ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Intel AMT」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Intel Active Management Technology

Intel暗号鍵に危険度「高」の脆弱性、ファームウェア更新で対処
Intel MEの暗号鍵に関連する脆弱性が発見された。重要な情報の改ざんや流出の可能性が指摘されている。(2018/9/14)

IntelのPC管理機能AMTにセキュリティ問題、簡単に悪用可能
F-Secureによると、今回見つかったAMTのセキュリティ問題は、極めて簡単に悪用でき、ローカルの攻撃者が短時間でバックドアを仕込むことができてしまうという。(2018/1/15)

Intelのリモート管理ツールに脆弱性、ファームウェアの更新を
企業向けPCに搭載されているIntelの「Active Management Technology」(AMT)などに脆弱(ぜいじゃく)性が存在する。HP、Lenovo、Dell、富士通などの各社もセキュリティ情報を公開してユーザーに対応を呼びかけた。(2017/5/9)

山市良のうぃんどうず日記(63):
もしもキーボード配列が誤認識されていたら……
Windowsに限ったことではないのですが、PCを使っていて、絶対に正しいパスワードを入力しているはずなのに、受け付けてくれないという経験はありませんか。キーボードの種類(配列)が誤認識されていることが原因かもしれません。(2016/4/11)

レノボ、中小企業向けのXeon対応タワー型サーバ「ThinkServer TS」新モデルを発表
レノボ・ジャパンは、中小規模ビジネス向けとなるタワー型サーバ「Lenovo ThinkServer TS150」「Lenovo ThinkServer TS450」を発表した。(2016/2/23)

@IT編集部が性能を検証! 最新サーバーはここがスゴイ:
PR:スモールビジネスやブランチオフィスに最適な「ThinkServer TS140」〜小さなボディに詰め込まれた欲張りな価値〜
レノボ・ジャパンの「ThinkServer」シリーズのエントリーモデル「ThinkServer TS140」は、省スペース、静音設計でありながら、エンタープライズクラスの性能と信頼性、管理性を併せ持つタワー型サーバーです。その実力を@IT編集部が独自に検証しました。(2015/11/30)

レノボ、低価格帯のXeon E3搭載1Uサーバ「ThinkServer RS140」
レノボ・ジャパンは、省スペース設計を実現した1Uサーバ「Lenovo ThinkServer RS140」の販売を開始する。(2015/6/16)

セキュリティ業界、1440度(6):
CODE BLUE――日本発のサイバーセキュリティカンファレンスの価値
日本発、世界へ発信を目指した「CODE BLUE」が2014年2月に開催されました。その価値は、参加費以上に大きいものなのです。(2014/3/14)

突然のブルースクリーン? 慌てなくても大丈夫!:
PR:マカフィーとインテルのコラボが実現するリモートからのトラブル対応とセキュリティ管理
エンドユーザーに負担をかけず、管理者の手間もなるべく省きながら最新のセキュリティを保っていきたいと考えているならば、マカフィーとインテルの協業によって生まれた、「McAfee ePO Deep Command」と「インテルAMT」の組み合わせが有効だ。(2013/4/22)

OSよりも深いところからリモート管理:
PR:運用管理とセキュリティ管理の両方に効く「McAfee ePO Deep Command」
マカフィーの統合管理ソリューションとインテルのハードウェアを組み合わせ、電源のオン/オフも含めたさまざまな操作をリモートからも行える「McAfee ePO Deep Command」は、セキュリティレベルの向上に加えエンドポイントの自動管理を実現し、企業全体での省電力化とTCO削減にもつながるという。(2013/1/21)

マカフィーがPCセキュリティ管理製品の最新版、vPro連携を強化
PCのセキュリティをリモート管理する「ePO Deep Command」の最新版を発売した。(2012/11/30)

ハードウェア支援型のPCセキュリティ、マカフィーとインテルが共同開発製品を発売
OSの深層部で活動するrootkitの検出・駆除やリモートでのPCセキュリティ管理を可能にする2製品を8月に発売する。(2012/7/25)

システム管理とユーザーの懸け橋になりたい:
vProも“第3世代”に進化する
インテルは、6月20日に「第3世代 インテル Core vPro プロセッサー・プラットフォーム」を発表。拡張したIntel IPTなどの新機能を説明した。(2012/6/20)

新デザイン液晶一体型も登場──「OptiPlex」4シリーズ投入
デルは、6月12日に大規模事業所向けデスクトップPC「OptiPlex」シリーズの新モデルを発表した。仮想化ソリューションとvPro対応モデルを拡充したのが特徴だ。(2012/6/12)

USB 3.0もチップセットで制御可能:
インテル、Intel 7シリーズチップセットを正式に発表
インテルは、4月8日に“第3世代Coreプロセッサーファミリー”に対応する新しいチップセットシリーズを発表し、その仕様を“ようやく”明らかにした。(2012/4/8)

