ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マーケットプレイス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マーケットプレイス」に関する情報が集まったページです。

Shopify、ブラックフライデー・サイバーマンデーの流通総額が51億ドルに 日本は前年比4倍以上
Shopifyを利用する全世界の事業者が参加したセール「ブラックフライデー・サイバーマンデー」の流通総額が51億ドルを超えた。日本でも流通総額が前年比4.47倍に増加した。(2020/12/4)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
楽天の国内年間流通額の2倍、「独身の日」を支えるアリババの最新技術
中国最大のECセール「独身の日」で、アリババのECサイトは今年4982億元(約7兆7200億円)の取引額を記録。楽天の国内年間取引額の2倍に相当する注文・決済・配送需要が2〜3週間に集中する同セールを乗り越えるために、さまざまな技術がアップデートされてきた。ここでは、2020年のセールを支えた最新技術を紹介する。(2020/12/3)

Amazon.comのホリデーショッピングは過去最高 販売業者の売上高は48億ドル超
Amazonが、ホリデーショッピングの売上高が過去最高だったと発表(例によって売上高は公表せず)。巣ごもり需要で新しいEcho Dotやオバマ前大統領の著書などが売れた。マーケットプレイスの小売業者の売上高は48億ドルだったと数字を示した。(2020/12/2)

「as a Service企業」にトランスフォームするDell「Project APEX」で何が変わるか
Dellはサーバやストレージなどのハードウェアを売る企業ではなくなるのかもしれない。「as a Service企業」にトランスフォームするDellが推進するProject APEXとは。(2020/11/24)

盛岡市、市庁の業務効率化に向けクラウド型RPAプラットフォームを採用
盛岡市は、RPAクラウド「Automation Anywhere Enterprise」を導入し、届け出書の入力や通知書の作成、出力などの定型業務を自動化して業務効率化を図った。今後、適用業務を拡大し、市民サービスの向上や政策業務の充実を目指す。(2020/11/20)

イエスを殺したのは誰だ! キリスト新聞社が“推薦”する新作ゲームが「まさかの禁書」
禁書の理由は察してください。(2020/11/17)

IBM Cloud Pak for Dataが金融や小売り業界特化のAI用アセットを公開 業務自動化に向けた機能強化も
IBMは、「IBM Cloud Pak for Data」と「IBM Cloud Pak for Automation」に新機能を追加した。業界特化の新機能や「フェデレーテッドラーニング」機能を提供する。(2020/11/17)

相次ぐPS5の高額出品、100台で900万円も 「出品禁止は考えていない」「権利者からの申し立てがあれば削除も検討」──メルカリに対応方針を聞く【訂正あり】
PS5の高額出品がECサイト「メルカリ」で相次ぎ、ネット上で批判が集まっている。こうした現状をメルカリ側はどう見ているのか、担当者に取材した。(2020/11/13)

PS5、発売前から高額転売 メルカリやヤフオク!に出品多数
10万円以上での出品も多数。(2020/11/11)

EU、Amazon.comを独禁法で新たに正式調査
EUが米Amazon.comが米Amazon.comがオンライン小売りプラットフォームでの支配的な立場を悪用し、小売り市場の公正な競争を阻害しているとしてに異議告知書を送り、新たな正式調査も開始した。(2020/11/11)

【特集】物流Techのいま(2):
日通が採用し、ソニーや安川電機が出資、日本郵便が共創を模索する「プラットフォーマー」は物流の何を変えるのか
物流Techを語る際、直近で最も具体的な実装が進む分野の一つが倉庫オペレーションの最適化だ。EUに技術的な源流を持つ物流Tech企業が日本国内で注目を集める。ソニーや安川電機などから出資を受け、経営メンバーにはIT業界の大物も名を連ねる。注目される理由はそのビジネスモデルにある。大手企業との協働を続々と仕掛ける企業を取材した。(2020/11/11)

ビジネスインテリジェンスから「アクティブインテリジェンス」へ:
QlikのCEOが語る「SaaS主義」「データ主義」「顧客主義」
Qlik Technology CEOのマイク・カポネ氏が、最新の「アクティブインテリジェンス」戦略を明らかにした。(2020/11/6)

Microsoft Focus:
Azureは今度こそAWSの牙城を崩せるのか? 2021年、日本マイクロソフトのクラウド戦略を解説しよう
2021年度をスタートさせた日本マイクロソフトは、DXの「一丁目一番地」にクラウド戦略を据える。これまでのAzure戦略を超える形でユーザーやパートナー向け施策を強化するだけでなく、Windows ServerやLinuxからの移行も見据えるという同社の新たな取り組みとは。(2020/10/30)

