ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「France Telecom」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「France Telecom」に関する情報が集まったページです。

山根康宏の中国携帯最新事情:
欧州に7万円台の5Gスマホを投入、2019年のXiaomiは「脱中国」「脱低価格」
599ユーロという低価格で5Gスマートフォン市場を本気で攻める。Xiaomiが2019年に狙っているのは、先進国市場の本格展開だ。5Gスマートフォン市場でXiaomiをシェア1位に押し上げる効果も期待できる。(2019/4/7)

社名変更だけで株価2倍:
「ブロックチェーン」の社名で株急伸、ITバブル時彷彿
ブロックチェーン技術人気にあやかろうと社名に「ブロックチェーン」の表記を取り込んだ企業は、社名変更後に株価が急伸している。(2018/2/13)

IoT観測所(35):
日本で全く話題にならないLPWA「EC-GSM-IoT」は途上国で花開く
日本で全く話題にならないLPWAがある。2G技術のGSMをベースとする「EC-GSM-IoT」だ。ただし、3Gの普及もままならないアフリカや南米などの開発途上国では、EC-GSM-IoTがIoTの通信を担う可能性が高い。(2017/7/31)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
実は“キャリア品質”のWikoスマホ 日本市場での勝算を前田社長に聞く
フランス発のスマートフォンメーカーとして急成長を遂げているWikoが日本に参入。1万円台のスマートフォン「Tommy」を発売した。日本では多くのスマホメーカーがSIMフリー市場でひしめき合っているが、勝算はどこにあると考えているのだろうか。(2017/5/15)

クレカ、Suica、FeliCa――「Apple Pay」日本上陸前に知っておきたいこと
iPhoneやApple Watchで決済ができる「Apple Pay」が、いよいよ日本に上陸するが、サービス開始前ということで、まだ不明瞭な点も多い。そこで「Apple Pay利用を見込んだiPhone 7のバイヤーズガイド」として、理解しておきたいことをまとめた。(2016/9/15)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
世界の4K番組最前線! 「miptv2016」レポート(前編)
昨年、スカパー!を皮切りに4Kの商業放送がスタートし、ハード/ソフトの両面で4Kの存在感が増しているが、日本以外はどうなっているのか? 実は、世界の映像コンテンツ業界は今、4Kの可能性に夢中だ。(2016/6/7)

アナログ ADC/DAC:
762kmの通信距離で、毎秒38.4テラビットの高速伝送を可能にしたA-D/D-Aコンバータ
ソシオネクストは、自社製A-Dコンバータ/D-Aコンバータを搭載した光送受信機を用いた通信距離762kmの実証実験で、毎秒38.4テラビットの高速伝送を実現したと発表した。(2015/6/30)

Firefox OS端末「Orange Klif」、アフリカで発売
Mozillaが新興国のユーザーにインターネットへの接続環境を提供する目的で立ち上げた「Firefox OS」を搭載するAlcatel製スマートフォン「Klif」が、セネガルとマダガスカルで発売された。(2015/5/11)

Mobile World Congress 2015:
“革命的すぎる”速さが決め手――富士通が指紋の次に“目”を付けた虹彩認証のすごさ
「しっかり登録、瞬間認証」。生体認証に強みを持つ富士通が虹彩認証でスマホのロックを解除するデモ機を展示した。2015年度中に同社の新型スマホに搭載される見込みだ。(2015/3/17)

飛躍:
ミャンマー市場の開拓
未開拓の豊富な天然資源、若年層が多くを占める6千万人超の人口、中国・インドの中間に位置しASEAN第2の国土を誇る、ミャンマー。急速な民主化を受け世界から熱い視線を集めているが、日本勢にとって「最後のフロンティア」になりうるのか。(2014/7/14)

通信キャリアもオススメ:
ロンドンで「GALAXY S5」発売イベント――来場者が注目した機能は?
4月10日、Samsung Electronicsは英ロンドンでGALAXY S5を他国に先駆けて発売し、ローンチイベントを開催した。各イベントでは多くの来場者が集まっており、GALAXY S5の販売は順調なようだ。(2014/4/12)

