ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マーケティングメッセージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

訪日インバウンド復活を後押し:
Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し、日本の観光業界支援も視野に入れる。また、パーソナライズされたサービスなど、日本市場向けの取り組みも行う。(2024/2/24)

会社の「古臭いロゴ」を変えたら、何が起きたのか あるSaaS企業の事例
うちの会社のロゴって正直、ダサいんだよなあ──そんなふうに感じたことはないだろうか。あるSaaS企業では“古臭いロゴ”の変更とリブランディングを合わせて進めた結果、思いがけない結果につながったという。(2024/2/7)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
顧客との出会いを生むタッチポイントの見つけ方、増やし方
より良いユーザー体験を生み出すためには、さまざまなタッチポイントで適切なコミュニケーションを図る必要があります。それをどう探し、どう活用していくのか、考えてみましょう。(2023/12/28)

株式会社Gerson Lehrman Group提供ホワイトペーパー:
PR:有識者インタビュー実践術「有識者インタビューガイド」の作り方
有識者インタビューの有用性を認識している人は増えているものの、まだその方法が良く分からず、上手に活用できていない人が多いのも実情だ。本ガイドでは、「顧客ニーズの理解」や「機会の評価」などの方法を、具体例を挙げて紹介する。(2023/12/14)

Marketing Dive:
崖っぷちブランドが生まれ変わるために下した「他社のマーケティング戦略に追随しない」という決断
再起を図る米老舗百貨店が、包括性とコミュニティーを重視する新たな「Make It Count(今を大切に)」というブランドメッセージを届けるために大きな投資をしている。同キャンペーンの手法は他社のやり方とは一線を画するものだと、責任者は語る。(2023/9/28)

株式会社Gerson Lehrman Group提供ホワイトペーパー:
PR:顧客の真のニーズや悩みを引き出す、効果的な「VOC調査」を実践するポイント
顧客が何を望み、何を必要としているのかを理解する上で、もっとも有効な手段の1つが「ボイスオブカスタマー(VOC)調査」だ。VOCとは何か、調査の重要性や課題を確認しながら、効果的で実用的な調査を行うポイントを解説する。(2023/9/7)

サイバー攻撃の侵害が日常になった今、欠かせない“検知と対応”:
PR:次にどんな攻撃が来るか分からないのになぜAIを使わないのか 有識者が勧めるセキュリティ自動化
サイバー攻撃は業種や業態、企業規模に関係なく、ある日突然やってくる。担当者は懸命にセキュリティ対策をしている。ただ、「国家が主導するような大規模なサイバー攻撃の被害に遭うかもしれない」と本気で考える人は多くないだろう。だが、そうした事態はすでに人ごとではなくなっている。(2023/8/24)

全4種:
なぜ、ちゃんぽん麺をコッペパンで挟んだの? リンガーハット、実験販売の狙い
長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」を展開するリンガーハット。一部店舗で実験的にコッペパン(テークアウトのみ)の販売を開始した。どういった狙いがあるのか同社の担当者に聞いた。(2023/7/16)

意欲的な取り組み:
ハンズ新宿店、6月29日リニューアルオープン “推し活”グッズ注力のワケ
6月29日にハンズ新宿店(東京都渋谷区)がリニューアルオープンする。フラグシップとして意欲的な取り組みをいくつか展開している。その一つに“推し活”グッズ売り場がある(2023/6/28)

独自のPB商品:
どうしてそんな名前に? 「誰も傷つけたくないスポンジ」ウエルシアが考えた理由
ウエルシア薬局が自社のPB商品にユニークな名前をつけている。「誰も傷つけたくないスポンジ」はSNSで話題になった。その背景は?(2023/5/28)

「店舗のメディア化」の先:
ユニクロ柳井正と佐藤可士和が10年以上議論 たどり着いた「ロードサイド店の答え」
グローバルでの展開も視野に入れた「UNIQLO LOGO STORE」が誕生した背景には、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏と佐藤可士和氏が、ロードサイド店舗の課題について10年以上議論してきた経緯がある。「UNIQLO LOGO STORE」の戦略を読み解く。(2023/5/16)

明日からできる:
攻めのコンタクトセンターになるには? 最初の一歩は「三方良し」の思想
コンタクトセンターにおける課題は、さまざまあるが、明日からできることは何か。デジタルシフトために、あえてデジタルという枠から離れることが大事で……。(2023/3/22)

