の投稿放置でFacebookのザッカーバーグCEOと一部従業員が対立
Twitterは非表示にしたトランプ大統領の投稿をFacebookでは放置する決定をしたことに従業員が抗議したことを受け、ザッカーバーグCEOがオンライン全社会議を開催した。会議でもその決定を変えるつもりはないと説明し、少なくとも2人の従業員が抗議のために退社した。(2020/6/3)

SNSも黒一色 米音楽業界が6月2日の業務停止呼びかける「Blackout Tuesday」各界に広がる
Instagramを開いて驚いた。(2020/6/3)

Instagramが真っ暗に 「#BLM」の黒い投稿で重要な情報が消えるとの批判も
ジョージ・フロイド氏の死に抗議する目的で音楽業界が始めたストライキ「Blackout Tuesday」の多数の賛同者が「#BlackLivesMatter」付きで黒いだけの画像を投稿したため、このハッシュタグの検索結果が真っ黒になり、必要な情報が検索しにくくなった。(2020/6/3)

Googleアプリ非対応でも「第3の選択肢に」 ファーウェイ、新型5Gスマホ「P40 Pro 5G」など日本で発売
ファーウェイ・ジャパンが、新型スマートフォン「HUAWEI P40 Pro 5G」「HUAWEI P40 lite 5G」「HUAWEI P40 Lite E」を国内で発売する。いずれもGoogle Playストアなどが利用できないが、中国Huawei独自のアプリストアを“第3の選択肢”として展開する考え。新型タブレット「Matepad」シリーズなども発売する。(2020/6/2)

Facebookによるトランプ大統領の問題投稿を放置する決定に従業員が抗議運動
Twitterが非表示にしたのと同じトランプ大統領の問題投稿を放置するFacebookの決定に反対する従業員らがバーチャルな抗議運動を展開し、多数の従業員がTwitterで反対を表明している。(2020/6/2)

フランスで有害コンテンツを1時間以内に削除するよう企業に求める法律可決 「表現の自由が死んだ」「独裁」と批判続出
世界各所でソーシャルメディア事業者の規制に関連する動きが起こっています。(2020/6/1)

FacebookのザッカーバーグCEO、トランプ氏の問題投稿を非表示にしない理由を説明
Twitterが「暴力を賛美する」として非表示(クリックすれば表示される)にしたトランプ米大統領の投稿と同じものをFacebookとInstagramは放置していることについて、ザッカーバーグCEOが長文で説明した。この投稿はFacebookのポリシーには違反していないとしている。(2020/6/1)

Twitter、トランプ大統領のツイートを初非表示に 「暴力の賛美についてのルール違反」で
Twitterが、トランプ米大統領のツイートに初ラベルを付けた数日後、今度は初めて非表示にした。非表示になったのは暴徒化したミネアポリスのデモについての、暴徒化すれば軍による射撃の用意があるというツイートで、「個人または集団に向けた暴力をほのめかす脅迫」に当たるとみなされたようだ。(2020/5/29)

Twitterにラベルを付けられたトランプ大統領、SNS標的の大統領令に署名
Twitterに自分のツイートに警告ラベルを初めて付けられたトランプ大統領が、Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeなどの“ソーシャルメディアの巨人”の規制を強化する目的の大統領令に署名した。Communications Decency Actのセクション230による保護を剥奪しようというものだ。(2020/5/29)

TwitterのドーシーCEO、トランプ陣営からの従業員攻撃に「責任は私にある」とツイート
トランプ米大統領が自分のツイートにファクトチェックラベルを付けられたことで、同氏の選挙陣営がTwitterの従業員個人を攻撃したことを受け、ジャック・ドーシーCEOが「責任は私にあるのだから、従業員を巻き込まないでください」とツイートした。(2020/5/28)

トランプ大統領、自分のツイートにラベルを付けたTwitterを「閉鎖してやる」とツイート
ドナルド・トランプ米大統領が、自分のツイートにTwitterが初めて内容に問題があるというラベルを付けたことを受け、「保守派を沈黙させようとするソーシャルプラットフォームを規制するか閉鎖する」とツイートした。(2020/5/28)

進化するランサムウェア:
ハッカーがハリウッド系法律事務所からデータを盗取、身代金は約45億円 トランプ大統領にも揺さぶり
新型のランサムウェアを使うハッカーグループが、米国の大手法律事務所からデータを奪い去り、身代金として約45億円を要求している。ハッカーたちはお金を払わせるため、同法律事務所のデータの中にあったトランプ大統領の重大な秘密があったとして、トランプ大統領にも揺さぶりをかけ始めた。(2020/5/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
「シリコンバレーは中国に屈する」 Google元会長のエリック・シュミットが声高に唱える“危機感”
トランプ大統領が中国の脅威を煽っているが、Googleのエリック・シュミット元会長も、AIの分野で中国への危機感を主張する。中国は人権を無視したデータ収集や企業への巨大投資によって、スマートシティ構想を加速。日本も含めて、研究開発を進めないと追い付けなくなる。(2020/5/28)

Twitter、トランプ米大統領のツイートに初めて信頼性関連のラベル追加
Twitterが、トランプ米大統領のツイートに初めてラベルを表示した。郵送投票は詐欺に繋がると主張するツイートに表示されるラベルをタップすると、それを否定する説明が表示される。(2020/5/27)

米トランプ政権、Huawei製品調達禁止の大統領令を1年延長
米連邦政府は、昨年5月に発令したリスクのある海外企業の製品調達を米国企業に禁じる大統領令をさらに1年延長すると発表した。中国のHuaweiとZTEの通信製品を対象としたものだ。(2020/5/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
アパレルから音楽まで、米国で加速するマスクビジネス 日本人が学べる“精神”とは
新型コロナ以前はマスクをつける習慣がなかった欧米で「マスクビジネス」が急速に拡大している。ファッションやスポーツのブランドのほか、音楽業界でも布マスクの販売によって寄付や自助につなげようとする動きが活発だ。日本も学ぶべきメンタリティがある。(2020/5/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
膨らむ経済損失と不満 世界で始まった「コロナ訴訟」
緊急事態宣言が5月末まで延長され、経済活動の停滞が続くことになった。米国などでは、中国政府に損害賠償請求の訴えを起こすケースが増えている。また、企業や大学までも訴えられた。不満がさらに高まれば、日本でもそのような動きが増えてくるかもしれない。(2020/5/7)

動画の世紀:
不安あおる情報、陰謀論――YouTubeにあふれる新型コロナ動画が生む「サイバー心気症」
新型コロナウイルス感染症が世界中で流行する中、YouTube上ではコロナに関連するさまざまな動画が投稿されている。恐怖や不安をあおる動画も多い中、私たちはこうした情報とどう付き合っていけばいいのか。(2020/4/17)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「コロナ倒産」の連鎖が始まる――「雇い止め多発」の中小、2159万人の非正規を守れ
人件費負担の大きい飲食店などの経営規模の小さい会社の多くは、パートやアルバイトなど非正規雇用に頼っているケースが多い。こうした店舗で売り上げが「消滅」した場合、泣く泣くパートやアルバイトを雇い止めにするほかない。正規雇用でなければ、仕事がなくなれば時給制のパート、アルバイトは収入を失う。(2020/4/14)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。