ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「交流会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「交流会」に関する情報が集まったページです。

マネジャーの悩み:
「前任者がやっていたから」と言い訳しない“有能上司”になる方法を教えてください
「前からやっているから」──。新任マネジャーの中には、そういう風に思考停止をしてしまい、前任者から引き継いだ前例や習慣を疑うことなく続けている人もいるのでは。「変えるべきでは?」と考えたり、改善点に気付いたりするコツはあるのでしょうか。(2022/7/6)

小田急が「親子ワーケーション」イベントを8月に開催 大人は仕事、子どもは宿題、親子で楽しめるイベントも用意
宿泊プランがあるともっと楽しめそう。(2022/7/4)

マネジャーの悩み:
「割り込み」「中断」が多すぎます! 中間管理職がタスクをさばくコツはありませんか?
マネジャーのよくある悩みの1つは、自身の仕事の間に入る「割り込み」。部下からは「どうすればいいですか?」、上司からは「これを急ぎでやっておいて」というように、割り込みが半端なく多く、対応に追われている人もいるのでは。自分のタスクが後回しになりがちなマネジャーがタスクをさばくコツとは?(2022/6/30)

マネジャーの悩み:
部下が顔色ばかり伺ってきます……「裸の王様」上司を卒業する方法を教えてください
メンバーが自分の顔色ばかりを伺ってきて、あまり提言・提案をしてくれない──。そんな悩みを抱えるマネジャーもいるのでは? 部門をけん引するマネジャーとして、自分の考えに自信を持ち、示すことも重要ですが……そのままの状態を放置しても大丈夫なのでしょうか?(2022/6/29)

長時間労働の是正:
「手に負えませんよ」 アイデアがない残業だらけの会社で起きた「時短」の裏側
「働き方改革」がメディアに登場することが多くなるにつれ、長時間労働の是正に本腰を入れ始める会社が増えていきました。それと同時に、人材を確保するためには、働く環境の改善に取り組まざるを得なくなったことも大きな要因でした。時短に向けた取り組みは各社さまざまです。その一方で、「時短はしたいが特にアイディアがない」なんていう会社があるのも事実です。そんな会社ではこんなことが起こっています。(2022/6/29)

ブラック社長は4種類:
「いつでも全力で走る」「オレの背中を見てくれ」 意識高い系“ブラック社長”の落とし穴
「オレはこの国の未来を輝かせたい」。出版関係の会社を経営するA社長は、この目的を達成するために本気で考え、本気で行動しています。A社長自身の理念を会社の理念とし、社員に対し熱く語ることで想いを浸透させてきました。長時間労働も、深夜残業も、休日労働も、激しい叱責も「すべては”日本の輝く未来のために”避けては通れない」という幻想を抱き、それをすべての社員が受け入れていると思いこんでいました。(2022/6/28)

「『仮想空間作ったけど人がいなかった』を解決」 REALITY、法人向けメタバース構築サービス開始
グリー子会社が、3D仮想空間を法人向けに提供するメタバース構築ソリューション「REALITY World」の提供をスタートした。(2022/6/20)

4つの事項:
「どうせ罰則はないでしょ?」は令和では通用しない! パワハラ防止法の中身
「どうせ罰則ないならほっとけばいいでしょ?」。法律を考えるとき、何かと罰則の有無で判断する経営者が少なからずいるようです。果たして、令和の時代にそれは通用するのでしょうか。(2022/6/13)

なぜ?:
よかれと思って導入「勤務間インターバル」が、“大きなお世話”になってしまう理由
なぜ、勤務間インターバルは“大きなお世話”な制度になってしまうのでしょうか。勤務インターバルとは何か、運用方法と合わせて解説します。(2022/6/3)

メカ設計ニュース:
オンデマンド受託製造のプロトラブズが日本法人を閉鎖へ、13年の歴史に幕
試作/小ロットのオンデマンド受託製造サービスを展開するプロトラブズは、同社Webサイトにて「日本法人の閉鎖についてのお知らせ」を掲載した。最終受注日は2022年7月15日。米国および欧州での営業は継続する。(2022/6/2)

モビリティ社会に求められるソフトウェア技術者像に迫る:
PR:大手自動車部品メーカーのデンソーがいまソフトウェア改革を推進する理由、それを支える技術者支援とは
長年にわたりクルマの信頼性を高め、社会に安心を届けるために車載分野のものづくりにこだわり続けてきたデンソー。自動車業界だけでなく、社会全体のエコシステムが大きく変わろうとする中、「環境」「安心」「共感」につながる新たなモビリティ社会の実現に向け、同社が推進しているソフトウェア改革、ソフトウェア技術者のキャリア開発支援とはどのようなものか。(2022/3/30)

