ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「法律」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!法律→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で法律関連の質問をチェック

品質不正問題:
三菱電機が検査不正の調査委員を決定、新事案が判明した可児工場も調査対象に
三菱電機が「品質風土改革に向けた体制」で設置を表明していた調査委員会を構成する外部専門家の委員を決定。委員長は、当初の発表通り西村あさひ法律事務所 パートナーの木目田裕氏が就任し、委員として、慶應義塾大学 教授で企業倫理を専門とする梅津光弘氏、早稲田大学 教授で品質マネジメントを専門とする棟近雅彦氏の2人が加わる。(2021/7/26)

知財ニュース:
商標法と意匠法が一部改正、「個人使用目的」の模倣品輸入にも対応
日本弁理士会は2021年7月13日、海外からの模倣品流入対策などを強化した「特許法等の一部を改正する法律」に関する説明会を開催した。商標法や意匠法における「輸入」行為の定義が更新されたことで、模倣品の水際対策がより効果的に実施できる可能性がある。(2021/7/15)

リリース直前、法律違反に気付くことも:
実は無関係じゃない、AI開発者も知っておきたい欧米のAI法規制・倫理と日本の現況
AI利活用が広まる一方、法律や倫理の観点から問題提起されるケースが見受けられるようになった。企業のAIビジネス動向に詳しい弁護士の三部裕幸氏が語る、欧米の法律、AI倫理の動向と日本の現況とは。(2021/7/20)

一方的に送り付けられた商品をすぐに捨てられるように 法改正で「14日間保管」ルールが廃止、7月6日から
「送りつけ商法」に関する法律が改正。(2021/6/30)

「社外秘の資料を画面共有」は情報漏えいか? 弁護士が語るテレワークの法的留意点
テレワークを導入した企業の中には、急ごしらえのセキュリティ対策となってしまっているところも多い。西村あさひ法律事務所の弁護士、北條孝佳氏がテレワークのセキュリティにおける3つの課題と対策、法的な観点から注意すべきポイントを挙げた。(2021/6/28)

エヴァ芸人・稲垣早希、「2人目は?」質問に苦言 「なんで二人以上って法律で決まってるみたいに言うの!?」
2020年2月に長男を出産。(2021/6/21)

Juneteenth(6月19日)、米連邦祝日に ジョージ・フロイド氏の死から1年
昨年の#BLM運動の高まりでTwitterやUberなどが企業の休日とした米国の奴隷解放記念日「Juneteenth」(6月19日)が、米国の連邦祝日に制定された。17日にジョー・バイデン大統領が法案に署名した。(2021/6/20)

「行政手続き、スマホで簡単に」 政府、デジタル化の「重点計画」発表
政府は18日、デジタル社会を実現するための施策をまとめた「重点計画」を閣議決定した。マイナンバー制度をデジタル社会の基盤と位置付け、官民が連携するための包括的なデータ戦略を盛り込んだ。今秋発足するデジタル庁が年内に策定する方針の骨格となる。社会保障と税、災害の3分野に限っている使い道の拡大を検討し、来年の通常国会に法案を提出する。(2021/6/18)

EUでビジネスする企業は要注意
EUのAI規制法案、制裁金はEU最高レベル
EUが進めているAI規制案は、プライバシーや人間の行動を制約するAIの開発や利用を制限あるいは禁止する。違反には「全世界の売上高の6%」という制裁金が科される可能性もある。日本企業も注視する必要がある。(2021/6/17)

米下院司法委員会、GAFA規制の5法案を提出 企業分割や買収規制
16カ月にわたってGoogle、Apple、Facebook、Amazonを調査してきた米下院司法委員会が、これらのIT大手を規制する5本の法案を発表した。成立すれば、App Storeのルール見直しやGoogleによるYouTube売却を強いる可能性がある。(2021/6/12)

上院で法案が可決:
米政府、半導体のR&Dに520億ドル投入へ
2021年6月8日(米国時間)、米国上院が520億米ドルを国内の半導体研究/製造に割り当てるという画期的な法案を可決した。それにより、米国による半導体製造の“国内回帰”の取り組みへの焦点は下院へと移った。(2021/6/11)

ビットコインを法定通貨に採用 エルサルバドル、世界初
中米エルサルバドルの国会は8日、ビットコインを法定通貨として採用する法案を賛成多数で可決した。ビットコインが法定通貨として採用されるのは世界で初めて。90日後に法制化され、企業の商品やサービスへの支払い、納税に利用できるようになる。(2021/6/11)

