ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「Monster X」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Monster X」に関する情報が集まったページです。

エスケイネット、表示遅延を改善したPCIe内蔵型HDMIビデオキャプチャーカード「MonsterXX2」
エスケイネットは、PCI Express接続対応のHDMIビデオキャプチャーカード「MonsterXX2」を発表した。(2016/1/20)

PC USERアワード:
2014年下半期「クリエイター向けPC」のオススメモデル
2014年下半期に登場したクリエイター向けPCからITmedia PC USER編集部がおすすめのモデルを紹介。(PC USER 20周年特別企画)(2014/12/15)

サードウェーブデジノス、“ニコニコ生放送”向けPC「Raytrek-V ニコニコ生放送モデル」にノートPCモデルを追加
サードウェーブデジノスは、「ニコニコ生放送」の配信向けとなるノートPC「Raytrek-V ニコニコ生放送モデル VF-AG」の販売を開始する。(2014/2/14)

サードウェーブデジノス、各種機材も動作検証済みの「ニコニコ生放送」配信向けPCを発売
サードウェーブデジノスは、クリエイター向けPC「Raytrek」シリーズのラインアップに「ニコニコ生放送」配信向けモデルを追加した。(2014/1/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
高性能NUCケースに「BRIX」……超コンパクトPCを自作するならこの夏だ!
標準ベアボーンより冷却性の高いNUCケースが登場し、ギガバイトの独自小型PCキット「BRIX」の予約もスタートした。手のひらサイズマシンがにわかに熱い!(2013/8/5)

エスケイネット、USB 3.0外付け型のフルHD対応HDMIキャプチャーユニット「MonsterX U3.0R」
エスケイネットは、フルHD/60fpsでのHDMI動画転送に対応したHDMIキャプチャーユニット「MonsterX U3.0R」を発表した。(2013/7/10)

週末アキバ特価リポート:
「きょうも価格破壊が起きています」――Class 10の32GバイトSDHCが1980円!
スポット入荷や放出特価品の激安アイテムとともに、通常売価で従来の最安ラインを攻め込む新規ブランドにも要注目。choiceeってご存じ?(2012/2/18)

ショップのダメ出し!:
“X79ハイエンド構成”から「エンコ向けマシン」に最適化してくれ
いま自作で最高のパフォーマンスを追求するなら、頂上にある「Sandy Bridge-E」は無視できない。前回の“Z68最強構成”に続いて、40万円コースのX79マシンの極上構成を、PC DIY SHOP FreeTの森田氏にダメ出ししてもらう。(2011/12/14)

5分で分かった気になるアキバ事情:
“限界突破”を連発した9月のアキバ
9月のアキバは、DDR3の値下がりが加速する中で1枚8Gバイトのメモリが出回ったり、統合プロセッサ「Llano」でTDP 100ワットを大幅に切る低消費電力モデルが登場したりと、従来の限界を越える目玉パーツがみられた。(2011/10/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「PCI Express 3.0はすでに普通」――レアさが急激に溶けていく自作市場
将来的にPCI Express 3.0をサポートするマザーのほか、1枚8Gバイトのメモリや低消費電力版Core i7のリテールボックスなど、これまでレアだったアイテムがハイペースで主流に向かっている。(2011/9/20)

イマドキのイタモノ:
「Monster X3」を冷静に使う
エスケイネットの「Monster X3」は、HDMI対応のビデオキャプチャーカードだ。高画質キャプチャーが可能だが、その扱いは難しい。さて、何に使おうか。(2011/2/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「年末年始に品薄なのはGeForce GTX 580くらい」――2010年は最後まで新製品ラッシュ
元旦さえ営業するショップの多い最近では、いつアキバに行っても最新のPCパーツが手に入る。ただし、目玉のモデルは要注意。十分な入荷がかなわずに、入手できない場合があるかも。(2010/12/27)

エスケイネット、フルHD対応キャプチャーカード「MonsterX3」
エスケイネットは、HDMI入力を装備したキャプチャーカード「MonsterX3」を発表した。(2010/12/10)

エスケイネット、Ustream配信対応のアナログキャプチャカード「MonsterX-csi2」
エスケイネットは、PCI Express接続対応のアナログ動画キャプチャカード「MonsterX-csi2」を発表した。(2010/11/10)

フォトファースト、USB 3.0対応の1.8型HDDケース「G-Monster X-Drive」
フォトファーストが1.8型HDDケースでは初となるUSB 3.0対応製品を発表した。それぞれZIF、IDE(50ピン)、CFに対応する3モデルが用意される。(2010/8/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
「AMDユーザーが冬眠から目覚めたようです」――6コアPhenom IIが大型連休にヒット
AMDの最新ハイエンドCPU「Phenom II X6」が初回から潤沢に出回っているが、連休の前半で売り切れるショップが出るほど好調に売れている。同じタイミングで登場した「AMD 890FX」マザーもヒット中だ。(2010/5/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
連休中に見かけたら“即買い”すべきパーツは?
4月も終わりにさしかかり、大型連休に向けたキャンペーンを開始するショップも見られるようになった。この時期はいろいろなアイテムが安くなるが、なかには入手しづらいパーツもある。見つけたら即買いすべきものとは!?(2010/4/26)

