ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「求人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「求人」に関する情報が集まったページです。

変化がない:
「仕事がつまらないなあ」と感じる、瞬間ランキング
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、「仕事がつまらないと思う瞬間に関する意識調査」を実施し、ランキングを発表した。(2021/9/15)

8割以上が転職に「満足」:
新卒3年以内に転職した理由 「勤務時間」や「人間関係」を抑え1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、新卒3年以内に転職した経験がある498人に「新卒3年以内で転職した理由」についてアンケートを実施した。(2021/9/9)

満足度や使用実態は?:
コロナ収束後「デジタルツールでの採用が定着する」86%が予測
求人情報サイト「バイトル」などを運営するディップは、「コロナ禍の採用活動とコロナ収束後のDX」について、人事部門と直近1年以内に転職をした969人を対象に調査を実施した。その結果……。(2021/9/9)

最も早く辞めた職場の退職理由 「賃金」や「仕事内容」を抑え1位となったのは?
総合求人サイト「イーアイデム」を運営するアイデムが、仕事探しに関する調査を実施した。(2021/9/3)

正社員の平均初年度年収は455.2万円 最も年収が高かった業種は?
マイナビは、「2021年7月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表した。全国平均初年度年収は455.2万円だった。業種別の平均初年度年収や求人割合はどうだったのか。(2021/8/24)

dodaで調査:
コロナ禍で「新しい時代に求められる営業職」の求人が増加 どんなスタイル?
パーソルキャリアは、doda会員を対象に「新しい時代に求められる営業職に関する調査」を実施した。求人掲載数、応募数の変化はどうなったのか。(2021/8/24)

今日のリサーチ:
「インサイドセールス」「カスタマーサクセス」職の求人が2年半で約7.4倍に増加――パーソルキャリア調査
営業の分業体制によって生まれ、これからの時代に需要が高まると予想される“新しい時代に求められる営業職”に関する調査です。(2021/8/23)

ジャック・ドーシー氏、分散型SNSを標準化する組織「Bluesky」始動
TwitterとSquareのCEO、ジャック・ドーシー氏は、SNS向け分散型標準開発組織Blueskyにリーダーを迎えたと発表。プロトコル開発者などを求人中だ。(2021/8/17)

キャリアニュース:
異業種転職を希望するミドル層が増加、転職先は「IT、インターネット」
求人情報サイト「ミドルの転職」が「ミドル世代の異業種転職」についてのアンケート結果を発表した。転職コンサルタントの70%が、異業種転職を希望するミドル人材が「増えている」と回答した。転職先1位の業種は「IT、インターネット」だった。(2021/8/10)

就活エージェント、逆求人型就活サービスも調査:
満足度の高い人材系サイト 4年連続で1位を獲得した就活サイトは?
満足度の高い人材系サイト調査が発表された。就活サイト、転職エージェント、逆求人型就活サービスの3軸でランキング化。それぞれで1位に輝いたのは?(2021/8/4)

見極めよう、4つの「AIキャリアパス」の違い【後編】
「求められるAI人材」になるための“納得の条件”とは?
AI人材の求人市場は活況を呈し、今後も高い需要が続く見込みだ。さまざまなAI人材の職種がある中、自分に最適な仕事を手に入れるためにはどうすればいいのか。具体的なアドバイスをまとめた。(2021/8/3)

気を付けている身だしなみは「爪」が最多:
勤務時に“適切でない”と思う身だしなみは?
求人サイトを運営するアイデム(東京都新宿区)が、勤務時に適切ではないと思う身だしなみについて調査した。(2021/7/29)

「ITスキルギャップ」を埋める方法【第3回】
優秀なIT人材が逃げる“駄目な求人票”とは?
企業は自社にとっての理想的な人材を求めて求人票を出す。求める要件を明記することは大切だが、欲張り過ぎると社内の「ITスキルギャップ」を加速させてしまう可能性がある。それはなぜなのか。(2021/7/28)

ほとんどの科目がオンラインで受講可能:
無料で受講できる「社会人女性向けのIT講座」を開講 青山学院大学
青山学院大学は「女性のためのITリカレント教育プログラム」を開講する。受講対象は、IT系の知識を学んだことがない社会人女性で、求人が多いIT系職種に就くための知識を学べるという。(2021/7/20)

備えあれば憂いなし:
Web面接で準備したこと2位は「カメラ映りを工夫する」 どんな対策なのか
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、WEB面接の経験がある男女482人を対象に調査を実施。具体的にどんな準備をしていたのか聞いた。(2021/7/19)

コロナ禍のミスマッチを防げ 面接本番前に素顔で「カジュアル面談」
 新型コロナウイルス禍で増えるオンライン面接は利便性の一方、対面より情報が少なく、思いが伝わりにくいなどの課題も指摘されている。そこで企業と就活生のミスマッチの不安払拭のため、選考に直結する面接の前に、素顔で話せる面談の機会を設ける「カジュアル面談」という手法を取り入れる企業も出てきた。この手法を呼び掛けたのが求人情報のSNS(会員制交流サイト)「Wantedly」を運営する新興企業のウォンテッドリーだ。(2021/7/14)

