ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「求人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「求人」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「求人が具体的ではない」「履歴書の記入が難しい」 外国人を対象としたアンケートで浮かびあがる日本の「求人」の問題点
昇給制度や残業に対する鋭い指摘も。(2020/2/14)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
製造業全体の求人件数は前月から横ばい、前年同月比2%増
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。製造業全体の求人件数は前月から横ばい、前年同月比2%増でした。求人件数が増加した業種の数が減少した業種の数を上回ったのは、2019年5月ぶりです。(2020/2/12)

人材確保には「給与の増額」:
アルバイト「不足している」は7割 2020年に求人が増える業種は?
マイナビが発表した「アルバイト採用活動に関する企業調査」によると、7割の企業の採用担当者がアルバイト人材の不足を感じていることが分かった。特に、小売業などの接客業で人手不足感が強い。2020年は警備の求人が増えそうだ。(2020/1/31)

キャリアニュース:
2020年は35歳以上の求人が増加する――転職コンサルタントの66%が回答
転職サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の求人動向についての調査結果を発表した。回答した転職コンサルタントの66%が、35歳以上の求人が増加すると回答。また、採用企業がミドル層に求めるスキルの1位は「高レベルでの業務遂行能力」だった。(2020/1/30)

アルバイトの平均時給が過去最高を更新 全国平均は1127円に
「バイトル」に掲載された求人広告データをもとに集計したアルバイトの平均時給は前年同月比で40カ月連続上昇。(2020/1/23)

役職、年収は? ミドル層の転職事情
エン・ジャパンは転職コンサルタントを対象に「ミドルの求人動向」を調査し、その結果を発表した。求人トレンドをうかがったところ……。(2020/1/19)

産業動向:
建設業の「求人」が増加するも「求職者」は減少、需給ギャップが拡大
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2019年12月分のマンスリーレポートを公表した。今回のトピックスでは、建設業に特化した人材関連のさまざまな情報や最新の雇用関連データも紹介している。(2020/1/8)

キャリアニュース:
「2020年の国内転職市場における10大トレンド」を発表
外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが「2020年の国内転職市場における10大トレンド」を発表。2020年に求人増加が見込まれる職種トップ3は「Web、モバイル開発者」「AI技術者」「物流担当者」だった。(2019/12/26)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
製造業全体の求人件数は前月から横ばい、前年同月比1%増
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。製造業全体の求人件数は前月から横ばい、前年同月比1%増でした。職種別で特に求人件数が増加したのは「実験・評価・解析(機械系)」で前月から25%増加。「サービスエンジニア」「金型設計」なども増えています。(2019/12/25)

9割の企業が利用する媒体は?:
Web/IT系企業への転職にはどの求人媒体が有効か groovesが調査結果発表
groovesは、ITエンジニアの採用活動をした企業に対して、採用決定経路や採用率を調査した。その結果から推定すると、求人サイトを通じて転職したITエンジニアは4割以上。社員や人材紹介会社など人づても4割を超えた。(2019/12/10)

アルバイト採用支援ツール開発者に聞く:
「an」終了にみるバイト求人の本当の課題 テクノロジーは人材広告業界の不透明性を解消できるか
パーソルグループ傘下のSEEDS COMPANYで、スマートフォンに特化した業界初の採用支援ツール「x:eee(エクシー)」の事業責任者を務める陳シェン氏に話を聞いた。(2019/12/9)

混ぜるな危険:
プライバシーフリーク、就活サイト「内定辞退予測」で揺れる“個人スコア社会”到来の法的問題に斬り込む!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)後編 #イベントレポート #完全版
求人企業は自分たちの問題とは思っていないのではないか――リクナビ事件の論点は、業務委託とコントローラーの視点へ。鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の咆哮を聞け! ※本稿は、2019年9月9日時点の情報です(2019/12/3)

求人誌の「五輪スタッフ募集」に「ボランティアと同じ仕事を有償で?」の声 組織委に同じ仕事なのか聞いた
ボランティアと有償のスタッフは「性質が大きく異なる」との回答。(2019/12/1)