ビットコイン急騰、中米エルサルバドルで法定通貨に 世界初
中米エルサルバドル議会は6月9日に、仮想通貨のビットコインを法定通貨とする法案を可決した。仮想通貨が法定通貨となるのは世界初だ。90日後に法制化される。(2021/6/10)

ラストチャンスかも?:
PR:便利な裏にもリスクあり 法律の要件緩和が進む「ペーパーレス化」の失敗しない対応法
ペーパーレス化を巡り、2022年に施行予定の改正電子帳簿保存法、23年に導入予定のインボイス制度を前にして、いよいよ「ラストチャンス」ともいえる状況となっている。さまざまな要件緩和が進む一方で、落とし穴も潜むペーパーレス化・デジタル化だが、どう対応すれば「失敗」しないのだろうか?(2021/6/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道と脱炭素 JR東日本とJR西日本の取り組み
2021年5月26日に参議院で可決した「地球温暖化対策推進法の改正法案」は、地球温暖化対策として、CO2など温室効果ガスの削減への取り組みを求めている。CO2削減では自動車業界の話題が突出しているが、鉄道業界はどのようにしていくつもりだろうか。(2021/6/4)

「暴力と搾取」「法律の罪深さ」描く問題作、『闇金ウシジマくん』作者の新作『九条の大罪』にみる共通点と主人公像
【抽選で1人に直筆色紙プレゼント】詳しくは記事末部をご確認ください。(2021/5/28)

ワクチン予約システムで話題の「SQLインジェクション」って何? 試すと法律違反? 専門家に聞く
「SQLインジェクションができる」と話題になった大規模接種センターの新型コロナワクチン接種予約システム。Twitterには実際に試すと犯罪になるという声もあったが、そもそもSQLインジェクションとは何で、実行すると本当に犯罪になるのか。専門家に聞いた。(2021/5/19)

ソフトバンクなど「空飛ぶ基地局」実現へ 太陽光発電動力に成層圏から広範囲に電波、法整備に課題も
ソフトバンクなどが「空飛ぶ基地局」実現に向けて研究を進めている。電波が届きにくい場所でも通信が可能になるといい、早ければ2023年度にも実用化される見通しだ。一方で、法律上の運用ルールが決まっておらず、政府による環境整備が欠かせないという。(2021/5/18)

デジタル改革関連6法案が成立 押印の廃止やデジタル庁設置など
菅義偉首相が看板政策に掲げるデジタル改革関連6法案が参院本会議で可決された。デジタル庁創設や押印の廃止などの社会整備などが盛り込まれている。(2021/5/13)

ネットの法律相談に駆け込む「転売ヤー」のリアルな悩み
弁護士がユーザーの質問に回答するオンラインサービス「みんなの法律相談」では、20年2月から21年1月にかけてマスクの転売に関する相談が相次いだ。「転売禁止前の販売は違法になるのか」といった投稿が目立ったという。(2021/5/7)

バーチャル株主総会の現在地(前編):
法案成立も間近! 完全バーチャル株主総会を開催するための「3つの要件」
上場会社がバーチャルオンリーで株主総会を開催できるように法改正が行われようとしている。現在開会中の通常国会に提出される見通しだ。開催するためには定款変更に加え、3つの要件を満たす必要がある。(2021/4/27)

テレワーカーの引き抜きにどう対抗するか【後編】
“テレワーク離職”を本気で防ぎたい企業がやるべきことは?
テレワーカーの競合への転職を防ぐ手段に「競業避止契約」がある。ただし米国ではこうした契約を禁止する法律が生まれ始めた。こうした中、企業が人材流出を防ぐためにやらなければならないことがある。それは何か。(2021/4/23)

法案の変更点をGitHubのように比較する「LawHub」、Twitterで注目も実は開発停止中
政府CIO補佐官のツイートをきっかけに法案の変更箇所をGitHubの差分形式で可視化するプロジェクトがTwitterで注目を集めている。変更箇所をカラーマーカーで表示する。(2021/4/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
平城京や自由が丘で「踏切除却」! 鉄道、街はどうなる?
2021年3月25日、奈良県、奈良市、近鉄が「平城宮遺跡内を通過する近鉄奈良線の移設」に合意した。また東京都目黒区自由が丘地区の都市再生計画が始動。改良したい踏切があっても、今までは国土交通大臣の指定を待つしかなかったが、4月1日から「踏切道改良促進法等の一部を改正する法律」が施行され、自治体側から提案できる。(2021/4/2)

