ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「相場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「相場」に関する情報が集まったページです。

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車を売るビジネスの本質 マツダの戦略
原理原則に戻ると自動車ビジネスもシンプルだ。商品とサービスに魅力があれば、新車を正価、つまり値引きせずに売れるから中古車の相場が上がり、その結果下取り価格が高いので、買い替え時により高いクルマが売れる。これが理想的サイクルだ。それを実現した例として、マツダの取り組みを歴史をひもといてみよう。(2019/7/8)

「池袋まで30分以内」カップル向け中古マンション、物件相場が安い駅は? 1位は「西浦和」
池袋に出られる利便性。(2019/6/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
今時のゲーミングPC、予算感は15万〜30万円が標準的?
最近のアキバでは、ゲーミングPCを一式組むのに「本体で20万円、周辺機器込みで25万円」なんて話も耳にする。数年前の「10万円でもまぁOK」という時代から相場観が大きく変わっている……?(2019/4/22)

資産運用で挫折しそうなときに“激励” AIが読み取るユーザーの心理とは?
資産運用の王道は、長期・分散・積立だが、この「長期」が難しい。相場が下がれば不安になるし、上がれば利益を確定したくなるのが人の心理だからだ。長期投資できないという資産運用の最大の落とし穴を、AIがサポートする研究をウェルスナビが東大松尾研究室と進めている。(2019/4/11)

実は商標登録できる!? 新元号「令和」 条件次第で可能性あり
 日本中が注目した新元号が「令和」に決まった。新時代への希望を込めた称号に列島は歓迎ムードに包まれ、1日午前の東京株式市場は「ご祝儀相場」で大幅に値上がりした。改元関連商戦も盛り上がるなか、元号の商標登録はできないといわれるが、実は条件次第で登録できる可能性があることが分かった。(2019/4/3)

8月までには……:
「ビットコイン、19年中に強気相場に戻る」 著名アナリストが解説
2019年は仮想通貨相場にとって復調の年になるだろう。強気筋として知られる米投資調査会社Fundstrat Global Advisorsの共同創設者であるトーマス・リー氏が指摘。米CNBCに出演し、その理由を解説した。(2019/3/18)

国内年金勢の買い期待が根強く:
日経平均は反落、終値は2万円台維持、年間ではアベノミクス相場で初の下落
大納会の東京株式市場で日経平均は小反落した。不安定な米国株に対する警戒感から売りが先行。国内6連休を前にしたポジション調整の売りに押されたが、国内年金勢の買い期待が根強く、終値は2万円台を維持した。(2018/12/28)

BinanceのCEOも強気:
2019年の仮想通貨相場はどうなる? PwCがポジティブな見通しを発表
2018年は仮想通貨にとって波乱の年だったに違いない。低迷した市況環境のまま年末を迎えることになりそうだ。2019年の仮想通貨相場はどうなる?(2018/12/26)

その他主要仮想通貨も上昇:
ビットコイン、2週間ぶりに4100ドル台まで回復 ショートポジション解消の動きが要因か
ビットコイン価格は12月20日、およそ2週間ぶりに4100ドルを上回る水準まで回復。その他主要仮想通貨も軒並み上昇傾向となっており、仮想通貨相場全体が上向いた。(2018/12/21)

それでも大手は楽観的:
相場下落の影響か 仮想通貨・ブロックチェーン関連企業でリストラの動き
米ブロックチェーンスタートアップ企業Steemitは先月、およそ7割の社員を解雇することを発表。仮想通貨市場が予想以上に落ち込みなどが理由だという。(2018/12/20)

低調な中国の指標も重しに:
大幅反落、下げ幅400円超 先物売りで崩れる
東京株式市場で日経平均は大幅に反落した。世界景気に対する先行き懸念が相場の重しとなる中、海外短期筋とみられる先物売りに押され、下げ幅は440円を超えた。(2018/12/14)

