ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「暴動」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「暴動」に関する情報が集まったページです。

岐路に立つ日本社会:
“移民”解禁で仕事を奪われる「プアー・ジャパニーズ」は出現するか
4月から外国人労働力の受け入れが拡大。事実上の“移民解禁”とも言える流れに。将来、日本人の仕事が奪われることになる?(2019/5/29)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
フル・フロンタルが夢見た「サイド共栄圏」の実現可能性
赤い彗星・シャアの再来と呼ばれるフル・フロンタル。月やコロニーでブロック経済を形成する「サイド共栄圏」を目指した。意外なその実現可能性と、末路は?(2019/4/25)

スリランカ連続爆破事件 政府がFacebookなど遮断 誤情報の拡散防止
スリランカで21日に起きた連続爆破テロを受け、同国政府は誤情報の拡散を防ぐため、国内のフェイスブック(FB)などソーシャルメディアの利用を一時的に停止する措置を取った。テロ事件をめぐっては誤情報による暴力の連鎖や過激思想の拡散などソーシャルメディアの影響力が問題視される一方、国家によるネット規制に疑問の声も出ている。(2019/4/24)

「首都機能マヒ」が日本を止める:
リスクだらけの首都・東京 在京企業が本社移転を考えるべき深刻な理由
魔物のような魅力を持つ「虚大都市」東京。しかしあらゆるものが一極集中し過ぎた首都は、重大なリスクをはらんでいる――。(2019/4/2)

スマトラ島の防災センター、火山噴火や洪水などの災害を一元管理する富士通の「総合防災情報システム」を導入
インドネシアの北スマトラ州防災局の防災センターが、富士通の「総合防災情報システム」を導入。災害現場で職員がスマホアプリで報告する被災状況を、防災センターの大型ダッシュボードにリアルタイムに表示する。複数箇所で発生した災害も一元管理でき、災害発生時の迅速な初動体制の確立を支援する。(2019/1/30)

「人類誰もがモンスター」 クロちゃん“収監”の騒動があぶり出したものとは、ネットの反応に見るネガポジな意見
モンスターはクロちゃんだけではなかった。(2018/12/28)

『クリスマスキャロル』再演の真意:
僕の足を引っ張らない社会を作る――ホリエモンが演劇をアップデートする理由
ホリエモンこと堀江貴文氏が主演を務め、現在公演中のミュージカル『クリスマスキャロル』。そもそもなぜホリエモンは芝居をやっているのだろうか? その真意を探った。(2018/12/15)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「敵とは何か」 SNSの未来を描く「ガッチャマン クラウズ」のメッセージを解く
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)がセキュリティ対策を解説します。第4回のテーマは「ガッチャマン クラウズ」です。 (2018/10/12)

開発陣に聞く「AQUOS R2」(後編):
初代「R」の不満も解消 「AQUOS R2」で目指した“快適さ”
シャープの新たなフラグシップスマートフォン「AQUOS R2」の開発者インタビュー。後編ではディスプレイやパフォーマンスについて話を聞いていく。「AQUOS R」では省かれた機能も、ユーザーからの熱烈な要望があって復活した。(2018/7/10)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(2):
「仕様に潜むバグ」を見つける、たった1つの心掛け
組み込み開発の「現場力」を上げるには、問題に取り組み解決することが一番です。今回は「仕様のバグ」に挑みます。実は、仕様に潜むバグを見つけるには、たった1つの心掛けさえあれば良いのです。(2018/3/7)

モノづくりの礎を築いた:
創業100周年の企業は? あの大手メーカーが歩んだ100年
2018年に創業100周年を迎える企業には、パナソニックなどの大手メーカーが名を連ねる。(2018/1/10)

無数の人間たちが整然と歩き、落ち、戦い、潰される…… 謎のゲーム「HUMANITY」の動画が衝撃的
ずっと見ていられるやつ。(2017/12/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
漫画『カレチ』『エンジニール 鉄道に挑んだ男たち』が描く、国鉄マンの仕事と人生
国鉄末期の旅客専務車掌を主人公に、当時の鉄道風景と鉄道員の人情を描いた漫画『カレチ』。その作者の池田邦彦氏に、鉄道員という仕事について話を聞いた。(2017/10/13)

ねとらぼレビュー:
アニメ映画「ソウル・ステーション パンデミック」に見る韓国の怒りと哀しみ
※重大なネタバレあり。(2017/10/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は大丈夫なのか 米大使館を苦しめている「音響兵器」
キューバで起きた奇怪なニュースが話題になっている。キューバに駐在する米大使館員の多くが体調不良を訴えていて、その原因が「音波」ではないかと指摘されているのだ。音波による攻撃とは一体どんなものなのかというと……。(2017/10/5)

インド、紅茶の産地で混乱収まらず ダージリンが輸入困難に
まだ価格高騰などは起きていません。(2017/7/21)