Amazon、楽天、ヤフーなどが国の規制対象に 出店者向けの相談窓口も設置
経済産業省はアマゾンジャパンや楽天グループ、ヤフーなどを規制対象に指定し、各ECサイトの出店者向けに相談窓口を設置したと発表した。2月に施行したデジタルプラットフォームに関する法律に基づく取り組み。(2021/4/1)

コード決済事業者もクレカ番号管理義務 セキュリティ不安は和らぐか?
「割賦販売法の一部を改正する法律案」が閣議決定され、4月1日から施行される。この中では、多様化する決済技術に対応するため、大きく3つの改正が行なわれる。フィンテック関連のセキュリティ不安に対応できるか。(2021/3/31)

データの倫理的活用を考える【第2回】
「法律に違反しないデータ収集」なら何をしても許されるのか?
個人情報などのデータを収集する上でコンプライアンスは間違いなく重要だ。だが法律に違反しないデータ収集であれば問題は一切ないのか。データ保護やデータプライバシーをコンプライアンスと倫理の両面で考える。(2021/3/22)

プラスチックスプーンの有料化「賛成」が4割以上 その理由は?
「プラスチック資源循環促進法案」では、プラスチック製のスプーンやフォークの有料化が検討されているようだ。(2021/3/20)

縦割り打破図れるか 解散左右も デジタル法案審議入り
菅義偉首相肝いりのデジタル改革関連法案の審議が始まった。デジタル庁を司令塔に位置付けることで、各省庁の縦割りを打破し、前例主義を打ち破ることができるか注目される。一方、他省庁や地方の抵抗や個人情報への懸念など課題も多い。(2021/3/10)

建物の大規模修繕工事に対応できない会計学と税法(7):
【最終回】建物の長期使用「SDGs」を取り巻く、会計学と税法上の諸問題を解消する“価格構造メソッド”
本連載では、建物の大規模修繕工事で生じる会計学や税法上の問題点やその解決策を千葉商科大学 専任講師 土屋清人氏(租税訴訟学会 常任理事)が分かりやすくレクチャーする。最終回の第7回は、価格構造メソッドを取り巻く法律関係で押さえておきたいポイントを解説する。(2021/3/4)

対応方法・スケジュールを弁護士が解説:
3月1日施行、改正会社法 「取締役の報酬等の決定方針」の定め方と記載例
2021年3月1日から「会社法の一部を改正する法律」と、それに伴って公布された「会社法施行規則等の一部を改正する省令」が施行される。これにより、取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する方針を取締役会で決定することが義務付けられる。企業に求められる対応のスケジュールと、具体的な記載例とは?(2021/3/1)

オーストラリア、GoogleとFacebookの抗議を受け修正した記事使用料支払い法案可決
GoogleとFacebookが抗議していたオーストラリアの記事使用料支払い法案が可決された。両社の抗議を受け、多数の修正が加えられたが、「世界初の、メディア業界にプラスなマイルストーン」と財務長官は語った。(2021/2/25)

Facebook、オーストラリアでのニュース共有制限解除 法案修正で合意
オーストラリアの新法案に抗議して同国メディアのコンテンツ共有を制限していたFacebookが、政府との話し合いの結果、法案修正で合意し、共有を再開すると発表した。Googleもサービスを引き上げると警告した後、法案修正で合意している。(2021/2/23)

Facebook、オーストラリアでニュース共有制限へ メディアへの対価義務付け法案に抗議
Facebookはオーストラリアのニュースフィードでの記事共有を制限すると発表。プラットフォームに記事を掲載する企業にメディアへの対価支払いを義務付ける法案に抗議する目的だ。Googleは既に複数のメディアと契約済みだ。(2021/2/18)

スマートフォンのモバイル広告IDと位置情報データで個人は特定できる──New York Times
New York Timesが、匿名希望の情報源が持ち込んだスマートフォンの匿名化された位置データを広告IDデータベースと照合することで、簡単に個人を特定できたと報じた。現在、こうした個人の特定を禁じる法律はない。(2021/2/8)

Googleがサービス撤退をほのめかすオーストラリア政府にMicrosoftが「Bingを」とアピール
検索結果に記事のリンクやスニペットを表示するならメディアに対価を支払うよう求める法案でオーストラリア政府とGoogleが対立し、Googleがサービスの撤退をほのめかす中、Microsoftが自社の検索サービス「Bing」を政府にアピールした。(2021/2/4)

