ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「巣ごもり」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「巣ごもり」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
アマゾン、テスラを含む米国のトップIT企業7社「FAATMAN」は1分間にいくら稼ぐのか?
コロナ禍でも特に盛況だった米国の大手IT企業各社。最近はFAATMAN(フェイスブック、アルファベット、アマゾン、テスラ、マイクロソフト、アップル、ネットフリックス)と呼ばれることもあるが、いくら稼いでいるのだろうか。(2021/12/2)

配送依頼のNintendo Switchなど横領 容疑でドライバー逮捕
配送を依頼されたNintendo Switchなど約200点を配送せずに横領したとして、警視庁蒲田署は横領の疑いで、住所不定、無職、峯村冬樹容疑者を逮捕した。峯村容疑者は「お金に困っていた。お金はほとんど競馬に使った」と容疑を認めている。(2021/11/29)

開発の背景:
15万台突破のライト一体型プロジェクター! 新製品「据え置き型」の狙いは?
天井に取り付けるシーリングライトに、プロジェクターとスピーカーを搭載した「popIn Aladdin(ポップイン アラジン)」シリーズが、コロナ禍でヒットしている。同製品を開発したのは、東大発ベンチャーとして、2008年に誕生したpopIn。商品開発の背景などを中国出身の程 涛(テイ・トウ)社長に聞いた。(2021/11/28)

地方自治体やホテルに関心:
23年卒の就職人気企業ランキング ANA以来となる4年連続トップの企業は?
新卒採用サイト「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」を運営する学情は、2023年卒学生を対象とした「就職人気企業ランキング」を発表した。(2021/11/25)

1店舗目は千葉県・君津に:
ケンタッキー、新業態の「ミニドライブスルー店舗」を開業 既存店の7割サイズに
ケンタッキーは、テークアウトやドライブスルーに特化した店舗をオープンする。11月29日から。コロナ禍で定着した中食需要を取り込む狙いだ。(2021/11/25)

小売・流通アナリストの視点:
競合は無印とニトリか 「イオン・キャンドゥ」タッグで再編進む100円ショップ業界の今
100円ショップ業界3位のキャンドゥが、イオンとの資本提携を発表したが、キャンドゥの狙いはどこにあるのか。もはや「100円」の商品だけでなく、さまざまな商品を扱う同業界の今を探る。(2021/11/25)

セキュリティトップ対談【後編】:
経営者が知るべきセキュリティ人材育成の今 ラック西本氏×電大の佐々木氏が語る
ランサムウェア攻撃が高度化する中、自社のセキュリティ体制を強化したいと考える企業も多いはずだが、そのためのセキュリティ人材をなかなか確保できないという現状がある。これを解消するためにはどうすればいいのか。ラック西本氏と東京電機大学の佐々木氏の対談からヒントを見つけていこう。(2021/12/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
強すぎる「ダイソー」と「セリア」 イオンが「キャンドゥ」と組むと何が起きるのか
イオンはTOBにより、キャンドゥの子会社化を目指す。100円ショップはダイソーとセリアの“2強状態”でキャンドゥと差が開いていた。イオンの傘下入りを果たすとどんなメリットがあるのか。(2021/11/24)

スタバは受付終了:
コメダやドトールから“福袋”続々 「テレワークセット」や「コラボアイテム」で“巣ごもり”重視
大手カフェチェーン各社が2022年に向けて福袋の予約を始めている。(2021/11/23)

「よく買う冷凍食品・レトルト食品」 チャーハン、麺類を抑えて1位になったのは?
リサーチ会社のクロス・マーケティングは、「冷凍食品・レトルト食品に関する調査(2021年)」を実施した。普段よく買う冷凍食品は? 男女間で差はあるのか? などを調査した。(2021/11/20)

スマートリテール:
国内の店舗向け画像解析ソリューション市場、2024年度は44億円規模と予測
矢野経済研究所は、国内の店舗向け画像解析ソリューション市場の調査結果を発表した。2020年度は新型コロナの影響で前年比78.2%に減じたが、2021年度は前年度比141.4%の15億7000万円と見込み、2024年度には44億円に成長すると予測している。(2021/11/19)

川崎倉庫店から:
Uber Eats、コストコ商品の提供を始める 900品目以上が対象
ウーバー・ジャパンは、コストコ商品の提供を開始すると発表した。900品目以上が対象で川崎倉庫店から北海道店に広げていく予定だ。どんな商品が対象になるのか?(2021/11/17)

