ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インテージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

調査のチカラ
調査会社「インテージ」による最新調査データ一覧
インテージは、多くの調査データをWeb上に公開している。調査データのまとめサイト「調査のチカラ」では、そんなインテージの調査データの一覧が可能だ。

「ストロング系酎ハイ」撤退の動き キリンとサントリーはどうする?
厚生労働省がビールロング缶1本のアルコール摂取でも大腸がんの発症リスクが高まるなどとするガイドラインを19日発表したことで、ビール各社が「ストロング系」と呼ばれる低価格で酔いやすい高アルコール酎ハイの販売から撤退する動きが活発化しそうだ。(2024/2/19)

今日のリサーチ:
2024年のバレンタインデー予算は前年比1.3倍 「自分チョコ」など増加――インテージ調査
インテージが実施したバレンタインデーに関する調査の結果です。(2024/2/9)

年末年始の帰省や旅行などの予算 昨年「3万5400円」、今年は?
インテージは年末年始の予算や予定について、男女5000人を対象とした調査を実施した。(2023/12/28)

今日のリサーチ:
年末年始(2023〜2024) コロナ5類移行で予算が増えたもの、そうでもないもの
コロナ禍明けの年末年始をどのように過ごすのか。インテージが全国の男女5000人を対象に実施した調査の結果を紹介します。(2023/12/26)

今日のリサーチ:
2023年、最も売り上げが伸びたものと下がったもの――インテージ調査
コロナ禍恒例となった「売れたものランキング」の2023年版の結果です。(2023/12/7)

伸びる入浴剤市場 コロナ禍契機に アース製薬は生産ライン増設
新型コロナウイルスの影響から家で過ごす「巣ごもり需要」がふくらんだのをきっかけに、入浴剤市場が活況を呈している。(2023/11/20)

「Meta Marketing Summit Japan 2023 」レポート:
花王「瞬感ミストUV」の大ヒットにつながったクリエイターマーケティング戦略
テレビ主体のマーケティングからSNSへのシフトを強める花王。「SNS売れ」で大ヒット商品となった日焼け止めミストのプロモーションチームにおけるInstagram活用取り組みを紹介する。(2023/11/1)

9600万の顧客基盤を基に流通小売業の課題を解決する「ドコモリテールDXプログラム」、GAFAにない強みとは?
NTTドコモが保有する9600万を超えるdポイントクラブ会員の属性情報や位置情報などを活用。小売業向けのDX支援プログラムを提供する。(2023/10/31)

今日のリサーチ:
値上げ食品は販売大幅減 節約疲れの次は値上げ疲れ?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した店頭販売価格の値上げに関する定点調査の結果です。(2023/10/26)

まずは流通小売業向けプログラムから:
NTTドコモのマーケティングソリューション戦略 9600万の会員基盤データは企業にどう役立つのか
ドコモの強固な顧客基盤を土台に提供するマーケティングソリューションの概要について、マーケターが知っておきたいポイントをまとめる。(2023/10/26)

流通小売企業向け「ドコモリテールDXプログラム」提供 9600万超のdポイントクラブ会員データを活用
NTTドコモは、流通小売業のマーケティングをサポートする「ドコモリテールDXプログラム」を提供開始。同社が保有する各種データを組み合わせ、独自AIエンジン活用で統計化して課題解決をサポートする。(2023/10/25)

今日のリサーチ:
5類移行後初のハロウィーン、予算は?――インテージ調査
インテージは、新型コロナ「5類」移行後初のハロウィ―ンの予定や意識を調査しました。(2023/10/21)

責任者に聞く日本戦略:
仏ロレアルはなぜ「化粧品の王者」でいられるのか? マスカラ「スカイハイ」爆売れの深層
仏ロレアルは、実に36の化粧品ブランドを抱える世界最大の化粧品会社だ。日本で2022年9月に発売したマスカラ「スカイハイ」が好調だ。年間1位を記録した理由を消費者製品部門プレジデントに聞いた。(2023/9/27)

