ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FrontPage」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FrontPage」に関する情報が集まったページです。

Microsoft、コンテンツ制作ツール「Office Sway」発表
Microsoftが、Officeスイートの新ツール「Sway」を発表した。“Webファースト”なコンテンツ「Sway」を簡単に制作できるマルチプラットフォームのツールとしており、まずは招待制のプレビュープログラムがスタートした。(2014/10/2)

連載:いまどきのソース・コード管理:
第5回 配備を自動化する
ビルドが自動化されたら、デプロイも自動化しよう。Team Foundation Serverを使ってアプリのデプロイを自動で行う手順を説明する。(2013/11/15)

Microsoft、13件の月例セキュリティ情報を公開
緊急レベルの4件のうち、Outlook、IE、SharePoint Serverの脆弱性に対処する更新プログラムは最優先で適用を勧告している。(2013/9/11)

告発サイトのCryptomeに不正コード、ユーザーがマルウェア感染の恐れ
Cryptomeのサイト上の全HTMLファイルが改ざんされ、不正なコードが仕込まれていたことが分かった。(2012/2/15)

モバイルARアプリ開発“超”入門(2):
NyARToolKitでマーカー型ARのAndroidアプリを作る
(2011/10/24)

モバイルARアプリ開発“超”入門(1):
いまさら聞けないAR(拡張現実)の基礎知識
プログラミング未経験でも手軽にAndroidアプリが作れるApp Inventor。本連載では、App Inventorでアプリを作り、使用しているコンポーネントに関して実際にJavaのAPIと比較して、できることを検証していきます(2011/9/26)

TERASOLUNAでAjaxもラクラク開発(後編):
EclipseでJavaScript削減Ajax開発 − マスカットとは
(2010/6/7)

Windows Server 2008 R2の真価:
第8回 強化されたIIS 7.5(前編)
2008 R2のIIS 7.5の強化点を解説。Server CoreにおけるASP.NETのサポートやPowerShell用IISコマンドレット/監査機能の充実など。(2010/1/28)

TERASOLUNAでAjaxもラクラク開発(前編):
業務システムでAjaxを使う際の「JavaScript問題」とは
(2009/12/14)

安藤幸央のランダウン(49):
Java技術者も知っておきたい「AR(拡張現実)」
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2009/11/17)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(20):
ECサイトソフトウェアはなぜ更新されないのか
(2009/11/9)

独断と偏見のCMS比較(2):
社内情報管理のためのCMS−Wiki/ブログ/Twitter
Wikiやブログ、そしてTwitterなどのつぶやき系サービスを取り上げ、Wikiの使い方やブログの選定ポイント、プラグインなどを紹介する(2009/9/15)

OSとブラウザは比較無用か:
Microsoft、Mozilla、Googleがブラウザの未来を語る
ブラウザの非互換性を非難する声が高まるなか、主要プレーヤーのMicrosoft、Mozilla、Googleがブラウザの今後について議論した。(2008/9/26)

Windows Server 2008の基礎知識:
第5回 柔軟性と機能性を大幅に高めたIIS 7.0(後編)
IIS 7.0で追加・強化された管理ツール/コマンドや診断トレース機能、ASP.NETを統合する新たな動作モードなどを詳細に解説。(2007/11/21)

どこまでできる? 無料ツールでWebサイト作成(3):
低スペックPCでも使える! Webブラウザでサイト作成
(2007/10/12)

どこまでできる? 無料ツールでWebサイト作成(1):
AptanaでWebページ作成はここまでできる!
(2007/8/8)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
独学で学びAPI作成プログラマーへ──KOSHIAN・船木さん
購読しているフィードを解析するRSSリーダー「ReadOne」。文章を解析するAPIサービス「KOSHIAN」「TSUBUAN」──。数々のネットサービスを開発してきた若きエンジニアの目指す道は。(2007/7/23)

3分LifeHacking:
Windowsのプロダクトキーを表示する
Windowsのプロダクトキーが分からなくなり、再インストール時に困った経験はないだろうか。こうした場合、プロダクトキーを一発で表示してくれるソフトを使えばよい。(2007/6/25)

Microsoft、IIS 6.0の脆弱性指摘を否定
セキュリティ関連のメーリングリストで、IIS 6.0にDoS攻撃の誘発などにつながる脆弱性が存在するとの指摘。Microsoftは調査の結果、これを否定した。(2007/5/29)