下げ幅は一時150円を超え:
日経平均は続落、TOPIX1年半ぶり安値 外部環境への懸念で
東京株式市場で日経平均は続落した。前日の米国株高を支えに買いが先行したが、英国のEU(欧州連合)離脱を巡る動きなど、不透明な外部環境が相場の重しとなった。下げ幅は一時150円を超え、2万1000円に接近する場面があった。TOPIXは年初来安値を更新。取引時間中としては2017年6月以来、1年半ぶりの安値を付けた。(2018/12/11)

いつ回復基調に戻るのか:
なぜ“ビリオネア投資家”は仮想通貨に対していまだにポジティブなのか?
ビットコインを含むその他主要仮想通貨が弱気相場からなかなか抜け出せないでいる中、資産家でもある著名投資家たちは仮想通貨に対して、長期的な視点からいまだにポジティブであるという。(2018/12/10)

売り圧力強まる:
ビットコイン、1500ドルまで下落する可能性も Bloombergのアナリストが指摘
ビットコイン相場が再び下落基調に傾き始めた。12月6日には3600ドル台まで値を下げている。(2018/12/6)

中国ではマイニング機材を大量売却?:
たった2週間で60〜80万の仮想通貨マイナーが廃業か 相場低調で赤字に?
大手仮想通貨マイニング企業F2poolの調査によると、11月中旬からおよそ2週間の間に60〜80万人のビットコインマイナーが閉鎖したという。マイナーが多い中国ではマイニング機材を大量に売却する写真が話題となっている。(2018/11/27)

新指標「NVT」など:
ビットコイン価格、19年後半から上昇トレンドに突入? 著名アナリストが予測
著名仮想通貨アナリストのウィリー・ウー氏は、ビットコイン価格は2019年の第2四半期に底を打つと予測。ウー氏が開発した指標はビットコインと一般的な仮想通貨の短期的な弱気相場トレンドを示しているという。(2018/11/19)

緑豊かな街:
新宿まで30分圏内なのに「家賃が安い駅」は? 1位は4.8万円の……
新宿まで30分以内にアクセスでき、かつ家賃相場が安い駅は? 不動産ポータルサイト「SUUMO」を運営するリクルート住まいカンパニーが調査した結果、2位は小田急線の「生田駅」で4.9万円。1位は4.8万円の……(2018/11/8)

世界同時株安:
日経平均、米株価が暴落 仮想通貨市場に影響はあるのか?
世界の株式相場が荒れており、警戒感が高まっている。仮想通貨市場に影響はあるのか?(2018/10/26)

引越し費用を安くするには? 相場、おすすめ時期などまとめ
おトクに引越しできる時期、プランなどをご紹介します。(2018/8/22)

金利差拡大など:
ドル独歩高いつまで続く、相場動かす「5つの要因」
米国の成長見通しにはいくらか不透明感が漂うが、ドルはまだもう少し上昇を続けるかもしれない。(2018/8/1)

足立区が多くランクイン:
東京23区内で「家賃が安い駅」ランキング 1位は都営三田線の……?
東京23区内で家賃相場が安い“穴場”の駅は?――リクルート住まいカンパニー調べ。(2018/7/25)

非常に混沌とした状態:
ビットコイン、再び弱気相場に 「次の心理的節目は5000ドル」
ビットコインが再び下落に転じた。7月10日、ノーベル経済学賞を受賞した経済学者ジョセフ・スティグリッツ氏が仮想通貨に対する否定的な見解を示したことなどを受け、6700ドル台で推移していた価格は一時6300ドル台まで値を下げたようだ。(2018/7/11)

「IKEA」「ららぽーと」がある、あの駅:
東京駅から30分圏内で「家賃が安い駅」ランキング 1位は……?
東京駅から電車で30分以内にアクセスでき、かつ家賃相場が安い駅は?(2018/7/5)

相場操縦などの不公正取引をAIが調査――カブドットコム証券、売買審査業務にAI「Hitachi AI Technology/H」を導入
カブドットコム証券は「見せ玉」などの相場操縦取引を見つける売買審査管理業務に「Hitachi AI Technology/H」を導入し、売買審査の高度化と審査効率の向上に取り組む。(2018/7/3)

