ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電子申請」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電子申請」に関する情報が集まったページです。

もう「日本スルー」はなくなる? 技適なし最新端末が日本で使えるように(前編)
技適が緩和される? どのように? ITジャーナリストの山崎潤一郎氏が総務省の技適担当者に詳細を聞いた。その前編をお届けする。(2019/3/26)

PR:「人間1人にロボ1台」の時代へ 安価に導入できる「CELF RPA」で始める“一人でもできる働き方改革”
(2019/3/26)

buildingSMART International Summit,Tokyo:
確認申請ソフトの検討などを進める“bSJ”が提案するBIMによる確認申請の6ステップ
「buildingSMART International Summit,Tokyo」が2018年10月に開催された。プログラムの中から、buildingSMART Japan内の「意匠設計小委員会」が取り組んでいるデジタル確認申請に関する講演をレポートする。(2018/12/12)

世界電子政府進捗度ランキング、デンマークが初の1位、日本は4位から7位へ
今年で14回目の「早稲田大学世界電子政府進捗度ランキング調査2018」の結果は、1位デンマーク、2位シンガポールと首位が入れ替わった(2018/10/26)

CADニュース:
BIMビュワーによる確認済証交付で確認申請プロセスを効率化
アーネストアーキテクツと日本ERIは、BIMビュワーを用いた電子申請により、戸建て住宅の確認済証交付に至った。確認申請用図書の作成期間を短縮し、審査機関側は、BIMソフトがなくてもWebシステムを介して確認済証が交付できる取り組みだ。(2018/7/13)

戸建て住宅のBIMデータで、建築確認を電子申請
高級注文住宅の設計事務所として知られるアーネストアーキテクツは2018年7月2日、BIM(Building Information Modeling)ソフトウェアを使って、RC造戸建て住宅の建築確認で電子申請を行い、確認済証が交付されたことを明らかにした。(2018/7/4)

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
ハイテクが士業から仕事を奪う!? 社労士の生き残る道とは
社会保険労務士の業界では労務管理などを楽にするHR Techの脅威がささやかれている。こうしたサービスを活用し急成長する社労士もいるが、むしろ彼らもアナログな業務の重要性を強調する。(2018/6/28)

自然エネルギー:
2017年度中のFIT申請に注意、期限は例年より前倒しに
資源エネルギー庁は2017年度内にFIT認定を受けるための書類提出の期限を発表。改正FIT法が施行された影響で、例年より前倒しで設定されている。年度内の認定取得や変更申請を行う事業者は気をつけたい。(2017/11/16)

太陽光:
太陽光発電の初入札が迫る、知っておくべき制度と手順のポイント
改正FIT法の施行で、今後2MW(メガワット)以上の太陽光発電事業は買い取り価格を入札で決める方式に変わった。初回の入札は2017年秋に行われる予定だ。その前に、入札制度の概要と手順のポイントについておさらいしよう。(2017/8/14)

行政連携で「インフラ化」進めるLINE 次の“最大のチャレンジ”は
LINEが狙う次の一手は?(2017/6/15)

LINEとマイナンバーポータルサービスの連携が決定 行政サービスへLINEから移動可能に
マイナポータルLINE公式アカウントとの会話から、行政サービスページの検索・移動ができるようになります。(2017/6/15)

マイナポータルとLINEが連携 チャットで行政サービスの検索が可能に
マイナポータルとLINEが連携。マイナンバーのキャラクター、マイナちゃんとのチャットで行政サービスの検索が可能になる。(2017/6/15)

LINE、「マイナポータル」と連携 行政サービス横断検索
マイナンバーなどの情報をLINEが取得することはないという。(2017/6/15)

マイナンバー不要で利用可能:
LINEと「マイナポータル」連携へ 「行政窓口身近に」
LINEとマイナンバーポータルサイト「マイナポータル」とメッセンジャーアプリ「LINE」が2017年中に連携へ。(2017/6/15)

Tech Basics/Catalog:
仕事に役立つおすすめGoogle Chrome拡張機能
Google Chromeの拡張機能を取り上げる。Gmailの受信トレイにある未読のメール数を表示するものや、複数ページを結合して1ページで表示するものなど、仕事に役立つおすすめの拡張機能を紹介する。(2017/6/14)

「freee」が電子申告対応 日本初、確定申告の書類作成から申告までクラウドで可能に
「クラウド会計ソフト freee」に、確定申告書類の電子申告機能が実装。(2017/2/8)

e-Taxソフトのインストーラに脆弱性、導入・更新は一時中止を
脆弱性の悪用は限定的だが、任意のコードを実行される恐れがあり、国税庁が修正作業を進めている。(2016/10/19)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年3月版:
結局のところ「ホワイトリスト」とは何なのか
2016年3月のセキュリティクラスタは、またしても公開されたOpenSSLの脆弱性に恐々とする一方、「eLTAX」や「ホワイトリスト」に関して激しい議論を交わしていました。(2016/4/13)