デジタルプラットフォーム取引透明化法、個人情報保護法など:
2021年、最低限押さえておきたいIT関連の法改正をまとめてチェック
IT業界で働いているなら最低限押さえておきたい2021年施行予定、審議予定の法律を紹介する。(2021/1/13)

中国の新法成立の影響は企業や研究機関にも、米国土安全保障省が警告
米国土安全保障省から中国で新しく制定された法律を念頭に、米国企業に対して中国企業が開発した機器やデータサービスを使うことのリスクを警告するアドバイザリが発行された。(2020/12/30)

欧州連合、IT大手を規制する2つの法案を発表 企業買収の事前通知や不適切投稿の迅速な削除を義務付け
欧州委員会は、IT企業を規制する2つの法案「デジタルサービス法」と「デジタル市場法」を発表した。Google、Facebook、Amazon、AppleなどのIT大手が対象になる。(2020/12/16)

「言葉で表せないほどの幸せ」 おのののか、塩浦慎理選手とのキスショット公開 神前式での白無垢姿も
11月22日放送の「行列のできる法律相談所」でも結婚について語っていました。(2020/11/23)

FlashArray//Mを活用
法律事務所がオールフラッシュにPure Storageを選んだ“決定的な理由”
法律事務所のCSKは、サーバ仮想化ソフトウェアを「Hyper-V」から「VMware vSphere」に移行すると同時に、データの可用性を高めるためにオールフラッシュストレージアレイを導入した。どの製品をどう選定したのか。(2020/11/11)

マイクロソフト デジタルトラストの実現に向けコンプラ分野のエコシステムを構築
日本マイクロソフトは、「Microsoft Digital Trust RegTech Alliance」を発足した。デジタルトラストに関するコンプライアンス分野の枠組みを構築する。法令順守に関して強みを持つパートナー企業と大手法律事務所などが参画する。(2020/10/28)

Facebook、アンチワクチン広告を世界的に禁止するポリシー変更
Facebookが、ワクチン接種を思いとどまらせる目的の広告を世界で拒否すると発表。誤情報を含まなくても目的が明確であれば拒否。ワクチンに関する法律に反対する広告は許可する。(2020/10/14)

Hamee、格安SIM向け「こどもスマホ保険」提供 SNSトラブルの相談も可能
Hameeは、18歳以下を対象とした「こどもスマホ保険」を販売開始。端末の故障や破損などに加え、SNSでのトラブル発生時に弁護士へ相談できる法律相談サービスがセットになっている。対象端末は格安SIM利用のスマホで、月額料金は470円。(2020/10/1)

SNSや課金のトラブルも弁護士に相談できる! 「こどもスマホ保険」の法律相談サービスが便利そう
いざというときに焦らずすみそう。(2020/9/30)

米司法省、「セクション230」改定案を議会に提出 プラットフォーマーによる検閲や見逃し規制強化目指す
米司法省が、Tiwtter、Facebook、Googleなどのオンラインプラットフォームがそのコンテンツについての責任回避を可能にしていた法律、いわゆる「セクション230」の改定案を議会に提出した。(2020/9/24)

「LINEで住民票」に国が“待った”→開発企業が国を提訴「イノベーションを阻害している」
LINEを使って住民票の写しを請求できるサービスについて、総務省が「法律上問題がある」などと自治体に利用しないよう通知したことは不当だとして、同サービスの開発・運営しているベンチャー企業が、総務省を提訴した。(2020/9/11)

窪塚洋介、“伊勢谷友介を擁護した”報道に反論 「皆でよってたかって石を投げ……」と世論には苦言も
窪塚さん「法律上、犯罪は犯罪なのでそこに異論はありません」。(2020/9/11)

Facebook、利用規約に「コンテンツを削除または制限」の条文を追加 豪の規制法案めぐり
プラットフォームでの記事表示対価支払いを義務付けるオーストラリア政府が策定中の法案に反対するFacebookが、グローバルな利用規約変更を発表た。Facebookは法的悪影響を回避するためにコンテンツを削除または制限できるという文言を追加する。(2020/9/3)

できること、できないこと:
改正電子帳簿保存法で、経理は本当にペーパーレス化できるのか
デジタル化の促進に関して、注目されている法律の改正がある。10月から施行される改正電子帳簿保存法だ。今回の改正によって何が変わるのか、実務上どのような影響があるのかをみていく。(2020/9/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。