ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マーケットプレイス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マーケットプレイス」に関する情報が集まったページです。

キズナアイが公式NFT 3Dコラボモデルを200個限定で販売
バーチャルYouTuberのキズナアイさんが、公式NFTを販売する。クリプトアートプロジェクト「Metaani」とコラボした3Dモデルを18日から200個限定、0.3ETH(約12万円)で販売する。(2021/9/16)

特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(3):
NTT東日本が明かす、未経験者も使うクラウド技術者育成用AWSハンズオン環境のコスト管理ポイント
社内でのクラウド活用が加速する他、DX案件の中でクラウドサービスを利用するケースが増えるNTT東日本。クラウド技術者の育成が急務となり、育成の場として選ばれたのはAWS上に構築されたハンズオン環境だった。しかし、従量課金モデルの場合、管理を少しでも怠れば、高額な料金が請求されるリスクがある――運用管理者に光を当てるオンラインイベント「Cloud Operator Days Tokyo 2021」の同社による講演では、AWS活用におけるコスト管理のポイントが明かされた。(2021/9/7)

国内のNFTマーケットに攻撃 一部のNFT作品が流出か 運営は補填を発表
国内のNFTマーケットプレース「nanakusa」が、スマートコントラクトへの攻撃を受けたと発表。一部のNFT作品が外部に流出した可能性があるという。nanakusaはその後、ユーザーへの補填を発表している。(2021/9/3)

バンダイナムコ、ZHD、bitFlyer、NFTゲームのダブルジャンプに出資 NFT領域で協業
「My Crypto Heroes」など大規模なブロックチェーンゲームの開発運営を手掛けるdoublejump.tokyo(東京都新宿区。以下DJT)が、国内大手各社からの出資を受け、NFT事業を加速する。(2021/9/3)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
colab-sshを使って、VS CodeからGoogle Colabに接続してみよう
Google Colab上のノートブックにcolab-sshモジュールをインストールして、そこへVS CodeからSSH接続する方法を紹介します。(2021/9/3)

Snowflakeで何ができる? 基礎情報解説(1):
Snowflakeは何がすごくて何ができるのか ITアーキテクトが見た技術的特性と可能性
近年データ活用基盤を語る際、話題に上ることが増えたソリューションの1つにSnowflakeが挙げられます。単なるクラウドDWHではない先進的な設計思想やデータ処理の特徴に加え、既存の企業情報システムの課題解消にどう生かせるかを見ていきます。(2021/9/10)

金融サービス用APIのマーケットプレースが10月にオープン NTTデータが非営利で運営
NTTデータが、金融サービスに活用できるAPIのマーケットプレース「API gallery」を10月にオープンする。家計簿アプリを提供する事業者や自治体の利用を見込む。サービスは非営利で運営する。(2021/8/31)

楽天、来春NFTに参入 コンテンツホルダーがNFT発行できる「Rakuten NFT」提供へ
NFTの総合サービス「Rakuten NFT」が来春開始へ。企業がNFTを販売し、ユーザーが購入したり、個人間で売買したりできる。(2021/8/31)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
高級ブランドの分岐点 EC時代、攻めるグッチと守りのシャネル
コロナ禍で、ECの市場が急速に拡大している。EC化には最も遠いと思われていたハイブランドファッションも、「EC化をどう捉えるか」の分岐点に立たされている。グッチ、ルイ・ヴィトン、シャネルなど、各ブランドの戦略の違いとは?(2021/8/30)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
ColabCodeを使って、Google Colabの上でVS Codeを使ってみよう
Google Colab上でVS Codeを動かす幾つかの方法のうち、ColabCodeというモジュールを使ってお手軽にこれを実現する手順を紹介します。(2021/8/27)

FAニュース:
産業用IoTプラットフォームに対応した軸受診断アプリケーションを開発
NTNは、産業用IoTプラットフォーム「Edgecross」に対応した軸受診断アプリケーションを開発し、無料体験版の提供を開始した。軸受近傍に設置された振動センサーのデータを収集し、軸受の異常を診断する。(2021/8/20)

GMO熊谷社長に直撃 NFT市場「アダム」は、コンテンツホルダーの“天地創造”を目指す
GMOインターネットは、NFTのマーケットプレイス「Adam byGMO」(アダム)を8月にスタートする。アダムでは、NFTを販売するだけでなく、二次流通の仕組みを用意し、その際にコンテンツクリエイターにも収益の一部が分配される仕組みを取るという。どんな世界を目指しているのか。GMOインターネットのGMOインターネットの熊谷正寿社長に聞いた。(2021/8/13)