セキュアで便利
モバイルワークが変わる! 次世代ホットスポット「NGH」徹底解説
現在の公衆無線LAN(ホットスポット)は、接続が面倒なだけでなくセキュリティ面でも不安がある。この問題を解決するのが、次世代ホットスポットであるNGHだ。(2014/3/4)

富士通、海外向け「らくらく」スマホの後継機種を今秋投入
富士通は、仏Orange向けの海外版「らくらくスマートフォン」の後継モデルを開発していると発表した。クアッドコアプロセッサーを搭載し、LTEやNFCに対応する。(2014/2/25)

神尾寿の時事日想:
NTTドコモが「第3のOS」Tizenスマホを販売延期した理由
iPhoneでもAndroidでもないスマホOS「Tizen(タイゼン)」――ドコモは、サムスンなどとともに準備を進めていたTizen搭載スマートフォンの発表を延期した。撤退を視野に入れた抜本的な見直しと言っていい。筆者はこれを「英断だ」と評価する。(2014/1/20)

石野純也のMobile Eye(1月6日〜1月17日):
CESで見えた新しい“広がり”/ドコモ「Tizen」見送りの理由/3社の「学割」を比較
CESでの発表が相次いだこともあり、国内では大きなモバイル関連ニュースがなかったが、16日にはドコモがTizen搭載スマートフォンの発売を「当面見送る」と発表した。今回はCESで見えたトレンドと、Tizen見送りの理由、そして3社の学割比較をお届けする。(2014/1/18)

ビジネスニュース 業界動向:
5G通信規格の策定団体、欧州で発足
第5世代(5G)携帯電話通信網の実現に向け、欧州委員会が規格策定団体を正式に発足させた。欧州では、5G規格のドラフト版が既に発表されているが、通信容量の増加と消費電力の低減、効率の向上を目指し、本格的に話し合いを進めるとしている。(2013/12/26)

「割安で意外と高速」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「ポーランド・ワルシャワ 2013年」編
旧東欧圏のポーランドはヨーロッパの他国より物価が安く、通信料金もアジア諸国並みに低価格だ。しかも通信機器は売店で気軽に買えるなど、現地到着後すぐに格安料金で通信できるのが魅力。今回はワルシャワを訪問し、プリペイドで現地のLTE回線を利用してみた。(2013/10/31)

「ローミングも安い!」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「アイルランド・ダブリン+ロンドンLTE 2013年」編
イギリスのお隣、アイルランドもプリペイドSIMカードが買いやすい国だ。今回はロンドンプリペイドSIM事情のアップデート情報も合わせてお届けしよう。(2013/9/27)

Mobile Weekly Top10:
「070」で始まる携帯電話番号 11月から利用開始
ケータイの番号と言えば080番か090番で始まるものが、加入者が増えたことで使える番号が減っている。そのため11月からは、PHS用だった070番の利用が始まる。(2013/4/8)

海外進出第1弾はユニバーサル端末:
富士通の「らくらくスマートフォン」が仏Orangeに選ばれた理由
仏Orangeが富士通の「らくらくスマートフォン」をベースにしたユニバーサルモデルを採用。6月から販売を開始する。採用に至った経緯を富士通の担当者に聞いた。(2013/4/4)

Mobile World Congress 2013:
「HONEY BEE」の世界デビューはいつ? MWCで聞いた京セラの海外ビジネス(後編)
Sprint向けにタフネス仕様のAndroidスマホを開発した京セラ。国内ではPHSやDIGNOシリーズでおなじみのメーカーだが、海外ではどんなビジネスを展開しているのか、詳しい話を聞いた。(2013/3/19)

Mobile World Congress 2013:
NTTドコモ、今秋にもTizenスマホを発売へ――端末上でdマーケットのサービスも展開
Tizen Associationが「Tizen 2.0」を発表。NTTドコモは、2013年後半をめどに端末を発表する予定であるとした。dマーケットのサービスもTizen端末上で提供するという。(2013/2/27)

