ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マツコ・デラックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マツコ・デラックス」に関する情報が集まったページです。

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
「かっこいい未来都市」ではない 正念場を迎える日本型スマートシティー
「スマートシティー」には先端技術が詰め込まれた未来都市というイメージもあるが、日本で主流になるスマートシティーはこうした未来都市とは別のタイプだと筆者は予想する。先進国だけでなく新興国でも進むスマートシティーとの比較から浮かび上がる、「日本型スマートシティー」の課題とは。(2022/6/24)

メルカリ、「ヤクルト1000」出品を削除 ガイドライン違反として
メルカリが、高額転売が相次ぐ乳酸菌飲料「Yakult1000」「Y1000」について、出品を削除していると明らかにした。食品の出品に関するガイドラインに違反しているとして、6月10日から削除対応に当たっているという。(2022/6/17)

人生相談したい芸能人も調査:
高校生が選ぶ「なりたい顔ランキング」、男性の1位は「菅田将暉」 上位の顔ぶれは?
高校生が選ぶ「なりたい顔ランキング」の結果を発表した。男性の1位は「菅田将暉」、女性の1位は「橋本環奈」だった。人生相談したい芸能人TOP5も調査した。(2022/5/16)

ライブ配信をしてほしい芸能人1位はマツコ・デラックス 新垣結衣と石原さとみが続く
今後ライブ配信をしてほしい芸能人No1には、マツコ・デラックスさんが選ばれた(31.8%)。2位は新垣結衣さん(23.0%)、3位は石原さとみさん(22.0%)が続く。(2022/4/29)

スピン経済の歩き方:
ちょっと前までブームだったのに、なぜ「高級食パン」への風当たりは強いのか
どうやら「高級食パン」のブームが終わるようだ。最近、さまざまなメディアがこのように報じているわけだが、なぜ「高級食パン」への風当たりは強いのか。その背景には、2つの理由があって……。(2022/4/5)

Z世代の上司にしたい有名人、「HIKAKIN」「ひろゆき」を抑えた第1位は?
 日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ(東京都港区)は、Simejiユーザーの10〜24歳のZ世代を対象とした「上司にしたい有名人」のランキングを発表した。その結果、1位は人気YouTuberの「はじめしゃちょー」が選ばれたことが分かった。(2022/3/26)

戦慄かなの、“恩人”マツコ・デラックスと号泣2ショット公開 「もっと楽に生きていいんだよ」と涙の別れ
暗躍してくれていたマツコさん。(2022/3/18)

1000人に聞いた:
上司との飲み会、約80%が「好きじゃない」と回答 若者が参加したい飲み会の特徴とは
沢の鶴は若者世代の価値観とコミュニケーションに関する調査を実施した。上司との飲み会に関して、約80%が「好きじゃない」と回答。若者が参加したい飲み会の特徴は「あまりお金がかからない」。(2022/3/13)

Z世代に支持されているタレント、女性1位は新垣結衣 男性の1位は?
「Z世代(10〜20代前半)に支持されている男性タレント&女性タレントランキングTOP10!」。その結果、男性タレント1位は千鳥、女性タレント1位は新垣結衣だった。(2022/3/5)

「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
シンプル奇跡。(2022/1/10)

マウス、2021年冬の新テレビCM「マウスってどうなのよ?3連発」篇をオンエア開始 6秒CM動画も公式サイトで公開
マウスコンピューターは、テレビCM「マウスってどうなのよ?3連発」篇のオンエア開始を発表した。(2021/11/19)

「なつかしすぎて涙出そう」加護亜依、タンポポの名曲を衣装再現で熱唱 「アウト×デラックス」でのぶっちゃけ発言で話題
テレビにも出演しアイドル時代の赤裸々トークも。(2021/11/12)

「ザ・マスクド・シンガー」が佳境 パネリストの予想がどれくらい当たっているのかをせっせと調べてみた
ただの盛り上げ役だなんて思ってすみません。(2021/10/8)

有吉弘行、夏目三久と最後の共演で“親子風3ショット” マツコ・デラックスに感謝「親方ありがとう」「これからも相撲道に精進します」
夏目さんは9月30日で芸能界を引退しました。(2021/10/1)

メカ設計メルマガ 編集後記:
さよならラバーマスク、身近で感じた長期化するコロナ禍の影響
地元(近所)の企業だったので製造中止のニュースはショックでした。(2021/9/14)

「私求められてないんじゃないか」 仕事減少に悩む鈴木奈々、マツコ・デラックスの言葉に“爆泣き”
ファンからも多くの励ましが。(2021/6/13)