ドコモ、インテージHDにTOB 「dポイント」マーケ強化へ
ドコモがインテージHDにTOB。インテージは上場を維持する。(2023/9/7)

今日のリサーチ:
関東大震災から100年、家庭での防災対策費用は1人当たり年2051円――インテージ調査
9月1日「防災の日」を前に5000人に実施したインテージの自主調査の結果です。(2023/9/1)

「ハンカチ王子」の次は「美白王子」…… 慶應107年ぶり優勝で「日焼け止め」に脚光 「ニベア」に聞く反響
慶應義塾高校が107年ぶり2度目の優勝を果たした今年の全国高校野球選手権大会。一部部員が「日焼け止め」を使用していたことがSNSで話題になるなど野球以外でも注目。日焼け止めを手掛けるニベア花王に反響や近年の動向を聞いた。(2023/8/27)

今日のリサーチ:
食品価格は依然高止まり傾向、マヨネーズなど調味料でさらに値上げ強まる――インテージ調査
インテージは「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に、食品・日用雑貨など主な消費財を対象として店頭販売価格の値上げについて調査しました。(2023/7/29)

今日のリサーチ:
夏休みの平均予算は前年比1.2倍、海外旅行予定者は2.5倍に――インテージ調査
2023年の夏休み期間にかける予算は平均6万146円。前年の5万269円から約1万円アップして1.2倍に増加しています。(2023/7/18)

「自宅で過ごす」が多数:
夏休みの平均予算 前年より増えた? 減った?
マーケティングリサーチなどを手掛けるインテージ(東京都千代田区)は、夏休みに関する調査を実施した。(2023/7/18)

インテージ調べ:
23年上半期、売上の伸びが大きかったもの 3位「口紅」、2位「強心剤」、1位は?
2023年上半期、どういったジャンルの商品が特に売り上げを伸ばしたのか。調査会社のインテージが小売店販売データ「SRI+」(全国小売店パネル調査)をもとにまとめた。対象は食品、飲料、日用雑貨品、医薬品など。(2023/7/12)

今日のリサーチ:
2023年上半期に売れたものランキング、脱コロナとインバウンド需要復活を反映――インテージ調査
2023年3月にマスク規制が緩和され、5月にはて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染症法上の位置づけが季節性インフルエンザと同等の5類に引き下げられる中、医薬品を中心に売れ筋が変わってきているようです。(2023/6/29)

シリーズ売上は昨年比140%増に:
UHA味覚糖の「グミサプリ」 人気がじわり拡大している4つの理由
2021年の国内の健康食品・サプリメント市場は1兆円超を記録しました。その中で特に人気を博しているのが、UHA味覚糖が販売している「UHAグミサプリ」です。グミサプリ人気がじわじわと高まっている4つの理由を考察してみます。(2023/6/28)

「接客いらない」「早く帰りたい」 男性ニーズ特化の美容室が売上好調 どんな店なのか
男性が美容室に抱える「話したくない」「早く帰りたい」といったニーズに対応した美容室「PERCUT」が好調だ。果たしてどんな店なのか。(2023/6/17)

麦茶市場は10年間で2.4倍:
伊藤園「健康ミネラルむぎ茶」ギネス記録に認定 35年間で130億本販売
伊藤園は、麦茶のブランド「健康ミネラルむぎ茶」がギネス世界記録の認定を受けたと発表した。“世界一売れている麦茶ブランド”として認められた。1988年に麦茶飲料を発売以来、35年間で130億本を販売している(2023/6/8)

東京の人気土産「東京ばな奈」がカプセルトイに パンダやラッコもあるよ!
コンプリートせねば!(2023/5/2)

