ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「伊藤穰一」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「伊藤穰一」に関する情報が集まったページです。

リチャード・ストールマン氏、MITの役職とFSF総裁を辞任 エプスタイン関連コメントへの批判で
フリーソフトウェアの擁護者として知られるリチャード・ストールマン氏が、マサチューセッツ工科大学人工知能研究所の役職と、自身で創設したフリーソフトウェア財団の総裁職を辞任した。“エプスタイン騒動”で故マービン・ミンスキー氏を擁護しようとした発言が誤解を招いたためとしている。(2019/9/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
MITメディアラボの失態に見る、スポンサーと研究資金の闇
米マサチューセッツ工科大学のメディアラボ所長が、性犯罪で起訴された富豪から資金を受け取り、隠蔽しようとしたことが暴露された。世界的な研究機関が“怪しい人物”からカネを受け取ってしまったのはなぜか。背景には、研究機関とスポンサーの関係がある。(2019/9/12)

伊藤穣一氏、MITメディアラボ所長を辞任 エプスタイン氏からの寄付を巡り
伊藤穣一氏が、2011年から務めてきたマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの所長を辞任した。性的虐待疑惑で起訴され、先月獄中で自殺した米富豪のジェフリー・エプスタイン氏からの寄付を受け取ったことで批判されていた。(2019/9/8)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
ゼロからIT部門を作り直した――急成長する不動産企業「オープンハウス」の舞台裏
都心の戸建て住宅というビジネスがヒットし、急成長する不動産企業の「オープンハウス」。その裏にはIT活用の進化もあるようだ。PCのお守りしかしていなかったというIT部門が、先端ITを使いこなす内製部隊に生まれ変わった背景を追った。(2018/2/26)

PR:イメージセンサー×AIがもたらす未来 伊藤穣一氏とソニーが見据える進化の可能性
光を電気信号に変換することで画像を捉える役割を持つ「イメージセンサー」。AIが世界を見る「眼」としてイメージセンサーが使われつつある。AIとイメージセンサーの出合いによって何が起きるのか。伊藤穣一氏と、人間の眼をも超える性能を実現した裏面照射型CMOSイメージセンサーの生みの親であるソニーの平山照峰氏がそんな未来を語る。(2018/2/27)

必要なのは“正しく期待“すること
現在の人工知能(AI)は誇大広告? 真の知能を獲得するまでの道筋とは
現在のAIツールはまだ、真の人工知能とは呼べない。このことは近い将来、企業がこのテクノロジーをどのように使用するかに影響するかもしれない。(2017/7/31)

自分のプレイリストに飽きてきた? SlackからおすすめBGMを配信してくれる「Sync Music Bot」で集中力アップ!
(2017/6/12)

伊藤穰一氏、MITの教授に
「MIT Media Lab」の所長の伊藤穰一氏が、7月1日付けでMITの教授に就任する。(2016/6/9)

「変な人」募る! 総務省「異能vation」今年も 年齢制限撤廃、スーパーバイザーに高須院長も
総務省の「変な人」プロジェクトの16年度の募集がスタートした。今年は小中学生も応募OK。スーパーバイザーとして高須院長が加わった。(2016/5/20)

日本で初めて「ホームページ」を作った会社
最初に個人ホームページを制作し、公開した会社の歩みを紹介。(2014/10/28)

Twitter、MITメディアラボのソーシャル研究に1000万ドル出資
MITメディアラボが、緊急な社会問題の確認・対処のための新たなプラットフォームの創造を目的とする研究所を設立し、Twitterから1000万ドルの出資を受ける。(2014/10/2)

「日常」の裏に潜むビッグデータ(2):
生活は便利に、でもプライバシーは“丸裸”? ビッグデータ活用の光と影
ビッグデータを分析し、ビジネスに役立つ新たな“気付き”や“予測”を見つけるために各企業が動いている。そうした分析は、私たちの生活を便利にしてくれる一方で、人が気づけないプライベートな事情すら丸裸にしてしまう可能性も秘めている。(2014/8/4)