キャリアニュース:
2019年10月の転職求人倍率は2.52倍、求人数は最高値を更新
「doda」が2019年10月の転職求人倍率を発表。10月は前月比−0.17ポイントの2.52倍だった。求人数、転職希望者数は増加しているが、昨年や一昨年と比較すると慎重さが見られる求人もあり、経験を生かせる求人探しが転職成功の鍵になりそうだ。(2019/11/21)

転職市場の状態は良好:
中途採用で狙い目の業種と職種は? 求人数が過去最高という調査結果
パーソルキャリアが2019年10月の転職求人倍率をまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を発表。求人数は2008年1月に調査を開始して以来最高値を更新。どの業種・職種が人気なのか。(2019/11/13)

キャリアニュース:
外国人と一緒に働いたことが「ある」と58%が回答
求人サイト「エンバイト」が「外国人と一緒に働くこと」に関するアンケート調査の結果を発表した。外国人と一緒に働いたことが「ある」と58%が回答し、一緒に働く上での効果的な工夫は、「分かりやすい日本語で話す」が最も多かった。(2019/10/24)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
製造業全体の求人件数 前月比は横ばい、前年同月比は6%増
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。製造業全体の求人件数は前月比だと横ばい、前年同月比だと6%増でした。業種別の求人件数では、自動車・家電・精密機器が前月から増加、職種別では「研究・開発」が増加、「品質管理・品質保証」が減少しています。(2019/10/16)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS 転職市場動向:
サプライヤーから自動車メーカーへの転職で注意すべきポイントとは
自動車業界の転職市場動向をレポートする「MONOist×AUTOMOTIVE JOBS 転職市場動向」。自動車業界全体の求人件数は前月比4%減、前年同月比19%増でした。(2019/8/20)

年収1000万円以上の求人、56%の転職コンサルタントが「増えている」
年収1000万円以上の求人は増えていますか? 転職コンサルタントに聞いたところ、56%が「増えている」と答えた。エン・ジャパン調べ。(2019/8/9)

「React」「Angular」「Node.js」がトップ3:
求人情報から見えた「JavaScriptフロントエンド開発者に必要なスキル」 CV Compiler
オンライン履歴書改善サービス「CV Compiler」の提供元が、AngelList、StackOverflow、LinkedIn、その他IT企業の人材採用ページから、JavaScript開発者の求人情報約300件を収集し、頻繁に言及される募集条件を調査した結果を発表した。(2019/8/9)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
生産技術は採用が堅調、大手に転職のチャンス
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。製造業全体の求人件数は前月比3%減、前年同月比8%増でした。また、生産技術者の採用は、自動化・省人化でニーズもあり堅調です。(2019/8/7)

バイト求人の「an」、11月末に終了へ 紙からWebへの転換に苦戦 52年の歴史に幕
パーソルHDが、アルバイト・パートの求人サービス「an」を11月25日に終了すると発表。「紙からWebへの転換が遅れ、ここ数年は競争力の低下が続いていたため」という。今後は中途採用支援の「doda」に経営資源を集中する。(2019/8/1)

人材業界の競争が激化:
アルバイト求人情報の「an」、サービス終了へ 50年以上の歴史に幕
アルバイト求人情報の「an」が終了へ。11月にサービスを終えると運営会社が発表した。市場の競争激化が理由。(2019/8/1)

アルバイト求人情報「an」が終了 52年の歴史に幕、紙からWebへの転換遅れで
今後は転職サービス「doda」に経営資源を集中していくとのこと。(2019/8/1)

産業動向:
ビルメン業界特化型のポータルサービス、Web版とアプリでリリース
ビルメン業界特化型のビジネスマッチング「Builpo(ビルポ)」がWeb版とアプリ版でリリース。自動マッチングで人と仕事をつなげる「ツナガロ」と、ビルメン業界特化の求人サイト「ビルメン求人ジョイント」の2サービスだ。(2019/7/30)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
ファーウェイ規制が半導体市場に影響 採用動向はどう変わる?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。製造業全体の求人件数は前月比だと横ばい、前年同月比では11%増でした。また、ファーウェイ問題もあってか、半導体業界が中途採用を縮小しているようです。(2019/7/5)