Mobile World Congress 2013:
新事業領域への取り組みを世界にアピールするドコモ
MWC2013のドコモブースでは、NFCローミングやM2Mのリモート書き換えなど、海外オペレーターと取り組んでいる国際サービスを紹介。またキャリアとして新しい事業にチャレンジする意気込みが見られた。(2013/2/27)

Mobile World Congress 2013:
「Mobile World Congress 2013」開幕 国産個性派スマホが世界へ
スペイン・バルセロナで、世界最大級のモバイル業界イベント「Mobile World Congress 2013」(MWC2013)が開幕した。(2013/2/26)

厚さ8.4ミリ:
Huawei、150Mbpsの高速通信に対応した「Ascend P2」を発表
中Huaweiは、下り最大150Mbpsの高速通信が可能なLTE Category4(Cat4)に対応したAndroidスマートフォン「Ascend P2」を発表した。欧州市場は6月に仏Orangeから発売される。(2013/2/25)

モバイルセキュリティの米Lookout、日本市場に本格進出
AndroidやiOS向けのセキュリティサービスを手掛ける米Lookoutは日本法人を設立する。(2013/2/21)

MWC2013に出展:
ドコモ・富士通の「らくらくスマートフォン」、仏Orangeが採用
ドコモと富士通は、「らくらくスマートフォン F-12D」をベースにしたシニア向けAndroid端末を仏Orangeに提供すると発表した。(2013/2/19)

ZTEキーパーソンに聞く(3):
TD-LTE/FDD-LTEデュアルモードの基地局とスマホも開発――ZTEのLTE戦略
携帯電話やスマートフォン、ネットワークインフラを世界各国で提供する中ZTE。日本ではソフトバンクにAXGPの基地局を供給している。次世代通信サービスとして普及しつつある「LTE」を中心に、同社のネットワーク事業について聞いた。(2012/7/10)

海外モバイルニュースピックアップ:
Siriは特許侵害――中国の企業が主張
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、Siriは特許侵害と主張する中国企業、2割が「スマホはいらない」という英の調査、スプレーしたモノがバッテリーになる技術、ベッドサイドの聖書をKindleにしたホテル など。(2012/7/9)

データ通信のオフロードにも貢献――公衆無線LANに簡単接続できる「Passpoint」
IDやパスワードを入力せずに公衆無線LANへ簡単に接続――Wi-Fi Alianceが推進しているプログラム「Wi-Fi CERTIFIED Passpoint」により、ユーザーが積極的に無線LANを利用し、より多くの通信をオフロードできることが期待される。(2012/6/27)

海外モバイルニュースピックアップ:
iPhone対応ARヘルメットで異世界体験
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、iPhone対応ARヘルメット、英仏海峡トンネルのモバイル対応、App Store250億ダウンロード突破など。(2012/3/6)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!:
融合は終わり。次に来るメディアは?
もう融合は終わり、場面は転換した。PC、スマホ、タブレット、サイネージ。テレビ以外のマルチデバイスが定着するだろう。地デジが整備され、メディア融合ネットワークが完成した。今の日本は、新しいステージでのサービス展開が必要なのではないだろうか。(2011/11/1)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(2):
融合オワタ
もう融合は終わったのだ。場面は転換したのだ。PC、スマホ、タブレット、サイネージ。テレビ以外のマルチ・デバイスが定着する。地デジが整備され、メディア融合ネットワークが完成した。新しいステージでのサービス展開が必要だ。(2011/10/27)

シャープ、仏オレンジ向けに「AQUOS PHONE」を供給
シャープがドコモ向けに供給している「AQUOS PHONE SH-12C」が、フランスの通信事業者、France Telecom-Orangeから発売される。製品名は「AQUOS PHONE SH80F」。(2011/9/29)

Apple、従来よりも小さなSIMカードの標準化を提案
Appleの提案が実現し、従来よりも小さなSIMカードが標準化されれば、iPhoneやiPadがさらに薄くなるだろう。(2011/5/18)