三木谷氏、楽天の通信プラットフォーム事業は「2022年には利益が出る」と自信
楽天グループが8月5日、Open RANインフラに関わるプロダクトやサービスを集約した事業組織「Rakuten Symphony」を発表。通信事業者や企業とともに、コスト効率の高い通信プラットフォームの提供を目指す。三木谷氏は「楽天モバイル」の事業で仮想化ネットワークのノウハウがたまったことを強調する。(2021/8/5)

Amazon、マーケットプレイスの返品や売れ残りを再活用する2つのプログラム
6月に英国で売れ残り商品を大量に破壊していると報じられたAmazonが、マーケットプレイスの返品や売れ残りを再活用するためのプログラムを発表した。販売業者はAmazonを介して売れ残りや返品を第三者に売却したり、Amazon上で中古品として再販したりできる。(2021/8/5)

電子契約:
加速が進む不動産・住宅業界へのインフォマートの電子契約サービス、“インボイス制度”にも対応
インフォマートは2018年7月より、電子契約のサービス「BtoBプラットフォーム契約書」をリリース、これまで約3年間で2万6200社(2021年7月12日時点)が利用するまでに達した。これはコロナ禍を機に急速に拡大した在宅勤務の推進を背景に、「脱ハンコ」「脱FAX」が後押ししたためと考えられる。今後は2021年5月に可決されたデジタル関連法案により、特に慣習的に押印の多い不動産業業界でも、電子契約書へのシフト加速がさらに進むと予想される。また、経理分野でも、2023年10月導入予定の国税庁「インボイス制度」への対応として、企業間取引の電子化は避けられないものとなっている。(2021/8/2)

高級時計の人気ランキング、SEIKOが世界4位に大幅上昇 1位は?
高級時計専門マーケットプレイスを展開するChrono24(ドイツ)は、運営するChrono24サイトでの2021年上半期(1月1日〜6月27日)の商品購入をリクエストした数、および時計の売り上げに関するランキングと傾向を発表した。(2021/7/30)

サービス間のデータ連携が容易に
AWSとSalesforceが関係を強化 ユーザーやパートナーのメリットとは?
AWSとSalesforceは両社の提携関係を強化し、両社のサービス間のデータ連携を容易にする他、新しいノーコード/ローコード開発ツールを共同開発する。こうした施策はユーザー企業やパートナーにどう役に立つのか。(2021/7/29)

Amazonと反トラスト法【後編】
Amazonはなぜ訴えられたのか? 問題視された「最恵国待遇」(MFN)の意味
「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業に対する訴訟が続く中、その一社であるAmazon.comが反トラスト法違反の疑いで提訴された。同社の何が問題だったのか。(2021/7/21)

eBay、出品者は日本語で問い合わせ可能に メールでやりとり
イーベイ・ジャパンが、出品者からの質問に日本語で答える問い合わせ窓口を設置した。eBayに商品を出品するユーザーは今後、取引の不明点や海外への発送方法、トラブルへの対応などを日本語で質問できる。(2021/7/13)

人気の「生ジョッキ缶」再登場 一部ネット通販では相場の倍に
アサヒビールは13日、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を再発売した。人気の商品だけに一部ECサイトでは割高な値付けの商品も見られる。(2021/7/13)

Snowflakeとは? 次世代DWHを超えたData Cloud構想と国内展開の現在
著名なDBエンジニアらが結集して作られた「Snowflake」は、今まで「次世代DWH」と呼ばれることが多かったが、マルチクラウドに対応し、クラウドネイティブなデータ交換基盤としての特徴も備えつつある。Data Cloud構想と国内展開の状況は。(2021/7/12)

Twitterの集計データを一部無償で提供 DataRobotとNTTデータがパートナー契約
DataRobotは、NTTデータとデータパートナー契約を締結し、Twitterの集計データサンプルの提供を開始した。消費者トレンドの把握に向けソーシャルメディアのデータ活用の需要が高まる中、Twitterの集計データサンプルを一部無償で提供する。(2021/7/12)

【バーティカルSaaS】 調剤薬局のDX化を進めるカケハシ 成長スピード1年で3倍の3つの要因
調剤薬局のDX化を猛烈に推し進めるスタートアップがある。薬歴システム「Musubi」を提供するバーティカルSaaS企業、カケハシだ。導入した薬局から熱烈な支持を受け「1年で3倍の売上成長」というスピードで躍進を遂げるカケハシの戦略はどのようなものだろうか。(2021/7/7)

スタートアップ企業と組込型金融に注力 第二創業うたうGMOあおぞら銀の新戦略
創業から4年目を迎えたGMOあおぞらネット銀行が、第二の創業を打ち出した。7月6日に行った事業戦略発表会では、従来の戦略を転換し、起業直後のスモール&スタートアップ企業へのフォーカスと、組込型金融に注力することを掲げた。(2021/7/6)