インテルとの統合の真価はいまだ見えず
マカフィー新技術「DeepSAFE」は単なる“vPro対応技術”で終わるか
マカフィーが開発した新しいセキュリティ技術「DeepSAFE」を評価する声は多いものの、セキュリティ業界を変えるほどの影響力を持つのはまだ先だというのが専門家の共通認識だ。(2011/11/24)

なんといってもvProが使えますから:
ユーザーとIT管理部門がUltrabookで幸せになる
インテルが11月17日に行ったvProに関する説明会では、PCのフォームファクタにおける“革新”にも言及し、「IT管理部門もUltrabookなら幸せになる」と訴えた。(2011/11/17)

McAfee、Intelのハードウェア技術を活用したセキュリティ新製品を発表
OSより下のレイヤでマルウェアの活動を阻止する「McAfee Deep Defender」や、PCのリモート管理製品を発表した。(2011/10/21)

もし、在宅業務することになったらどうするか:
PCフリーライターが普段実践する、モバイルオフィス環境──「セキュリティ」編
いつでもどこでも自由なワークスタイルを実現する「モバイルオフィス」。ただビジネス業務を行うなら、普段のオフィス内より強く“セキュリティ”を意識すべきだ。今回はモバイルオフィスにおけるセキュリティを意識したPCの仕様や周辺機器の選び方、具体的な実践方法を紹介する。(2011/8/24)

レノボ、6万円台からのエントリー向けサーバ「ThinkServer TS130」
レノボ・ジャパンは、エントリー向けとなるタワー型サーバ「ThinkServer TS130」を発表した。(2011/6/21)

ようやく正式発表なのだ:
インテル、アーキテクチャを一新した“Sandy Bridge”世代のCore iシリーズ
インテルは、“Sandy Bridge”こと「第2世代Core プロセッサー・ファミリー」を発表し、デスクトップPC向け、ノートPC向けのモデルを投入した。(2011/1/6)

10万円級サーバで何ができる?──ThinkServer TS200vを手軽に使う
サーバというと、導入やら運用やらでなにかと費用と手間がかかる印象がある。だが、専属管理者がいない小規模オフィスでもTS200vなら大丈夫、というがどうかな?(2010/10/28)

vProの1500日
vProの登場は2006年の9月(日本では10月)。その後、世界経済の状況が大きく変化し、IT管理で求める機能も変わったという。そのvProの“いま”をインテルが語る。(2010/10/25)

元麻布春男のWatchTower:
“派手さ”とは無縁な「ThinkPad X201」の奥深さを知る
CPUにCore iファミリーを搭載してリニューアルされたレノボ・ジャパンの「ThinkPad X201」。どこが変わって、どこが変わらなかったのか。(2010/3/30)

「VAIO F」2010年春モデル3台で検証:
モバイル向け新Core iシリーズのCPU性能をじっくり調べてみた
2010年PC春モデルではモバイル向け新Core iシリーズの積極採用が目立つが、従来のCPUとは何が違うのか? 多岐に渡るラインアップを整理し、その実力をチェックする。(2010/1/20)

Windows 7 交響曲:
Windows 7はどれだけ“速い”のか!?――VAIO P、ThinkPad T、自作PCでテストした
好調なスタートを切ったWindows 7だが、ちょっと性能が低いPCでもアップグレードすべきなのか? 3台のPCにWindows XP/Vista/7をインストールして“速さ”を比べた。(2009/12/2)

インテル筑波本社で夏期講習を受けてきた(ただしテストなし)
インテルは8月20日に、筑波本社において最新技術を“おさらい”する報道関係者向けのセミナーとラボの見学ツアーを行った。(2009/8/21)

“Think”のノウハウをワークステーションに凝縮──「ThinkStation S20」の内部に迫る
レノボの「ThinkStation」は、HPCで求められる高い信頼性とメンテナンス性はもちろん、ワークスペースで必要な「もう1つ」の特徴を備えていたのだ。(2009/7/14)

クライアントPC管理 最前線リポート【後編】
「App-V」「vPro」の全社適用ケースに見るPC管理の近未来形
クライアントPC管理の根深い問題を解決するソリューションとして期待が集まる「アプリケーション仮想化」と「vPro」。早くも取り組みを開始している企業の先進事例や最新動向を紹介しよう。(2009/3/13)

クライアントPC管理 最前線リポート【前編】
PC管理コスト削減の切り札となるか「アプリケーション仮想化」と「vPro」
企業が費やすITコストの約8割は、既存ITリソースの運用・保守費用が占める。その中でも、特にクライアントPC管理のコストは年々増しているという。しかし近年、この削減を可能にする新しい技術が登場してきた。(2009/2/19)

デル、企業向けデスクトップでセキュリティ機能を強化
デルはこのほど発売した企業向けデスクトップ「OptiPlex」シリーズで、PC本体やデータ処理および保存などにおけるセキュリティ機能を強化している。(2008/10/30)