TikTok、求人・求職サービス「Resumes」のテストを米国で開始
TikTokが求人企業と求職者を結ぶパイロットプログラム「TikTok Resumes」を米国で開始した。TargetやSpotifyなど34社の参加企業に向けて、履歴書代わりの“履歴動画”を投稿する。(2021/7/8)

雇用形態は「正社員」がトップ:
30代女性の転職理由ランキング 「収入」などを抑え1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、30代で転職した経験がある女性を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施した。(2021/7/6)

キャリアニュース:
2021年5月の転職求人倍率は1.85倍、前月比マイナス0.03ポイント
転職サービス「doda」が2021年5月の転職求人倍率を発表した。転職求人倍率は前月比−0.03ポイントとなる「1.85倍」で、求人数はコロナ前の2019年5月の約8割まで回復していることが分かった。(2021/7/1)

仕事で不快なことは「マスク・消毒をしない」:
仕事を探している人の4割が「新型コロナの影響」 選ぶ条件に変化は?
総合求人サイト「イーアイデム」を運営するアイデム(東京都新宿区)が会員を対象に「仕事探しに関するアンケート調査」を実施した。(2021/6/23)

Wantedlyがロゴ変更 黒を基調、旧ロゴよりも可読性を向上
ウォンテッドリーは同社が運営する求人情報サービス「Wantedly」のロゴデザインを変更したと発表。これまでのブルーやグレーを基調としたデザインから、黒い太線2本と青い丸で作った「W」のモチーフと黒い細字を並べるデザインとした。(2021/6/21)

収入に不満:
年収400万円台の職業ランキング 1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは「年収400万円台の職業に関する意識調査」の結果を発表した。調査対象316人のうち最も多かったのは……。(2021/6/8)

年収300万円台の職業ランキング 1位は
求人情報サイトを運営するビズヒッツは6月1日、「年収300万円台の職業に関する意識調査」の結果を発表した。調査対象500人のうち最も多かったのは……。(2021/6/2)

登録社数は1〜2社が最多:
転職エージェントは実際どう? 利用者が語るメリット・デメリット
求人情報サイトを運営するビズヒッツが、転職エージェントを利用したことがある人を対象に「転職エージェントのメリット・デメリットに関する意識調査」を実施した。(2021/5/20)

「人となりが分かる」「機材配置の参考になる」──Cygames社員の“デスク周り”を公開した求人ページが話題に
Cygamesが公開している求人ページ「デスクツアー」が話題に。社員の“デスク周り”の画像をまとめて公開しており、Twitterでは「社員の人となりが分かる」「機材の配置の参考になる」などの声が出ている。(2021/5/18)

ヤフー、副業求人サービス開始、まずはβ版 先行登録者は9万人超
ヤフーが副業人材の求人サービス「Yahoo!副業」の提供を開始。ヤフーやエキサイトなど9社の求人情報を業種や職種を問わず掲載する。まずはβ版として、企業やユーザーから手数料を取らない形で提供する。(2021/5/11)

最も得意なプログラミング言語は「Java」:
「企業が求める言語とエンジニアが得意な言語に乖離が起きている」 paizaのプログラミング言語に関する調査結果
paizaが実施した「プログラミング言語に関する調査」によると、最も得意なプログラミング言語のトップはJava、最も学びたい言語のトップはPythonだった。一方、求人が最も多い言語はJavaScriptで、企業が求める言語とエンジニアが得意な言語に乖離が起きていることが分かった。(2021/4/16)

境界防御からエンドポイント防御へ
根本原因が分からなければ対症療法しかできない ディップが「EDR」を選んだ理由
求人メディアとAIやRPAといったDX関連事業という二足のわらじを履くディップは、クラウドサービスの業務利用の拡大によって境界防御に課題を感じていた。同社がこの課題を解決するために選んだセキュリティ製品とは何だったのか。(2021/4/12)

求人サービス「engage」の画像・動画が全て消失、復旧できず 原因は不正アクセス
エン・ジャパンが、求人サービス「engage」が不正アクセスを受け、サーバ内の画像・動画ファイルが何者かに削除されたと発表した。データの復旧も不可能としている。(2021/4/5)

キャリアニュース:
2月の求人掲載数は前年同月比99%、IT系への応募が増加
「マイナビ転職」が「2021年2月度 正社員求人掲載数・応募数推移レポート」を発表した。掲載数は前年同月比99.4%、応募数は同96.7%だった。また、2018年平均と比べると、「IT、通信、インターネット」業種は特に応募数の上昇率が大きかった。(2021/3/25)

安定性と活気:
沖縄の学生に人気の就職志望先ランキング 1位は?
求人誌「ルーキー」を発行するラジカル沖縄は、2022年新規学卒者就職志望ランキングを公表した。学生に人気の企業は……。(2021/3/17)

言いたいことより、聞きたいこと:
オンライン合同説明会で、学生に響く企業説明
3月の到来とともに一斉に各大学では合同企業説明会、いわゆる合説が開かれています。昨年から突如始まったコロナ過。オンライン合説がスタンダードとなった元年の今年。求人企業はどう成果を得るべきか考えます。(2021/3/14)

