ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マカオ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マカオ」に関する情報が集まったページです。

米IT大手、香港撤退シナリオ 「国安法」が駆逐圧力に
国家安全維持法が施行された香港で、米大手IT企業が対応に苦慮している。中国のネット検閲の目が香港にも及ぶ可能性があり、撤退も含めた検討を迫られている。専門家は「米IT企業の駆逐が目的かもしれない」との見方を示している。(2020/7/27)

ソフトバンクの清掃ロボ「Whiz」販売台数が1万台突破
ソフトバンクロボティクスのAI清掃ロボット「Whiz」の世界販売台数が累計1万台を超えた。(2020/7/1)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
米国との密な連絡、習近平主席の指導 〜数字で読み解く中国の新型コロナ白書(前編)
中国政府は6月7日、新型コロナウイルスの初の患者発生から封じ込めまでの取り組みを白書として公表。内容は、米国などの海外からの批判に対し、中国がいかに適切に対応したかをアピールしたもので、時期により5段階に分かれている。ここでは、2020年2月中旬までの最初の2段階を紹介する。(2020/6/18)

コロナ禍のカジノ事情「海外編」:
オンラインカジノに移行へ コロナ禍で存続の危機に立たされる世界のギャンブルビジネス
IRの中で多くの人が集まってゲームをするカジノは、新型コロナウイルスに感染しやすいといわれる密集集団を作りやすい。それだけに再開するにあたっては感染防止策がキーポイントになる。(2020/6/18)

コロナ禍のカジノ事情「国内編」:
汚職とコロナ禍で後ずれ カジノ誘致を再考すべき、これだけの理由
安倍晋三政権が鳴り物入りで誘致を目指していたカジノを含む統合型リゾート(IR)の実現が、コロナ危機の長期化により遠のきそうだ。(2020/6/12)

“取り戻す”最後のチャンス?:
新型コロナで露呈した米国製造業の弱点
新型コロナウイルス(COVID-19)は、米国製造業の脆弱性を露呈してしまったと、専門家は指摘する。“手遅れ”になる前に対処するには、どんな方法があるのか。(2020/5/29)

新型コロナがメモリ市場に与える影響【後編】
NAND型フラッシュの流通が新型コロナウイルスで滞る?
新型コロナウイルスの感染拡大でNAND型フラッシュメモリの需要が低迷すると専門家は予測する。各社が設備投資を積極化させてきた中で、NAND型フラッシュメモリの価格にはどのような影響があるのだろうか。(2020/4/21)

中国のiPhone出荷数、前月5倍の250万台に 中国市場の復活に期待
中国のiPhone需要が復活してきている。新型コロナウイルス感染症の影響下にある世界市場を復活させる要因となるか。(2020/4/15)

アリババ、約300人のビデオ会議が可能なスマホアプリ「DingTalk Lite」提供
アリババグループは、同社が提供するコミュニケーション・プラットフォームのライト版アプリ「DingTalk Lite」をリリース。300人以上が同時に参加できるビデオ会議機能、最大1000人が参加できる高精細ライブ配信機能、1対1のチャット機能などを利用できる。(2020/4/9)

新型コロナ、過去2カ月の感染状況を比較した
新型コロナウイルスの感染状況を視覚的に確認できる米ジョンズ・ホプキンス大学のWebサイトで過去2カ月の状況を比較した。(2020/3/28)

「スーパーメガリージョン」誕生の意義:
人口減少時代にリニアは本当に必要なのか?
国立社会保障・人口問題研究所によると30年後の2050年には1億人を割ると予測している。厚生労働省のデータによると1億人を下回るのは1966年以来だ。そうした状況下で東京と大阪を結ぶリニア中央新幹線は必要なのだろうか?(2020/3/28)

マカオの新型コロナウイルス関連最新情報の収集・公開をRPAで自動化
Automation Anywhereは、RPAを活用して新型コロナウイルス関連情報の収集と公開を自動化したマカオの事例を公開した。(2020/3/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新型コロナが“あの”外食チェーンを直撃 一方で松屋、スシロー、鳥貴族が順調なワケ
新型コロナウイルスの感染が広がる。外食チェーンへの影響はどうなっているのか。各社の最新動向を探った。(2020/3/10)