被災地と自分のために今できること、学べることは? 東日本大震災からまもなく11年
まだ被災地は復興途中。(2022/3/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
琉球アスティーダの奇跡 夢を実現する志の力
創設3年でプロスポーツチームとして日本初の株式上場をはたした、琉球アスティーダスポーツクラブ。また、運営している卓球チームも初の日本リーグ優勝を果たした。なぜ、たった3年でここまで達成ができたのだろうか。(2022/2/24)

人材流出のリスクは?:
「副業」が課長になる条件!? 有望な人材は「外に出る」時代により高く羽ばたく
日本経済新聞が某大企業の人事政策を報じた。課長になる条件として、出向や副業といった外部の経験を必須とするという。こうした時代にビジネスパーソンはどう生き抜くのか。(2022/2/22)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(63):
半導体(4) ―― 実際に経験した不良と対策(III)
前回に引き続き、筆者が実際に半導体を使用する中で経験した思いがけない不良や原因が解明できていない不良について説明していく。(2022/2/28)

体験型ワーケーションの事業化を検討:
小田急が「小田原ワーケーション」実証実験 収穫体験やバーベキューなどを提案
小田急電鉄が、3月1日〜5月31日に、ワーケーションを通じて小田原の魅力を再発見できる「小田原ワーケーション」の実証実験を行うと発表した。(2022/2/21)

テレビアニメ「呪術廻戦」第2期、2023年放送 ファン「どういう編成でくるかな」「10月31日に渋谷事変開始とか」
2022年4月3日からは第1期を再放送。(2022/2/12)

アニメ「呪術廻戦」2期、23年放送へ MAPPAは「鋭意制作中」
テレビアニメ「呪術廻戦」2期の放送が「2023年」に決まった。1期に続いてMAPPAが制作を担当する。(2022/2/12)

3年でメンバーは4倍に:
宇宙ベンチャーISTが直面した組織における「50人の壁」 ロケット打ち上げ2回連続成功を支えたマネジメントとは?
ロケットの開発から打ち上げまでを一貫して自社で担い、大樹町のまちづくりにも関わるインターステラテクノロジズは22年も大きく成長しようとしている。稲川社長にISTのロケット打ち上げ成功の背後にあった「50人の壁」と、それをどんなマネジメントによって乗り越えているか、そして今後の展望を聞いた。(2022/2/4)

ものづくりを21世紀型に変える:
元ネスレ日本社長の高岡浩三が、ホリエモンの宇宙ビジネスに参画した理由
ネスレ日本で「キットカット」「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」「ネスカフェ アンバサダー」などのイノベーションを実現してきた高岡浩三氏。その高岡氏が、ホリエモンこと堀江貴文氏が創業した宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズのアドバイザーに就任した。宇宙ビジネスに参画した理由を聞く。(2022/1/28)

「オホーツクに消ゆ」聖地めぐりツアー、2022年もやるよぉぉ! 「流氷物語号」にももちろん乗車
2022年2月18日〜20日実施です。(2022/1/21)

社員のウェルビーイングと企業の成長は両立するか:
ユニリーバが「サステナブルな働き方」で目指すもの【後編】
他社に先駆けて新しい働き方である「WAA」を導入したユニリーバでは、ワーケーションや副業の他、副業人材の受け入れも実施する。こうした先進的な人事制度導入を通じて同社が目指す企業像とは。(2022/1/14)

メタバースはじめました:
2021年はなぜ「メタバース」の年となったのか?
Facebook改めMetaの猛プッシュにより「メタバース」が流行語となったが、それだけではない。(2021/12/31)

JFMA調査研究部会のFM探訪記(4):
【連載】FMの祭典と新刊「新・第四の経営基盤」、ファシリティマネジメントのISO/JISの意義
本連載では、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) 専務理事 成田一郎氏が「JFMA調査研究部会のFM探訪記」と題し、JFMA傘下で、マネジメントや施設事例、BIM×FMなどの固有技術をテーマにした合計18の研究部会から成る「調査研究部会」での研究内容を順に紹介していく。第4回は、毎年恒例の「日本ファシリティマネジメント大会(ファシリティマネジメントフォーラム)」とFMを経営的な視点で捉えたJFMAの新書、FMのISO/JIS発行に伴う解説書について触れる。(2021/12/23)