泣いた、笑った「2WEEKS アメリカ横断Workshop2014」:
PR:自分の可能性と限界を知る2週間――世界最先端の技術・企業・研究者に触れるリクルートのワークショップで、学生たちは何を得た?
2014年3月、日本全国の大学生・大学院生を対象に、ワークショップ「2WEEKS アメリカ横断Workshop2014」(主催:リクルートホールディングス)が開催された。2週間の本ワークショップは、“テクノロジーの未来”に触れる「MIT Media Lab」(ボストン)や、“クリエイティブの未来”を体感するため映像クリエイティブ・ラボ「PARTY」およびVICE社(ニューヨーク)を訪問し、最後に最先端の技術で社会に貢献する“スタートアップの未来”を経験すべく、アクセラレーター「500 Startups」およびベンチャー企業(サンフランシスコ)をめぐるもの。世界トップレベルの人々と直に接し、これまで培ってきた知識と経験の“殻”を破る新たな学びの機会を提供する。最後の5日間では、現実のWebサービスをグロース(成長・飛躍)するための戦略をグループごとに提案してもらうグローサソンを開催。このワークショップ開催について、リクルートホールディングスでは「日本の学生は技術も知識も非常に豊富だが、グローバルに向けて自分をアピールする機会が少ない。そこで現在世界のトップレベルの人や企業と生で触れ合い、自分の知識や考えをオープンにすることで厳しいフィードバックを受け、今後の成長の糧にしてもらいたいと考えた」と述べている。同社の斬新な試みといえるこのワークショップに関し、実際の参加者は何を感じ、学んだのか。グローサソン優勝者の3人が語る。(2014/4/14)

紙と電子同時発売「角川EPUB選書」創刊 第1弾にドワンゴ川上会長初の著書など
紙と電子版を同時発売する角川グループ合同の選書レーベル「角川EPUB選書」が10月創刊。第1弾は、ドワンゴ川上量生会長の初の著書など。(2013/8/20)

ソーシャル時代の新レーベル「角川EPUB選書」10月創刊 ドワンゴ川上会長の著書も
創刊タイトルはドワンゴ会長・川上量生さんやKADOKAWA会長・角川歴彦さんの著作など。紙と電子を同時発売する。(2013/8/20)

ネット広告の先駆者に聞く:
デジタルマーケッターよ、自社がどうやって稼いでいるか知っているか?
マーケティングは長嶋監督の「カンピュータ」から野村監督の「ID野球」に変わるべきだ。日本のインターネット広告業界を常に一歩早く歩んできた横山隆治氏に、デジタルマーケッターのあるべき姿を聞いた。(2013/8/9)

“脱モノづくり”路線は吉と出るのか――ソニー、取締役に生え抜き技術者ゼロの波紋
実に5年ぶりの最終黒字に転じたソニー。今期はテレビなどエレクトロニクス部門の黒字化が課題となるが、新たな取締役人事ではソニーのDNAを持つ技術者が姿を消す。(2013/5/10)

「新経済サミット2013」ライブ配信 楽天・三木谷社長、サイバーエージェント・藤田社長らが出演
楽天の三木谷浩史社長が代表理事を務める新経済連盟主催の「新経済サミット2013」をライブ配信する。「Session6 統括-日本への提言」パネリストは、三木谷社長のほか、サイバーエージェント藤田晋社長、MIT Media Labの伊藤穰一さん、Evernoteのフィル・リービンCEOなど。配信は4月16日18時15分〜。(2013/4/16)

角川歴彦さん、川上量生さんら登壇 「角川アスキー総合研究所 フォーラム」
「角川アスキー総合研究所 フォーラム」をライブ配信する。登壇者は、角川歴彦さん(角川グループホールディングス会長)、伊藤穰一さん(MITメディアラボ所長)、川上量生(ドワンゴ会長)、まつもとゆきひろさん(Rubyアソシエーション理事長)など。配信は1月17日14時30分〜。(2013/1/16)

初音ミク公式イラストがクリエイティブ・コモンズライセンス採用 世界のファンが利用容易に
「初音ミク」などクリプトンのボーカロイドキャラの公式イラストがクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを採用。20カ国語以上で要約が公開されているCCの採用で海外ファンの創作を支援する。(2012/12/17)

OSSコミュニティの“中の人”(4):
できないことは全部やる。できる依頼は断る――竹迫良範氏インタビュー【後編】
「OSSコミュニティに参加したいけれど、どうしたらいいか分からない」「中が見えにくいので不安」……OSSコミュニティの“中の人”へインタビューし、OSSコミュニティをもっと身近に感じてほしい。(2012/10/23)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/15)