「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第2回】
“アバウト求人票”はアウト 「リモート採用」に失敗しないための勘所
コロナ禍でリモート採用が広がりつつある一方、慣れない取り組みに不安を覚える人事部門もあるだろう。リモート採用を成功させるために、人事部門がまず確認すべきヒントを紹介する(2021/3/9)

「Yahoo!副業(ベータ版)」スタート 副業求人のマッチングサービス
ヤフーが副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の登録受付を始めたと発表。求人情報は5月上旬以降に掲載する。(2021/3/3)

ヤフー、副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」開始
ヤフーは3月3日、副業人材を探す企業と副業をしたい人をマッチングするサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の登録受付を開始したと発表した。5月上旬以降に企業の求人情報を配信する。(2021/3/3)

Indeed Japanは事実関係を調査中:
「バイトル」運営会社が「インディード」のCMに注意喚起 YouTube上のCMは取り下げ
求人広告サイト「バイトル」を運営するディップが「IndeedのCMに関する注意喚起」という文書を発表した。これを受け、Indeed JapanはYouTube上で公開していた自社CMを取り下げた。Indeed Japanは現在、社内で事実関係を確認している。(2021/2/19)

産業動向:
「建設技術者への求人意欲は下落、技能工は回復基調に」ヒューマンタッチ総研
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年2月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、2020年の建設技術者及び建設技能工の需給動向についてレポートしている。(2021/2/19)

“リコール署名偽造バイト”求人載せた可能性 バイトアプリ「タイミー」が謝罪
大村知事のリコール運動に賛成する偽の署名を書くアルバイトの求人が、バイト募集アプリ「タイミー」に掲載されていたのではと指摘。タイミーが事実を認めて謝罪した。(2021/2/18)

SNSで指摘:
“署名偽造”バイトの求人を掲載か スキマバイトアプリ「タイミー」運営会社が声明を発表
愛知県知事のリコール運動で集められた署名の中に、偽造が疑われるものがあったと報道されている。また、スキマバイトアプリ「タイミー」に、署名を偽造するバイトの求人が掲載されていたとの指摘がある。運営会社がこうした報道や指摘を受けて声明を発表した。(2021/2/17)

業種や職種別は?:
12月の平均初年度年収 前年比8.1万増加 コロナ禍で「経験者求人」増が影響
マイナビは、同社が運営する転職情報サイト「マイナビ転職」に掲載した求人の「平均初年度年収」の推移レポ―トを発表した。(2021/2/4)

完全失業者25%増:
有効求人倍率0.90倍は全国最下位 過去最大の下げ幅だったのは
沖縄労働局は29日、2020年平均の県内の有効求人倍率は0.90倍で、統計がある06年以来、過去最大の下げ幅となり全国最下位だったと発表した。(2021/1/30)

「30代の転職理由・失敗したこと」ランキング 過重労働・給料への不満目立つ
求人情報サイトを運営するビズヒッツが「30代の転職理由」を発表。1位は「待遇や職場への不満」だった。(2021/1/21)

フリーランス向けの求人は「テレワーク可能」が主流に 2021年は労働者の地方への移住が進む?
2020年はテレワーク環境が大きく推進された1年でした。(2020/12/25)

転職コンサルタントに調査:
2021年は35歳以上の求人が増える なぜ? 業種や年収帯は?
2021年は35歳以上のミドル世代が転職のチャンス? 人材サービス大手のエン・ジャパンが、転職コンサルタントを対象に「ミドルの求人動向」について調査を実施。42%が「ミドル世代の求人が増える」と回答した。その理由は?(2020/12/22)

産業動向:
建設技術者の2020年需給動向、9カ月間連続で有効求人倍率は前年同月を下回る
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2020年12月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、建設技術者の需給動向について1年間の動向を振り返っている。(2020/12/18)

コロナも影響したか:
年末年始、「期間限定で働きたい」人が増加? コロナ禍で「すぐにお金が欲しい」
アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」の会員に「年末年始に期間限定で働きたいですか?」と質問。1年前の調査と比較して、働きたいと回答した人の割合が増加した。(2020/12/12)

1倍届かず:
沖縄の有効求人倍率は全国最下位、産業別では?
沖縄労働局は、県内の10月の有効求人倍率は前月より0.02ポイント上昇した0.73倍で、12カ月ぶりに前月より改善したと発表した。一方で、8カ月連続で全国最下位を更新。(2020/12/1)

帝国データバンク:
コロナ不景気、特に「人手過剰」な業界とは――10月調査
コロナ不況で減る求人。「正社員が人手不足」と答えた企業は約3割と前年より大幅減に。逆に「人出過剰」だったのはちょっと意外な業種だった。(2020/11/25)

1000万円超えなし:
年収500万円を超えるのは1% 介護業界の求人
介護業界で働く人の年収は、どのくらいなのか。求人サイトなどを運営しているNOWISTが調査したところ……。(2020/11/22)

500枚描いても月収10万円 アニメ業界の縁の下の力持ち「動仕会社」が月18万円の“異例”求人票を出したワケ
「動仕」って何なのか、動仕会社に聞いてきました。(2020/11/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。