日本の野菜消費量の5%担う:
カゴメのマーケトップに聞く “2人に1人しか飲まない”野菜ジュースの販売戦略
カゴメ執行役員の稲垣慶一マーケティング本部長に、今後の販売戦略を聞く。カゴメは野菜ジュース「野菜生活100」などを販売している。だが野菜飲料の購入経験者は、まだ2人に1人程度にとどまっている。どうすれば伸ばせるのか。(2023/5/3)

「世界的に見て低水準」な日本の従業員エンゲージメント 「最も低い世代」は?
日本の従業員エンゲージメントが世界的に見て低水準だということは、たびたび指摘される。それでは、年齢別に見ると最も低水準なのは、どの世代なのだろうか? アジャイルHR(東京都港区)は、インテージ(東京都千代田区)と共同開発した「A&Iエンゲージメント標準調査」を用いて、国内の従業員エンゲージメントを分析した。年代別に見ると、最も低かったのは30代だった。(2023/4/28)

ゴールデンウイークの予算、昨年から1.7倍増 平均金額はいくら?
マーケティング事業を行うインテージ(東京都千代田区)は、「ゴールデンウイーク」に関する調査を行った。今年のゴールデンウイークの予算の平均金額は2万7870円で、昨年の1万6407円から1.7倍に増加した。(2023/4/28)

今日のリサーチ:
2023年のゴールデンウイークの予算は前年比1.7倍――インテージ調査
行動制限大幅緩和で買い物、外食、旅行が復調しつつあるようです。(2023/4/24)

今日のリサーチ:
訪日インバウンド需要調査 「自分用の買い物の予算10万円以上」は中国が約4割、タイが約3割
インテージが実施した「訪日予定客・インバウンド需要調査」の結果です。(2023/4/17)

アジアの観光客が日本で買いたいお土産、1位は?
新型コロナの水際対策緩和もあり、復活しつつあるインバウンド需要。その多くを占めるアジアからの観光客は、お土産についてどのように考えているのだろうか。(2023/4/15)

明治おいしい生クリーム:
牛乳ではなく? 「明治おいしい」ブランドより生クリームが登場
明治は4月3日に、「明治おいしい」ブランド初の商品「明治おいしい生クリーム」を発売する。(2023/3/24)

今日のリサーチ:
2023年のお花見市場規模は2100億円で前年比倍増か――インテージ調査
2023年のお花見に関する意識と行動を調査しています。(2023/3/15)

アイスと相乗効果:
「スイカバー」、ガムになる ロッテが発売、チョコの種も再現
ロッテは、ロングセラーアイス「スイカバー」と「メロンバー」の味わいを再現した「スイカバーガム」「メロンバーガム」を発売した。(2023/3/14)

市場規模は1000億円超:
全国の絶景・お花見スポット 3位「総本山三井寺」、2位「小岩井農場の一本桜」、1位は?
今年もお花見のシーズンが到来する。リクルートが発行する旅行情報誌『じゃらん』は、桜の絶景スポットに関するインターネット調査を2月に実施。絵画のような桜の絶景が楽しめる人気スポットを全国1081人に聞いた結果、1位は静岡県「龍巌淵」(りゅうがんぶち)、2位は岩手県「小岩井農場の一本桜」、3位は滋賀県「総本山三井寺」がランクインした。(2023/3/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「オートミール」市場急拡大 これまでの健康食品ブームと何が違うのか?
オートミールが大流行しており、市場規模も急拡大中だ。さまざまなプレーヤーが参入し、食べやすい提案がされている。(2023/3/7)

健康志向の高まりに伴い:
タリーズの季節限定ドリンク、植物性ミルクやホイップを使用 同ブランドでは初
タリーズコーヒージャパンは季節限定ドリンク「メープル&ピーカンナッツのオーツラテ」「&TEA ハニー&オーツロイヤルミルクティー」を発売する。(2023/3/3)