Wikiやブログ機能も追加されたMSの無償コラボレーションツールの実力
Windows SharePoint Services(WSS)3.0では、ブログおよびWiki機能の追加と操作性の向上により、WSSの新規導入とアップグレードを促進できる可能性がある。しかし、一部の新機能については、広範囲に導入する前に十分な検討が必要だ。(2007/4/29)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
行動力だけで生きるエンジニアの“上京物語”――はてブTV・あきやんさん
あきやんこと秋田真宏さんは、石川県で育ったゲーム作りが大好きな少年だった。彼を動かすのは自分の作ったプログラムが周りの人に注目され、喜ばれること。プログラマーとして地元で就職したが、ブログを通じて東京にはすごい技術者がたくさんいることを知り、会社を説得して東京への転勤に成功した。(2007/4/2)

エンタープライズコンテンツ管理:
承認の効率化で業務をスピードアップ――SharePoint機能詳解「ワークフロー」編
SharePoint 2007には、Windows Workflow Foundationをベースとしたワークフロー機能が実装されている。ワークフロー機能はドキュメントまたはサイトの変更時などさまざまなコンテンツに対して設定することができる。(2007/3/29)

ドキュメント管理機能を一新したSharePoint Server 2007
すぐに使えるワークフローの提供やドキュメントライブラリの強化により、SharePoint Server 2007は、従来のバージョンよりもさらにドキュメント管理に適した製品となっている。だが、こうしたソリューションを使った作業がユーザーに負担と思われてしまうと、ドキュメント管理の効果があがらない恐れもある。(2007/3/19)

Expression Webをリリース、新たな分野へ挑むMS
MicrosoftからWebサイト作成ツール「Expression Web」がリリースされた。デザイナーと開発者のコラボレーションをテーマとした「Expression」ブランドとして発売される、初めての製品となる。(2007/2/28)

スマートホンで組み込みシステムを制御する
適切な通信プラットフォームと開発ツールを使えば、組み込みシステムで用いる安価なモバイルユーザーインターフェースとしてスマートホンを活用することが可能となる。(2007/1/1)

MS、Flashキラー「Expression Studio」の詳細発表
「Expression Studio」のリリースは2007年後半となるが、その中のWebサイト作成ツール「Expression Web」はいち早く提供開始された。(2006/12/5)

マイクロソフト、中小向けのサーバスイート製品「SB Server 2003 R2 日本語版」を発売
マイクロソフトは、中小規模事業所向けサーバスイートの最新版となる「Microsoft Windows Small Business Server 2003 R2」日本語版を発売した。PCメーカーからプリインストールモデルも順次登場する見込み。(2006/9/15)

Microsoft、動的言語「IronPython 1.0」をリリース
Microsoftは、動的プログラミング言語Pythonを.NETプラットフォームに対応させた「IronPython 1.0」をリリースした。(2006/9/7)

XAMLとグラフィックツールの関係:
UIデザインのトータルソリューションを目指すExpression
マイクロソフトの「Expression」は、高度なグラフィック描画とWebサイト作成の機能を備え、さらにアプリケーションのUIデザインもこなすプロフェッショナル向けデザインツールで、現在用途ごとに3つのエディションが用意されている。同社がなぜこのツールをリリースしたのか、その理由を聞く。(2006/8/30)

MS、Expressionデザインツールのパートナー企業を募集
MicrosoftはExpressionでのデザイン分野への本格参入に当たり、ツール作成などでの協力を企業に呼び掛けた。Expression Web Designerは「今年の年末に」提供される見込み。(2006/7/20)

新OfficeをWebで体験、テストドライブサイトを公開
2007 Microsoft Office systemのアプリケーションをローカルにインストールせずに、ブラウザから試用できる“テストドライブ”Webサイトが米国で公開された。(2006/7/14)

対Adobeへの最初の一歩、CSS正式サポートで迫るMSの新デザインツール
Microsoftが現在開発中のExpression Web Designerは、ASP.NETのほか、CSSやXHTMLなどの重要なWeb標準をサポートする。従来の同社のWebオーサリングツール群の致命的な欠陥を補い、Adobeに対する競争力を高めそうだ。(2006/5/29)

SharePointは予想外のヒットになるか?
Microsoftのコラボレーション/ワークグループソフトウェア「SharePoint」は、同社にとって予想外のヒット製品の1つになる可能性がある。(2006/5/23)

Microsoft、Expression Web DesignerのCTP初公開
FrontPageの後継となるWebサイト作成ツール「Expression Web Designer」の初のコミュニティー技術プレビュー(CTP)が公開された。(2006/5/16)

