ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「抵当権」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「抵当権」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ユーザー自身がもたらす脆弱性を排除するには
パスワードはなくなるのか 2要素認証に熱視線を送るIT担当者たち
ハッキング侵害の81%はパスワードの盗難や脆弱(ぜいじゃく)なパスワードが原因になっているという報告があることから、IT担当者はパスワード認証ではなく2要素認証に目を向けつつある。(2018/11/29)

ソーラーシェアリング入門(6):
ソーラーシェアリング事業の壁、「ファイナンス」の手法について考える
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの事業化に際して課題になることが多い「ファイナンス」の手法について解説する。(2018/11/26)

IT部門の管理が不要で成功した例もある
RPAソフトウェア導入を成功させる「3つのアプローチ」とは
RPA(ロボティックプロセスオートメーション)導入におけるIT部門の役割は、プロジェクトの範囲や企業のビジネスモデルに応じて変わる。本稿では、さまざまな企業のRPA導入事例を紹介する。(2018/5/29)

CW:音声アシスタント時代の企業戦略(前編)
Alexaスキル開発に失敗しないためのアドバイス
Amazon Echoをはじめとするスマートスピーカーにより、音声による対話で機能する機器の普及が加速した。Alexaスキルの開発も活発化しているが、この流行に乗るにはどうすればいいのか。スキル開発の注意点とは?(2018/3/23)

「STORIA法律事務所」ブログ:
出川哲朗氏に賠償責任はある? コインチェックのCM出演で 弁護士が解説
580億円相当の仮想通貨を流出させたコインチェックの問題。CMに出演している出川哲朗氏に法的責任はあるのか──弁護士の杉浦健二さんが解説します。(2018/1/30)

Gartner Catalyst Conference 2017レポート
これからのシステム構築で大切な3つの目標:正確性、廃棄可能性、自律性
Gartnerが2017年8月にIT担当者向けに開催した「Gartner Catalyst Conference」では、一風変わった物語仕立てのアプローチが取られ、デジタル社会の未来に向けてIT担当者が構築すべきものが示された。(2017/11/6)

ディルバート(475):
聞き捨てならない「詐欺話」
隣でボスが頼りにならない助言を披露しているのが聞こえてしまったディルバート。突っ込みを入れたい衝動に駆られた彼は……?(2016/11/17)

住宅ローン「フラット35」の顧客情報流出か、役職員のメールに不正な転送設定
住宅金融支援機構から業務委託を受けている優良住宅ローンは、不正アクセスで3万7247人分の個人情報が漏えいした可能性を発表した。メールサーバの設定が不正に変更されていたという。(2016/10/26)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
あなたの年金が減るかも? 「マイナス金利」がもたらす影響
いま話題になっている「マイナス金利」とは一体どういうものなのか。何が起ころうとしているのか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/2/4)

PR:ガジェット男子、家を買う――僕が「じぶん銀行」で住宅ローンを決めた理由
ガジェットが生きがいだった僕が「じぶん銀行」で貯金を始めてから、はや2年。目標としていた300万円がたまったので、結婚してマイホームを買うことに! 住宅ローンをどうするかで悩んでいるのだけど、どうやらじぶん銀行がスゴイらしい。(2016/1/29)

米国発、ITトレンド:
PR:ブロードバンド放送前夜:グローバル化する米CATV業界再編と取り残される日本
2015年5月、業界3位のチャーター社が2位のタイム・ワーナー・ケーブルを買収した。昨年から始まった米ケーブル放送業界の再編劇が、いよいよ終盤を迎えようとしている。ブロードバンドとグローバル化に翻弄されている米国のケーブル業界を追ってみよう。(2015/9/10)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
「もの」に関わる仕事を知る
総務が行う用度品や固定資産などの管理の仕事は、一般的に「庶務業務」とよばれています。庶務業務はこまごまとした仕事で期限も明確ではないことが多いため、とかくおろそかにされがちです。(2015/1/19)

ひと物語:
日本の地図、塗り替える――社会人大学院卒業生の横顔
企業は保有する不動産を充分に生かしきれていない。そう語る41歳の不動産鑑定士は、バブル期を挟んで“土地”に翻弄されてきた日本社会の慣行を、経営戦略という観点から変革しようと、奔走している。不動産の歪みを無くせば、日本経済はまだまだ強くなるはず――。(2011/8/29)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
契約書を読んでいる人、手を挙げて!
現代社会ではさまざまなシーンで、契約書にサインをしたり、はんこを押したりすることが求められるようになっています。しかし、そうした契約内容を本当に理解して、はんこを押している人はどれだけいるのだろうかと、ちきりんさんは問いかけます。(2011/8/8)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
定期預金で安心って……本当? 金融商品、5つのリスク
金融商品への投資を語るとき、“リスク”という言葉がしばしば使われます。しかし、リスクにもさまざまな種類があります。その違いが意識されていないのではないでしょうか。(2009/8/24)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
金融不安や金融規制強化懸念が薄れ、底堅い堅調な展開
(2010/6/17)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好調な経済指標にも関わらず、欧州財政懸念などから一気に信用収縮が進み大幅安
(2010/5/7)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好調なクリスマス商戦を好感して堅調
(2009/12/29)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
住宅価格の上昇は好感されたものの消費者心理の低下を懸念して軟調
(2009/9/30)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
予想を上回る経済指標に反応して堅調
(2009/9/4)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
経済指標の好転にも関わらず金融機関に対する懸念が強まり大幅下落
(2009/9/2)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
手掛かり材料難のなか利益確定売りに押されて軟調
(2009/8/11)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
日米の予想を上回る経済指標の好転を受けて大幅高
(2009/8/10)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
雇用統計の予想外の改善を受けて大幅高
(2009/8/10)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
予想を上回る雇用統計やストレステストの結果発表を受けて大幅高
(2009/5/11)