SFC ORF 2011 Report:
「何か行動しなくては」――“地球丸ごとスキャン”計画の展望、伊藤穰一氏ら語る
膨大な環境データの共有で、社会はどう変わるのか――MITメディアラボの伊藤穰一所長と慶應義塾大学の村井純教授が、放射線データ共有プロジェクトの展望を語った。(2011/11/25)

オルタナブログ通信:
FacebookとLinkedInはどう違う?
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では日々、約260人のブロガーによって、ITにまつわる時事情報などが発信されている。今回はその中から「節電と暑さ対策」「Facebook」「Twitter」「LinkedIn」などを紹介しよう。(2011/7/16)

LinkedIn、デジタルガレージと組んで国内展開 年内に日本語版
ビジネスプロフェッショナル向けSNSのLinkedInとデジタルガレージが国内マーケティングで提携。LinkedInは年内に日本語版をオープンする予定。(2011/5/25)

LinkedIn、今年中に日本語版提供へ エンジニアなど募集中!
ビジネスSNS「LinkedIn」が今年中に日本語版の立ち上げを計画している。ベンチャーキャピタリストの伊藤穰一氏がブログで明らかにした。(2011/5/9)

伊藤穰一氏がMITメディアラボ所長に就任
起業家でベンチャーキャピタリストでもある伊藤穰一氏が、米マサチューセッツ工科大学メディアラボの4代目の所長に就任する。(2011/4/26)

ちきりん×磯崎哲也のマジメにおちゃらける(2):
元気がないと言われるが……ニホンの若者には何が足りないのか
「ニホンには元気な若者が少なくなった」といった声を聞くことがある、本当にそうなのだろうか。この問題について、正体を明かさないブロガー・ちきりんさんと公認会計士として活躍する磯崎哲也さんが語り合った。(2010/12/7)

Twitterとデジタルガレージ、日本でのサービス有料化の報道を否定
米一部メディアが報道している「日本でのTwitter有料化」について、Twitterとデジタルガレージが公式に否定した。(2009/11/29)

ブロガー座談会 アルファブロガー編(2):
ブログが変えたインターネットの地位
ブログはインターネットにどのような変化をもたらしたのか――その誕生から今日に至るまでを、ブログとともに歩んできたブロガーたちが語り合った。(2008/12/19)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
インターネットのあけぼの「ありす in Cyberland」
今回取り上げるゲームは、グラムスの「ありす in Cyberland」です。千葉麗子さんプロデュースという触れ込みで売り出された“ギャルベンチャー”。これの失敗が原因で、グラムスは倒産したといわれていますが、果たしてゲーム自体の出来はどうだったのでしょうか?(2008/10/6)

「Webで最も影響力のある25人」にジョブズ氏や伊藤穰一氏
大手IT企業の幹部や新興Webサービス設立者のほか、コメディアンのジョン・スチュワート氏の名前も挙がっている。(2008/10/1)

クリエイティブ・コモンズの国際会議、札幌で夏に開催
クリエイティブ・コモンズの国際会議「iCommons Summit '08」が、7月29日から8月1日に、札幌市の札幌コンベンションセンターで開かれる。アジアで開かれるのは初。(2008/6/11)

おもしろさは誰のものか:
“同人出身”ガイナックスが語る、同人誌のグレーゾーン
「エヴァンゲリオン」など歴史に残る名作を生んだガイナックスは、アマチュア集団がプロ化したという伝説を持つ企業。「同人誌などファン活動は作品にとってプラス」と版権部長は言い切るが、同人市場の拡大につれ、グレーゾーンも広がる。(2008/5/1)

Twitter日本語版スタート トヨタが広告出稿
Twitterの日本語版が公開された。Twitterのローカライズは世界初。世界に先駆けて広告掲載も始め、ビジネスモデルを模索していく。(2008/4/23)

おもしろさは誰のものか:
「コピーされ、2次創作されてこそ売れる時代」――伊藤穣一氏に聞く著作権のこれから
「誰にもコピーされなければ、作品は広がらない」――CCのCEOに就任した伊藤穣一さんは、コンテンツビジネスが変革期にあると語る。(2008/4/15)

