ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「本田宗一郎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「本田宗一郎」に関する情報が集まったページです。

偉大な事業家は:
独自で強い仕事のために、「客観を超えて主観を持て」
「それって主観的な見方だよね。もっと客観的にながめないと」――。ビジネスシーンで、このようなフレーズをよく耳にする。主観よりも客観のほうが優れていることをにじませているわけだが、本当にそうなのか。(2020/12/19)

F1撤退決めたホンダの裏事情 世界EVシフトでガソリンエンジン開発の意義低下
ホンダは、ガソリン車の最高峰を競うF1シリーズを巡り、2021年シーズンを最後に撤退することを決めた。八郷隆弘社長はCO2排出量を実質ゼロにするためEVやHVの販売に舵を切るとし、「再参戦は考えていない」と明言した。(2020/10/16)

世界EVシフト:
F1撤退決めたホンダの裏事情 ガソリンエンジン開発の意義低下
ガソリン車の最高峰を競うF1シリーズにパワーユニット供給で参戦しているホンダが、2021年シーズンを最後に撤退することを決めた。これまでも撤退や再参戦を繰り返してきたが、八郷隆弘社長は「再参戦は考えていない」と明言した。(2020/10/15)

マツダ100周年、セリカ50周年、ピーキー過ぎるニーハン6気筒 「往年の名車」のカッコよさにしびれる
ホントに「お前にゃ無理だよ」ってマシンがあった……。(2020/8/2)

湯之上隆のナノフォーカス(25):
プロセッサ市場の下剋上なるか? Intelを追うAMDを躍進させた2人の立役者
プロセッサ市場では、ある異変が起きている。Intelが長年トップに君臨しているこの市場で、AMDがシェアを急速に拡大しているのだ。今回は、AMDの躍進の背景にいる2人の立役者に焦点を当てよう。(2020/5/15)

「本田のおやっさん、ありがとう」 昔、日本では「赤いクルマ」が禁止だった
そのままだったら、真っ赤なポルシェ様やフェラーリ様はどうなっていたのでしょうね。(2019/11/8)

ものづくりの歴史:
「ミニ四駆」誕生の舞台裏 プラモデルとクルマの幸せな関係
ミニ四駆はいかにして生まれたのか――。プラモデルと自動車の関わり合いの歴史をひも解きながら今後の展開を探る。(2019/8/30)

どんな設計思想なのか:
ホンダの本社ビルに秘められた“本田宗一郎伝説”の謎を追う
ホンダの創業者である本田宗一郎氏は本社ビルの設計に関与していた。どのような願いを込めてどんなデザインにしていたのか。社内に伝わる“本田宗一郎伝説”の謎を追う。(2019/5/5)

知財ニュース:
イノベーションは特許活用がカギ、ホンダが知財戦略を語る
クラリベイト・アナリティクス(Clarivate Analytics)は2019年1月23日、世界で最も革新的な企業100社「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2018-19」を選出したと発表した。8回目となる今回は日本企業が39社受賞し、前回に続き日本が世界最多受賞国となった。(2019/1/24)

エンジェル投資家が「ホンダジェット」を買ったワケとは
「テレビコマーシャルを見て『これ欲しい』と思った」――小型ビジネスジェット機「HondaJet」の日本初顧客の1人となった千葉氏はこう話す。一般航空が根付いていない日本で、あえて“初物”に高額を投じた理由は。(2018/12/21)

中国公安も採用:
企業価値5000億円超 ホンダが頼る「顔認証AIベンチャー」香港トップを直撃
「人間の目を超える精度」の顔認証AI技術を持つベンチャー「センスタイム」の香港トップにインタビュー。自動運転の進化に向けて、ホンダもその技術に頼る「次代のITジャイアント」の実像に迫る。(2018/10/25)

これからのAIの話をしよう(日本編):
なぜ日本は人工知能研究で世界に勝てないか 東大・松尾豊さんが語る“根本的な原因”
なぜ日本はAI(人工知能)の研究開発で米国や中国に勝てないのか。ディープラーニング研究の第一人者、東京大学の松尾豊特任准教授が日本の問題点を解説する。(2018/9/18)

「エンジンを使って女の子が楽できるなら」 50年前の“やりすぎな耕運機”が、今プラモデルでよみがえる理由(後編)
「ホンダは二輪メーカーなんかじゃない! エンジンメーカーだ!」(2018/7/15)

IoT時代の中小企業モノづくり(1):
中小企業でIoTするなら、改善ネタを探しなさい
「明るく楽しいモノづくり」を提唱するコンサルタント関伸一氏が考える、中小企業ならではのIoTのやり方とは? 第1回は、二極化している中小企業のIoTへの取り組みと、IoTネタの探し方について考えてみる。(2017/11/1)

ハリウッド監督・紀里谷和明2万字インタビュー×東大作家・鏡征爾:禁断の解禁 ここにあなたの悩みをひもとく全てがある<後編>
作品づくり、ロジカルとイロジカル、そして死について。(2017/9/23)