製造業に必要なDX戦略とは(2):
製造業のDXでも必須となるプラットフォーム戦略、その利点とは?
製造業でも「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に注目が集まる中、本連載では、このDXに製造業がどのように取り組めばよいか、その戦略について分かりやすく紹介している。第2回の今回は「プラットフォーム戦略」について紹介する。(2020/10/12)

うがい薬の転売で初の逮捕者 Amazonマーケットプレイスで無許可販売 店頭価格の5倍以上で
新型コロナ対策としてうがい薬を無許可で販売したとして岡山市内の男性が逮捕された。Amazonマーケットプレイスで店頭価格の5倍以上の価格で転売していた。(2020/10/21)

自社開発なしでLINE APIを使える、企業アプリ向け「LINEマーケットプレイス」開設
ユーザー企業向けにLINE APIと接続できるアプリを提供する。既に19アプリの提供を開始し、今後の拡張予定も明らかにした。(2020/10/16)

Zoom、有料ライブイベント開催支援の「OnZoom」とアプリ統合機能「Zapps」を発表
Zoomが、ウェビナーなどの有料ライブイベントのチケット販売が可能な「OnZoom」と、SlackやDropboxなどのサードパーティー製アプリをWeb会議から離れずに開ける機能「Zapps」を発表した。(2020/10/15)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
進まぬ大企業のデジタル化、均衡が壊れた今こそ変革のとき――早稲田大学ビジネススクール 根来教授
デジタル化によって、既存企業の多くがビジネスモデルの変化を強いられている。しかし、デジタル化は時に既存ビジネスとの矛盾を生み、共食いをも余儀なくするケースがある。制約を抱えた既存企業はデジタル化にどう対応すればよいのか。(2020/10/13)

アドフラウドだけじゃない:
モバイルアプリの収益とユーザー体験を損ねる「bot」の脅威にどう立ち向かう?
ゲームとEコマースを中心に、アプリ内botの被害が深刻化しようとしています。アプリを使ってサービスを展開する企業にとって重要なのは、アプリ内bot不正の仕組みと影響、そしてbotに勝つ方法を正しく理解することです。(2020/10/16)

FAニュース:
ファナック、富士通、NTT Comの3社、工作機械業界のDXを加速させる新会社設立
富士通とファナック、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)の3社は2020年10月7日、工作機械業界をはじめとした製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)用のクラウドサービスを提供する新会社「DUCNET(ディーユーシーネット)」を2020年11月に設立すると発表した。(2020/10/8)

唯一無二のアイテムをデジタル化 NFTとは何か?
ビットコインのように数えられるものではなく、唯一無二ものものをブロックチェーン上で取り扱うNFTが、盛り上がりつつある。NFTとはどのようなものでどんな例があり、どんな可能性があるのだろうか?(2020/10/8)

米下院司法小委員会、「GAFAは分割すべき」 調査報告書公開
Google、Apple、Facebook、Amazonについて約16カ月にわたって調査してきた米議会下院の独禁法小委員会が、長大な報告書を公開した。デジタル市場での健全な競争を回復させるため、4社はそれぞれ分割し、企業買収についても規制を強化すべきと提案している。(2020/10/7)

VMworld 2020:
VMwareがNVIDIAと、AIおよびSmartNICで統合ソリューションを開発
VMwareとNVIDIAがVMworld 2020で、AIおよびSmartNICに関する提携を発表した。両社は統合ソリューションを開発し、推進する。最終的な目的は、開発者がインフラを自由に使える環境を作ることだという。(2020/9/30)

VMworld 2020:
VMwareがSaltStackを買収、マルチクラウドではKubernetes、マーケットプレイス、統合管理に注力
VMwareはVMworld 2020でSaltStackの買収、Kubernetes製品群の展開、統合管理サービス、統合マーケットプレイスなど、マルチクラウドに関するさまざまな発表を行った。VMwareにおけるマルチクラウドは、サーバ仮想化基盤だけの話ではなくなっている。(2020/9/30)

VMworld 2020:
VMwareがデータセンター用EDR、SASE、ゼロトラストなどセキュリティで多数の発表、Menlo SecurityやZscalerと提携
VMwareが年次イベント「VMworld 2020」で、データセンターアプリケーション用EDR、ゼロトラストネットワークアクセス、SASEなど、セキュリティ関連の製品やソリューションを多数発表した。Menlo SecurityやZscalerとの提携も注目される。(2020/9/30)