何百兆円の産業が眠っている:
ホリエモンが明かす「民間ロケットとLinuxの共通点」 宇宙開発で今、切実に足りていない人材とは
ホリエモンこと堀江貴文氏に単独インタビューを実施。なぜ今、ロケットの民間開発が必要なのか、そして何が一番の課題なのか。その問題点を聞いた。(2021/12/16)

今後は採用を強化:
インターステラテクノロジズ稲川貴大社長が語る「小型の人工衛星で起こるパラダイムシフト」
民間企業で商用ロケット開発を目指す宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズの稲川貴大社長が、「これからの宇宙ビジネス」と題して日本記者クラブで講演した。(2021/12/3)

「バッドボーイズ」佐田正樹&大溝清人、ヤンチャ時代の“ガチリーゼント”に「気合い入ってますね!」「怖そう」
高校時代は福岡最大の暴走族の元総長だった佐田さん。(2021/11/24)

年会費66万円のダイヤ入り金属クレカ ラグジュアリーカード、最上位カード投入の狙い
金属製クレジットカードを発行するラグジュアリーカードが、年会費66万円の最上位カードを投入する。「ブラックダイヤモンド」と名付けられたこのカードは、金属製であるだけでなく券面に天然のダイヤモンドを埋め込んだ。(2021/11/17)

マイナビが調査:
「Webでやればよかったのでは?」 内定式にがっかりさせられた学生の声
内定式が各地で行われた。内定式に対面で参加したが、内容にがっかりした学生もいた。マイナビが、2022年3月卒業見込みの全国の大学4年生と大学院2年生を対象に調査をした結果は?(2021/10/25)

VR・AR広告に特化した業界団体、NECが設立 掲出時の課題や法規制を調査
NECが、VRやARを活用した広告の利用を促進する「バーチャル広告協会」を設立したと発表した。VR・ARを活用した広告を掲出するときの課題や法規制を調査し、参加企業間でその在り方を議論するという。(2021/9/22)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(80):
あなたに友達ができない本当の理由
「友達ができなくて悩んでいる」――ひょっとしたら、それは、友達を「作ろう」としているからなのかもしれません。(2021/8/18)

70歳の働く場【中編】:
ホンダ「アシモ」の開発者がハサミメーカーを支援 定年後に「新天地」で挑戦する高齢者
高年齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。「70歳の働く場」後編では、シニア人材を信用金庫や信用組合など地域の金融機関の取引先企業に紹介してきた一般社団法人新現役交流会サポートの活動を中心にレポートする。(2021/7/31)

年収は?:
パソナ、シングルマザーなど100人に淡路島での就労プロジェクト 100人追加募集
パソナグループ(東京都千代田区)は、主に小学生以下の子どもがいる1人親家庭の仕事や育児、生活をトータルに支援する「ひとり親 働く支援プロジェクト」の参加者を、新たに100人募集する。(2021/6/24)

五条悟の“等身大フィギュア”も 入場特典は学生証 「アニメ呪術廻戦展」渋谷で夏開催
アニメ呪術廻戦の世界を追体験できる展示会が東京・渋谷で7月2日から。五条悟のオリジナル等身大フィギュアも展示する。(2021/6/4)

「鬼滅の刃」を超える勢いのテレビアニメは? 視聴傾向を分析
鬼滅の刃」を超える勢いのあるアニメは? CCCマーケティングが運営するソレユケテレビ探偵団が、アニメ「呪術廻戦」を対象にテレビ視聴を分析した。(2021/5/14)

プログラミング学習を無償提供する支援プロジェクトが始動 コロナで学習機会に影響が出た学生を対象
プログラミング学習サービスを運営するLABOT(東京都渋谷区)と、NPO法人CLACK(大阪市)は、プログラミング学習を無償提供する支援プロジェクト「CODEGYM Academy」を開始する。(2021/4/15)

何を考えているのか:
新社会人が「がんばりたいこと」ランキング 3位は「収入・資産を増やす」、2位は「貯金」、1位は?
職場に新人がやってくる時期になった。どんな気持ちでいるのだろうか。LINEリサーチが調査結果を発表した。(2021/4/2)

「座る呪術廻戦」ミニフィギュアが3月13日より予約開始 高専も呪霊も勢ぞろいの25体セット
棚の角に座らせられるかわいいフィギュア。(2021/3/12)

