ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マツコ・デラックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マツコ・デラックス」に関する情報が集まったページです。

LINEプロフィル画像を著名人に改変疑い 少年ら書類送検
 無料通信アプリ「LINE(ライン)」のシステムに発生した脆弱(ぜいじゃく)性をつきサーバーに不正接続したなどとして、警視庁サイバー犯罪対策課は不正アクセス禁止法違反の疑いで、東京都世田谷区の高校2年の少年(16)と、埼玉県川越市のアルバイトの少年(19)を書類送検した。(2020/6/29)

スピン経済の歩き方:
長く低迷していたインスタント袋麺のブレイクは、“復権”の兆しなのか
これまで長く低迷してきたインスタント袋麺が、この3月から急にブレイクしている。「ステイホームの影響で売れているんでしょ」と思われたかもしれなしが、自粛解除後も売れているのだ。背景に何があるのかというと……。(2020/6/23)

素朴な少女がパリピになるまでの一部始終 「どうぶつの森」で表現した「都会に染まりゆく田舎の子」が生々しい
都会の絵の具に染まるし帰ってこない。(2020/4/6)

亀田製菓の柿の種、柿の種とピーナッツの黄金比ついに崩れる 今後は「柿の種6:ピーナッツ4」→「7:3」に
ピーナッツ派冬の時代、柿の種派は8:2でもいいとの声。(2020/3/5)

ミッツ、マツコ&はるな愛との3ショットを投稿 マツコのほっそりした顔に「痩せた!?」「誰だか判らなかった」の声
誰かと思った。(2020/2/29)

志村けんの古希祝いだよ、全員集合! マツコやDAIGO、「MAX」LINAらが70歳バースデーを祝福
恒例のやつ!(2020/2/23)

里崎智也インタビュー【後編】:
優勝請負人・里崎智也が実践してきた「チャンスをモノにする思考法」
第1回のWBCで侍ジャパンを世界一に導いた里崎智也。現役時代から頭脳派捕手として知られ、組織論のスペシャリストでもある里崎は、将来、「千葉ロッテマリーンズの社長になりたい」と公言するほど、ビジネスへの感度が高い。後編では、これまで里崎が実践してきた「チャンスをモノにする思考法」をお伝えする。これを読めば、なぜ里崎が勝負強いといわれてきたかが分かるはずだ。ビジネスパーソンとしての「勝負強さ」の参考としてもらいたい。(2020/2/11)

マツコ・デラックス、“Matt化”により貫禄のある美しさを放つ 「マット加工の極み」「ファビュラスだわぁ」と話題に
インパクトが強すぎる。(2019/12/23)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
大きいことはいいことだ、小さいこともいいことだ
小さいものにギュッと収める技術はときめきます。(2019/12/4)

「アゲリシャス」でおなじみゼスプリ「キウイブラザーズ」が初ライブ開催! りんごちゃんはキウイちゃんに改名!?
キウイがライブってどういうことなんだってばよ。(2019/9/17)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
今年の人テク展、混みすぎじゃないですか
北海道とかで広々とやってほしい。(2019/6/5)

トリプルファビュラス! 叶姉妹がマツコ・デラックスとのスリーショット写真公開
個性と個性と個性。(2019/5/12)

これを見ずに令和を迎えられるか! 平成最後の超会議、会場を彩るコスプレイヤーさん大特集
今回も撮り続ける……灰になるまで。(2019/4/27)

世界初にして史上最大規模のマンモスの冷凍標本が来日! 日本科学未来館で「マンモス展」が開幕
過去・現在・未来の角度からマンモスに迫ります。(2019/4/1)

本当に痩せるサプリは「ほぼ毒」!? 専門家が語る「ダイエット商材の闇」とは
国内最大級のダイエット商品専門口コミサイト「ダイエットカフェ」を運営する福田尚広さんに聞きました。(2019/3/19)

木村拓哉×浜田雅功、「人生は上々だ」コンビがラジオ初共演 「裏話とか聴けるかな?」とファン沸き立つ
楽しみ……!(2019/2/24)

中小企業が大企業に勝つ方法:
マツコが絶賛した予約殺到の「できたてポテトチップ」! “神がかったうまさ”の舞台裏に迫る
1953年創業の小さなポテトチップメーカー菊水堂。同社の「できたてポテトチップ」はマツコ・デラックスが絶賛したことで話題となった。そのおいしさはどのように生み出されているのか。舞台裏に迫った。(2018/12/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東急・相鉄「新横浜線」 新路線のネーミングが素晴らしい理由
東急電鉄と相模鉄道は、新路線の名称を「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」と発表した。JR山手線の新駅名「高輪ゲートウェイ」を巡って議論が白熱する中で、この名称は直球で分かりやすい。駅名や路線名は「便利に使ってもらう」ことが最も大切だ。(2018/12/21)