Mobile World Congress 2011:
先行する巨大アプリマーケットに勝てるか――WACの副社長に聞く、戦略とロードマップ
Web標準の技術で開発でき、作ったアプリは海外通信キャリアのアプリマーケットを通じて広く提供できる――。こんなコンテンツ流通を実現するのがWACのサービスだ。先行するアプリマーケットに対する優位性や、今後の戦略について、副社長のクルーン氏に聞いた。(2011/2/24)

「1日数百円」で海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「イギリス」編
イギリスはヨーロッパの中でも海外からの渡航者向けのプリペイドサービスが充実している。今回はロンドンで現地のプリペイドSIMカードやHSPAモデムを購入し、データ通信環境を整える方法を紹介する。(2011/2/24)

せかにゅ:
iPadが値下げや品不足、新モデル登場の前兆か?
欧州などでiPadの品不足や値下げが報告されており、新モデル登場の前兆ではないかとの憶測が盛り上がっている。その一方で、発売が6月に延期になるかもしれないという説も。(2011/2/22)

「Apple、iPhone 5では独自SIMカード断念」の報道
「AppleがiPhoneに独自SIMを組み込めば、iPhoneへの販売奨励金を打ち切る」との携帯キャリアの警告を受け、Appleはひとまず独自SIMカードを断念したと報じられている。(2010/11/25)

Windows Phone 7携帯、DellやHTCから――第1弾ラインアップを発表
MicrosoftがWindows Phone 7を搭載したスマートフォンの第1弾を発表。今年の年末商戦向けに、HTC、Dell、Samsun、LGタッチモデルやキーボード搭載モデルなどが投入される。(2010/10/12)

アプリックス、ワイヤレスジャパンで携帯向けゲームコントローラを披露
アプリックスが、Zeemoteの携帯向けゲームコントローラを日本市場に投入。ワイヤレスジャパンのシャープブースで披露する。(2010/7/13)

Appleタブレット登場で高額アプリも花開く?
Appleがタブレットを発表すれば、大きな画面を活用した、複雑で価格が高めの新種のアプリケーションが登場するとアナリストらは予想している。(2010/1/26)

社員の自殺問題で、France Telecomの幹部が退任
社員の自殺が相次いでいるFrance Telecomの国内事業責任者が退任した。(2009/10/7)

O2の独占販売は終了:
iPhone、英国でOrangeが販売開始へ
Appleは英国でのO2とのiPhone独占販売契約を更新しないもようだ。(2009/9/29)

せかにゅ:
Macタブレットは「2010年2月リリース」の報道
台湾メディアが、Appleのタブレットは9.6インチのタッチスクリーンとHSDPAモジュールを搭載し、799〜999ドルで2月に登場すると伝えている。(2009/9/16)

英国1位のキャリアに:
T-Mobile UKとOrange UK、対等合併へ
独Deutsche Telekomと仏France Telecomが英国における携帯事業会社を合併する交渉に入った。実現すれば英O2を抜いて英国でシェア1位のキャリアとなる。(2009/9/9)

Weekly Memo:
ライバルも協調! クラウド時代のID管理
異なるID管理技術の相互運用を目指す国際団体がこのほど発足した。注目されるのは、IT業界のライバル同士が協調姿勢を示している点だ。呉越同舟か、それとも必然か。(2009/6/29)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「IPTVの課題」――意外に知られていないその事情
インターネット経由で映像が配信されるのも当たり前になったが、テレビ向けに配信する「IPTV」はまだ普及の初期段階。そのIPTVが普及するため、乗り越えなければならない課題を考えてみたい。(2009/3/26)

組み込み企業最前線 − ACCESS −:
Linux基盤「ALP」でケータイOSのエコシステムを構築
ACCESSの「ALP(ACCESS Linux Platform)」がいよいよ離陸のときを迎えそうだ。この1、2年で携帯電話向けプラットフォームをめぐる状況は一変したが、同社は潜在力を秘めたグループの中心に立ち、オペレータ、端末メーカーとのエコシステムを構築する。(2008/9/22)

ボールペンのBIC、フランスでプリペイド携帯発売
ボールペンのBICとOrangeが、プリペイド携帯を8月からフランス都市部限定で発売する。(2008/7/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。