今日のリサーチ:
SDGsの優先課題に変化 「働きがいも経済成長も」が急上昇――インテージ調査
SDGsでどの目標に優先的に取り組むべきか、人々の意識はウクライナ侵攻や物価高など世相を明確に反映しているようです。(2023/2/22)

約2000人が回答:
バレンタイン、小中学生の75%が「チョコあげる」 贈り先1位は?
ニフティが運営する子ども向けサイト「ニフティキッズ」は、バレンタインに関するアンケート調査を実施した。チョコを贈る予定がある小中学生は75%で、贈る相手の1位は「同性の友達」だった。(2023/2/12)

今日のリサーチ:
職場の義理チョコはオワコン? 女性の8割が「参加したくない」――インテージ調査
日本ではかつて「女性が男性にチョコレートを贈って愛の告白をする日」として何となく定着していたバレンタインデーですが、最近は事情が変わりつつあるようです。(2023/2/11)

職場の義理チョコ、実は最も喜んでいるのは20代!? 意外な世代間ギャップが明らかに
インテージ(東京都千代田区)は、2月14日の「バレンタインデー」を前に調査を実施した。(2023/2/11)

「スマートサロン」ってどんなところなのか 全国初の店舗を取材した
美容室向けヘア化粧品メーカーのミルボンが新事業「スマートサロン」を始めた。リアルとデジタルを融合させ、自分に合ったヘアケア製品を選びやすい新たな購入体験を提供するという。どんな事業なのか。(2023/1/31)

着こなす事例が増えている:
男性でも「化粧ポーチ」「レディースコート」 ジェンダーフリーファッションが拡大する背景
ジェンダーフリーファッションがじわじわと広がっている。背景には何があるのか。アパレル業界のコンサルティングを30年以上続けてきた筆者が分析する。(2023/1/30)

今日のリサーチ:
年末・年始の帰省や国内旅行にかけるお金は平均3万5400円で前年比1.2倍――インテージ調査
若年女性の国内旅行が大きく増加しています。(2022/12/26)

今日のリサーチ:
コロナ禍で過ごすクリスマス お財布のひもは少し緩めて、警戒心は緩め過ぎず――インテージが意識調査
2022年のクリスマスは支出も若干多めになりそうではあるものの、コロナへの警戒心は依然として根強いようです。(2022/12/24)

コロナ禍で過ごす3回目のクリスマス 支出予定額は「2万円超え」、何をするのか?
インテージは、クリスマス関連の予定支出額を調査した。今年のクリスマスの支出予定額は、平均金額は2万9円。昨年から1720円アップ(昨年比109%)した。クリスマスをどのように過ごす人が多いのか?(2022/12/23)

男の子がクリスマスプレゼントで欲しい物 3位「ラジコン、プラモデル」、2位「スポーツ用品」、1位は?
ARINAは、日本全国の小学校高学年男子の子どもがいる親を対象に、「お子さん(小学校高学年・男の子)がクリスマスプレゼントで欲しい物は?」とアンケート調査を実施した。クリスマスプレゼントで欲しい物1位は「ゲーム、ゲームソフト」だった。(2022/12/21)

2022年売れたものランキング 3位は「鎮暈剤(酔い止め)」、2位は「オートミール」、1位は?
インテージは、小売店販売データをもとに「2022年、売れたものランキング」を発表した。(2022/12/14)

今日のリサーチ:
2022年に「売れたもの」「販売苦戦したもの」ランキング――インテージ調査
日用消費財の中で何がより売れたか、売れなかったかを推定販売金額の伸びから振り返る毎年恒例のランキング。2022年版から見えてくるトレンドとは?(2022/12/10)

QUICK、東芝テック、インテージなど:
データマーケットプレースは日本で本格的に立ち上がるか、Snowflakeが参加企業を発表
スノーフレークが、データマーケットプレースにさまざまな企業が参加したことを発表した。同社は、クラウドデータウェアハウスから直接データを共有し、収益化につなげられる仕組みを提供している。(2022/10/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。