会社の忘年会、行きたくない人が4割 「上司の話を聞くのが面倒くさい」「会社の人より友達と飲みたい」
忘年会を原因とした、恋人・結婚相手との喧嘩も5人に1人が経験あるようです。(2018/12/19)

人工知能を“正しく”疑え データサイエンティストがNHK「AIに聞いてみた」の違和感を探る
「本を読むと健康になる?」──そんな“AI(人工知能)の提言”を紹介し、日本の社会問題について切り込む番組の第3回がNHK総合で放送された。データ分析の専門家の松本健太郎さんが、AIの分析手法について解説。(2018/10/19)

邦画プレゼン女子校生という新ジャンル ビミョー(?)な映画を語り倒す漫画『邦キチ! 映子さん』
君は実写版「魔女の宅急便」について語れるか。(2018/9/8)

「AIメーカー」登場 画像認識AI、誰でも簡単に作れる 「ポケモン判定」「バイクメーカー判定」など続々
「猫と犬を見分ける」など、画像を認識・分類するAIを誰でも簡単に作れる「AIメーカー」が登場。バイクの画像を入力すると、メーカーを判定するAIなどが作成され、盛り上がっている。(2018/7/23)

ミッツ、マツコとの12年前の2ショットを公開 「悔しいけれど若い」
品を感じる1枚。(2018/6/20)

もし「マツコの知らない世界」にトニー・スタークが出たら? スケールがデカすぎるトニーにアメコミファン爆笑
テレビでこのやり取りやってほしい。(2018/6/16)

各社に聞く「チョコミント観」:
なぜアイス業界に「チョコミント」ブームが来ているのか
アイス業界に「チョコミント」ブームが到来している。「ガリガリ君」や「チェリオ」など、各社が夏に向けて続々とチョコミントフレーバーの新商品を登場させている。赤城乳業、森永乳業、B-R サーティワン アイスクリームに「チョコミント観」を聞いた。(2018/5/24)

期待しかない! 年パス歴23年の風間俊介による「マツコの知らないTDLの世界」放送にネット沸く
マツコ「この番組に良く来られるタイプの方と、ほとんど同じね」。(2018/5/8)

ピーター、ミッツらの花見会に“隠れマツコ”? 集合写真で顔隠す人物
気になる。(2018/3/27)

「素顔のマツコ・デラックスです」 志村けんの誕生日に顔を隠す人物、モト冬樹がブログで説明
気になる……。(2018/2/19)

アイドル界の逸材現れたな! 永遠の17歳、地下アイドルEmi-chanがいろいろ“アウト”なのは
きゃーのきゃーの。(2018/1/29)

かわいいは心のATフィールドを取り払う 「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」独占インタビュー(後編)
前編に続き、「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」こと「ねこます」氏のインタビューをお届けします。(2018/1/11)

「似すぎ!」「本人かと」 “キングオブコント覇者”なりきるミッツ・マングローブが二度見必至の完成度
隣のマツコさんもものまねです。(2017/12/6)

「ナナナナー、ナナナナー」のジョイマン高木、ツイートの言葉選びが詩的だと再評価の声
文学の道もいけるな。(2017/11/22)

「文字検索は面倒」も「人前での音声検索は恥ずかしい」が約7割 KDDIの音声操作に対する意識調査
KDDIは「日本人の音声操作に対する意識調査2017」の結果を発表。文字入力による検索は半数近くが「面倒」と回答するも、音声でのインターネット検索を人前で行うのは「恥ずかしい」が7割を超えている。(2017/10/5)

スピン経済の歩き方:
体臭ビジネスが盛り上がると日本人がおかしくなるのは本当か
臭いで周囲を不快にさせてしまう「スメルハラスメント」への関心が高まり、「体臭ビジネス」が盛り上がっている。しかし、「不快な臭い」が全て排除される環境には危険性もあるのではないか。なぜかというと……。(2017/9/26)

黒柳徹子さんの等身大アンドロイド「totto」、電通など開発 「徹子の部屋」42年分のデータから音声合成
黒柳徹子さんをモデルにした等身大アンドロイド「totto」を電通などが開発。「徹子の部屋」42年分のデータを基に音声を合成したという。ご本人も「そっくり」とコメント。(2017/9/14)