世界を「数字」で回してみよう(41) 働き方改革(1):
上司の帰宅は最強の「残業低減策」だ 〜「働き方改革」に悩む現場から
あなた(あなたの会社)は、「働き方改革」に本気で取り組んでいますか? 読者の皆さんの中には、「誰かの上司」という立場である方も極めて多いと思われます。そんな皆さんに伝えたい――。シミュレーションで分かった「残業を減らす最善策」、それは皆さんが今すぐ、とっとと帰宅することなのです。(2017/7/13)

元NASA技術者、2メートルの巨大水鉄砲を製作 時速400キロ超で噴射し、スイカを真っ二つにする破壊力
暴動が鎮圧できそうな水鉄砲。(2017/7/16)

Twitterの書き込み分析で暴動発生を早期発見 英大学が論文発表、警察よりも平均23分早く
データの有効活用。(2017/6/28)

スピン経済の歩き方:
「ヌーハラ報道」に、目くじらを立てる理由
少し前、日本人がラーメンなどをすする際の音で外国人が不快な思いをするという「ヌードルハラスメント」(ヌーハラ)が注目を集めた。テレビや新聞などがこの騒動を報じたわけだが、筆者の窪田氏は「報じてはいけない」という。なぜなら……。(2016/11/29)

スピン経済の歩き方:
なぜ大阪府警の機動隊は「土人」などと暴言を吐いたのか
沖縄のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事を巡って、現場を警備する大阪府警の機動隊員が「暴言」を吐いた。反対運動をしている人に「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」などと発言したわけだが、なぜ彼らはこのような暴言を吐いたのか。その理由を探ってみると……。(2016/10/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
素顔は意外に優しい? 暴走するフィリピンの「暴言大統領」
10月25日、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が来日する。彼の「暴言」がニュースになることが増えているが、一体どんな人物なのか。破天荒な言動の一方で、国民からは……。(2016/10/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR収益増の秘策「JRデスティネーションキャンペーン」に新たな展開?
旅行会社を対象に優秀な鉄道旅行企画を表彰する「鉄旅オブザイヤー」は、今年度から一般部門「ベストアマチュア賞」を創設した。応募条件は「JRデスティネーションキャンペーンをからめた旅行企画」だ。このJRデスティネーションキャンペーンは地域観光に絶大な効果があるのだが……。(2016/9/30)

昔のポケモンと「ポケモンGO」で決定的に違うこと
年代別に異なる「ポケモンGO」へのモチベーション。キーワードは「愛着」?(2016/9/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
そもそも、なぜスポーツイベントで国歌が演奏されるのか
米国で、アメフト選手の行動が物議を醸している。試合前の国歌演奏時に起立しなかったわけだが、そもそもなぜスポーツイベントで国歌が演奏されるのか。米国だけでなく、日本でも演奏されているが、いったいなぜ?(2016/9/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
伝説のマイケル・ジョーダンは、なぜ長年の「沈黙」を破ったのか
米国で人種をめぐる事件が続いている。黒人と警察官の間には「一触即発」と言っていいほどの緊張感が漂っているが、そうした状況の中でマイケル・ジョーダンが立ち上がった。ジョーダンはこれまで社会的な発言を控えてきたのに、なぜ声を発するようになったのか。(2016/8/4)

レアポケモンが出たぞーっ! “オオカミ少年”ならぬ“カイリュー青年”にポケモンGOプレイヤーが盛大に釣られる
久々にひどい釣りを見た。(2016/7/27)

世界を「数字」で回してみよう(32) 人身事故:
だから減らない? 鉄道への飛び込みは“お手軽”か
このシリーズを始めて以来、「鉄道を使った自殺は、他の自殺より“軽い”ような気がする」という印象を拭えずにいます。そこで今回、なぜ“軽い”と感じるのか、それを具体的に検討してみました。(2016/7/19)

「ポケモンGO」セントラルパークでシャワーズ発見! → 深夜にもかかわらず群衆が押しかけお祭り騒ぎに
まるで暴動。(2016/7/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
スターウォーズ・ボイコット運動から見える米国の現実(ネタバレなし)
映画『スターウォーズ/フォースの覚醒』が大ヒットしている。米国では公開初日だけで約5700万ドルの興行収入を記録しているが、ちょっと気になる話題が盛り上がっている。それは「映画をボイコットしよう」という動きだ。(2015/12/24)

松村太郎の「バークレー生活研究所」:
バークレーは非常に“意志の強い”イノベーターの街だった
筆者が住むカリフォルニア州北部の街・バークレーが発祥となっているものは多い。例えば、カフェラテが生まれたのもこのバークレーだ。(2015/12/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車づくりの“日本回帰”を支えているのは?
かつて中国をはじめ海外に生産工場を作った日本の製造業が、再び日本でのモノづくりにシフトチェンジしている。自動車についてはいくつかの点で日本に強みがあるという。(2015/12/14)

「ロケットニュース24」の人気記事が書籍化! GO羽鳥さんに聞く「迷惑メール」撃退の裏側
(2015/5/14)