この一杯が明日の作業効率を変える!?:
PR:全てのコーヒー党に送る! タリーズのブラックコーヒー、新作は何が“一味”違うのか?
「ブラックコーヒー」と聞くと、朝や残業時の「眠気覚まし」「気付け」としてビジネスパーソンが手にする機会も多いが、「ただカフェインが摂れて苦ければよい」という時代は既に過去。コロナ禍の影響で巣ごもり時間が増え、「リラックス時間のお供」としてカフェ顔負けの質が高いRTDコーヒーを選ぶ人が増加している。その影響で、嗜好性にも変化が出ているというが、その内容とは?(2021/11/18)

家電メーカー進化論:
「やけくそ」でつくった切り餅調理機が大ヒット 洗車機トップシェア企業の個性的な開発方針とは
エムケー精工は、ちょっと変わった個性派家電を数多く手がけるメーカー。創業は1956年で取り扱う商品の幅は非常に広く、門型洗車機は業界トップシェア。さらに食品加工機や断熱建具なども手掛ける。さまざまな事業を展開するエムケー精工が個性派家電を生み出し続けられる背景について丸山将一社長に聞いた。(2021/11/16)

企業業績、遠い完全復調 半導体不足・資源高が壁に
東京証券取引所1部上場企業の令和3年9月中間連結決算は、新型コロナウイルス禍で増えた「巣ごもり需要」や円安効果を取り込んだ製造業を中心に過去最高益が相次いだ。ただ、原油などの資源高や半導体不足といったリスクを抱え、先行きは楽観できない。コロナ禍の影響で売り上げが激減する鉄道や航空業の経営環境は依然厳しく、コロナ禍前への完全復調はまだ遠い状況だ。(2021/11/12)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
転換期迎えた中国の「自粛のダブルイレブン」、それでも販売額は過去最高
中国のECセール「ダブルイレブン(独身の日)」が終わった。例年と異なり、今年は華々しいイベントや流通額の実況中継はほぼなく、今年の販売額も過去最高だったと発表されたのみ。今年のダブルイレブンは、11日に習主席の演説が公開されるなど異例尽くしで、中国のプラットフォーマーが転機を迎えたことは間違いない。(2021/11/12)

巣ごもりは続く:
ローソン、「非接触」のクリスマスケーキとおせちで挑む年末年始 どんな商品なのか?
ローソンがコロナ下のニーズに対応したクリスマスケーキとおせちに注力している。キーワードは「非接触」と「ぜいたく」だ。どういった商品なのか。(2021/11/11)

中国に引き離される日本のEC 阻害する特有課題とは
中国最大のECセール「独身の日」が活況の一方、日本でのECは盛り上がりに欠ける。2020年の商品販売に占めるEC化率が30%を超える中国に対し日本は8%で世界平均以下。専門家によるとEC化が進まないのは日本特有の事情が原因という。(2021/11/11)

ふるさと納税、4割が「返礼品が目的」 1回当たりの平均寄付金額は?
NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションは、全国20歳以上の男女に「ふるさと納税」の調査を行った。4割がふるさと納税の目的を「返礼品への興味」と回答した。1回当たりの平均寄付額はいくらだろうか?(2021/11/11)

MySQLに比べ性能が10倍向上、事業拡大にも寄与
数週間でオンプレミスMySQLの拡張が必須だったU-NEXTがNewSQLを採用した理由
ビジネスの成長によって、MySQLの性能に課題を抱えることになったU-NEXT。データベースの性能を改善し、より良いユーザー体験を提供するために同社が採用したデータベースとは。採用のポイントはどこにあったのか。(2021/11/4)

「キャッシュレス」データを見る:
「2021年ヒット消費番付」発表 大関「ペット関連」「映画・動画」、横綱は?
三井住友カードは、同社が保有するキャッシュレスデータをもとに、2019年から21年における消費の伸び率から作成した「キャッシュレスデータで見る、2021年ヒット消費番付」を発表した。(2021/10/31)

「5万円台スト5PC」連載が1年ぶりに復活!:
PCで本格ゲームプレイ! こだわり「アケコン」の選び方2021【前編】
eスポーツかいわいでは、プレイヤーが家庭用ゲーム機からPCへ移行する例が多いという。何がそうさせるのかを考えるとともに、PCでゲームする際に必要なコントローラー回りの選び方を一からガイド!(2021/10/29)

EV向け電池 パナソニック復調の足がかりとなるか
パナソニックの2021年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比15.5%増の3兆5335億円、最終利益が約3.1倍の1530億円となった。収益の柱となる事業の育成が急務となる中、半導体不足の影響を受けづらいEV向け電池などの好調がプラス要因となった。(2021/10/29)