サーバに「時限爆弾」:
解雇の契約社員、企業データの消去を狙う
仕掛けられた悪質なコードは2009年1月31日午前9時になるとサーバ上の全データを消去してしまう設定になっていた。(2009/1/30)

何かがおかしいIT化の進め方(40):
“変化”は外からやってくる(後編)
ITバブル崩壊から住宅バブル崩壊、サブプライムローン破たんなど、金融危機に陥った米国の影響は全世界に波及した。消費大国、米国の消費機能低下は日本や中国にも大きな影響を及ぼす。われわれは今後、この不況にどう対処していけばよいのだろうか(2008/12/25)

半導体業界、ウォール街の金融危機を懸念
8月の半導体売り上げは前年比5.5%増加したが、消費意欲に陰りが出た場合、今後は予想を下回る可能性がある。(2008/10/3)

4-1.住まいの選択、完全理解!:
注文住宅と建売住宅、どっちにするのがお買い得?――初期投資で比べる
男の夢であり、家族の夢でもある一戸建て。しかしそれを手に入れられる機会は、一生に一度あるかどうか。ならば、希望通りの住宅を何としてでも手にいれたいというのが人情。注文住宅と建売住宅、初期投資ではどれだけの差があるのでしょうか。(2008/9/24)

IT Oasis:
寅さんがいない場所で「タコ社長」は何をしているか
中堅中小企業のIT投資プロジェクトに関わる事柄を考えてみたい。まず、会社の中で一番偉い人、社長さんについてである。(2008/5/12)

野菜を担保に融資が受けられる、ABLとは?
(2008/1/23)

2008年は視界良好――ソリューションプロバイダーの展望
最近では、サービスに注力するばかりでなく、企業合併や買収によって顧客を獲得しようともくろむプロバイダーも多い。そんな情勢の中、2008年を占う分析は良好だ。(2007/12/27)

山口揚平の時事日想:
現代の不思議な貨幣論・入門編――エコロジーとエコノミーが表裏一体な理由
お金はどこから生まれてくるの? 銀行が利益を上げられるのはなぜ?――お金にまつわるこれらの素朴な疑問について、正しく答えられる人は意外に少ない。今回は貨幣にまつわる“素朴な疑問”を解き明かしていこう。(2007/11/13)

藤田正美の時事日想:
サブプライム・ショック、未だ収まらず
世界中を駆けめぐった、サブプライムローン・ショック。その震源となった米国では、サブプライムローン問題の解決が急務になっている。サブプライムローン問題がきっかけとなり、米国で起きている影響とは?(2007/9/3)

競売物件の情報サイトが登場
米国内競売住宅の販売情報を専門に提供するサイトが登場した。(2007/3/6)

Interview:
BPMのパイオニア、Fuegoの資産を受け継ぐBEA
BEAは、SOA実現に向けて、統合されたサービスプラットフォームとしてAquaLogicファミリーを売り込んでいる。その重要なコンポーネントの1つである旧FuegoのBPM製品が、いよいよ10月、初の日本語版として投入される。(2006/9/25)

Case Study
顧客満足からカスタマーエクイティに軸足をシフトする米大手銀行
米大手銀行ワコビアはカスタマーエクイティ(顧客資産)を定義し、その向上を図る新しい取り組みに乗り出した。そのための高度なデータ分析にSASの技術を利用している。(2006/7/28)

IBM、CIMS Labを買収
CIMS Labのソフトでは、仮想化されたIT環境全般にわたるコンピューティングリソースの利用状況を把握できる。IBMはTivoli部門にCIMS Lab業務を組み込む計画。(2006/1/26)

投資家だまして株売り逃げの詐欺メールが急増
Sophosの今年上半期スパム動向報告書によれば、最も多かったのはバイアグラなどの医薬品宣伝、2位が金融関係、3位がアダルト。4位に株の詐欺メールが浮上した。(2005/8/5)

大規模スパム送信の学生らテキサス州で摘発
テキサス州で、世界最悪級のスパム業者が摘発された。被告はテキサス大学の学生。(2005/1/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。