ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「グループチャット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「グループチャット」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

FinOpsとセキュリティの関係【前編】
結局「FinOps」とは何か? なぜコストにもセキュリティにも効果があるのか
クラウドサービスに関するコストの管理手法「FinOps」とセキュリティには、意外な関係性がある。両者の協業がもたらす効果と、企業のクラウド戦略における重要性とは。(2024/7/9)

iOS 18で「メッセージ」アプリがRCSに対応 Androidとも送受信可能に
米Appleが6月10日(現地時間)、iOS 18にて「メッセージ」アプリがRCS(Rich Communication Services)に対応することを発表した。RCSは、GSMAで世界的に標準化されているメッセージサービスの規格。長文のテキストや複数人でのグループチャット、画像や動画などを含むメッセージを送受信できる。(2024/6/11)

Googleに聞く「Google メッセージ」日本展開の意義 AppleのRCS対応は「非常に楽しみにしている」
Googleが「Google メッセージ」日本導入を発表。既にサービス自体は始めていたが、同アプリが標準搭載されている端末はPixelシリーズなどの一部にとどまっていた。今後は、KDDIが販売する端末にGoogleメッセージをプリインストールし、日本での普及を加速させていく構えだ。(2024/5/16)

RCS対応の「Google メッセージ」で何ができる? 写真を使った「フォト文字」やフキダシの色変更などを案内
Googleが、「RCSのGoogle メッセージでできること」と題し、Google メッセージの特徴や機能について紹介している。Google メッセージは、RCS(Rich Communication Service)に準拠しており、テキストだけでなく画像や動画、スタンプなどもやりとりできる。最新の機能として、フォト文字やフキダシの色変更などを紹介している。(2024/5/16)

未来につなぐ中小製造業の在り方:
「情報の既得権益」を打破 倒産寸前の中小製造業がデジタル改革でどう変わったか
富士油圧精機というカードフィーダー製造を手掛ける企業をご存知だろうか。同社はデジタルツールを取り入れ、デジタライゼーションを進めていることで知られる中小製造業だ。好調な業績を記録している同社だが、実は一度、倒産目前にまで追い込まれた企業でもある。富士油圧精機が現在どのようにデジタルツールを活用しているのか紹介したい。(2024/5/13)

Rakuten Viber、最大100件の未読メッセージを要約する「AIチャットサマリー」提供
メッセージングアプリ「Rakuten Viber」が、新機能「AIチャットサマリー」を提供開始。グループチャット内の未読メッセージから要点を抽出し、最小7件から最大100件に対応する。(2024/4/11)

Meta、「メッセンジャー」で100MB以上のファイル添付や共有アルバム作成を可能に
Metaは、「Messenger」に4つの新機能を追加した。高解像度写真や100MBまでのファイルの添付、共有アルバムの作成機能などだ。(2024/4/11)

PR:法人でも国内通話かけ放題の「Rakuten Link Office」  どこまで“使える”のか徹底検証した
「法人携帯を契約したいが、あまりコストは掛けたくない……」という人にお勧めしたいのが楽天モバイルの「Rakuten最強プラン ビジネス」だ。法人向けにも低価格で魅力的な料金プランを提供しており、既に1万社を超える企業で採用されている。今回は国内通話が無料かつかけ放題の「Rakuten Link Office」アプリを試してみた。(2024/4/1)

楽天モバイル法人料金も「最強プラン」に、法人携帯でも“民主化”目指す 「Rakuten Link Office」デスクトップ版も登場
楽天モバイルは3月8日、法人向けサービスの1周年を記念するイベント「Rakuten Mobile Business Innovation Summit」を開催した。代表取締役共同CEOの鈴木和洋氏が法人事業の現状と、新サービスについて語った。質疑応答のパートでは、プラチナバンドの開始時期や法人向けサービスで他社と何が違うのかなど、楽天モバイルの動きで焦点になる質問が並んだ。(2024/3/8)

Instagram、投稿後15分以内ならメッセージを編集可能に
Metaは、Instagramの5つの新機能を発表した。ダイレクトメッセージで送信後15分以内なら編集できる機能などだ。(2024/3/5)

Google Cloudのコスト削減術【前編】
Google Cloudの正しい節約方法とは? 最大91%節約できる「Spot VM」を解説
「Google Cloud」にはコストを抑えるために有効なツールやサービスが幾つか存在する。ベストプラクティスを理解して上手に節約しよう。(2024/2/2)