エスケイネット、HDMI入力装備のフルHDキャプチャーカード「MonsterX2」
エスケイネットは、同社製キャプチャーカード「MonsterX」の改良モデル「MonsterX2」を発表。新たにHDMI入力端子を搭載した。(2010/4/20)

エスケイネット、PCI Express接続対応のアナログキャプチャカード「MonsterX-csi」
エスケイネットは、PCI Express x1接続対応のアナログキャプチャカード「MonsterX-csi」を発売する。(2009/10/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
「12月末が勝負じゃないスかねぇ」――TSUKUMO eX.復活に向けられる期待と不安
TSUKUMO eX.が営業を再開。特設店舗のオープンから1週間足らずの復活劇に、九十九電機の底力をみたというコメントもあれば、「急がなければならない理由があった」と状況を見守る声も聞こえてくる。(2008/12/7)

エスケイネット、ExpressCardタイプのハイビジョンビデオキャプチャカード
エスケイネットは、ExpressCard /34サイズのハイビジョンビデオキャプチャカード「MonsterX-e」を12月3日に発売する。(2008/11/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
久々に登場する大物「Core i7」の情報公開が進む、発売日は?
11月初旬から姿を現してきたインテルの新CPU「Core i7」。アキバで情報公開のスピードが増し、ラインアップや予定価格を公開するショップが出てきた。発売日はいつ?(2008/11/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
「1TバイトHDDのオマケがつくなら……」Windows Home Server日本語版の予約販売が始まる
8月30日発売予定の「Windows Home Server日本語版」。アキバ各ショップはすでに予約を受け付けており、豪華な特典も用意していた。で、また深夜販売はやるの……?(2008/8/23)

フリーオに引導を渡せるか:
“自作で地デジ”に一筋の光?――アイ・オー vs バッファロー徹底比較
ついに自作PCでも地上波デジタル放送の視聴・録画が可能になる。アイ・オー・データ機とバッファローから登場した内蔵カード型の2製品を横並びで評価していこう。(2008/5/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「AMDさん、勘弁して……」 Phenom 9600登場も買い控えムード!?
先週に引き続いてPhenomの上位モデルが登場。ただし手を出すユーザーは少ない様子だ。その理由をAMDの“売り方”にあると指摘するいくつかのショップから、大きなため息が漏れた。(2007/12/1)

5分で分かった気になる、9月のアキバ事情:
一般層からサーバ好きのマニアまで――アキバの“受け皿”拡大中
ソフマップ秋葉原本館がオープンし、一般層の受け皿がさらに広がる一方で、サーバOSの深夜販売が行われ、Opteronマシンが脚光を浴びる、そんな9月のアキバ。(2007/10/3)

古田雄介のアキバPickUP!:
「11月まで待てない」と、現行Opteronを買いに走る人たち
「Quad-Core Opteron」搭載マシンのデモ展示で思わぬ波及効果があった模様。瞬殺された「PV4」は、店員さんからの評判がかなり微妙だ。(2007/9/18)

5分で分かった気になる、8月のアキバ事情:
ターニングポイントに立った電気街
8月のアキバは、LAOXザ・コンピュータ館の閉店とソフマップタウンの始動が注目を集め、電気街の大きな変化を予感させた。自作PC関連ではHDコンテンツを扱うパーツが好調。(2007/9/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
「円高のときがチャンス」――1GバイトのPC2-6400メモリが4000円割れ
値上がりが続いていたメモリの価格が、円高傾向により再び安くなってきた。今週のアキバは、Athlon 64 X2 6000+の新モデルやSantaマザーなど、注目アイテムも盛りだくさん。(2007/9/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
お盆明けのアキバに並ぶ“尖った”製品
ユーザーの注目を集める“きわどい”製品がお盆明けのアキバに出回り始めた。“アレ”な裏技で話題の「Monster X」も再入荷している。(2007/8/25)

アキバで恥をかく禁句ワード Vol.14:
ハコ買い【はこ-がい】
PCパーツショップでは、“通”が使うアキバワードにまぎれて、聞いているほうが思わず眉をひそめたり、顔を赤らめてしまう言葉を耳にすることがある。は、恥ずかしー。(2007/8/24)

5分で分かった気になる、7月のアキバ事情:
深夜販売は、やはりアキバの華だった
インテルの新型Core 2シリーズの解禁で、少数のショップが深夜販売を敢行。当初は不安視されていたイベントも、フタを開ければ大盛況だった。一方のAMDもミドルレンジを中心にシェアを獲得している。(2007/8/1)

古田雄介のアキバPickUP!:
「ぶっちゃけ録画できます」――アキバで「Monster X」が売れるワケ
ビデオ入力アダプタ「Monster X」がアキバに登場。大量入荷ながら週末には売り切れ必至の状況になっている。もちろん、そこにはそれなりの理由が隠されているのだ。(2007/7/29)

1080iまでサポートするD4端子付きビデオ入力アダプタ「Monster X」
エスケイネットは、D端子経由のビデオ映像をPC画面に表示できるPCI Express接続対応のビデオ入力アダプタカード「Monster X」を発売する。(2007/7/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。