VMworld 2020:
VMware、ESXi(の一部)をSmartNICに載せる「Project Monterey」を発表
VMwareが、同社のサーバ仮想化技術ESXiで、「SmartNIC」と呼ばれるネットワークアダプタとの統合を進めるプロジェクトを、SmartNICやサーバのベンダーと開始したと発表した、I/O高速化を超えた機能を実現する。(2020/9/30)

MaaS向けに各種APIを提供する「MONETマーケットプレイス」正式オープン
MONET Technologiesは、MaaSのシステム開発に活用できるAPIを提供する「MONETマーケットプレイス」を正式オープン。一般企業が利用できるようになった他、APIを提供する企業を募集する。(2020/9/28)

トヨタとソフトバンクの「モネ」、MaaS用APIを提供するマケプレ公開 API提供企業募集
トヨタ自動車とソフトバンクが設立したモビリティー企業MONETは、企業や自治体が、MaaSのシステム開発に活用できるさまざまなAPIを提供する「MONETマーケットプレイス」を正式オープンした。(2020/9/28)

Amazonの“転売ヤー”をブラックリスト化するツール、開発者に経緯や狙いを聞いた
Amazonマーケットプレイスの“転売ヤー”をブラックリスト化するツールがネット上で話題に。開発者に経緯や狙いなどを聞いた。(2020/9/24)

PS5予約開始も高額出品続出、中には50万円の出品 Twitterでは怒りの声 ソニー「高額出品やめて」
ソニーの次世代ゲーム機「PlayStation 5」の予約が始まったが、Amazonのマーケットプレイスでは50万円という高額出品も。これに対し、Twitter上では怒りの声が上がっている。(2020/9/18)

PS5、いよいよ予約開始もAmazonでは瞬殺 → さっそく高額販売も現れ地獄絵図に 他のストアは抽選販売メインで大きな混乱なし
量販店の抽選販売が頼みの綱か……。【追記あり】(2020/9/18)

Weekly Memo:
中小企業のDXは「SaaS」だけで実現できる――セールスフォースの新施策が示す可能性
企業のITにクラウドサービスが使われるようになってきた中で、特に中小企業においてはSaaSで全てカバーできるのではないか。筆者はかねてそう思ってきたが、セールスフォースの新施策を聞いて、その意を一層強くした。どういうことか、解説しよう。(2020/9/14)

マインクラフトで利用できるNFT、コインチェックが自社マーケットプレイスで取り扱い目指す
コインチェックは9月9日、2020年度内のサービス開始を予定している「NFTマーケットプレイス」にて、人気ゲーム「マインクラフト」で利用できるNFTの取り扱いを目指すと発表した。シンガポールのEnjin Pteと連携し、同社の「Enjin Platform」を通じて発行されたマインクラフト向けNFTを扱う。(2020/9/9)

今日のリサーチ:
メルカリと博報堂生活総合研究所の共同調査で判明 「ESG」などフリマアプリが生み出す経済+αの価値
博報堂生活総合研究所 上席研究員の酒井崇匡氏とメルカリジャパンCEOの田面木宏尚氏によるパネルディスカッション「フリマアプリが生み出す消費の対流と循環型社会」のハイライトをお届けします。(2020/9/3)

今日のリサーチ:
フリマアプリの取引、約半数に世代間の「おさがり」「逆おさがり」構造――メルカリと博報堂生活総合研究所調査
フリマアプリの利用層は年齢や性別を越えて拡大し続けています。そうした中でどのような取引構造が生まれ、どのようにモノが循環しているのでしょうか。(2020/9/1)

悪質業者の思う壺:
「サクラ」レビューに騙されないために
通販サイトには、悪徳業者が跋扈している。彼らは「サクラ」レビューを大量生産するなど、悪知恵の宝庫だ。とはいえ粗悪品を避けるための方法も全くないわけではない。ここではそのヒントを提示したい。(2020/8/20)

メルカリ、台湾の大手マーケットプレース「Shopee」と連携 海外在住でも商品買いやすく
フリマアプリ「メルカリ」に出品された一部商品を台湾や東南アジア地域向けのECサイト「Shopee」上で閲覧、購入できるサービスをメルカリが開始。台湾を皮切りにグローバル展開を強化する。(2020/8/12)

Facebook、InstagramやWhatsApp、Noviを含む全デジタル決済サービスの統括部門新設
Facebookが、Instagramなどの“ファミリー”サービス全体で提供するデジタル決済サービスとデジタルウォレット企業Novi(旧Calibra)を統括する新部門Facebook Paymentsを立ち上げ、元PayPal幹部でUpworkのCEOをそのトップに引き抜いた。(2020/8/11)