クルーズ市場最前線:
新型コロナで揺れる大型クルーズ船 そのとき「ダイヤモンド・プリンセス」にできたことを考える
「法的根拠」の視点で「ダイヤモンド・プリンセス」の対応を論じた前回に続き、今回は運用面から「そのとき何ができたのか」を見ていく。(2020/3/5)

初めて食べるのになつかしい“イーフー麺” TDSホテルミラコスタの広東料理ランチコース「カントニーズ・セレクション」実食レポート
本格広東料理を東京ディズニーシーで。(2020/2/18)

海外医療技術トレンド(55):
新型コロナウイルスに立ち向かう中国デジタル大手、今も生きる経済危機の経験
2020年に入ってから、中国湖北省の武漢市から拡大した新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の影響が世界的な注目を集めている。このような緊急時にITは何ができるのだろうか。中国の大手デジタルプラットフォーマーであるBATH(Baidu、Alibaba、Tencent、Huawei)を中心に取り組みを紹介する。(2020/2/14)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(24):
英語のコミュニケーションで最も苦労しているのは米国人!? 〜 英語によるUI
今回は、組み込み系エンジニアがものすごく苦労している「英語によるユーザーインタフェース(UI)やデザイン」を取り上げます。組み込み製品で、何かを英語で伝えるのは難しく見えますが、コツを押さえれば、意外に簡単です。このコラムで、「コミュニケーションの国際化」のコツを理解していただければうれしく思います。(2020/2/7)

クルーズ市場最前線:
新型コロナウイルス発生で激震のクルーズ業界 日本に寄港する各社の対応は?
日本発着クルーズを運航している客船会社に、現在実施している新型コロナウイルスをはじめとする感染症予防対策の聞き取り調査を実施した。(2020/2/5)

スピン経済の歩き方:
日本を混乱させた中国企業「500ドットコム」が、うさんくさく感じる3つの理由
共同通信が行った調査によると、IRの整備を「見直すべきだ」と回答した人がなんと70.6%にものぼったという。「カジノ汚職」を受けて、多くの国民はIRをうさんくさく感じているようだが、こうした動きの背景に何があるのか。筆者の窪田氏は、中国企業の存在を指摘していて……。(2020/1/14)

今注目の「IR」……日本に必要なのか? 外国のIRに勝てるのか?
増え続ける訪日外国人旅行者。それでもIRは必要?(2020/1/5)

OPPO INNO DAY 2019:
OPPOのスマホ工場を見て感じた「品質至上主義」/フラグシップストアで5Gを体感
OPPOの工場は、深センから車で40分ほどの広東省東莞市にある。今回公開されたのは、ハードウェアのテクノロジーを研究する「Hardware Engineering Lab」、マザーボードなどの基板を製造する「SMT Center」など。中に入って、「従業員の邪魔になるのでは?」と心配になるほどの距離で見せてもらえた。(2019/12/23)

組み込み開発ニュース:
中国が躍進する半導体国際学会「ISSCC 2020」、採択状況と注目論文を紹介
半導体回路に関する国際学会「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference)」は2019年11月19日、東京都内で記者会見を開催し、「ISSCC 2020」の概要と注目論文を紹介した。(2019/11/20)

浜田寿人の肖像【前編】:
ホリエモンプロデュースの「WAGYUMAFIA」 代表・浜田寿人が語る急成長の舞台裏――知られざる挫折、転落、苦悩
“和牛輸出王”浜田寿人の生き様を通して、最高級の和牛ブランドを世界に広めているWAGYUMAFIAのビジネスモデルに迫る――。設立からわずか3年で急成長を続けるWAGYUMAFIAは、国内では堀江の事業というイメージが強いかもしれない。だが、実質的にトータルプロデュースと海外戦略を担当しているのは浜田だ。前編ではWAGYUMAFIAの現状と、ソニー本社に最年少で入社後、映画会社を立ち上げるなど若くして起業家として活躍してきた浜田の“挫折”について聞いた。(2020/1/8)

新Apple Store旗艦店「Apple 丸の内」をマニア目線で内覧してきた
9月7日10時にオープンするApple 丸の内に潜入してじっくりチェックした。(2019/9/5)