黒柳徹子のアンドロイド「tott」が誕生 42年分の会話データから音声を再現、徹子さんにむちゃぶりする動画も
アンドロイド研究の第一人者である石黒浩教授が監修しています。(2017/9/14)

『AIに聞いてみた』の疑問点を「NHKに聞いてみた」 “AI”から受ける印象と実態の「ちぐはぐさ」
「40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」――そんな“AIの提言”を紹介し、ネット上で話題を呼んだNHKの『AIに聞いてみた』。不明な点を、NHKに聞いてみた。(2017/8/2)

【連載】戦略PRが世界を動かす 第2回:
本田哲也×佐藤尚之:「人が動く」とはどういうことか? コミュニケーションのプロと語る
インターネットとSNSの浸透で個々人の興味はさらに細分化されていく中、企業はどのように消費者とコミュニケーションすべきか。戦略PRのプロとコミュニケーションのプロが語る。(2017/6/23)

「マツコの知らない世界」で「フォントの世界」特集 3000種を見分ける“絶対フォント感”の持ち主登場
フォントクラスタ「うおおおおおおお!」(2017/5/3)

7連覇中の天海祐希さん破る:
新人に聞く理想の女性上司、水卜麻美さんが初の首位
17年卒の新入社員が考える「理想の上司」は?――産業能率大学調べ。(2017/4/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーの「ひとこと」が職場を変える
リーダーがつぶやく言葉にはパワーがある。職場のポテンシャルを引き出す戦略的なひとこととは?(2017/4/13)

「お二人は、とってもお似合い」 黒柳徹子、福原愛・江宏傑夫婦と3ショットでニッコニコ
4月12日放送の「徹子の部屋 スペシャル」で共演。(2017/4/12)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
なぜ“マツコロイド”と“マツコ”の雑談は失敗したのか?
ドラえもんや鉄腕アトムのような、人間と自然に会話ができる人工知能は本当に生まれるのか――。人間らしい自然なコミュニケーションを実現するために必要な“要件”はいろいろとあるが、人工知能にそれを適用するには、さまざまな壁があるのだという。(2016/12/2)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
人工知能と人が、本当の意味で“話せる”ようになる日
昨今「Watson」や「りんな」など、人間と会話ができる人工知能が注目を集めている。しかし、これらは人間の心を理解してコミュニケーションを取っているかというと、そうではない。いつか本当に人工知能と人が心を通わせるような時代は来るのか。人間と雑談できる対話システムを開発し続ける第一人者に話を聞いた。(2016/10/31)

ゼロから分かる格安SIM:
PR:第16回 ターボOFFでも快適、通話もお得に使える――格安SIM「OCN モバイル ONE」の魅力に迫る
格安SIMサービスの中でも特に人気を集めている「OCN モバイル ONE」。9月から「バースト転送」も提供しており、ターボOFFでもより快適に利用できる。日次と月次のプランや、音声通話をお得に使えるオプションなど、きめ細かなサービス設計が魅力だ。(提供:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社)(2016/9/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
うまくいく人がしないこと
一流になるためには、一流がしていることをして、していないことをしなければいい。では何をしていないのだろうか。(2016/7/14)

MVNOに聞く:
一般ユーザーに訴求すべきタイミングが来た――FREETELが大攻勢をかける狙い
FREETELが、「FREETEL 2.0」と銘打ってより広い層をターゲットにし始めた。5月と6月に1回ずつ発表会を開催し、新スマホ「REI」や新料金プラン、割引キャンペーンなどを発表した。FREETELがここまでの大攻勢を仕掛ける狙いとは? プラスワンの増田薫社長に聞いた。(2016/6/29)

いっこく堂、夜中に意識なく倒れ顔面強打 救急搬送されていた
現在吐き気があり、「また報告します」としている。(2016/3/22)

女性は「格安SIM」に“不安”を覚える? MVNO2社が語る普及への課題と解決法
認知度の高まってきた感のある格安SIM。しかし、その購入者の多くは男性で、女性はまだ少ない。“不安”がつきまとうからだという。どのような不安が、阻害要因となっているのだろうか。(2016/3/2)

「OCN モバイル ONE」は“ネコの会社”より安心感がある!?――マツコ・デラックスさん
「OCN モバイル ONE」の新CM「マツコ式部」編が、2月19日からオンエアされる。都内で開催された発表会では、マツコさんがOCN モバイル ONEの良さを語った。(2016/2/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。