製造マネジメントニュース:
インド最大州の首相が「日本企業専用工業団地」への進出を呼び掛け
インドで最も面積の大きいラジャスタン州の首相ヴァスンダラ・ラジェ氏は、報道陣と会談をし、同州で2つ目となる「日本企業専用工業団地」を完成させ、日本企業の進出を呼び掛けた。(2015/4/8)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

経済破綻はなぜ起こったか? デトロイト編
『世界はすでに破綻しているのか?』から、デトロイトでの事例を紹介。(2014/10/23)

伊吹太歩の時事日想:
医師が住民に襲われる――世界最恐の感染症「エボラ出血熱」の“二次被害”
連日のようにデング熱関連の報道がされていた日本だが、世界に目を向けると、今もエボラ出血熱は大きく取り上げられている。病気それ自体も大変危険なものだが、近ごろは、治療や啓発を行おうと現地入りした医師が襲われるといった“二次被害”が起きているという。(2014/9/25)

製造ITニュース:
紛争発生時の生産移転コスト、すぐ見えますか――オラクルが経営管理クラウド提供
日本オラクルは同社が展開する予算管理ソリューション「Oracle Hyperion Planning」のクラウド型サービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を発表した。従来は大企業の導入が大半だったが、クラウド化の効果により、中堅製造業などでも、複雑な経営情報を可視化し迅速な経営判断を下せる効果を享受できるという。(2014/8/25)

いまさら聞けない「工場立地」入門(2):
「工場立地」面から見たアジア各国の特性と課題
長年生産管理を追求してきた筆者が、海外展開における「工場立地」の基準について解説する本連載。2回目となる今回は、工場を立地するという観点で見た場合のアジア各国が抱える特性と課題について解説する。(2014/7/17)

「W杯で大敗したブラジルで暴動」の画像出回る←デマでした
ネットに出回っているのは昨年撮影された画像です。(2014/7/9)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
訪日外国人が1000万人を突破!――外国人の受け入れを考える
外国人旅行者が増え、街中でも外国の人たちを見かけることが多くなりました。新幹線も飛行機もホテルも、よく混んでいる印象です。今回は、訪日外国人の増加と経済成長、外国人の受け入れについて考えます。(2014/6/23)

Gartner Column:
突然に、そして唐突に「デジタル」って言われても???
デジタルは従来のITよりも範囲が広く、エレクトロニクス領域のテクノロジ全般を指しているといっても過言ではない。新たなる「デジタル」は、従来の常識であるデジタルとは全く異質だと理解してほしい。(2014/5/7)

杉山淳一の時事日想:
利用者激怒、信頼失墜……交通機関のストライキに効果はあるのか?
3月20日、関東バスと相模鉄道・相鉄バスの3社がストライキを決行した。法律に基づいた行動だが、利用者からは歓迎されず、現場の労働者自身が批判の矢面に立たされている。労働争議の手法は長い間変わっていないが、そろそろ新たな戦術が必要ではないか。(2014/3/28)

藤田正美の時事日想:
世界を脅かしているウクライナ危機――最悪のシナリオとは
ウクライナ危機は世界を脅かしているが、日本の株式市場はそれほど影響を受けていない。しかし世界最大の債券運用会社の元CEOが、フィナンシャルタイムズ紙に“最悪のシナリオ”を寄稿した。その内容とは……。(2014/3/26)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/17)

オフショア開発最前線:
ミャンマーオフショア開発は「中国プラスワン」戦略の主役となるか
以前まで中国が中心だったオフショア開発市場。しかし時代の流れとともに状況は変わりつつある。本連載では、いま注目されているミャンマーの動向を中心にオフショア開発の最新トレンドを紹介する。(2014/1/31)

女神的リーダーシップ:
映像配信サービスで救われた命
スウェーデンでは毎年、ノーベル賞の発表を機に誰もが国際情勢に思いを馳せる。自由や和平への関心はとりわけ高い。ウェブ上には数々の試合やパーティーのライブ映像がアップされているが、中東で若者たちが独裁体制に立ち向かう姿も伝えられている。(2014/1/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
2014年の新興国経済と日本経済を俯瞰して予想する
BRICs諸国である中国、インド、ロシア、ブラジルと隣国である韓国を合わせた5カ国を総括して見ると、2013年以降の景気減速はそう簡単には避けられそうにない。その要因はいくつもある。(2013/9/26)

窪田順生の時事日想:
オリンピックの開催国で「デモ」や「暴動」が増える理由
2020年の夏季五輪が東京に決定した。ほとんどのメディアがこのニュースを“お祭り”ごとのように報じているが、光のあるところには必ず影ができる。五輪の恩恵を受けられない人たちの不満が、祭りの前に爆発するかもしれない。(2013/9/10)

Macworld/iWorld Asia 2013:
中国市場の勢いとノリのよさを感じたアップル製品の祭典
北京で行われた「Macworld/iWorld Asia 2013」を林信行氏がリポート。未発表の新型iPhone向けケースも多数展示されている。(2013/9/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。