米国の確定申告システムにマルウェア攻撃、阻止に成功
何者かが別の場所で盗んだ社会保障番号などの個人情報を使って、IRSの電子申告用の暗証番号を生成しようとしておいたことが分かった。(2016/2/12)

こんな時どうする? マイナンバーを提供してよいケースと悪いケース
1月から交付が始まった「個人番号カード」。個人情報となるマイナンバーは取り扱いに注意が必要なものですが、では教えてもいい場合って……?(2016/2/10)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
IT部門が知っておきたい、10月の「マイナンバー制度変更」のポイント
この10月、はやくも幾つかの改正が発表されたマイナンバー制度。実はこれ、企業の負担を軽くしてくれるものなのです。何がどう変わるのか、さっそくチェックしてみましょう。(2015/12/16)

確定申告の季節がやってくる:
今年こそ申告直前に焦らない――「弥生」サポートセンターに聞いた「抑えておきたい5つのポイント」
今度こそ確定申告で焦らない――毎年苦しんでいる方、今年初めて挑む方に向けた「直前に焦らないために抑えておきたい5つのポイント」、「弥生」サポートセンターで悩み相談のプロ集団に聞いてきました。(2015/12/4)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第10回 マイナンバー対応の近道は「税理士に相談」
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託と連携+できるだけ持たないを考えた実務」がキモになる。10回目は「“持たずに管理する”クラウドサービスの活用シーンとその相談相手」について解説する。(2015/11/4)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第9回 「持たない手段」で考えるマイナンバー管理運用のイメージ
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託と連携+できるだけ持たないを考えた実務」がキモになる。9回目は「マイナンバーを“持たない”クラウドシステムの活用方法」について解説する。(2015/10/21)

NECの顔認証エンジンを採用:
個人番号カードの交付、顔認証で厳格に 全国地方公共団体が導入
マイナンバー「個人番号カード」の交付窓口に、厳格な本人確認のため「顔認証システム」が全国統一的に導入される。NECの顔認証エンジン「NeoFace」を用いるシステムを採用した。(2015/9/16)

法制度・規制:
規則違反の太陽光発電、“見逃し認定”の経産省に総務省が勧告
総務省の調査で2014年5〜11月までの間に固定買取価格制度(FIT)で認定された出力30kW以上50kW未満の太陽光発電設備のうち、1451設備が経済産業省が禁止している「分割案件」の可能性があるとわかった。これを含め総務省は経済産業省に対して3つの勧告を行っている。(2015/9/9)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第4回 「マイナンバーを持たない」という選択肢を考える
マイナンバー制度は全ての企業、さらにその委託先──例えば税理士の業務にも深く関係する。中小企業のマイナンバー対応は「税理士への委託を考慮した対策」が必要だ。4回目は「マイナンバーを持たない」という選択肢について考察する。(2015/7/15)

NTTデータ、中小・会計事務所向けマイナンバー対策ソフト「データ管理の達人」
中小企業・会計事務所向け税務申告書作成ソフト「達人シリーズ」の新ラインアップ。マイナンバー法で求められる安全管理措置に対応しながら、安全かつ負担なく税務業務が行えるよう工夫した。年4万9800円。(2015/7/8)

マイナンバー対応を「税理士起点」に “持たずに済む”新サービス
アカウンティング・サース・ジャパンが、税理士と中小企業のための基本無料のマイナンバー管理サービス「マイナセキュリティ」を8月に開始。中小企業のマイナンバー対応は「税理士を起点に」がキモという。(2015/6/16)

マイナンバーにも対応:
freeeが目指すクラウド完結型社会――2015年の「3つの変化」とは?
クラウド会計ソフトやクラウド給与計算ソフトを展開するfreeeが2015年度の事業戦略を発表した。同社の狙いはバックオフィスに残るデータを完全にクラウド上に持っていくことだ。(2015/4/21)

クラウド会計ソフト「freee」、日本初「e-Gov API」活用 労働保険更新が可能に
クラウド会計ソフト「freee」の新機能として、労働保険の更新が可能になる。APIを利用し、クラウドサービス上で行政手続きが完結する。(2015/4/21)

税業務のマイナンバー対策にも期待:
FinTech系クラウド会計 A-SaaSとfreeeが提携、データ連携開始
税理士向けクラウド会計「A-SaaS」と個人事業主・小規模法人向けクラウド会計「freee」が提携。freeeの仕訳データをA-SaaSで取り込めるようにし、個人事業主+中小規模法人から委託する税理士の税務・申告まで、一気通貫での税務対応を実現する。(2015/4/15)

自分との関わりは? 業務への影響は?:
5分で分かるマイナンバー
「マイナンバー」という言葉は聞いたことはあっても、自分の生活や業務にどう関わってくるのか、あいまいにしか理解していない人も多いのではないでしょうか。主に民間企業の視点から、何が必要で、何をしてはいけないのか、そして今後の適用領域はどう変化していくかについて説明します。(2015/3/12)

