ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「再就職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「再就職」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

働く男女に聞く:
仕事でスキルアップしたい理由1位は「収入増」 取り組んでいることは?
ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)が、働く男女500人を対象に「スキルアップのためにしていること」を尋ねた。(2021/10/11)

働き方の「今」を知る:
45歳定年の波紋 「人材流動化」を生むのか、単なる「人材切り捨て」か
経済界で大きな話題を呼んだ「45歳定年制」。賛否両論だが、果たして本当に「人材流動化」を生み出すのか、あるいは「人材切り捨て」となるのか。悲しい結末に至らないためのカギを解説する。(2021/9/28)

凡人エンジニアが経営コンサルタントに生まれ変わるまで(2):
リーマンショックに翻弄され、エンジニア派遣会社へ
ある大手メーカーのエンジニアが、さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、新たなキャリアとして経営コンサルタントになるまでのいきさつを描く本連載。第2回は、リーマンショックを契機に大手メーカーを退職した後、派遣エンジニアとしてVSNに就職したいきさつを紹介する。(2021/9/1)

スピン経済の歩き方:
莫大なカネを生む「カジノ」が、日本で“オワコン”になった3つの理由
日本のカジノに逆風が吹いている。菅義偉首相のお膝元で、大本命とされていた「横浜カジノ」が完全消滅しただけでなく、この動きは他の候補地にも広がろうとしている。反カジノ派の声が強くなれば、どうなるのかというと……。(2021/8/31)

ネオキャリア人事部長が語る:
「日本企業を変えられるのは、人事」 “経営の根幹”として求められること
働く人々や企業を取り巻く環境が大きく変化するなか、これからの人事の在り方をどう捉えていくべきだろうか。ネオキャリアの人事部長・割石正紀氏は、「日本の企業を変えることができるのは人事」だと語る。(2021/8/26)

働き方の「今」を知る:
「ツイートを理由に退職処分」は適切だった? ホビージャパン問題から考える、社員の不適切SNS問題
転売を肯定するツイートが炎上した社員を退職処分としたホビージャパン。果たしてその処分は適切だったのか。また、社員のSNSを、企業はどのように管理すればよいのか。(2021/8/18)

社労士が解説:
退職勧奨で決めるべきこと 誰を対象にするのか、対象にしてはいけないのか
退職勧奨とは、会社が雇用する従業員に退職するよう促すことをいいます。退職勧奨を行う上で、あらかじめ決めておくべきことを解説します。(2021/8/16)

子育てにパートナーはどの程度関与してるか:
「日本は子どもを育てやすい社会と思わない」が51.0% 困っていることは?
日本の育児事情を調査。日本は子育てがしやすいと思うか、子育てに関与しているか、子育て上で困っていることなどを聞いた。(2021/8/3)

70歳の働く場【中編】:
ホンダ「アシモ」の開発者がハサミメーカーを支援 定年後に「新天地」で挑戦する高齢者
高年齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。「70歳の働く場」後編では、シニア人材を信用金庫や信用組合など地域の金融機関の取引先企業に紹介してきた一般社団法人新現役交流会サポートの活動を中心にレポートする。(2021/7/31)

人材派遣や教育は減収:
パソナの純利益11倍、21年5月期通期 BPOや再就職支援が好調
パソナグループが2021年5月期通期の連結業績を発表。純利益が前期比約11倍の67億円だった。人材派遣や研修などのサービスは減収だったが、BPOや再就職支援事業が好調だった。(2021/7/15)

チェックリスト:
希望退職を募集して、応募者が「やっぱり辞めません!」と言ったら、どうする?
希望退職実施に当たって、どんなことを決めておくべきでしょうか。今回は、退職者への優遇措置員〜応募人員が少なかった場合の対応、再募集の有無までを解説します。(2021/7/14)

全国百貨店の売り上げ1824億円減:
東武百貨店、希望退職者200人募集 22年以降の黒字化目指す
東武百貨店が24日、200人の希望退職者を募集した。コロナ禍で減収が目立ち、22年の黒字化を目標に事業構造改革を進めていくという。(2021/6/25)

スマホ決済や6Gの動きで遅れていないか? +メッセージの開放は? KDDI株主総会の質疑応答
KDDIが6月23日、第37回定時株主総会を開催した。2021年度はKDDIにとって、中期経営計画の最終年度に位置付けられる。高橋誠社長は、「マルチブランドによる5G利用の積極促進」「au経済圏拡大の取り組み」「社会のデジタル化推進に向けた取り組み」という3つの柱を改めて説明した。(2021/6/24)