10倍に膨れたAWS運用費をどう減らす? ユーザー急増のnoteが挑む「コスト削減作戦」の裏側
巣ごもり需要によってユーザーが急増、これに伴い提供基盤であるAWSの運用コストも約10倍になったというnote。膨れ上がったコストの削減に取り組む「SREチーム」に、無駄を削減する具体的な手法を聞く。(2021/10/29)

統合型PRと広報効果測定のデータ活用【後編】:
Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成功事例として、旭化成HPの「Ziploc」フリーザーバッグのマーケティング戦略についてご紹介します。(2021/10/28)

Googleの親会社Alphabet、売上高は5四半期連続の更新 クラウドの営業損失は半減
Googleの親会社Alphabetの7〜9月期決算は、売上高は過去最高の652億1800万ドル、純利益は68%増だった。Google Cloudの売上高は45%増で、営業損失は半減した。(2021/10/27)

磯部孝のアパレル最前線:
宣言解除でアパレル業界の復活なるか 秋冬商戦で問われる企業の力
コロナ禍で人流に変化がおきて生活者のライフスタイルも変わった。生活者のライフスタイルの変化に対応できた企業と出遅れた企業とでは業績に差が生まれたように思う。アパレル業界が打破しなければならないポイントや対応策について考えてみたい。(2021/10/27)

明暗:
「プラモデル」「フィギュア」の市場は拡大も「アニメ」などは縮小 コロナ禍のオタク市場調査
矢野経済研究所は、20年度のオタク市場を調査した。主要13分野における動向や将来展望を明らかにした。コロナ禍による「巣ごもり需要」で、好不調が分かれる結果となった。(2021/10/26)

継続率は9割以上:
マッチングアプリのノウハウを応用 元リクルート社員が手掛けた1対1のパーソナルジムは何が違うのか
ありとあらゆるものが「リモート」化する中、19年から1対1のオンライントレーニングを提供するサービスがある。「ZENNA(ゼンナ)」だ。手掛けたのは、元リクルートの中川純希氏。かつて携わったマッチングアプリのノウハウが生かされている。(2021/10/26)

小売・流通アナリストの視点:
オーケーに関する2つの誤解 関西スーパーが守ったものと失ったものとは?
買収劇で渦中のオーケーと関西スーパー。小売・流通業界に筆者は、オーケーに関する「2つの誤解」が問題を複雑にしていると指摘する。加えて、関西スーパーが守ったものと失ったものを解説することで、今回の騒動をひもといていく。(2021/10/25)

関西スーパー買収目指す オーケー社長、統合案否決「手応え」
関西スーパーマーケットの買収を目指す首都圏地盤のスーパー、オーケー(横浜市)の二宮涼太郎社長が20日、産経新聞のインタビューに応じ、9日後に迫った29日の関西スーパーの臨時株主総会で諮られるエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループとの統合案否決に向け、「手応えを感じている」と自信を見せた。一方、子会社化を急ぎたいオーケーと、時間をかけて協議したい関西スーパーとの間で「時間軸の認識にずれがあった」とも述べ、それが両社の対立の原因であるとの考えを示した。(2021/10/21)

統合型PRと広報効果測定のデータ活用【前編】:
「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合型PRと、DXが進む広報効果測定に関する基本知識とメソッドをご紹介します。(2021/10/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1000円以上の「駅弁」が、各地のスーパーで飛ぶように売れている理由
コロナ禍で、駅弁の販売がスーパーや通販にシフトしている。背景にあるのは新型コロナウイルスの感染拡大だ。駅弁の販路はどう変わってきたのか。(2021/10/20)

最終黒字:
吉野家HD、3〜8月期の決算を発表 ドラッグストア50店舗で牛丼の販売を目指す
吉野家ホールディングスが第2四半期(21年3〜8月)の連結決算を発表した。営業損益は7億2300万円の黒字を確保した。今後の戦略は?(2021/10/18)

ユニクロ事業が回復:
ファストリの8月期決算は過去最高益 来期は「値引依存からの脱却」図る
ファーストリテイリングは10月14日、2021年8月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。(2021/10/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
列車が来なくとも、「駅」は街のシンボルであり続ける
京阪電鉄中之島線「なにわ橋駅」のコンコースに「アートエリアB1」という、産・学・NPOによる協創コミュニティーがある。ここで11月20日から22年2月27日に「鉄道芸術祭」が開催される。鉄道芸術祭のプレイベントで、筆者が鉄道芸術祭に参加するアーティストに向けて話した、駅の面白さを紹介する。(2021/10/17)

