ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「おとくライン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「おとくライン」に関する情報が集まったページです。

携帯各社、台風7号に伴う支援措置を実施
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話3社は、台風7号や梅雨前線などに伴う大雨の被害に対する支援措置を発表。利用料金の支払い期限延長や修理費用の軽減などを行う。(2018/7/9)

携帯各社、大阪北部地震に伴う被災地支援を開始
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話3社は、災害救助法が適用された地域のユーザーに対する支援措置を実施。利用料金の支払い期限延長や修理費用の軽減、災害復興を行う団体などへの電話機や充電器の無償貸し出しなどを行う。(2018/6/19)

ソフトバンク携帯から固定電話につながりにくく 通信設備の故障で
ソフトバンクは2月19日、同社の携帯電話から固定電話への通話がしづらい状態になっていると発表した。通信設備の故障が原因という。【更新】(2018/2/19)

携帯各社、熊本地震の被災地支援を開始 支払期限の延期や修理代金の軽減など
ドコモ、au、ソフトバンクの3社は、災害救助法が適用された熊本地震の被災地向けに、各種支援策を開始した。(2016/4/15)

「みまもりケータイ」が25カ月無料になるキャンペーン 法人向けサービスも開始
ソフトバンクモバイルは、「みまもりケータイ 005Z」の新規購入者を対象に基本使用料を25カ月間無料にするキャンペーンを7月から開始する。また、法人向けには、みまもりケータイ監視サービスを提供する。(2011/6/27)

フリーアドレス制オフィスでiPhoneが活躍、業務のスピードアップも――NJCネット
企業のネットワーク構築やスマートフォンの導入サポートを手がけるNJCネットコミュニケーションズ。iPhoneもいち早く導入し、自社の業務環境に取り入れて効果を検証。実体験に基づく“使う側視点”の導入支援を目指すという。(2011/5/23)

PHSからおとくラインへの通話が無料に――「ホワイトライン24[PHS]」
ウィルコムが3月1日から、月額980円でPHSからおとくラインへの通話が無料になるオプションサービス「ホワイトライン24[PHS]」の提供を開始した。(2011/3/1)

ウィルコム、学生の新規契約事務手数料を無料にするキャンペーン
ウィルコムが3月1日から6月30日まで、22歳以下もしくは学生を対象に、新規契約時の事務手数料(3150円)を無料にするキャンペーンを実施する。(2011/3/1)

固定からPHSへの通話が24時間無料に――「ホワイトライン24(おとくラインW)」
ソフトバンクテレコムが、「おとくライン」回線からウィルコムPHSへの国内音声通話料が無料となるオプションサービス「ホワイトライン24(おとくラインW)」を2011年1月1日より開始する。(2010/12/1)

ネットワークも増強する:
常識を打ち破る新プランで3カ月以内の純増を目指す――新生ウィルコムが始動
月額980円で他社ケータイや固定電話との通話料が無料になる「だれとでも定額」を発表したウィルコム。同サービスはウィルコム再生の一手となり得るのか。そしてソフトバンクグループとのシナジー効果とは――。(2010/12/1)

10万円分の商品券やお父さんグッズが100万人に当たるホークス優勝記念キャンペーン
ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ヤフーの4社は、100万名にプレゼントが当たるホークス優勝記念キャンペーンを9月28日から10月11日まで実施する。(2010/9/27)

ソフトバンクグループ、電報に参入 NTT以外で初めて「115」使用
ソフトバンクグループが電報サービスに参入。ソフトバンクテレコムの直収電話に加入していれば、「115」番から直接利用できるようになる。(2009/11/20)

自分は何をしたいのか:
ソフトバンクで身につけた仕事術は生きる〜Part5
若くして転職活動をする人から「ディレクター、プロデューサーをやりたい」という言葉を聞くことがあります。僕からしてみると「企画って、何の企画? どういうことを指しているの?」と質問したくなります。(2009/9/23)