15〜24歳の男女を対象に調査:
最も信頼するインフルエンサーランキング 3位「渡辺直美」「松本人志」、2位「ひろゆき」、1位は?
LINEは全国の15〜24歳の男女を対象に実施した「インフルエンサー・有名人に関する調査」の結果を発表した。「いちばん信頼している/参考にしているインフルエンサー・有名人」のトップは?(2021/5/18)

夏目三久、今秋で芸能界引退へ 夫・有吉弘行が語る“愛ある理由”に「いい夫婦すぎる」「感慨深い」と称賛の声
マジの愛じゃん……。(2021/4/24)

今年55歳:
ご当地、お酒、宇宙 「亀田の柿の種」商品開発の裏側
「亀田の柿の種」が誕生し、今年で55年目。これまで発売されたのは数百種類にのぼるが、最近はどういった商品が売れているのか。亀田製菓の広報に聞いたところ……。(2021/3/21)

製造が追いつかない:
2500人が販売待ち! なぜ1個500円の高級トイレットペーパーが売れるのか
1個500〜1700円弱の高級トイレットペーパーが売れていることをご存じだろうか。製造・販売しているのは「望月製紙」。手頃な価格の商品があふれているのに、なぜ明らかに値が張るモノが売れているのか。(2021/1/30)

コロナ禍でも売上利益とも過去最高に:
品質向上に特効薬はない 新型コロナによる価値観の変化にどう対応したのか? マウスコンピューター小松社長に聞く
世界的に、文字通り激動の1年となった2020年をPCメーカーはどのようにサバイブしてきたのか。マウスコンピューターの小松社長に聞いた。(2021/1/29)

ハロー、自作キーボードワールド 第9回:
地上波進出、ハイエンドキーボードの流行──2020年の自作キーボード振り返り
2020年には「マツコの知らない世界」でも紹介された自作キーボード。2020年の主なトピックやトレンド変化を振り返る。(2020/12/31)

「上手すぎてびっくり!」 加藤綾子、『ONE PIECE』ファンの明石家さんまに贈った“手作り誕プレ”に称賛の声
カトパンなんでもできるな。(2020/12/24)

PR:薄型軽量で約25時間のバッテリー駆動!? ニューノーマル時代のモバイルPC「NB4」の衝撃
(2020/12/17)

PR:デジタル化/オンライン化の波に乗ろう! マウスコンピューターのPCで快適な生活を手に入れる
2020年ほど、自宅における生活や環境に注目が集まった年も珍しい。その快適な在宅ワークや在宅学習、ひいては日常の生活の鍵を握るのがPCであり、用途に適した最新PCを手にすることで、環境は大きく改善される。多彩なモデルを用意する、マウスコンピューターのPCの中からお勧め製品を紹介しよう。(2020/11/20)

スピン経済の歩き方:
長く低迷していたインスタント袋麺のブレイクは、“復権”の兆しなのか
これまで長く低迷してきたインスタント袋麺が、この3月から急にブレイクしている。「ステイホームの影響で売れているんでしょ」と思われたかもしれなしが、自粛解除後も売れているのだ。背景に何があるのかというと……。(2020/6/23)

素朴な少女がパリピになるまでの一部始終 「どうぶつの森」で表現した「都会に染まりゆく田舎の子」が生々しい
都会の絵の具に染まるし帰ってこない。(2020/4/6)

亀田製菓の柿の種、柿の種とピーナッツの黄金比ついに崩れる 今後は「柿の種6:ピーナッツ4」→「7:3」に
ピーナッツ派冬の時代、柿の種派は8:2でもいいとの声。(2020/3/5)

ミッツ、マツコ&はるな愛との3ショットを投稿 マツコのほっそりした顔に「痩せた!?」「誰だか判らなかった」の声
誰かと思った。(2020/2/29)

志村けんの古希祝いだよ、全員集合! マツコやDAIGO、「MAX」LINAらが70歳バースデーを祝福
恒例のやつ!(2020/2/23)

里崎智也インタビュー【後編】:
優勝請負人・里崎智也が実践してきた「チャンスをモノにする思考法」
第1回のWBCで侍ジャパンを世界一に導いた里崎智也。現役時代から頭脳派捕手として知られ、組織論のスペシャリストでもある里崎は、将来、「千葉ロッテマリーンズの社長になりたい」と公言するほど、ビジネスへの感度が高い。後編では、これまで里崎が実践してきた「チャンスをモノにする思考法」をお伝えする。これを読めば、なぜ里崎が勝負強いといわれてきたかが分かるはずだ。ビジネスパーソンとしての「勝負強さ」の参考としてもらいたい。(2020/2/11)