中小企業庁「はばたく中小企業300選」:
PR:「伸びる中小製造業」はここが違う! 「はばたく中小企業300選」を読み解く
どんな大企業でも最初は中小企業だった。では、なぜ成長をつかめたのか?中小企業庁が2017年3月にまとめた「はばたく中小企業・小規模事業者300社」から特に製造業で「生産性向上」「需要獲得」の観点から注目企業としてピックアップされた企業を紹介しながら、これから求められる中小企業の成長戦略を探る。(2017/6/8)

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:
経営チームはこうつくる
繁栄している企業のトップは、必ず誰かの力を借りて成功している。ドラッカーが残した5つの質問に対する答えを経営チームで出し合い、議論を通じて、共通の考えを作り出してほしい。(2016/8/31)

ホンダの自動車にPepperの心が乗る未来――ソフトバンクとホンダ、AI分野で共同研究
ソフトバンクと本田技術研究所は、ホンダの自動車にソフトバンクの感情AIを活用するための共同研究を開始した。(2016/7/21)

zenmono通信:
きっかけは居候の若者!? ――町工場発のモノづくり拠点「Garage Sumida」の誕生前夜
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、潜水艦や電気自動車の開発、モノづくり拠点の運営など、ワクワクする新しい取り組みに積極的に取り組む町工場・浜野製作所の浜野慶一氏に話をお伺いした。(2016/7/4)

蓄電・発電機器:
自動車は人を運ぶだけではない、ホンダが描く“エネルギーをつなぐ”世界
ホンダは、IT・エレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2015」(2015年10月7〜10日、東京ビッグサイト)に出展した。燃料電池車「Honda FCV CONCEPT」など個々の機器に注目が集まるが、同社がポイントとしたのは「電力によりつながる世界」である。(2015/10/9)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2015(1):
バネ上マウントのウィングの怖さ
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタント 関さんの「全日本学生フォーミュラ大会」取材レポート! 2015年の第13回大会は「ある変化」がありました。そして前回の覇者・名古屋大学、エンデュランス競技でトラブルが……!(2015/9/24)

ホンダの歴史が手作りパラパラ漫画に! カブやNSX、ASIMOまで勢ぞろい
The Power of Dreams。(2015/9/23)

銀座で学んだこと:
出世した人のパートナーは、どんな人?
小説やドラマのように、大成された方には“できた妻”の存在がかかせないようです。では、現在出世されている方のパートナーはどういう人なのでしょうか?(2015/9/14)

【再録】ITmedia Virtual EXPO 2015 春:
童夢創業者・林みのる氏が大いに語る――日本レーシングカー産業への提言
2015年2月に開催したバーチャル展示会「ITmedia Virtual EXPO 2015 春」では、レーシングカーのコンストラクターである童夢の創業者・林みのる氏へのインタビュー講演をお送りした。林氏が第一線からの引退時期として公言している70歳の誕生日(2015年7月16日)を記念し、このインタビューの模様を記事化した。(2015/7/16)

銀座で学んだこと:
「出世」するのは誰? “試す”ことができる人
出世する人というのは、何にでも興味を持って知ろう、試そうとします。富士山の裾が広いのと同じように、志を高くすると人としての裾が広がり、何に対しても対応できる人になれるのです。(2015/7/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スズキが“世界自動車戦争”の鍵を握る理由
他社に先駆けてインド市場に進出したスズキは、今や世界中の自動車メーカーから羨望の眼差しを浴びている。同社の成功の裏側にあったものとは……?(2015/6/29)

「HondaJet」日本で初飛行 受注すでに100機以上、「自由な移動の喜びを」
ホンダの小型ビジネスジェット機「HondaJet」が日本で初飛行。伊東孝紳社長は「HondaJetは本田宗一郎が持ち続けた夢。お客さまに自由な移動の喜びを提供したい」と話す。(2015/4/23)

動画で360度チェック:
1分で分かる人気タイトルの魅力「1分間」シリーズ
人気タイトルの魅力に動画で迫る本連載。第2弾はSBクリエイティブ刊「1分間」シリーズを取り上げる。(2015/3/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
怒ったって良いじゃないか――リーダーは怒りをエネルギーに転じよ
最近、気になっていることがある。職場で怒鳴ったり、声を荒げる管理職は、絶滅寸前である。部下には怒ってはいけないのが、大きな流れになってきている。しかし、果たして、それで良いのだろうか。日本企業の競争力や活力の源である闘争心を奪っていないだろうか。(2015/3/19)

オートモーティブワールド2015 基調講演リポート:
ミニバンからスポーツカーまで、新たな価値を生み出すクルマ作りの本質
「オートモーティブワールド2015」の基調講演に本田技術研究所 取締役 専務執行役員の山口次郎氏が登壇。同氏は「未来のモビリティ社会と“Waku Waku”する新価値創造」をテーマにホンダの製品開発エピソードや、今後の技術開発の展望について語った。(2015/1/20)

高級牛肉を拒否! 本田宗一郎の生き様
本田宗一郎氏の哲学が垣間見えるエピソード。(2015/1/13)