新CEO 伊藤穣一氏に聞く、クリエイティブ・コモンズとは
レッシグ氏の後を引き継ぎ、伊藤穣一さんがCCのCEOに就任した。CCとは何か、CCを使うメリットは、CEOの役割は――伊藤さんに聞いた。(2008/4/15)

伊藤穣一氏がCreative CommonsのCEOに
ローレンス・レッシグ氏は政治的腐敗の追及活動に集中するため、CEOを退任する。(2008/4/2)

ティム・オライリー氏登場:
日米の先駆者が語るWeb2.0の行方
Web2.0提唱者のティム・オライリー氏が10年ぶりに来日。基調講演ではインターネットを最初に日本に持ち込んだ功労者とされるネオテニーの伊藤穣一氏を招き、Web2.0を取り巻く現状と今後について、対談を繰り広げた。(2007/11/15)

ベイダー卿も「アシタ、カイニイキマス」:
トップブロガーたちによる「新MacBook Pro」速攻&即興レビュー
発表されたばかりの最新MacBook Proを有名ブロガーが集まる「Sblog Dinner」に持ち込み、触って、試して、語ってもらった。(2007/6/7)

24時間後には新たな進化の道が――「Mozilla 24」イベント企画の公募を開始
アジア、北米、ヨーロッパを巻き込む形でこの9月に開催される24時間連続イベント「Mozilla 24 ~Worldwide Continuous Event~」。イベント企画の公募も開始されるなど、Mozillaの周辺が盛り上がりつつある。(2007/5/31)

Mozilla Japan、24時間連続イベント「Mozilla 24」プロジェクトを始動
Mozilla Japanは、インターネットをよりエキサイティングなものにするアイディアについて考える場として、24時間連続イベント「Mozilla 24-TWENTY FOUR ~Worldwide Continuous Event~」を2007年9月15日から16日にかけて開催することを発表した。(2007/4/20)

Creative Commonsに新理事長が就任、レッシグ氏はCEOとして続投
4年間にわたって実世界におけるコンテンツ共有の方法を革新してきた、Creative Commonsの創始者ローレンス・レッシグ氏が、先週の理事会で理事長の座を降りることを発表した。レッシグ氏がバトンを渡したのは、伊藤穣一氏だった。(2006/12/27)

ビジネス向けのメッセンジャー Biz IM市場の幕開け(第1回)
ビジネスコミュニケーションの変遷と、IMの今
「電話に出られない」「メールは届いただろうか?」――電話やメールでもカバーできないコミュニケーションの隙間が存在する。その隙間を埋めるのに最適なツールとして、企業がインスタントメッセンジャー(IM)に注目し始めた。(2006/12/25)

達人の仕事術:
シリコンバレー発「日米をつなぐ」働き方――渡辺千賀さん
日米の企業をつなぐ仕事をしながら、自分に合ったスタイルを選び取って働いている。そんな渡辺さんの仕事術とは――。(2006/12/20)

AmazonがWikiaに出資
Amazon.comが、Wikipedia創始者が開始した情報共有サイトWikiaに出資した。Wikiaが企業からの出資を受けるのはこれが初めて。(2006/12/8)

Firefox2.0登場──「我々はMSを動かした」
Mozilla JapanがFirefox2.0の発表会を開催。Microsoftのブラウザ独占を切り崩し、Webブラウザ業界にイノベーションをもたらしたと話した。今後はWeb2.0の“柱”となることを目指す。(2006/10/17)

“俺ラジオ”作れる「Last.fm」が日本進出
あなたが好きそうな楽曲を探し出し、ラジオのように流してくれる――英国生まれのそんなサービスの日本版が今夏オープンする。その名も「Last.fm」。最後に行き着くFM局、という意味だ。(2006/6/30)

オープンソースについて立体的な理解を、Open Source Way 2005の開催迫る
10月6日、7日に開催予定の「Open Source Way 2005」は、オープンソースの技術的ではない側面にスポットを当てる同イベントだ。毎回刺激的なプログラムとなっているが、今回も期待を裏切ることはなさそうだ。(2005/9/29)

Interview:
Joiこと伊藤穰一氏、ブログの「今」を語る
ブログ検索サイトTechnoratiの日本語版がスタートしたことを受け、デジタルガレージ共同創業者兼顧問の伊藤穰一氏にブログの今を語ってもらった。同氏がムカツク3つのモノポリーとは何か。(2005/7/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。