バンナム、VR施設を中国にも展開 「エヴァVR」など設置へ
バンダイナムコアミューズメントは、中国のエンターテインメント企業とフランチャイズ契約を結び、中国・北京にVR施設「VR ZONE BEIJING」を2019年秋にオープンすると発表した。同社はVR施設の海外展開を進めているが、中国での展開は初。(2019/8/22)

ドコモ、dポイントクラブを海外ユーザーに拡大 独自の特典も
NTTドコモが、7月29日からdポイントクラブの会員基盤を訪日外国人や海外在住者に拡大する。海外のユーザーもdポイント加盟店でポイントを使えるようになる。海外ユーザー独自の特典も用意する。(2019/7/29)

auの「世界データ定額」で8月1日から無料キャンペーン 米国、韓国、台湾などが対象
KDDIは、8月1日からアメリカ、ハワイ、台湾、韓国、香港、マカオ、シンガポールなどで「Wi-Fiルーター不要!『ナツ旅・無料』キャンペーン」を開催。「世界データ定額」の1回980円/24時間の利用料金が、期間中は何度でも無料となる。(2019/7/17)

高さ233m。世界最高クラスのバンジーから飛ぶと、人間の身体はどうなるか?
細胞たちのブーイングに逆らう。(2019/5/11)

水曜インタビュー劇場(顔認証公演):
カジノの“監視ルーム”はどうなっているのか 潜入してみた
カジノに行くと、気になることがある。たくさん設置されている「監視カメラ」だ。不正を防止するために、または不正を暴くためにカメラを設置しているわけだが、膨大な映像はどのように分析しているのか。監視ルームに潜入したところ……。(2019/5/8)

AIアプリの開発を加速:
AIのトレーニング時間を60%以上短縮する新手法を開発、米大学
ノースカロライナ州立大学の研究チームが、ディープラーニングネットワークのトレーニング時間を、精度を損なうことなく60%以上短縮する「Adaptive Deep Reuse」という手法を開発した。(2019/4/17)

「ツムツム」に続くスマホゲーム、LINEとディズニーが今春配信
LINEがスマホゲーム「LINE:ディズニー トイカンパニー」を今春に公開。ディズニーと共同開発するゲームアプリは「ツムツム」に続く2作目。(2019/3/4)

auが「世界データ定額」の無料キャンペーン 2月22日から3月31日まで
KDDIが、「世界データ定額」の無料キャンペーンを実施。2019年2月22日から3月31日まで。期間中は、24時間あたり980円の料金が無料となる。(2019/2/4)

ふぉーんなハナシ:
復活の“L”――iPhone XS(日本版)で「プリペイドeSIM」を契約した話
NTTドコモを介して購入した「iPhone XS」のSIMロックを解除しました。せっかくなので、出張にかこつけて香港の大手キャリアがオンライン販売している「プリペイドeSIMカード」を買ってみました。(2019/1/8)

半径300メートルのIT:
海外旅行の新常識? iPhone XSの新機能「eSIM」を使ってみた
iPhone新機種「iPhone XS」に加わった「eSIM」は、オンライン契約さえすれば、海外のキャリアを使って通信できるという優れた機能です。その中身を、海外キャリアが提供するサービスを使って検証してみました。(2019/1/8)

ラスベガスより近場が人気:
日本にカジノができても5割以上は「遊びに行かない」 「日常になじまない」などの声
オンライン総合旅行サービス「エアトリ」はこのほど、カジノに関する調査結果を発表。日本にカジノができても5割以上は「遊びに行かない」と考えていることが分かった。(2018/12/6)

バラして見ずにはいられない:
5Gに向けた設計、異形のL字型バッテリー 分解して知る「iPhone XS/XS Max」の中身
「iPhone XS」と「iPhone XS Max」を分解。中身を見ると、前モデル「iPhone X」との違いも分かる。プロセッサ、バッテリー、基板、eSIMなどを中心に紹介する。(2018/11/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
すし屋「久兵衛」VS. ホテルオークラ 泥仕合の背後に“下剋上”への脅えと焦り
高級すし店「銀座 久兵衛」がホテルオークラともめている。背景にあるのは高級すし店とホテル業界の競争激化による地位低下だ。転落しようとしている両者が抱く焦りとは。(2018/11/20)

iPhone XR実機を鑑定 「コストダウンモデルだが性能は同等」の超細部チェック
MACお宝鑑定団らしく、他のレビュワーとは違う視点でのiPhone XRマニアックレビューをお届けしょう。(2018/10/26)