FX詐欺に巻き込まれるシニア増加 SNS投資グループに注意
国民生活センターは、シニア層からのFX取引に関する相談が寄せられいると注意を呼び掛けている。(2024/1/29)

Androidの断片化を克服する【後編】
モバイルOS「Android」にリスクがある理由と“危険にしない”方法
Androidを搭載したデバイスにはさまざまな種類があるため、IT部門にとっては管理が複雑になる。セキュリティのリスクが生じる問題もある。IT部門が取るべき対策とは。(2024/1/19)

KDDI、社内TeamsにAIチャット導入 生成AIの企業利用、工夫や課題点を聞いた
KDDIグループでアジャイル開発事業を行うKDDIアジャイル開発センターは、KDDIが開発した生成AIをコミュニケーションツール「Microsoft Teams」上へ導入している。生成AIの社内活用のための工夫や、課題などを聞いた。(2024/1/15)

AppleがiPhoneの「RCS」採用を決めたワケ それでも“フキダシの色”は変わらない?
Appleが2024年後半にメッセージサービスのRCSを導入する方針を明らかにしました。AndroidとiPhoneユーザー間でも、これまで以上に気軽に画像の送受信などが行えるようになります。ここにきてRCS採用に動いたのは、EUのデジタル市場法(DMA)の影響がありそうです。(2024/1/14)

Appleにブロックされた「Beeper Mini」、アップデートで復活 当面は無料アプリに
AndroidからAppleの「iMessage」にE2EEでメッセージを送信できるチャットアプリ「Beeper Mini」がAppleからブロックされた後、復活。「状況が安定するまで」無料になった。(2023/12/12)

コラボレーションツールを業務に生かし切る条件【後編】
3つのスタイルから考える、コラボレーションツール成功の“虎の巻”
業務におけるコミュニケーションは、やりとりをする相手の数も内容の深刻度もさまざまだ。多様なコミュニケーションにコラボレーションツールをどう生かせばよいのかを、3つの視点から検討する。(2023/12/11)

Android端末で「iMessage」のフリができる「Beeper Mini」、Google Playに登場
Googleの公式Androidアプリストアで、AndroidからiMessageにメッセージを送ってもフキダシが緑にならないアプリ「Beeper Mini」が公開された。Apple IDは不要で、メッセージはE2EE。月額1.99ドルのサブスク制だ。(2023/12/6)

セキュリティニュースアラート:
Google フォームのクイズ機能を悪用した詐欺が急増中 その巧妙な手法とは?
Cisco TalosはGoogle フォームの「クイズ機能」を悪用する詐欺が急増していると報告した。この手法はセキュリティソフトウェアの検出を回避する狙いがあるとみられている。(2023/11/16)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
小林製薬が「VRヨワナイン」の商標を出願/MicrosoftがAI機能「Copilot」を組み込んだ次世代「OneDrive」を発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、10月1日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/10/8)

MetaのAI会話アシスタント「Meta AI」は「Quest 3」でも話せる セレブ版もあり
Metaはイベント「Meta Connect」で、メッセンジャー、Instagram、WhatsAppで利用できるAIチャットbot「Meta AI」を発表した。同日発表の「Quest 3」と「Rayban Metaスマートグラス」にも搭載する。パリス・ヒルトンなどが演じるキャラクター版も登場予定。(2023/9/28)

高齢家族のITサポートに追われる:
帰省したら、母のLINEがしっちゃかめっちゃかだった話
コロナ禍も多少落ち着いた2023年の夏は、帰省した人も多かったのではないでしょうか。帰省のたびに直面するのは、高齢家族のITサポートです。この夏は、母の“しっちゃかめっちゃか”なLINEの整理に追われました……。(2023/9/5)

生成AI「Duet AI for Google Workspace」の提供開始
Googleは、Microsoftの「Microsoft 365 Copilot」と競合するオフィススイート向け生成AIツール「Duet AI for Google Workspace」の提供を開始した。企業ユーザーは無料トライアルに参加できる。大企業向けの価格設定は、Microsoftと同じだ。(2023/8/30)

Google、「メッセージ」のRCSでグループチャットもエンドツーエンド暗号化
Googleは、Android端末にプリインストールされている「メッセージ」のRCSを初期設定で有効にすると発表した。また、予告していたグループチャットのエンドツーエンドで暗号化(E2EE)も実施した。(2023/8/9)