老後のお金:
シニア世代の求人は本当に好調か
今、シニア世代の求人が好調だという。40歳代、50歳代のビジネスパーソンの転職市場も活況を示しているらしい。老後の資金不足と関係はあるのか。(2019/6/25)

キャリアニュース:
プログラミング言語別新規求人案件ランキング――1位は前年同様「Java」
レバテックキャリアが「プログラミング言語別求人案件割合ランキング」を発表した。1位は前年に引き続き「Java」が獲得し、3位「Ruby」は初めてランクイン。また、「Python」が過去調査以来、最大の伸び率を記録している。(2019/6/20)

言語別「エンジニアの求人数」ランキング Ruby・PHPを抑えて1位だったのは……
人材会社のレバテックが、2018年度に企業が募集したITエンジニアの求人(正社員)を、プログラミング言語別に集計した結果を発表。2位はPHP(14.9%)、3位はRuby(8.2%)だった。1位は……?(2019/6/13)

転職求人の多いプログラミング言語、2位は「PHP」 1位は……
エンジニア向け転職サイトを運営するレバテックが、求人数の多いプログラミング言語ランキングを発表した。(2019/6/12)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
米中貿易戦争が深刻化……製造業の採用動向はどうなる?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。製造業全体の求人件数は前月比3%減、前年同月比15%増でした。また、米中報復関税の応酬が製造業の中途採用に打撃与えているようです。(2019/6/6)

キャリアニュース:
「IT企業の求人は女性からの応募を想定していない」と半数が回答
ブッキング・ドットコム・ジャパンが世界10カ国6898人を対象とした「IT業界で働く女性に関する調査」の結果を発表。IT業界で働く女性の47%が「就職活動時のジェンダーバイアスが女性のIT業界進出を難しくしている」と考えていることが分かった。(2019/5/30)

Twitter、“中の人責任者”「Tweeter in Chief」求人中
Twitterが、公式アカウント@Twitterでのツイートを統括する責任者「Tweeter in Chief」を募集中だ。“中の人”として、新機能の告知などだけではなく、Twitterらしい楽しいツイートを投稿できるスキルが求められている。(2019/5/29)

NHK「みんなで筋肉体操」が出演者を募集中 「★筋肉募集★」というマッチョな求人文言も
武田真治さんや小林航太さんなどと一緒に黙々と筋肉を動かすチャンス……!(2019/5/13)

エンジニア転職サイト「Qiita Jobs」公開 開発チームが直接求人、利用技術や開発フローなど掲載
エンジニア転職支援サービス「Qiita Jobs」がオープン。企業単位での求人ではなく、開発チームが直接求人を掲載する仕組みで、ミスマッチを防ぐ。(2019/4/25)

今日のリサーチ:
LinkedInのデータに見る「日本人が入社したい会社」ナンバーワンは?
6億1000万人が利用するビジネス特化型SNSの「LinkedIn」を活用して実際に転職した人やLinkedInを通じて求人活動をしている企業の情報から、「今、入りたい会社」が見えてきました。(2019/4/18)

動かなくちゃ分からないことがあるんだ!:
求人サイト、カバーレター、コーディング面接――「行動駆動キャリア開発」エンジニアの北米企業就業譚
カナダのIT企業で働いて分かったこと。それは、意外な事実と自分の価値観だった――。(2019/4/18)

「Yahoo!しごと検索」でU/I/Jターン向け求人検索が可能に 2019年10月から――ヤフーと内閣府、地方就業を支援
ヤフーと内閣府地方創生推進事務局は、UIJターンによる地方移住・就業推進で連携を発表。2019年10月開始をめどに、Uターン、Iターン、Jターンを検討する求職者が全国の中小企業などの求人情報を「Yahoo!しごと検索」で検索できるようにする。(2019/3/29)

Facebook、広告の差別的ターゲティング裁判で和解
Facebookの広告主が、住宅、求人、クレジット広告のターゲティングで人種、性別、年齢で差別できるのは法律違反だとして提訴されていた裁判で和解した。これらのカテゴリの広告ではそれらのターゲティングができなくなった。(2019/3/20)