仕事をしたら“世界で”売れた:
生産台数9000万台超! ホンダのスーパーカブがスゴい
世界中で販売されているスーパーカブ(ホンダ)の累計生産台数が9000万台を超え、あと数年で1億台を突破しそうだ。50年以上前に発売されたスーパーカブは、なぜ今でも売れ続けているのだろうか。ホンダの広報部に聞いた。(2014/10/29)

言うことがコロコロ変わるリーダーは優秀だった?
さまざまな形で語られるリーダー論。離職率が5%という「無印良品」の会長を務める松井忠三氏の著書から、松井氏によるリーダー論を紹介します。(2014/8/12)

Lead Initiative 2014レポート:
ビッグデータ解析が勝負を分けたF1の世界〜元HONDA総監督桜井氏
「チャレンジこそ我が人生」と標榜するのは元ホンダF1チーム総監督の桜井氏。ここでは同氏の講演を紹介する。(2014/7/16)

やる気がわいてくるたった1つの方法:
つまらなそうな仕事を楽しむコツ
なんの苦労もなく仕事をしている人のほうが楽しそうに見えますが、そうでしょうか? イチロー選手は苦労した方が楽しいと語っています。その理由とは……?(2014/6/24)

Biz.ID Weekly Top10:
iPhoneにもっとパワーを! 外部ストレージ+バッテリー内蔵ケースが登場
5月29日、米国をはじめ世界130カ国でモバイルバッテリーソリューションを販売するmophieが新製品を発表しました。その製品はiPhoneの2大悩みを解決するとのことで……。(2014/5/31)

君を成長させる言葉:
失敗より何もしないことを恐れろ――本田宗一郎・ホンダ
一度きりの人生、「しない」ことより「する」ことを選択してみませんか。(2014/5/28)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
「上司学」から学ぶ、ほとんどのマネジャーができていない、最も大切なこと
どんなにすごい経営者やマネジャーでも、やっていることは普通の人とあまり変わらない。当たり前のことを徹底できているかどうかが重要だ。上司がやるべき「6つの当たり前」とは。(2014/2/12)

一流の働き方:
「タラレバ」「ないものねだり」は非一流の証
ホンダの創業者・本田宗一郎さんをはじめ、時代を変える新しい技術を開拓する一流人に「ないものねだりのタラレバ」という発想はない。(2014/1/20)

一流の働き方:
一流は「対立」を恐れない、逃げない
どんなに優れた頭脳の持ち主でも、「精神的に疲れを知らない粘り強さ」がなければ意味がない。優れた80の頭脳があっても、精神の強さがゼロなら、その人の総合能力は80点以上にはならないのだ。(2013/12/5)

父と娘の週末トーク:
娘と父のマジトーク(その3) 「モンスターズ・ユニバーシティを見て、小説家になりたいと思った」
「やりたいこともできずに死んでいく大人がいる。私はそんな大人にはなりたくない」。娘とのマジトーク、第3回は夢や目標について話し合ってみました。(2013/11/15)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/17)

Social Media Week:
Twitterはなぜ、140文字なのか
「Twitterの140文字は短すぎるのではないかとよく聞かれるが」――Twitter Japan代表が、ツイート文字数の上限が140文字である理由について語った。(2013/2/18)

AKB48は日本製造業の正当なる後継者だ
日本製造業の後継者はAKB48にほかならない。カイゼンを徹底し、顧客第一主義を貫く商品作りの2点において、モノ作りとAKB48は奇妙な合致を見せる。AKB48に未来を感じることは、日本に未来を感じることだ。(2012/12/5)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
「日本のちゃんと」をマーケティングしていきたい
ホンネを言おう。実は私はマーケティングがきらいだ。「マーケティング」という、何をするかイメージしにくい用語も好きになれなかった。(2012/9/13)

成果をあげる組織の条件、会社の目的と個人の目的を重ねよ
組織に雇われる働き手にとって働きがいの創造とは、会社の目的と個人の目的という、2つの円を重ねることである。(2012/8/23)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
私たちは何を革命と呼ぶのか?
私たちがしばしば使う「革命」という言葉。その言葉の定義が気になったちきりんさんは、どんな時に「革命」と言われるのか改めて考えてみました。(2012/7/16)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
転職先は“世界”――そうした時代がやって来る
年収1000万円以上の転職サイト、そこでは転職希望者が利用料金を支払う。楽天イーグルス立ち上げにも関わった、とある日本人が目指すものとは?(2012/7/5)

小寺信良が見たモノづくりの現場(1):
ソニーの“プロ機”が日本人にしか作れない理由
日本のモノづくりが失墜しているって? とんでもない。日本でなくてはできない価値のあるモノづくりの現場が、静岡にある。(2012/6/4)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
MBAの時代は終わった!? “事業構想力”で日本のビジネスを元気に
今年4月に開学した事業構想大学院大学。1学年30人という少人数制で行われる教育は、“事業構想”に特化したものだという。従来の社会人大学院などとはどのような点が異なっているのか、東英弥理事長に尋ねた。(2012/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。