鉄道の駅には、実は「4つのタイプ」がある 直営駅と無人駅、業務委託駅と簡易委託駅の違いのお話
無人駅の雰囲気が大好きな人〜。(2021/6/21)

チェックリスト:
希望退職を募集して、優秀な社員が「辞めたい」と言ったら、どうする?
希望退職実施にあたって決めておくべきことは多岐にわたります。今回は退職人員、退職日、募集期間、募集対象、退職者への優遇措置、再就職支援措置、会社の承認の有無、そして「優秀な社員からの希望があった場合の対応」について解説します。(2021/6/17)

経営責任を明確化:
幸楽苑HDが希望退職者を募集 役員報酬も減額
幸楽苑HDが希望退職者を募集する。役員報酬も減額する。経営責任を明確にするため。(2021/5/20)

社労士が解説:
希望退職、退職勧奨の違いは? 経営者・人事が知っておくべき「チェックリスト」
コロナ禍で業績が悪化した会社が数多く出ています。会社存続のために打つべき手として、希望退職、退職勧奨があります。両者の違いは何でしょうか。(2021/5/21)

ブラック企業務めの果てに…… 引きこもってたら体に“きのこ”が生える漫画が予想外のハッピーエンド
私も外出自粛できのこ生えそう。(2021/5/2)

追加リストラの一環:
ワールド、希望退職に125人が応募 募集を上回る
アパレル大手のワールドは4月2日、グループ2社を対象に募集していた希望退職で、約100人の募集に対し、125人の応募があったことを明らかに。(2021/4/2)

ほぼ想定通り:
リーガル、希望退職者に95人が応募
靴メーカーのリーガルコーポレーションは、2月15日に公表していた希望退職者の募集に対し、95人が応募したことを明らかにした。(2021/3/27)

厳しい事業環境:
三陽商会、希望退職者の募集結果を発表 想定を上回る180人が応募
三陽商会は2月15日〜3月5日、希望退職者の募集を行った。当初の想定を上回る従業員が応募した。コロナ禍の影響で、同社は厳しい事業環境に置かれている。(2021/3/17)

構造改革を推進:
藤田観光、早期退職の募集結果を発表 全従業員の基本給も減額
藤田観光が早期希望退職者募集の結果を発表した。応募者は315人で、3月31日に退職する。全従業員の基本給を減額する。(2021/3/11)

いまさら聞けないジョブ型雇用:
どうしてこうなった 苦労して「ジョブ型」を導入したのに形骸化する理由 失敗を防ぐ制度設計・運用方法は?
ジョブ型制度の導入後、放っておくと“ジョブ”ではなく“ヒト”を起点とした人事運用が行われてしまいます。制度と運用の乖離(かいり)を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。(2021/3/11)

コロナで苦戦:
JSRが早期退職を募集 合成ゴムを扱うエラストマー事業に関わる社員が対象
半導体材料などを手掛けるJSRが早期退職を募集する。採算が悪化しているエラストマー事業に関わる社員が対象。コロナ禍の影響を受けていた。(2021/3/9)

カシオの人事トランスフォーム(前編):
定年後の再雇用にも、成果主義を導入 カシオ計算機は「シニアに報いる」制度をいかに構築したのか
カシオ計算機が、定年後の再雇用における成果主義の制度化。仕組みと狙いを、カシオ計算機人事部長の吉岡俊幸氏と人事部の桐山英之氏に聞いた。(2021/3/9)

調査レポート:
建設業への再就職について調査、建設業を離職したことがある人は全体の43.5%
JAGフィールドは、建設業界で3年以上働いている1033人を対象に、建設業界に期待することについてリサーチした。結果、建設業を離職したことがある人は全体の43.5%に及び、建設業界から一度離れたことがある人は20代が一番多いことが判明した。(2021/3/3)

構造改革の一環:
TSIホールディングス、希望退職で351人削減 計画を上回る
アパレル大手のTSIホールディングスは、希望退職などの人員削減プログラムにより、グループ全体で351人が退職すると発表。約300人としていた計画を上回った。(2021/3/2)

コロナ影響:
近鉄、600人の人員削減計画を発表 早期退職者を募集
近畿日本鉄道が、2019年度は7200人だった人員について、600人減らす計画を発表した。新型コロナの影響で収益が悪化する中、事業構造改革の一つの施策として取り組む。(2021/2/26)