“2代目”インテルvProはセキュリティを強化
インテルは、企業向けのPC管理プラットフォーム「vPro」の最新動向を発表した。第2世代ではハードウェアベースのセキュリティ機能が強化された。(2007/10/11)

日本HP、ウルトラスモール筐体モデルなどを用意する企業向けデスクップ2機種5モデルを発表
日本ヒューレット・パッカードは、企業向け管理機能を備えるデスクトップPC新モデル2機種「HP Compaq Business Desktop dc7800」「同 dc7400」シリーズを発表した。(2007/9/6)

Intel、セキュリティを強化した新vProテクノロジー“Weybridge”を発表
Intelは、オフィス向けの管理機能「vProプロセッサー・テクノロジー」の次期モデル(開発コード名“Weybridge”)を発表した。(2007/8/28)

Intel、新vProプロセッサテクノロジーを発表
Intelが高性能、低消費電力でセキュリティ機能を向上した、新vProテクノロジーを発表した。(2007/8/28)

インテル、巣鴨限定「デュアルコア」を披露
インテルが6月22日に行った定例記者会見では、IDF Spring 2007やCOMPUTEX TAIPEI 2007で発したメッセージの概要、筑波の研究施設に加えて、期間限定のデュアルコアを紹介した。(2007/6/22)

+D Shopping バイヤーズガイド:
Santa Rosaがやってきた──新世代Centrinoノートならこれに決まりっ!
ノートPCを買うならば“Santa Rosa”は必須でしょうー、と意気込んでいるあなた。いろいろ注意しないといけないから、この記事でしっかりチェックしてね。(2007/5/22)

IntelとPGP、データ保護ソリューションで提携
PGPの暗号化技術を利用した新ソリューションをIntelプロセッサ搭載システム用に開発、Intelの販売ネットワークを通じて提供していく。(2007/5/12)

インテル、「新世代モバイル・コンピューティング・コンファレンス」で“Santa Rosa”をアピール
発表の翌日に行われたイベントで、一般のユーザーに“第4世代”Centrinoの新機能をデモを交えて紹介。会場には第1世代から第3世代のCentrino構成パーツも展示された。(2007/5/10)

Intel Developers Forum 北京 2007:
ノートPCの普及とともにモバイルアーキテクチャも進化──IDFがいよいよスタート
IDF Beijing(北京)2007の開幕前夜となる16日、インテルのムーリー・エデン氏が現在のモバイル・プラットフォームを取り巻く状況と将来の展望について語った。(2007/4/17)

Intel、新ブランド「Intel Centrino Pro」を発表
第2四半期に登場予定のノートPC用プラットフォーム「Intel Centrino Pro」は、「vPro」のネットワーク管理機能やセキュリティ機能を搭載している。(2007/4/5)

次世代vPro、MS System Centerをサポート
(2007/3/20)

元麻布春男のWatchTower:
仮想化技術に見るインテルとAMDの個性
新世代のCPUに必須の機能なのにユーザーにその効果がイマイチ認識されない「仮想化技術」。インテルとAMDのそれぞれ異なるアプローチから「仮想化技術」普及の道を探る(2007/3/19)

Intel、新vProプラットフォーム「Weybridge」で狙うもの
Intelは、自社の「vPro」テクノロジー用の最新プラットフォームの投入準備を進めている。TXTでは、アプリとメモリの高度な制御を可能とする。(2007/3/19)

「この10年で最も大きな変革」――インテル、動く「vPro」を披露
インテルは10月11日、「インテル vPro テクノロジー・コンファレンス」を開催し、企業向けの新たなプラットフォーム「vPro」の利点を改めて説明した。(2006/10/11)

vProで管理者の悩みに包括的に応えます――インテル
インテルの企業クライアントPC向けの新プラットフォーム「vPro」では、ハードウェア的にネットワークフィルタなどが搭載される予定だ。(2006/9/8)

Intel、企業向けプラットフォーム「vPro」を正式発表
管理性とセキュリティの強化を図る企業向け新プラットフォームが正式に発表された。(2006/9/8)

HP、IntelのvPro搭載PCを発表
HPの新PCは、Intelの企業向けプラットフォーム「vPro」を採用し、PCのセキュリティや管理のしやすさを向上させている。(2006/9/7)

検疫ソリューションのLockdown、「NACは日本でも定着する」
既存のインフラを変えずに容易に検疫ネットワークを実現するアプライアンスを開発する米Lockdown Networks。同社の副社長、ダン・クラーク氏は「コンプライアンスが重要なのではなく、それを順守させる仕組み作りが大事」という。(2006/6/13)

COMPUTEX TAIPEI 2006:
最新主基板101番勝負 in 台北――Intel Q965/Q963編
前回のインテルG965/P965編に続き、新登場のチップセットIntel Q965およびQ963 Expressを搭載したビジネス向けのマザーボードを見ていこう。(2006/6/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。