FAニュース:
5軸加工研究会の新体制を構築、5軸加工を行える人材育成を強化
DMG森精機は、「5軸加工研究会」の新たな体制構築と活動について発表した。セミナーや5軸コンテストの実施、会報誌の発行など、デジタルとリアルでの交流を活用して会員企業のビジネスを拡大し、5軸加工のプロフェッショナル人材を育成する。(2021/3/11)

エントリー動画をAIで解析:
キリンHD 新卒採用にAIを活用する実証実験 選考にかける時間を3割削減
キリンHDは、Web面接サービスを開発、販売するZENKIGENと共同で、2022年卒の新卒採用のエントリー動画をAI(人工知能)で解析する実証実験を行う(2021/3/5)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ジャック・マー氏“失踪”直前のスピーチ全文(後編)
アリババのジャック・マー(馬雲)前会長が、2カ月余り公の場に姿を現さず、消息についてさまざまな憶測が流れている。氏が2020年10月24日のスピーチで、中国の金融当局を批判したため、習近平国家主席らの怒りを買ったとの説もある。今回は、筆者訳のスピーチ全文の後編を紹介する。(2021/1/15)

飯テロ・スピンオフ『1日外出録ハンチョウ』が1位 1月1日〜8日のねとらぼ人気漫画ランキングTOP10
1日外出券を・・・・・・・・・・・・1枚・・・・!(2021/1/8)

コロナ禍の一時対応じゃない。未来へ続く変革を:
PR:物心両面のサポートでニューノーマルを生き抜く、弥生の超働き方改革始動!
突然の全社リモートワーク移行に当たり、会社が真っ先に心配したのは、社員のメンタルだった。(2021/1/8)

テレビアニメ「呪術廻戦」、追加キャスト発表 顔ぶれの豪華さに「キャストが濃い」「全員主役級」などの声
収録現場の熱量がすさまじそう。(2020/12/19)

テレビ会議は「意外と悪くない」:
PR:ビジネスを止めない――損保ジャパンは、7万人超のコミュニケーションを「リモート」でどう活性化したのか
テレワークの普及で新たに生まれた課題の一つが「コミュニケーション」だ。事業を継続実行しつつ、コミュニケーションを活性化し、これまで以上にビジネスを飛躍させるカギはどこにあるのか。Cisco Webex Meetingsを導入し、コロナ禍でリモートでのコミュニケーションを広げた損保ジャパンの事例を紹介する。(2020/12/23)

仕組みは?:
新卒内定者500人がアバター姿で“バーチャル交流会” Zoomは使わず「あえて自社開発」、富士ソフトのこだわり
富士ソフトが2021年度の「新卒内定者交流会」をオンラインで開催。自社開発のバーチャル交流会ツールを活用し、内定者約500人、富士ソフトの社員約100人がアバター姿で参加した。その仕組みは。(2020/11/27)

キャリアニュース:
在宅勤務での業務に関わるコミュニケーション、0分含む「30分未満」が6割
サイボウズ チームワーク総研が「テレワークのコミュニケーション」についての調査結果を発表した。在宅勤務において、業務関連のコミュニケーションをとる時間は0分を含む「30分未満」が6割を占めた。業務以外の会話では「0分」が約4割いた。(2020/11/26)

太陽光:
初の住宅用蓄電池・パワコンをついに市場投入、ファーウェイが太陽光関連の新製品を披露
ファーウェイは2020年11月、東京都内で新製品の展示会を開催。太陽光関連を中心に、初の住宅向け蓄電池をはじめとるする2020年の新製品を一挙に公開した。(2020/11/24)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナで吹き飛んだ経済効果400億円 オンライン開催に踏み切った「さっぽろオータムフェスト」の勝算――「Amazonと同じにはしない」
来場者236.4万人、経済効果400億円とも試算される札幌市の食の祭典「さっぽろオータムフェスト」。今年13回目になる「さっぽろオータムフェスト」は新型コロナウイルスの影響でオンラインでの開催を余儀なくされた。単なるECサイトにしないために、どんな工夫をしたのか。キーマンたちに奮闘ぶりを聞いた。(2020/10/17)

PR:素人が描いたキャラなのにファンサイトが誕生してしまった……! 手軽にファンビジネスができる時代がきてる話
“Fensi”っていうファンサイトをつくるサービスがあるのだー。(2020/10/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。