RPAの「UiPath」とITSMの「ServiceNow」が相互連携 広範囲の業務の自動化が可能に
UiPathは、RPAプラットフォーム「UiPath」の連携機能を強化し、SaaS型ITSMプラットフォーム「ServiceNow」と相互連携する「UiPath Activity for ServiceNow」の提供を開始。ServiceNowで展開している各種ワークフローをUiPathで効果的に自動化できるようになる。(2020/8/4)

6大Java向けIDEを比較【前編】
「Eclipse」と「IntelliJ IDEA」の違いとは? Java向けIDE比較のヒント
複数あるJava向けIDEのうち、自社の要件に合ったものはどれなのか。まずは主要なJava向けIDE「Eclipse IDE」と「IntelliJ IDEA」の特徴と違いを整理しよう。(2020/7/31)

メルカリ、“悪質出品”に対抗 外部との有識者会議を設立 フリマアプリの在り方・原則を策定へ
メルカリが、フリマアプリ「メルカリ」を運営、管理するための考え方や、個人間取引のマーケットプレースの在り方などを議論する有識者会議を設立した。(2020/7/30)

GAFAの4CEO、Cisco Webexでの公聴会を概ね無難に乗り切る
Google、Apple、Facebook、Amazon.comのCEOが初めてそろった米下院の公聴会はCiscoのWebexによるWeb会議で行われた。3時間にわたる公聴会で4人は世界規模でみれば市場独占には程遠いと主張した。(2020/7/30)

企業ITの未来はコンテナ上に作られる:
PR:レッドハットのコンテナ基盤「OpenShift」、今後のエコシステム拡大の焦点はISVにある
日本国内における「OpenShift」のエコシステムが急速に拡大している。国内大手ITベンダーがこぞってマネージドサービスを提供し、DX支援に力を入れ始めた。今後の焦点は、ビジネス変革につながるソフトウェアが、OpenShiftでどこまで豊富に提供されていくかにある。(2020/7/30)

特集:開発者が足りない時代に開発力を上げるための企業戦略(1):
コロナ禍で企業はDXを避けられない状況に――生き残るための選択肢とは
経済産業省の「DXレポート」では、2025年にはIT人材が国内で約43万人不足し、企業に残されたレガシーシステムの老朽化によって膨大な経済的損失が生まれるという「2025年の崖」が大きな問題として挙がっている。このような時代に企業が生き残るためにすべきことは何か、開発者不足を補い、生産性を向上させるための具体的な施策とは何か、有識者の提言や先行企業の事例を基に現実解を探る特集。初回は、現在の課題と企業が生き残るための選択肢を整理する。(2020/6/30)

OpenShiftの普及に注力:
レッドハットの望月社長、新年度は「(ヴイエムウェア)との完全な差別化を図る」
レッドハットの望月弘一社長は、2020年6月23日にオンライン開催した新年度戦略説明会で、OpenShiftに時間を割き、重点施策を説明した。当面競合となるのは、2020年に入ってコンテナ戦略を強化したヴイエムウェアだ。(2020/6/29)

製品動向:
コマツが「プレミアム認定中古車」の販売を拡大
コマツは、「プレミアム認定中古車」のネット販売を全国に拡大し、順次ラインアップを拡充することを公表した。(2020/6/29)

SASとMicrosoftがパートナーシップを締結 SAS製品をAzure向けに最適化
SASとMicrosoftはパートナーシップを締結した。SAS製品のMicrosoftクラウドソリューションへの組み込みや、SASの分析プラットフォーム「Viya」の最新版をAzure向けに最適化する。(2020/6/17)

Clarisとして初のオープンプラットフォーム「FileMaker 19」リリース――同社CEOにクラウド戦略と日本での展開、競合との差別化を聞く
2019年夏に、社名を「Filemaker」から戻した米Claris International。同社は5月に、社名変更後初めてデータベースソフトウェアの最新版「FileMaker 19」をリリースするなど、商品の開発・展開を積極的に行っている。同社のブラッド・フライターグCEOに、今後の市場での戦い方を聞いた。(2020/6/16)

WalmartがShopifyとの提携でAmazonマーケットプレイスに対抗
オンラインショップでは米Amazon.comに後れをとる米小売り大手Walmartが、ECプラットフォームのShopifyとの提携を発表。Shopify加入業者を自社のオンラインマーケットプレイスに呼び込む。(2020/6/16)

「メルカリのルールを悪用した詐欺に遭った」匿名の訴えが物議 メルカリに対応聞くも「回答は控える」
商品を発送していない状態でも、特定の条件を満たせば料金を請求できてしまう。(2020/6/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。