LIXIL若手社員×SF作家・人間六度さん/柞刈湯葉さん:
SF小説を使った議論は“脳を刺激”した――LIXILが「SFプロトタイピング」で見つけたアイデアと希望
SFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」を実施したLIXILの若手社員を取材。新規事業の開発に携わる社員は、SF小説を使った議論が“脳を刺激”したと話します。(2023/3/13)

「CDP」選択のための5つのステップ【第2回】
CDPは顧客理解の“手段”であって“目的”ではない 「用途」を見極めるには?
そもそも何のために「CDP」(顧客データプラットフォーム)ツールを導入するのか。選定前にはまず「今」そして「将来」において、どのような目的を達成したいのかを明確にすべきだ。そのために考えるべきこととは。(2023/2/23)

石野純也のMobile Eye:
他社比較で浮かび上がる「d払い/dポイント」の課題 ドコモが推し進める改革とは
dポイント、d払い、iD、dカードといった、各種決済・ポイントサービスを抱えているNTTドコモだが、一体感に欠けていた。競合他社を見ると、サービス連携をしつつ、各サービスの機能面はもちろん、マーケティングにも横ぐしを刺しているケースが多い。同社はカンパニー制度を導入して、機動力を高める方針を打ち出した。(2023/1/21)

Marketing Dive:
一人勝ちの「リテールメディア」にブランドが意外と不満な理由
リテールメディアの存在感が増している。だが一方で、ブランドのリテールメディアに対する不満や不安も高まっているようだ。(2022/12/21)

Snapdragon Summit 2022:
Qualcommが「Snapdragon 8 Gen 2」のお披露目で“メッセージ”を変えた理由
Qualcommは毎年、「Snapdragon Tech Summit」と銘打ったイベントを実施してきたが、2022年はイベント名が「Snapdragon Summit」に変更された。メッセージも変わってきており、ユーザー体験を重視したものになった。コロナ禍の中でQualcommに起きた大きな変化の1つは、その主力製品のブランディング強化にあった。(2022/12/12)

2018年から推進:
このままでは手遅れになる――知られざるDX先進県・愛媛 突き動かしたのは知事の“ある危機感”
デジタルトランスフォーメーション研究所が21年に発表した調査によると、8割の自治体が「DXに未着手」と回答しており、自治体のDXは遅々として進んでいないのが現状だ。こうした中、愛媛県はコロナ禍前の2018年からDX施策を推進している、知られざるDX先進県であるのをご存じだろうか。(2022/11/17)

デジタルモノづくり:
超小型衛星の開発を単一プラットフォームで、ジェネレーティブデザインや金属3Dプリンタも活用
オートデスクは、同社ソリューションやソディックの金属3Dプリンタを活用したモノづくりの先進事例として、日本大学理工学部 航空宇宙工学科が研究開発を進めている超小型衛星「CubeSat」および小型衛星トレーニングキット「HEPTA-Sat」の取り組みを紹介するプレスツアーを開催した。(2022/11/8)

PR:新宿駅東口の3D広告で、ナゾの女の子がかわいいダンスと歌を披露 「ヒリヒリ、ジンジン♪」 その正体は?
あなたのことも心配してくれているかも。(2022/11/1)

LINE、独自の日本語フォント開発 無料でダウンロード可能 商用利用もOK
LINEは、日本語のコーポレートフォント「LINE Seed JP」を開発したと発表した。同社のWebサイトから無料でダウンロードでき、フォントの有料販売以外の商用利用が可能という。(2022/10/25)

「理由を問わない短時間勤務制度」も導入:
LIFULL、希望者に対して「週休3日」を試験導入 給与・賞与はキープ? 減額?
LIFULL(ライフル)が、週休3日制度と理由を問わない短時間勤務制度の試験導入を発表した。期間は2023年3月31日まで。気になるのが、給与や賞与の扱いだが、どうするのか。(2022/10/3)

Marketing Dive:
「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨してきた両ブランドだが、それぞれに失敗も経験している。(2022/8/10)

Marketing Dive:
コカ・コーラ vs. ペプシ マーケティング視点で振り返る「コーラ戦争」の歴史
20世紀以前からライバル関係にあるCoca-ColaとPepsi。両社のマーケティングにおける競争は、社会の変化に伴い形を変えながら続いている。(2022/8/8)

Marketing Dive:
ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、両ブランドはZ世代の共感を呼ぶための努力を惜しまない。もちろんデジタル空間でも精力的にその存在感をアピールする。次なる戦いの場はメタバースか。(2022/7/6)