楽天モバイルユーザーなら、PCで通話・SMS送受信できるように 「Rakuten Link」にデスクトップ版
楽天モバイルの通話・SMS送受信アプリ「Rakuten Link」に、デスクトップアプリのβ版が登場した。モバイルプラン「Rakuten最強プラン」ユーザーであれば、音声通話やSMSの送受信がPCから利用できる。(2023/8/2)

発表から約3年弱で:
PCから国内通話やSMS送受信を行える「Rakuten Link デスクトップ版」がついに登場 ただしβ版
楽天モバイルは、PCから「Rakuten Link」を利用できるアプリの提供を開始した。WindowsとmacOSの両方に対応しているが、現時点ではあくまでも「β版」としての提供で、同サービスを利用できる楽天モバイル回線の契約が必要だ。(2023/8/2)

超高速モバイルは都市を変えるか【中編】
高速モバイルを全域に――フランスの「都市5G」が目指すものとは?
EUからの助成金を受けてプライベート5G整備に取り組むトゥールーズメトロポール。プライベート5Gは通信事業者ではなく、ユーザー組織が主体となって5Gを展開できる。どのような街を目指すのか。(2023/7/31)

マスク氏が“廃止”を告知したTwitterのサークル機能とは? 「ツイートが丸見えになる」との懸念も
Twitterのサークル機能(Twitter Circle)を廃止する。イーロン・マスク氏が2023年7月8日に自身のアカウントで告知した。正式提供から1年足らずで廃止が告知されたサークルについて簡単に解説する。(2023/7/8)

登録者数2000万超の米YouTuber、未成年者との不適切な関係告発に“ウクレレ弾き語り”弁解で火に油 「全く無意味、もはや有害」
36歳で3児の母。(2023/6/29)

「iPadOS 17」発表 ロック画面を刷新、PDF編集機能の強化も
Appleは6日、「iPadOS 17」を発表した。正式版は今秋に配信される。PDF編集機能の強化や、ロック画面のウィジェット対応、ヘルスケアアプリのiPadでの提供などの新機能が含まれる。(2023/6/6)

ChatGPT×LINEのサービスが急増 “スマホ視点”で対話型AIとの向き合い方を考える
画像・動画・3Dデータ・音楽・テキストなど、さまざまなコンテンツを一瞬で生成できるサービスが、既に市場にあふれている。AIチャットサービスをスマートフォンからも簡単に扱えるサービスも増えてきた。対話型AIサービスに対して、どのように向き合えばいいのかを考えてみたい。(2023/5/19)

Bingに新機能 iOSとAndroidのウィジェットに対応、Edgeブラウザの内容を質問・要約など
Microsoftが、対話型AIサービス「Bing」の新機能を発表。iOSとAndroidで、Bingアプリのウィジェットをホーム画面に追加できるようになった。Edgeアプリでは、表示しているページの内容に関することをBingチャットで質問したり、要約をお願いしたりできる。(2023/5/18)

「Rakuten Link」のデスクトップ版、8月から提供へ
楽天モバイルが、コミュニケーションアプリ「Rakuten Link」のデスクトップ版を2023年8月1日から提供する予定。モバイル版と同じくチャット、グループチャット、音声通話が利用できる。当初、2020年10月下旬の提供を予定していた。(2023/5/12)

PayPay「グループ支払い」提供開始 割り勘が便利に
PayPayは4月24日、アプリ「PayPay」内「送る・受け取る」機能でのグループチャットにて、「グループ支払い」機能の提供を始めた。ユーザーがグループ内メンバーに対して支払額を設定でき、どのメンバーが支払い済みなのかを視覚的に確認できる。(2023/4/24)

PayPay、「わりかん」機能を刷新 複数人にまとめて請求、誰が払ったかひと目でわかる
PayPayは、送金機能に内蔵されたグループチャットおいて、複数人で割り勘できる「グループ支払い」機能の提供を開始した。グループのメンバーに対して個別に支払額を設定できる他、どのメンバーが支払い済みなのかを視覚的に判別可能。受け取り漏れを防げるとしている。(2023/4/24)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラ車に乗るとはこういうことだ! アップデートに一喜一憂、GitHubから機能追加も
最近は、「ソフトウェアデファインドビークル」という言葉を聞く機会が増えました。直訳すれば「ソフトウェアにより定義された乗り物」といった意味です。いわば「ソフトウェアによって、従来とは異なる価値やユーザー体験を提供してくれるクルマ」ですが、Teslaはどうなのでしょうか?(2023/4/22)