ICO投資は控えるべき:
ビットコイン、ついに6000ドルを下回る マウントゴックスは民事再生手続き開始
ビットコインは6月22日に6000ドルを下回った。ただ、米CNBCに出演した米投資機関Brian Kelly Capitalのブライアン・ケリーCEO(最高経営責任者)は、1年前の水準が2500ドル前後だったことを考えれば、今の弱気相場はビットコインの終わりを意味するものではないと語った。(2018/6/25)

足元は下落相場だが:
ビットコインは保有し続けるべき ブロックチェーン投資家が指摘
ブロックチェーンの投資家スペンサー・ボガート氏は足元の下落相場に関わらず「ビットコインは保有し続けるべきだ」と、5月25日に米CNBCのインタビューで語った。(2018/5/28)

1月には「バブル」と指摘:
ソロス氏のファンドが仮想通貨参入か 主要仮想通貨が軒並み上昇
先週は主要な仮想通貨が軒並み上昇した。相場を押し上げた要因について様々な見方がある中、その1つとして、仮想通貨ブームを「典型的なバブル」と評した著名投資家のジョージ・ソロス氏の創設したファンドが仮想通貨市場に参入すると伝わったことがある。(2018/4/17)

「イ良い日ン マ」「イセンスドス デ」 暗号みたいな名前のSDカードがAmazonに 怪しすぎてじわじわくる
相場よりも圧倒的に安いのがまた怪しい。(2018/4/13)

日本取引所、売買審査にAIを導入 不公正取引を監視・防止――NECと日立のAIを活用
日本取引所グループ(JPX)は、相場操縦行為などの不公正取引を監視・防止する売買審査にAIを導入した。日本取引所自主規制法人の売買審査業務にNECの「RAPID機械学習」を、東京証券取引所に日立の「Hitachi AI Technology/H」を活用。売買審査業務の効率化、精緻化を図る。(2018/3/20)

コインチェックがNEMの保有者に対する補償方針について発表 約460億円を日本円で全額補償
相場変動で返済額は減っています(2018/1/28)

「探偵の世界、完全実力主義ですよ」 探偵ってどんな仕事してるの? 調査料の相場から尾行の仕方まで、ホントのところを聞いてきた(前編)
調査料、1週間で数百万……?(2017/11/20)

「AI外貨予測」提供開始:
銀行なのに“面白さ”追求 じぶん銀行の狙いとは
じぶん銀行は、人工知能(AI)が為替相場の変動を予測するサービス「AI外貨予測」の提供を開始。外貨預金を始めるきっかけを提供する。客に親しみや関心を持ってもらうためのコンテンツの1つにする狙いもある。(2017/7/25)

常見陽平のサラリーマン研究所:
あなたの給料は本当に妥当か
給料の相場を知ることは有益だ。あなたはもっと稼げる人間なのかもしれない。「世の中お金じゃない」と言う人もいるが、まず現実を知った上で、何を大切に生きるのかを自分に問い直すべきだ。損をしないために。(2017/7/14)

じぶん銀行、為替相場を予測する「AI外貨予測」提供開始
じぶん銀行は人工知能が外国為替相場を分析し、将来の為替相場変動を予測するサポートツール「AI外貨予測」を提供開始。「じぶん銀行スマートフォンアプリ」で利用できる。(2017/6/28)

流出情報を有料で提供、ハッキング集団Shadow Brokersが6月から“会員募集”
暴露情報がWannaCryにも利用されたハッキング集団「Shadow Brokers」が「月例サービス」の展開を予告。仮想通貨で100 Zcash(現在の相場で約260万円)を6月1日〜30日の間に送金するよう促している。(2017/6/1)

製造マネジメントニュース:
トヨタの米国生産能力は限界、トランプ政権の影響は見通し困難
トヨタ自動車が2017年3月期(2016年度)の第3四半期(4〜12月)決算を発表した。連結販売台数は北米をはじめとする各市場で好調で、為替相場が円安に振れることにより通期では利益面も改善する見通しだ。ただ、米国のトランプ政権の影響を見通すのは難しいとしている。(2017/2/7)