経産省、「空飛ぶクルマ」プロジェクトに参加する「週1官僚」募集 日給1万5000円、副業・兼業限定
経済産業省は3月7日、ドローンを大型化させた「空飛ぶクルマ」を実現させるためのプロジェクトに、副業や兼業で週1回参加する有識者「週一官僚」の募集を、求人サイト「ビズリーチ」で始めた。PR戦略を立案・実行するマネージャーと、公共サービスとの接続などを考案するディレクターを1人ずつ募集。月4回程度の勤務で、日給は1万5030円。(2019/3/7)

モノづくり業界転職トレンド(6):
選考期間が短くなっている自動車業界の中途採用、なぜ?
急激に求人が増えている自動車業界で、中途採用者選考がスピードアップしている。わずか1日で内定が出るケースも出ている中、採用シーンでどのような変化が起きているのだろうか。転職コンサルタントに聞いた。(2019/3/5)

IAMエンジニアはいつも人材不足
「IDおよびアクセス管理」(IAM)はセキュリティの“花形”、製品と技術を追う
IDおよびアクセス管理(IAM)は企業のセキュリティ戦略の中心に存在する要素だ。優れたIAM戦略を考案するには、最新のツールやトレンドを常に把握しておくことが重要だ。求人や教育プログラムも意識しなければならないだろう。(2019/3/1)

建設技術者の求人倍率が年平均で“6倍超え”「国内で最も人材を確保するのが困難に」
ヒューマンタッチ総研は、国内の建設業の人材市場動向をまとめた2019年2月分のマンスリーレポートをリリースした。今回のトピックスでは、2018年の1年を通じた建設技術者の求人動向を調査した。(2019/2/28)

キャリアニュース:
自動運転関連の求人数、主要6転職サイトで前月比3.8%増
自動運転専門メディア「自動運転ラボ」が「自動運転関連求人数」の調査結果を発表した。主要な6転職サイトでの2019年1月末時点の登録求人数は1万1065件で、前月比3.8%増だった。また、同月の求人案件では「未経験者可」のフレーズも目立った。(2019/2/25)

サンディエゴで設計者を募集:
AppleとQualcommの係争は人材確保にも及ぶ?
AppleとQualcommの間で繰り広げられている法廷闘争は、ついに人的リソースにまで被害が及びつつあるようだ。Appleは現在、Qualcommの本拠地である米国カリフォルニア州サンディエゴでセルラーベースバンドのエンジニアの求人を募集している。(2019/2/13)

モノづくり業界転職トレンド(5):
自動車業界のAI求人動向
自動車業界では今、AI技術者がさまざまな分野で必要とされている。自動車業界におけるAI関連の転職はどのような状況なのか。転職コンサルタントに聞いた。(2019/2/5)

今ダメな人は、どこに行ってもダメ:
“転職ブーム”に踊らされる人が「浅はか」である、これだけの納得理由
売り手市場が続き、企業が中途採用に躍起になる今、街やネットの至る所で求人広告を目にするようになった。それを受け、「年収が低い」「上司が嫌いだ」などの理由で転職を検討する声も多い。ただ、そんな悩みは、会社を変えることで本当に解決するのか。本当に転職すべき人と、そうでない人にはどんな差があるのか。東京・銀座の“転職バー”で多くの社会人の相談に取ってきた、マスターの鈴木康弘さんと常連客に話を聞いた。(2019/2/4)

キャリアニュース:
自動運転関連の登録求人数、前回調査から倍増
「自動運転ラボ」が、自動運転関連の求人数についての調査結果を発表した。主要な6つの転職サイトに登録された自動運転関連の求人数は、2018年末時点で1万675件だった。前回調査との比較では、約半年間で倍増していた。(2019/2/1)

仕事探しもググる時代? 「Google しごと検索」登場
「地名 求人」で検索検索ぅ!(2019/1/24)

求人ページの横断検索「Googleしごと検索」開始 「渋谷 バイト」で検索OK
Google検索上で求人情報を横断検索できる「Googleしごと探し」がスタート。「渋谷 バイト」「本屋 アルバイト」「パンケーキ シェフ募集」など希望する職種やエリアなどで検索すると、関連する求人情報がまとめて表示される。(2019/1/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。