Office 2007を機にOffice Webコンポーネントが引退へ、選択肢はAJAX?
Office 2007には、Webページのデータの表示やグラフ化に利用できるActiveXコントロール群であるOffice Webコンポーネントが含まれない。開発者は新しいプロジェクトではそれらの使用を避け、ActiveXに代わる選択肢を考えるべきだ。(2006/5/10)

タブUIを採用した「Office 2007」公開
マイクロソフトが開発中の「Office 2007」を公開。タブ切り替え方式によるUIが一新され、10年ぶりのグラフィックス刷新で“デフォルトでもきれい”なExcelのグラフ機能など、3年ぶりのメジャーアップデートらしい新製品になりそうだ。(2006/4/20)

4月のMS月例セキュリティパッチを総括――ActiveXコントロールの動作に影響
Microsoftは2006年4月の月例パッチで、「緊急」レベル3件、「重要」レベル、「警告」レベル各1件の修正プログラムを公開した。緊急レベルのうち1つは、既に流布している攻撃に対応する。IEの累積更新プログラムは、できるだけ早期に適用する必要があるだろう。(2006/4/20)

Vistaに浮上するさらなる遅延の可能性、Officeは順調?
WindowsおよびOfficeの次期バージョンは、ボリュームライセンスユーザー向けには2006年後半にリリースされるが、一般向けリリースは2007年に持ち越された。Officeは新スケジュールに沿ったリリースを期待できそうだが、Vistaについてはさらなる遅延も予想される。(2006/4/13)

MS月例パッチ公開、IEの脆弱性10件を修正
5件の更新プログラムのうち「緊急」レベルのIE累積パッチでは、DHTMLメソッドコールメモリの破損の脆弱性、アドレスバー偽装の脆弱性など公開済みの問題も含め10件の脆弱性に対処した。(2006/4/12)

連載 ClickOnceの真実:
第3回 Visual Studio 2005でClickOnceを極めよう
ClickOnceでサポートされている豊富なインストール方法/更新オプションの選択基準とは? ClickOnceを使いこなすためのポイントを詳解。(2006/3/16)

FrontPageの終焉――非Windows対応のWeb開発サポートの行方は?
SharePoint DesignerとExpression Web Designerの登場はMicrosoftのWebコンテンツオーサリングツールFrontPageの終焉を意味しており、またMicrosoftはいずれ非Windowsプラットフォーム向けのWeb開発のサポートを打ち切ることになるのかもしれない。(2006/3/13)

「Office 12」改め「2007 Microsoft Office」、2006年末までに一挙投入
コードネーム「Office 12」の概要が明らかになった。シリーズ全体の正式名称は「2007 Microsoft Office」で、各スイートの名称は「Microsoft Office Standard 2007」などとなる。(2006/2/16)

「Microsoft Office Live」、βテスト始まる
Microsoft Office Liveは小規模企業向けにWebデザインツールやアクセス解析ツール、ドメイン名などを提供し、オンラインビジネスの障壁を低くすることを目指す。(2006/2/16)

Lotus Notes/Domino顧客の取り込みに再攻勢、「Notes Compete」チームを結成
移行ツール群の新規投入や更新、移行ガイダンスの提供により、今後さらに多くのNotes/Domino顧客がExchangeとSharePointに乗り換えることになるかもしれない。(2006/2/15)

12番目のWordとOutlookに言いたいこと
Word 12とOutlook 12は、まだβ版ながら素晴らしいと思う。もちろん単に素晴らしいだけではなく、文句を言いたいこともあるが。(2005/11/25)

次世代Office、UIはどう変わった?
Office 12は、「リボン」と「タブ」を使った新しいユーザーインタフェースを取り入れている。新UIを見たわたしの印象、そしてそのスクリーンショットを紹介しよう。(2005/11/21)

MS、中小向けのSBSキャンペーンパック発売開始に合わせ、店頭デモを実施
マイクロソフト SBS キャンペーンパックの発売に合わせて、秋葉原のラオックス ザ・コンピュータ館では店頭デモや導入についてのコンサルティングサービスが実施されている。(2004/12/10)

Webアプリケーションに潜むセキュリティホール(12):
mod_securityのXSS対策ルールを作成する
(2004/9/16)

特集:第3回 Visual Studio .NETプログラミングの勘どころ
非常に多機能なVisual Studio .NETは、その機能性から使いこなしが難しい傾向にある。しかし、ちょっとした設定やノウハウで開発効率は高まる。この特集では、いますぐ実行可能な効率的な活用法を紹介しよう。(2004/8/11)

Business & IT DataLinks(IT業界データ集)
(2003/1/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。