プロダクト主導型組織の作り方:
マーケティングとカスタマーサクセス、エンジニアリングをどうつなぐ?
プロダクト主導型組織に「サイロ化」はありません。「共通のデータ」「共通言語」「共通の成功の定義」をハブに各部門はどう連携するのでしょうか。(2022/6/10)

「売って終わり」から「もう一度」に:
花王、マスマーケティングからの脱却狙う 新部署設置1年で見えてきた「課題」とは
化粧品・日用品などに多くのブランドを擁する花王は、2021年1月に大規模な組織改編を実施、DX戦略推進センターを新設した。同センターの目的は、デジタルデータを活用したカスタマーサクセスの実現だ。顧客を成功体験に導く花王の手法、そして見えてきた課題とは?(2022/6/13)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
Box JapanのFY22は“絶好調”、ホワイトボードや電子署名で日本市場に注力
BoxはFY23の戦略説明会を開催し、そのなかで、「ワークスタイルの変化」「デジタルファーストへの移行」「サイバーセキュリティ対策」の3つのトレンドに応じた、今後の方向性を示す各種アップデートを示した。新機能では、2022年1月に施行した電帳法に対応する電子署名やテレワークが浸透したことを受けたクラウド上での仮想ホワイトボードなどを搭載する。(2022/6/7)

ドン・キホーテ、7インチのウルトラモバイルPCを発売、3万2780円 調べ物などの需要に対応
ドン・キホーテは、「NANOTE」のシリーズ第3弾となる、7インチのウルトラモバイルPC「NANOTE NEXT(ナノート ネクスト)」を販売することを発表した。 日常で調べ物をしたいときなどの需要に答える。(2022/4/8)

大王製紙が生理用品を無償提供する「奨学ナプキン」をスタート 生理用品の入手に困っている学生1000人を対象に
ひとりひとりの生理に寄り添うプロジェクト「meet my elis」の一環です。(2022/4/7)

arrows先生が聞く:
PR:10周年を迎えた「arrows」ってどんなスマホ? これからどうなる? FCNTの“中の人”が語る
2021年、FCNTのスマートフォン「arrows」が誕生から10周年を迎えました。折しも、arrowsスマホを開発/製造する富士通コネクテッドテクノロジーズも「FCNT株式会社」に社名を変更し、新たなスタートを切りました。この記念すべきタイミングで、伝説の「arrows先生」がarrowsの過去、これから、そして未来について話を聞きました。(2022/3/17)

Marketing Dive:
Amazonが広告事業でも“そろそろ本気出す” FacebookとGoogleの2強が青ざめる理由
Amazonの広告サービスは、第4四半期に97億ドルの収益を上げ、前年比で32%の増収になった。広告サービスの収益が独立したセグメントとして発表されるのは初めてのことだ。(2022/3/4)

ヤフーの検索ビッグデータの使い道 AWS消費財事業のキーパーソンが説く「商売のタネ」の見つけ方
サードパーティーデータが使えない中で、オンラインマーケティングの品質を高めるにはどんな方法が考えられるだろうか。検索ビッグデータを公開するヤフーは、個人情報を提供しない一方でさまざまな消費者ペルソナの嗜好や行動を探るヒントとなるデータを公開している。これらのデータはどう稼ぐ力に反映させればいいのか。ヒントを紹介する。(2022/3/8)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第6回】
アンダーアーマーが実践する“売ろうとせず、買いたくさせる”CX設計
直接的に購入を促すだけでなく、さまざまなメッセージでブランドの魅力を伝えることが、結果としてより強く顧客の関心を呼ぶことがある。こうしたエンゲージメントの深化に挑むアンダーアーマーから学ぶべきことは。(2022/2/17)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第4回】
Apple Storeが「ショールーミング」の場に 愛されるブランドのCX設計とは?
製品確認の場として実店舗を使う「ショールーミング」。その機会を積極的に提供しようとしているのがAppleだ。デジタルチャネルと実店舗を巧みに生かす、同社のマルチチャネルマーケティングの実態を探る。(2022/1/21)