小売店向け発注業務サイト「TOC Buyer's NET」がiPhoneに対応
TOC-indexとソフトバンクテレコムは、小売店向け発注業務サイト「TOC Buyer's NET」をiPhone向けに対応した。おとくライン/ホワイトライン24(おとくライン)を利用した低コストの通信プランも提供される。(2009/6/15)

ソフトバンクグループ通信3社がロゴを統一
ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコムの通信3社は、4月からサービスブランドロゴを、現在ソフトバンクモバイルが使用しているシルバーのデザインに統一する。(2009/3/18)

郵便局、ソフトバンクテレコムの固定電話5万回線採用
郵便局がソフトバンクテレコムの固定電話回線を採用する。(2009/1/28)

「ホワイトプラン」契約数が1300万を突破──Wホワイトも451万件に
ソフトバンクモバイルが、5月21日に「ホワイトプラン」の契約数が1300万を突破したことを明らかにした。2007年1月にスタートしてから、約1年半弱で全契約者の7割弱が加入する人気プランへと成長した。(2008/5/22)

固定も携帯もすべて定額、ソフトバンク系2社が法人向けに提供
ソフトバンクモバイルとソフトバンクテレコムは、携帯電話や固定電話のすべての通話料金が定額になる法人向けサービスを始める。(2008/5/8)

法人向けFMCサービス「ホワイトライン24」開始──ソフトバンク固定と携帯で国内通話定額
ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイルは、法人向けFMCサービス「ホワイトライン24」を6月3日に開始。固定サービス「おとくライン」と携帯「ホワイトプラン」へ月額料金を追加することで、固定電話と携帯間の通話を定額にする。(2008/5/8)

ソフトバンクモバイル、携帯と固定の請求をまとめる「ソフトバンクまとめて請求」開始
ソフトバンクモバイルとソフトバンクテレコムの請求を一本化する「ソフトバンクまとめて請求」が2月に始まる。支払いや請求書を1つにまとめられる。(2008/1/18)

ソフトバンクモバイルの法人契約は業界平均の4倍?
ソフトバンクの孫正義社長は、2008年度第1四半期決算の説明で携帯電話の法人契約数を明らかにした。(2007/8/8)

「競争は始まったばかり」と“謙虚”な孫社長 ソフトバンク好調
「競争はまだ始まったばかり。他社もがんばっているから油断はしていられない」――携帯電話事業が好調で好決算を発表したソフトバンクだが、その余裕からか、孫正義社長はいつもより謙虚な姿勢で会見に臨んだ。(2007/8/8)

「ボーダフォン買収は成功」と孫社長 ソフトバンク、売上高2.5兆円・経常益5.5倍に
「沈みゆく船を買うのでは」と懸念されたボーダフォン買収だったが、1年で業績を回復させ、グループ収益のけん引役になった。孫社長は携帯事業を「十年戦争」と語り、長期戦前提で攻めの態勢に入る。 (2007/5/8)

「携帯はもうかるビジネス」 ソフトバンク4〜12月期、営業益7倍に
「携帯はもうかるビジネスだと感じていたが、順調に利益に貢献している」――ソフトバンクの孫正義社長はこう切り出した。売上高・営業利益の半分以上を携帯事業で稼ぎ出した形。「ホワイトプラン」が人気で加入者数も順調に増えた。(2007/2/8)

日本テレコム、平成電電の通信サービスを終了
日本テレコムは、経営破たんした平成電電から譲り受た通信サービスを順次終了し、同社とソフトバンクグループの関連サービスに移行する。(2006/8/31)

孫社長が掲げる“ボーダフォン4つの約束”
「買ってよかった」。巨額の買収に踏み切ったソフトバンクの孫社長は、3Gネットワークや端末ラインアップの強化など、ボーダフォン改革に向けた「4つのコミットメント」を明らかにした。(2006/5/10)

平成電電が敗訴 「おとくライン」訴訟
(2006/3/30)

「春が来そうだ」──ソフトバンク4〜12月期、最終黒字178億円に
ソフトバンクの2005年4〜12月期は178億円の最終黒字に。孫社長は「今回はトンネルをいよいよ抜けて春が来そうだ」と自信を見せる。(2006/2/10)