Microsoft、「Teams」のデスクトップ版を刷新 「使用メモリ半減、性能2倍」 生成型AIも使いやすく
Microsoftはコミュニケーションツール「Teams」を刷新すると発表した。使用メモリが半減し、性能は2倍になる。デザインも変わり、生成型AIも使いやすくなる。(2023/3/28)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
OpenAIがChatGPTとWhisper用のAPIを提供開始/パッチ「KB5022913」の適用でWindows 11が起動不能に
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、2月26日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/3/5)

Social Media Today:
Metaが前のめりで進める「Messenger」完全暗号化はなぜこんなに嫌われるのか?
Metaが「Messenger」のE2EE(エンドツーエンド暗号化)を拡張。メッセージングサービスを次のステージへ進化させようと意気込んでいるのだが……。(2023/3/1)

「新時代に来い」「新時代で待っている」 ある理由でグループチャットが『ONE PIECE』みたいになってしまった人が話題
そんなに怖いか?(2023/2/28)

Microsoftの「新しいBing」がモバイルアプリでも利用可能に 音声検索も対応
Microsoftの検索サービス「Bing」においてプレビューされているAI対話検索が、「Microsoft Edge」モバイル版でも利用できるようになった。本件に合わせて、新しいBingでは音声検索機能も実装されている。「Skype」にも、Bingの対話型AIエージェントの機能を追加する。(2023/2/22)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Microsoftが1月25日の大規模障害について原因報告と今後の対策を公開
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、1月29日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/2/5)

無料チャットアプリ「パルケトーク」 ChatGPT相当の言語モデル「GPT-3」を活用したチャットボット機能をスタート
無料チャットアプリ「パルケトーク」を運営するパルケ(東京都港区)は、ChatGPTを活用したチャットボット機能(β版)の提供を開始した。ChatGPTの導入により、利便性の高いチャットアプリを目指す。(2023/1/31)

保育園をDXで:
「冷蔵庫に紙を貼らないで」 岩手・北上市の“常識”を変えるプロジェクト
岩手県北上市の「保育園DX」プロジェクト。連絡帳などをデジタル化したが、その効果は業務効率化にとどまらない。現場の意識改革や市の他部門への広がりにもつながっている。民間出身のDX推進リーダーは、子育て世代から“常識”を変えていくことが狙いだと話す。(2023/1/23)

“Microsoft版Discord”、「Teamsのコミュニティ」正式提供開始
Microsoftはコミュニケーションツール「Teams」に「コミュニティ」機能を追加した。無料で趣味や仕事のグループを作り、他のユーザーを招待できるDiscordのようなサービスだ。まずはモバイルTeamsアプリで利用可能になった。(2022/12/8)

Androidの「メッセージ」、グループチャットもエンドツーエンドの暗号化へ
GoogleはAndroid端末にプリインストールされている「メッセージ」アプリで、グループチャットもE2EEにするテストを開始した。「メッセージ」はAndroid端末にプリインストールされているメッセージングアプリ。1対1のE2EEは昨年6月から有効になっている。(2022/12/4)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
MicrosoftがWindows 11/10向け11月の更新プログラムを提供開始 LG Displayが伸縮する高解像度ディスプレイを発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。まとめてチェックしましょう!(2022/11/13)

すぐに実践できる:
相手を怒らせない文章を書くには、どうすればいいのか 「5つ」のポイントを紹介
仕事の要件をチャットを使って連絡したところ、相手を怒らせてしまった。そのような経験がある人もいるはず。あいまいな表現などで誤解を生んでいるケースが多いが、そうした齟齬をなくすためにはどうすればいいのか。「5つ」のポイントを紹介する。(2022/10/20)

満足度の高いWeb会議ツール、2位「Zoom」をおさえた1位は?
実際の利用者のみを対象に、第三者の立場で顧客満足度調査を実施するoricon ME(東京都港区)は、「Web会議ツール」「ビジネスチャットツール」についての満足度調査を実施した。(2022/10/7)

Chatwork、無料プランのグループ数上限撤廃 メッセージ閲覧は「40日以内・5000件まで」に
「Chatwork」のフリープランの仕様が変わった。グループチャットの利用上限数(7個)が撤廃された一方で、閲覧できるメッセージは「直近40日以内に投稿された最新5000件」に制限された。(2022/10/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。