3分インタビュー:
ケンミンの冷凍ビーフン スーパーで1日1個しか売れないのに、なぜ自販機で50個も売れるのか
ケンミン食品の冷凍ビーフンが売れていることをご存じだろうか。スーパーでは苦戦しているのに、自販機で販売したところ人気商品に。その背景に迫ったところ……。(2021/10/14)

巣ごもり需要に対応:
セブン&アイ、上半期の連結決算を発表 ネットコンビニ取り扱い店舗を今年度中に約1200店へ
セブン&アイ・ホールディングスは、2022年2月期第2四半期(21年3〜8月)の連結決算を発表した。国内のコンビニ事業ではどういった戦略を打ち出していくのか。(2021/10/9)

コロナ禍の需要に対応:
ローソン、上半期の連結決算を発表 好調な「まちかど厨房」を8400店に拡大
ローソンは2022年2月期第2四半期(21年3〜8月)の連結決算を発表した。決算説明会では、さまざまな施策の進捗状況も発表した。(2021/10/8)

テレワークにネット通販、SNS…… 家の中へ向かい海外へ広がる
新型コロナウイルス禍の長期化で人はひたすら家に向かった。「巣ごもり消費」が定着し、ネット通販やテークアウトの利用は急増。ITの活用で自宅にいながら海外とつながることもできる。今後はネットとリアルのメリットを捉えたビジネス展開が重要になる。(2021/10/8)

新「日常」の先 巣ごもり消費 広がる世界
新型コロナウイルス禍の長期化で、人はひたすら家に向かった。「巣ごもり消費」が定着し、ネット通販やテークアウトの利用は急増。変容した消費の姿はコロナ禍が去ったとき、どうなるのか。(2021/10/5)

PR:衛星通信で変わるIoTの未来 低コストで企業のIoT活用を加速させるGlobalstar
(2021/10/5)

フォルヌフティグ:
イケア、初の空気清浄機を発売 省スペースで使いやすいデザインを採用
イケアが初となる空気清浄機の販売を開始する。「フォルヌフティグ 空気清浄機」は、6畳程度の狭いスペースでも利用可能で、消費電力も少ない。(2021/10/1)

採算より「ビジョン」を優先:
家具・家電のサブスク「CLAS」の売り上げが、3倍ペースで伸びているワケ
家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」(クラス)は、9月に総額約21億円の資金調達を発表した。毎年3倍ペースで成長している同社は、この資金調達でさらなる事業規模の拡大を狙う。どのような暮らしの未来を描き、どのような戦略で事業成長を遂げてきたのか。(2021/10/8)

大きく変化:
2020年のレジャー実態 在宅レジャーが増加し、市場規模は23.7%減
調査研究や提言などを行う「日本生産性本部」は、2020年の余暇活動状況についての個別のアンケート結果と、各業界の市場分析から検証して取りまとめた『レジャー白書2021』を10月4日に発行する。(2021/9/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コンビニ弁当の価格が“三極化” セブンは「270円」を投入、ミニストップは「599円」が好調
500円前後がボリュームゾーンだったコンビニ弁当の価格帯が広がっている。大手は200円台や300円台のミニ弁当を相次いで発売。一方、ミニストップは599円という高額の弁当が売れている。(2021/9/29)

湯之上隆のナノフォーカス(42):
市場急拡大の反動、「メモリ大不況」はいつやってくる?
続々と巨額の投資が発表される半導体業界。現状は半導体不足が続いているが、どこかで供給が需要を追い越し、そのあとには半導体価格の大暴落と、それに続く半導体の大不況が待ち構えているとしか考えられない(2021/9/28)

製品動向:
室内の換気と湿気の排出が同時に可能なルームエアコンを発売、ダイキン工業
ダイキン工業は、室内を換気しつつ不快な熱や湿気を屋外に排出できるルームエアコン「うるさらX(Rシリーズ)」の新タイプを開発した。(2021/9/24)

経営権取得をかけた争い:
関西スーパー争奪 話題の激安オーケーの選択
関西が地盤の中堅スーパー、関西スーパーマーケットの経営権取得をかけた争いが激化している。(2021/9/19)

コロナ禍のニーズに対応:
コンビニのクリスマス商戦スタート 大手3社の狙いは?
コンビニのクリスマス商戦が本格的にスタートする。各社はコロナ禍で“おうち時間”を充実させたいという利用者のニーズに対応する。(2021/9/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。