クラウド型データ連携基盤「HULFT Square」が提案する「EL+T」型は今後の主流になるか
さまざまなベンダーがデータ連携、データ交換の基盤を提案しつつあるが、セゾン情報が新たなデータ連携基盤を提案する。「もはや顧客はバリューチェーンの終端ではない」との前提に立った設計になっているという。(2021/6/24)

人工知能ニュース:
ソラコムのAIカメラに高機能版、ソニーの「IMX500」採用でリアルタイム性を向上
ソラコムは、AIカメラ「S+ Camera Basic(サープラスカメラベーシック)」にソニーセミコンダクタソリューションズのインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」を組み込んだ高性能モデル「S+ Camera Basic Smart Edition」を開発したと発表した。(2021/6/23)

Qlikが従業員のデータ活用に向けた5つの学習プログラム「Data Literacy 2.0」を発表
Qlikは、データ活用能力を促進するデータリテラシープログラム「Data Literacy 2.0」を発表した。Data Literacy 2.0は、5つのプログラムで構成され、データリテラシーに関する20種類以上の講義でデータ活用を学習できる。(2021/6/22)

アマゾン、不正商品管理に不備 名誉毀損やわいせつ物頒布の疑い
電子商取引(EC)大手のアマゾンジャパン(東京)のECサイトで、女性芸能人への名誉毀損(きそん)やわいせつ物頒布などの疑いがある不正な商品が多数販売されていることが20日、分かった。一部の出店者による不正商品の販売に対するアマゾンの管理に不備がある形で、アマゾン自体の責任が問われる可能性もある。政府もアマゾンに聴取するなどの検討に入った。(2021/6/21)

三井住友海上、自社のデータ基盤に「Teradata Vantage on AWS」を採用
三井住友海上火災保険は、同社の全社データ基盤に「Teradata Vantage on AWS」を採用した。分散したデータを一元化し、AIによる顧客ニーズの予測分析や、保険商品の保険料率の検証、マーケティングなどに活用する。(2021/6/18)

SKE48「おでかけNFTトレカ」、Coincheck NFT(β版)で全20種限定販売
コインチェックが提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」は「SKE48」とコラボレーションしたデジタルトレーディングカード「NFTトレカ」の取り扱いを開始した。(2021/6/17)

GMO熊谷社長、「NFT」取引所の開設を宣言 坂本龍一や村上龍も参加
「NFTはデジタルコンテンツの流通革命だ」——。NFTのマーケットプレイス「Adam byGMO」の提供を進めるGMOインターネット(GMO)の熊谷正寿社長は、NFTへの期待をこのように話した。デジタルコンテンツの二次流通の場を整備し、コンテンツホルダーが正当な対価を得られる世界を目指す。(2021/6/16)

Snowflakeがマーケットプレースの機能拡充と顧客支援プログラムを発表
Snowflakeは、「Snowflakeデータマーケットプレース」に2つの新機能を追加する。併せて、データクラウドの機能拡充やパートナーネットワークプログラム「Powered by Snowflake」を開始する。(2021/6/10)

NFTアートの価値とは? 知られざる3つのメリット
最近巷でNFTアートが人気を集めています。NFTアートとは何なのか(あるいはそもそもNFTとは何なのか)、この人気の理由は何なのか、今後どのようなことが起こりうるのか見ていきたいと思います。(2021/6/4)

【Amazonプライムデー】Amazonギフト券5000円以上購入で500円クーポンプレゼント 電子メール・封筒タイプなど対象
プライムデー限定のギフト券キャンペーン。(2021/6/3)

将来のクラウド活用を見越すなら何が必要?:
PR:「クラウド移行が進めば課題も変わる」 課題解決の鍵を握るのは“データ管理”?
既存システムをそのままクラウドに移行する「リフト&シフト」。有識者は「移行の段階によって変化する課題それぞれに対策が必要だ」とリフト&シフトの課題を指摘する。(2021/5/31)

「Visual Studio Marketplace」があるのに「Open VSX Registry」が必要な訳
無料の人気エディタ「Visual Studio Code」の拡張機能が抱える“厄介な問題”
「Visual Studio Code」用拡張機能を提供するマーケットプレース「Visual Studio Marketplace」。オープンソースの「Open VSX Registry」はその代替を目指すという。Visual Studio Marketplaceだけでは駄目なのか。(2021/5/31)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【後編】
COBOLも使える無料エディタ「Visual Studio Code」 M1搭載Macでも利用可能に
Microsoftが無償提供するオープンソースのソースコードエディタ「Visual Studio Code」は、利用可能なプログラミング言語や動作可能なデバイスを拡充させている。現状を整理しよう。(2021/5/16)