“いま”が分かるビジネス塾:
マカオ転職で給料4倍! このままでは日本の賃金が危ない!
今や日本はアジアの中でも賃金が安い国となりつつある。日本人が仕送りなどを目的にアジアに出稼ぎに行くようになる日はそう遠くないのかもしれない。(2018/10/23)

日本、ビザなしで渡航できる国が190カ国になり単独首位 パスポート界のブルーアイズへ
最強。(2018/10/10)

「スパムの送信」「フィッシングサイトのホスティング」の対策状況を採点:
企業のセキュリティレベルの定量化と公開は、セキュリティ向上につながるか――カナダの大学チームが研究
カナダのブリティッシュコロンビア大学ソウダービジネススクールは、サイバーセキュリティに関する研究チームの調査によって、1200社以上のアジア企業のセキュリティレベルを定量化できたと発表した。この調査の目的は企業のセキュリティレベルを公開することが、サイバー犯罪に対する防御につながるかどうかというもの。(2018/10/3)

ドコモの「パケットパック海外オプション」のパックプランが提供期間延長 2019年1月31日まで
NTTドコモが、国・地域・期間を限定して提供している「パケットパック海外オプション」のパックプランの提供期間を延長。対象の国・地域では、滞在期間に合わせてよりおトクに同オプションを使える。(2018/9/20)

新iPhoneのデュアルSIMは日本で使える? 中国・香港版iPhone XS Max、XRを買って失うもの
中国、香港、マカオで販売されるiPhone XS MaxとXRの「デュアル SIM」運用について、Appleが情報を公開している。(2018/9/15)

Apple「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」を開始
一部iPhone 8のロジックボードに欠陥があることが判明。交換プログラムが開始された(2018/9/3)

熱視線:
カジノ運営権獲得に向け、海外企業が大阪でPR夏の陣
人口270万人を抱える大阪市は、カジノを設置する日本初の大都市になるとみられている。(2018/8/24)

2017年は9.44%増:
マカオに行く人が今年も来年も増える、2つの理由
ここ数年、日本からマカオに足を運ぶ人が増えている。その理由は何か。取材を進めていくと、マカオ政府観光局の担当者は「今年も来年も増える」と予測する。強気の姿勢を見せる背景に、何があるのかというと……。(2018/8/15)

海外渡航時のデータ通信 何がおトク?(大手キャリア編)
夏休みで海外渡航が増えるこの時期、気になるのが海外での通信手段。とりわけSNSを使うならデータ通信をどうするかは悩みどころだ。この記事では、大手キャリアのおトクな海外データ通信サービスを紹介する。【訂正】(2018/8/8)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
「ローミングサービス」「貼るSIM」「クラウドSIMスマホ」でより便利になる海外データ通信
以前は「高い」と言われていた海外でのデータ通信サービスも、だいぶ価格がこなれてきました。今回のモバイルデータ通信活用術では、ドコモの「パケットパック海外オプション」のキャンペーンや、H.I.S.モバイルの「変なSIM」、uCloudlinkの「クラウドSIMスマホ」をチェックしていきます。(2018/7/13)

地域・期間限定キャンペーン:
ドコモ「パケットパック海外オプション」にパックプランが登場 「1時間」「複数日」の利用がおトクに
NTTドコモの海外パケット定額サービス「パケットパック海外オプション」を手軽に利用できるキャンペーンを国・地域・期間限定で実施する。1時間だけ使えるプランや複数日プランを用意する。(2018/6/29)

VAIO、香港・台湾などでPC販売へ 「ブランドへの期待値が高い」
VAIOが、香港や台湾などで、PCの販売を順次始める。アジア地域でPCを販売するNexstgoと協業する。(2018/6/4)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。