開業【パーフェクト】マニュアル(9):
e-Taxでの確定申告には事前準備(有料)が必要
e-Taxを導入するには、事前に「電子証明書(有料)」や「ICカードリーダー(有料)」を入手しなければならない。(2015/1/22)

開業【パーフェクト】マニュアル(8):
得する(かもしれない)Tips―消費税の課税事業者になる
年間売上1000万円以下の事業者は消費税を納める義務はないが、課税事業者を選択すると得する場合がある。(2014/12/1)

事務ごよみ:
年末調整の実施や源泉徴収票の準備、各種税金の納付――12月の事務ごよみ【経理・税務】
これまで準備してきた年末調整の実施や年末・年度末の資金繰り対策、固定資産税、源泉徴収税など各種税金の納付など年内に行うべき項目をまとめました。(2014/11/27)

「変な人」募集開始! 総務省の独創的な人向け特別枠「異能vation」の応募詳細が明らかに
自薦・他薦問わず。(2014/7/15)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
確定申告の還付金を巡る詐欺(?)に注意
土曜不定期連載でお送りする『カブ・ジェネレーション』。確定申告で追加で税金を払ったあずさを気遣うはるか。でもそれってよく考えると……?(2014/4/5)

産総研高木氏の提案、試作機によるデモも:
本格化するMITB攻撃に備え、マイナンバーカードにトランザクション署名を
2014年3月13日に開催された「第2回 セキュアシステムシンポジウム」において、産業技術総合研究所の高木浩光氏が、独自の「MITB攻撃対策」を提案した。(2014/4/10)

国内最大規模の自治体クラウドへ:
2000人の村と30万人都市でシステムを共有化できるか?――「ふくおか自治体クラウド」の挑戦
福岡県内33市町村でのシステム共同利用に向けた取り組みがスタート。コスト削減効果などを見込む一方、大小さまざまな自治体が利用できるクラウド環境を用意する上ではさまざまな試行錯誤があったという。その経緯を聞いた。(2014/3/11)

freeeが青色申告サポートを開始、「Dr.Wallet」との連携も
クラウド型会計ソフトを提供するfreeeは、確定申告に備えたサポートサービスを開始した。土日祝を含むメール問い合わせやチャットサポートのほか、期間限定で家計簿サービス「Dr.Wallet」と連携したレシートの取り込みにも対応する。(2014/2/6)

確定申告シーズン到来:
Macでも使える会計ソフト「freee」 2014年はさらなる飛躍を
2013年3月にリリースし、2万5000を超える事業所が登録しているクラウド型会計ソフト「freee」。白色申告の記帳義務化や消費増税への対応など、2014年は何かとトピックが多い経理・会計業務。「freeeを使えば、その作業が何倍にも楽にできる」と佐々木CEOは話す。(2014/1/20)

クラウド会計ソフト「freee」、ネット確定申告e-Taxに対応
全自動クラウド型会計ソフトの「freee」が、e-Tax(国税電子申告・納税システム)に対応した。freeeを使って青色申告・白色申告決算書(一般用)をオンライン上で申告できる。(2014/1/17)

電子政府世界ランキング、日本は8位から6位へ
早稲田大学「電子政府世界ランキング2013」の調査結果で1位はシンガポール、2位は昨年4位のフィンランド。米国は1位から3位に後退。(2013/3/28)

太陽光発電の事業化を成功させるために(3):
発電システムの運用に欠かせないポイント(2):機器の選定、諸手続き
前回ご紹介した太陽光発電システムの企画・立案、および設計に関するポイントに続き、今回は機器の選定と諸手続きに関して、プロセスごとに欠かせないポイントをわかりやすく解説したい。(2013/3/22)

大日本技研に聞く:
あなたにも参入可能!? サイドビジネスで始めるキャラクタービジネス 実践編
ワンフェスから見た版権許諾の可能性とは。そしてそれを利用する心構えとは……。アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」のドミネーターの立体化も再現してもらいました。(2012/10/26)

連結決算ソリューション製品紹介【第6回】
「TKC全国会」がフルサポートする連結システム「eCA-DRIVER」の先進度
TKCの「eCA-DRIVER」は中堅・中小企業の連結会計を支援するソフトウェア。会計士や税理士で構成する「TKC全国会」が導入や運用を支援する。クラウドサービスや海外拠点での利用も広がっている。(2012/8/8)

タブレット端末で中小企業の決算データ取得、日本公庫が試行へ
日本政策金融公庫とNTTデータは、中小企業の決算情報の取得・収集を電子化する取り組みを進める。(2012/6/4)

地方団体向けクラウドサービスを発表 TKC
TKCは地方公共団体向けシステムをクラウド化した新サービスを開始する。(2012/3/14)

大増税時代:
初心者でも使える! 青色申告ソフトのポイントを徹底解説
2012年の青色申告の期限は3月15日。最後の仕上げをしている人、もしくは来年こそ青色申告をするという人に向けて、つまずきやすいポイントを多めに青色申告ソフトの使い方を解説する。(2012/3/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。