PR:高品質PCの秘密は沖縄と米子 マウスコンピューターが24時間365日サポートに注力する理由
(2022/1/5)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第1回】
一流ブランドが実践する「マルチチャネルマーケティング」の鉄則
効果的なマルチチャネルマーケティングを実践している企業は、ブランドリーチとメッセージング、一貫性、エンゲージメント、体験を重視している。重要なのはそれを顧客が好む手段で提供することだ。その具体策とは。(2021/12/24)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ユニリーバ島田氏(前編):
人事部で「揉めに揉めた」──履歴書の顔写真・性別欄を廃止したユニリーバ島田氏に聞く、人事が“果たすべき役割”
ユニリーバ・ジャパンは、2020年春より、採用時の履歴書から顔写真・性別・ファーストネームの欄を削除した。この施策は、どのようにして生まれ、導入されたのか。また、導入をリードした島田由香氏が考える、「人事のあるべき姿」とは何か。(2021/12/22)

Social Media Today:
「Pinterest」アクティブユーザー1000万人減 どうしてこうなった?
Pinterestの使用状況について見てみると、MAU(月間アクティブユーザー)の総数は第3四半期に4億4400万に減少し、直前の報告期間から1000万減少した。もっとも、困難な市場状況にもかかわらず、同社の収益は安定している。(2021/12/17)

小寺信良のIT大作戦:
「今日の仕事は、楽しみですか」品川駅広告炎上、3つの地獄を解き明かす
「ディストピアだ」「仕事は楽しみじゃなきゃいけないのか」といった批判を浴びた広告への反発と対応を小寺信良さんが分析する。(2021/10/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
「今日の仕事は、楽しみですか」が炎上 なぜこの広告が世に出たのか
品川駅に表示された「今日の仕事は、楽しみですか。」という広告が炎上した。それにしても、なぜこの文言が世に出たのか。宣伝とブランディングを理解していなくて……。(2021/10/12)

「今日の仕事は楽しみですか。」――「ディストピア」「心を折りにくる」と批判集めた品川駅の広告が終了、広告主は謝罪
広告主は「当駅利用者の方々への配慮に欠く表現となっておりましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪しています。(2021/10/5)

現場で使える行動経済学【後編】:
明日から使える! 行動経済学をマーケティングに生かす「4つの類型」
行動経済学を自社のマーケティングに活用するために、押さえておくべきポイントを紹介する。数多くある行動経済学の理論の「4つの類型」とは? 効力が薄れてしまう使い方を避けるにはどうしたらいいのか?(2021/8/20)

健康意識の高まりに対応:
ちゃんぽん専門店から野菜を食べる店に リンガーハット、新商品の「彩り野菜のちゃんぽん」で戦略転換
リンガーハットが新戦略を打ち出した。今後は野菜中心のメニュー展開を行う。第1弾として「彩り野菜のちゃんぽん」と「彩り野菜の皿うどん」を8月13日に発売する。(2021/8/12)

本田哲也氏×池田紀行氏 対談【前編】:
これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティングの第一人者として知られるトライバルメディアハウス代表の池田紀行氏が「ナラティブ」を語り尽くす。(2021/8/5)

TENGAロケット、ついに機体が完成 1000人の思いを載せて今夏いよいよ宇宙へ
宇宙用TENGA開発のためのデータ収集も行われる予定とのこと。(2021/6/30)

「TENGAロケット」真っ赤な機体が初公開 「宇宙用TENGA」開発のデータ収集に活用 ホリエモンも協力
TENGA社と堀江貴文氏が立ち上げた宇宙ベンチャー・ISTが「TENGAロケット」の機体を初公開。「宇宙用TENGA」開発に向けてデータを集める。打ち上げは今夏を予定。(2021/6/30)

「J:COM MOBILE」で8月から5Gサービス提供 料金据え置き、SIM交換不要
ジュピターテレコムが、2021年8月25日からMVNOサービス「J:COM MOBILE」で5Gサービスを提供する。月額料金は据え置きで、SIMの交換も不要で利用できる。5G対応端末として、シャープ製の「AQUOS sense5G」を投入する。(2021/6/10)

コンテンツの作成から破棄までを一元管理 Boxがセキュリティ機能をアップデート
クラウド化が進みファイル共有システムのニーズはますます高まっている。そんな中、Boxがセキュリティ機能の強化を発表した。コンテンツの作成から破棄までのライフサイクルを一元管理する仕組みとは。(2021/5/31)

医療機関のリアルタイムCX【後編】
医療機関が患者に“本当の満足”をもたらす「リアルタイムCX」の具体策
医療機関にとって「リアルタイムCX」の実現は高いハードルだが、今からでも少しずつ始められることはある。何をすればよいのか。具体例を挙げながら、実現に向けて取り組むべきアクションを説明する。(2021/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。