「トンネル抜けた」――ソフトバンク中間期、5年ぶり営業黒字
ソフトバンクが5年にわたる営業赤字のトンネルを抜けた。今後はADSLの教訓を生かし、初期投資を抑えながら黒字ベースの経営をしていく方針だ。(2005/11/10)

ソフトバンク、インボイスと業務・資本提携
(2005/8/10)

ソフトバンク「5年ぶり営業黒字化の見通し」
「5年ぶりにトンネルを抜ける」。効率を重視していく姿勢を鮮明にしたソフトバンクの孫社長。5年ぶりに通期営業黒字化するめどが立ったと自信を見せた。(2005/8/10)

日本テレコム、814億円の最終赤字 おとくライン投資かさむ
(2005/6/24)

「おとくライン」申込書偽造で日本テレコムに行政指導
(2005/6/9)

「“阪急”を目指す」ソフトバンク、今期黒字化へ
ソフトバンクの赤字幅が大きく縮小。今期は最終黒字を計上できる見通しという。今後はコンテンツサービスをさらに拡充する方針だ。(2005/5/10)

「おとくライン」のバックボーン、総IP化へ
ソフトバンクの孫社長は、「おとくライン」のバックボーンを総IP化する方針。おとくライン事業は今年度中にも単月黒字化する見込みという。(2005/5/10)

営業の主力は「おとくライン」に回す〜ソフトバンク
おとくラインには現在、開通ベースで12万のユーザーがいることが明かされた。今後は同事業にソフトバンクの営業力を集中させる。(2005/2/9)

「ひと皮むけた」──そんな2004年だったかな
衝撃だったり、参入したり、立ち上がったり──前年とはうってかわって多彩な話題に注目が集まった2004年を振り返ろう。(2004/12/29)

平成電電、ソフトバンクを提訴 「おとくライン」販売差し止め求める
日本テレコムの「おとくライン」が、平成電電の「CHOKKA」の営業秘密を不正に使用していると主張。販売差し止めを求めている。(2004/11/29)

日本テレコム「おとくライン」、公約通りに対抗値下げ
直収型固定電話「おとくライン」の料金を一部値下げ。KDDI「メタルプラス」の料金値下げに対抗し、上回った部分について「おとく保証キャンペーン」に基づき引き下げた。(2004/11/22)

「ADSLビジネスモデルは確立」 ソフトバンク、赤字大幅圧縮
最終赤字は713億円縮小。9月単月では営業黒字を達成した。「おとくライン」や「Yahoo!BB 光」でもADSL型のユーザー獲得戦略を採り、売り上げを拡大する目論見だ。(2004/11/10)

au純増数を上方修正〜好調KDDIの弱点は?
KDDIは10月28日、中間決算を発表した。au部門の好調がそのまま好決算につながったが、死角はないのだろうか。(2004/10/28)

日本テレコム、おとくラインで“最安値宣言” さらに対抗値下げ
通話料金をNTTやKDDIよりも0.1円以上安くするキャンペーンを行う。(2004/10/7)

固定電話のコンセントは抜きっぱなしだ
NTT東西が固定電話の回線使用料を値下げしたという記事に注目が集まった。(2004/10/4)

おとくライン専用「Yahoo!BB 8M」登場
NTT回線を使った場合よりも84円安くなる。(2004/10/1)

日本テレコムの「おとくライン」、KDDIより安価に
(2004/9/15)

KDDI、基本料金1575円の固定電話「メタルプラス」
KDDIが、ソフトバンクの「おとくライン」よりも安価な固定電話サービス「メタルプラス」を始める。級局別料金を廃し、都市部でNTTやソフトバンクよりも250円〜50円基本料金が安い。プッシュホンも基本料金内でサービスする。(2004/9/15)

ソフトバンクが直収型で固定電話に参入
基本料金はNTTよりも最大200円ほど安い。ADSLと同様の価格インパクトで、NTTの金城湯池・基本料金市場に切り込む。(2004/8/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。