脱・紙が多様性の高い組織づくりに:
日本企業は「紙依存症」? 花王グループが試した紙削減と業務ロケーションフリーの効能
社内の紙の業務をなくすのと違い、全国の取引先からの注文や受発注のデジタル化となると関係者との合意形成が難しい。グループ全体のシェアードサービスセンターが取り組む業務改革は経営課題にも大きな効果をもたらした。(2021/5/13)

温泉地の地域活性化、「温泉むすめ」とNFTで 暗号通貨活用も
観光業や温泉地の活性化にNFTや暗号通貨を活用するため、NFTマーケットプレースを運営するスマートアプリは、「温泉むすめ」プロジェクトを展開するエンバウンドなど3社と提携する。(2021/5/12)

有名ダンサーの3Dモーションが売買可能に 動画をAI解析して著作権管理も
マイクロエンタテインメントは世界トップダンサーの3Dダンスモーションを取引できるマーケットプレース「GESREC」の正式版を公開した。モーションをデジタル資産化して販売し、世界中の誰でも購入が可能となる。(2021/5/12)

eBayでもNFTの売買が可能に
eBayが、NFT(Non-Fungible Token、代替不可能なトークン)の取り扱いを開始した。対象はデジタルトレカ、画像、音楽など。将来的には暗号通貨での支払いも可能になりそうだ。(2021/5/12)

もしAmazonが建設業界に進出したら【前編】
“破壊者”Amazon、次の標的は建設業界か 「Alexa」「Key」が参入の布石?
Amazon.comが建設業界への参入を狙っているとの見方がある。その根拠として専門家は、同社が「Alexa」「Key by Amazon」などのIoT関連製品やサービスに力を入れていることを挙げる。どういうことなのか。(2021/5/10)

Spotify、Podcastの有料サブスクサービス発表 手数料2年間無料(Appleは1年目30%徴収)
SpotifyがPodcastの有料サブスクサービスの開始を発表した。2023年までは手数料無料で、その後は5%。傘下のAnchorのツールでエピソードを簡単に有料化できる。(2021/4/28)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(12)ブロックチェーン(6):
「バンクシーの絵を焼き、NFT化する」という狂気
「ブロックチェーン」シリーズの最終回となる今回は、ここ数カ月話題になっている「NFT(Non-Fungible Token)」を取り上げます。バンクシーの絵画焼却という衝撃的(?)な出来事をきっかけに広がったバズワード「NFT」。これは一体、何なのでしょうか。いろいろと調べて考察した結果、「バンクシーの絵画を焼いた奴はバカ」という結論に達した経緯とともに解説します。(2021/4/27)

Epic Games、PCゲームストアで「Spotify」など一般アプリを販売
米Epic Gamesが、「Epic Games Store」で、ゲーム以外のアプリの販売を始めた。まずは「Spotify」など6種類を配信。順次アプリを追加する。(2021/4/23)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「えっ、この絵が1億円?」……今更聞けないNFTバブルのヤバい裏側
世はまさにNFTバブルだ。トップ画像を飾るこのアヒルのイラスト「perfection」は、WAVESという暗号資産のブロックチェーン上でちょうど100万ドル、日本円にしてなんと1億円以上の価値で落札された代物である。(2021/4/23)

DXを遅らせがちな開発の課題も意識:
VMware Cloudはマルチクラウドの「壁」を壊すか 開発と運用、両面の機能に迫る
企業の間で多様なクラウドの導入が進む中、分散しがちな環境の運用や新たなアプリケーション開発の課題を意識した「VMware Cloud」が発表された。開発の迅速化や運用の効率化をはじめとしたニーズにどう応えるというのか。(2021/4/16)

トーハンとメディアドゥ、NFTの「デジタル付録」を書店で展開へ
トーハンとメディアドゥは4月12日、NFTを活用した「デジタル付録」のサービスを開始すると発表した。紙の書籍に限定版デジタル付録をNFTとして付与し、書店で販売することを想定する。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館と施策を検討中。(2021/4/12)

「Amazonから身に覚えのない注文メールが来たけど注文履歴がない」 注文履歴を“非表示”にする不正利用に注意
似たような不正利用に遭ったという報告も複数。(2021/4/9)

GMOインターネット、NFT事業参入「アダム byGMO」
GMOインターネットグループは4月9日、NFT事業に参入し、NFTの売買が行えるマーケットプレイス「アダム byGMO」を提供すると発表した。アートや楽曲、著名アーティストによる希少性の高いコンテンツを用意するほか、ウォレットの提供も行う。提供予定日は未定としている。(2021/4/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。