電力供給サービス:
自由化に反する東京電力の相場操縦、市場価格を5カ月間つり上げ
東京電力グループで小売事業を担う東京電力エナジーパートナーが、市場取引で相場操縦に該当する行為を5カ月間も繰り返していた。市場で売買する電力の売り入札価格を自社の小売原価と一致させる方法によって、価格を不当につり上げていたことが国の監視委員会の調査で明らかになった。(2016/11/21)

ドル円相場、104円台の円高水準に 14年9月ぶり
6月16日、日銀金融政策決定会合の結果を受け、ドル円相場が104円台の円高となった。日経平均先物と日経平均は大幅に下落した。(2016/6/16)

インシデント調査に欠かせないログ管理、製品の相場観は?
サイバー攻撃や内部不正などの調査ではログが手掛かりになるため、ログ管理製品の導入が注目を集める。製品形態ごとの実装パターンや価格などをIPAが取りまとめた。(2016/6/9)

安い物件があるのはどこ? 山手線の内側ランキング
「安い家賃で、なるだけ便利に住みたい」と思っている人も多いだろう。山手線の内側(山手線を含む)と東京23区内で家賃相場の安い駅を調べたところ……。オウチーノ調べ。(2016/5/19)

週末アキバ特価リポート:
為替よりフラッシュ相場――960ギガSSDが2万6000円割れ
円高の影響はいまだ軽微だが、フラッシュ系の値下がりは今週も続いている。パトリオットのSSD「BLAST」シリーズが先週よりもさらにやすくなった。(2016/3/5)

週末アキバ特価リポート:
HDDがお安く……円高の影響が少しだけ出る
円高になると大半が輸入商品であるPCパーツの値段は安くなる。ここ最近の為替相場の影響は少しずつ自作PC街にも現れているようだ。(2016/2/13)

週刊「調査のチカラ」:
読書は「紙」が9割
「読書の秋」にまつわる調査から人口減社会への関心、“闇経済”の相場観まで、さまざまなトピックに関する調査をピックアップ。(2015/11/7)

「週刊ダイヤモンド」が「ベクトルが作成したステマの“相場表”」を掲載→ベクトルが抗議文を発表する
ベクトルはダイヤモンド社に対し「法的措置を含め検討する」とも。(2015/11/2)

週末アキバ特価リポート:
大容量SSDとHDD、ショップ間の競争でじわじわ安く
ここ最近は円相場の変動があまりないが、3TバイトHDDや240Gバイト超のSSDなどの週末特価の最安値がじわじわ下がり、同価格帯の選択肢も増えてきている。お得なのは確かだ。(2015/10/24)

「この街の家賃相場は?」に一瞬で答えてくれるApple Watchアプリ『HOME’S』
ふと訪れた街の何気ない風景を見たとき、急にそこで暮らしたくなったことはありませんか? そんな気持ちを後押ししてくれるアプリをご紹介します。(2015/7/18)

28の専門紙・業界紙が読める「デジタル新聞ダイレクト」のiOSアプリが登場
アプリのリリースにより、新たに「住宅産業新聞」「日本醸界新聞」の提供も開始。3月には「日刊産業新聞(相場データカット版)」を配信予定。(2015/2/20)

闇市場で売買される情報と攻撃ツールのお値段
サイバー犯罪が“活況”を呈している背景には、闇市場での経済圏の拡大があるという。盗み取られた情報の相場や攻撃に使われる有償サービスなどの実態はどのようなものか――。(2014/12/15)

藤田正美の時事日想:
プーチンの「不満の冬」が始まる――日本はロシアからエネルギーを買うべきか否か?
原油価格が下がっている。今年前半1バレル=100ドル超えだったWTI価格は、最近では70ドルを切る日もあるほど。原油相場の下落に頭を悩ませているロシアのプーチン大統領にとって、今年の冬は厳しいものになりそうだ。(2014/12/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
円安によるPCパーツの値上がり、アキバで本格化
先週から続く急激な円安により、PCパーツの値上がりが始まっている。ここ最近の円相場に慣れた感のあるアキバ界隈でも「さすがに今回の影響は大きすぎる」との声が聞かれた。(2014/11/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。