マツコ・デラックス、“Matt化”により貫禄のある美しさを放つ 「マット加工の極み」「ファビュラスだわぁ」と話題に
インパクトが強すぎる。(2019/12/23)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
大きいことはいいことだ、小さいこともいいことだ
小さいものにギュッと収める技術はときめきます。(2019/12/4)

「アゲリシャス」でおなじみゼスプリ「キウイブラザーズ」が初ライブ開催! りんごちゃんはキウイちゃんに改名!?
キウイがライブってどういうことなんだってばよ。(2019/9/17)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
今年の人テク展、混みすぎじゃないですか
北海道とかで広々とやってほしい。(2019/6/5)

トリプルファビュラス! 叶姉妹がマツコ・デラックスとのスリーショット写真公開
個性と個性と個性。(2019/5/12)

これを見ずに令和を迎えられるか! 平成最後の超会議、会場を彩るコスプレイヤーさん大特集
今回も撮り続ける……灰になるまで。(2019/4/27)

世界初にして史上最大規模のマンモスの冷凍標本が来日! 日本科学未来館で「マンモス展」が開幕
過去・現在・未来の角度からマンモスに迫ります。(2019/4/1)

本当に痩せるサプリは「ほぼ毒」!? 専門家が語る「ダイエット商材の闇」とは
国内最大級のダイエット商品専門口コミサイト「ダイエットカフェ」を運営する福田尚広さんに聞きました。(2019/3/19)

木村拓哉×浜田雅功、「人生は上々だ」コンビがラジオ初共演 「裏話とか聴けるかな?」とファン沸き立つ
楽しみ……!(2019/2/24)

中小企業が大企業に勝つ方法:
マツコが絶賛した予約殺到の「できたてポテトチップ」! “神がかったうまさ”の舞台裏に迫る
1953年創業の小さなポテトチップメーカー菊水堂。同社の「できたてポテトチップ」はマツコ・デラックスが絶賛したことで話題となった。そのおいしさはどのように生み出されているのか。舞台裏に迫った。(2018/12/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東急・相鉄「新横浜線」 新路線のネーミングが素晴らしい理由
東急電鉄と相模鉄道は、新路線の名称を「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」と発表した。JR山手線の新駅名「高輪ゲートウェイ」を巡って議論が白熱する中で、この名称は直球で分かりやすい。駅名や路線名は「便利に使ってもらう」ことが最も大切だ。(2018/12/21)

会社の忘年会、行きたくない人が4割 「上司の話を聞くのが面倒くさい」「会社の人より友達と飲みたい」
忘年会を原因とした、恋人・結婚相手との喧嘩も5人に1人が経験あるようです。(2018/12/19)

人工知能を“正しく”疑え データサイエンティストがNHK「AIに聞いてみた」の違和感を探る
「本を読むと健康になる?」──そんな“AI(人工知能)の提言”を紹介し、日本の社会問題について切り込む番組の第3回がNHK総合で放送された。データ分析の専門家の松本健太郎さんが、AIの分析手法について解説。(2018/10/19)

邦画プレゼン女子校生という新ジャンル ビミョー(?)な映画を語り倒す漫画『邦キチ! 映子さん』
君は実写版「魔女の宅急便」について語れるか。(2018/9/8)

「AIメーカー」登場 画像認識AI、誰でも簡単に作れる 「ポケモン判定」「バイクメーカー判定」など続々
「猫と犬を見分ける」など、画像を認識・分類するAIを誰でも簡単に作れる「AIメーカー」が登場。バイクの画像を入力すると、メーカーを判定するAIなどが作成され、盛り上がっている。(2018/7/23)

ミッツ、マツコとの12年前の2ショットを公開 「悔しいけれど若い」
品を感じる1枚。(2018/6/20)

もし「マツコの知らない世界」にトニー・スタークが出たら? スケールがデカすぎるトニーにアメコミファン爆笑
テレビでこのやり取りやってほしい。(2018/6/16)

各社に聞く「チョコミント観」:
なぜアイス業界に「チョコミント」ブームが来ているのか
アイス業界に「チョコミント」ブームが到来している。「ガリガリ君」や「チェリオ」など、各社が夏に向けて続々とチョコミントフレーバーの新商品を登場させている。赤城乳業、森永乳業、B-R サーティワン アイスクリームに「チョコミント観」を聞いた。(2018/5/24)

期待しかない! 年パス歴23年の風間俊介による「マツコの知らないTDLの世界」放送にネット沸く
マツコ「この番組に良く来られるタイプの方と、ほとんど同じね」。(2018/5/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。