特別支援金などで120億円計上:
オリンパス、希望退職に844人応募 募集人数を下回る
オリンパスが2月に募集した希望退職では、844人から応募があった。950人の募集人員を下回った。(2021/2/26)

前週より1124人増:
コロナ解雇、8万8000人突破 厚労省発表
2月19日時点での見込みを含めて累計8万8574人になった。うち非正規雇用は4万2160人。(2021/2/24)

企業は解雇とどう向き合うべきか【第3回】
「思いやりのある解雇」とは何なのか? 何をすればよいのか?
従業員を解雇しなければならない場合、共感と思いやりを持って解雇を進めることが、職場を離れる従業員にとっても、職場に残る従業員にとっても不可欠だ。解雇の際に配慮すべき点をまとめた。(2021/2/22)

2019年にも実施していた:
カシオ、希望退職者の募集結果を発表 45歳以上の一般社員や50歳以上の管理職が対象
カシオ計算機が希望退職者の募集結果を発表した。対象者は同社の営業部門またはスタッフ部門に在籍する勤続10年以上の社員の内、45歳以上の一般社員と50歳以上の管理職社員としていた。(2021/2/20)

引退する静鉄「1000形」2編成、えちぜん鉄道と熊本電鉄へ譲渡決定 地方私鉄→地方私鉄の珍しい譲渡、そのワケは?
1009号は2月29日、1010号は3月6日に最終運行。そしてびっくりの再就職!(2021/2/19)

国内4工場を縮小:
曙ブレーキ、生産拠点の早期退職に223人応募 募集人数を上回る
曙ブレーキ工業は、2020年12月〜21年2月に実施した早期退職者募集に223人が応募したと発表。国内生産拠点再編の一環。募集人数の180人を上回った。(2021/2/17)

子会社も解散:
リーガルコーポレーションが希望退職者を募集 コロナ禍でビジネスシューズの需要減
革靴大手のリーガルコーポレーションは希望退職者を募集する。ビジネスシューズの製造子会社も解散する。コロナ禍で革靴需要が減少した。(2021/2/15)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
パソナの淡路島移転は「島流し」なのか? 移住した副社長が感じた“思った以上のポテンシャル”とは
パソナグループは、東京にある本社機能の一部を淡路島へ移転させている。移住した副社長に環境や社員の働き方がどう変わったのか聞いた。副社長は思った以上のポテンシャルを感じている。(2021/2/15)

違いは?:
整理解雇と退職勧奨のポイント コロナ禍で事業停止したタクシー会社の事例で学ぶ
売上が大幅に落ち込んだことを理由に、あるタクシー会社が運転手約600人に対し事業の停止を発表。所属運転手約600人に対し、退職合意書を配布し、署名を求めたところ、数人を除く従業員が署名をしました。ところが、その後、大々的に報道され、一部の従業員が労働組合に加入したり、集団で解雇無効の仮処分命令の申し立てを行う事態に発展しています。(2021/2/15)

早期退職に452人応募:
東芝、半導体事業で824人の人員整理 システムLSIから撤退で
東芝は、子会社の東芝デバイス&ストレージで実施した早期退職優遇制度に452人が応募したと発表。人員再配置と合わせると、824人が人員整理の対象となる。(2021/2/12)

40人程度:
ライトオンが希望退職者を募集 役員報酬の減額も実施
カジュアル衣料のライトオンは2月9日、希望退職者の募集と役員報酬の減額を行うと発表した。(2021/2/10)

コロナ禍で旅行需要低迷:
近畿日本ツーリスト、1376人が希望退職に応募 今期は370億円赤字予想
近畿日本ツーリスト各社を傘下に持つKNT-CTホールディングスは、1月に実施した希望退職募集に1376人が応募したと発表。新型コロナウイルス感染拡大による旅行需要の低迷が長引いていることから、2021年3月期の業績予想は下方修正した。(2021/2/9)

年82億円の人件費減少:
LIXIL、希望退職に965人応募 募集人数を下回る
住宅設備大手のLIXILは、2021年1月に募集した希望退職について、965人が応募したと発表した。1200人としていた募集人数を下回る。(2021/2/5)

2020年9月にも募集していた:
ワールドが希望退職者を募集 展開するブランドの整理も
ワールドが希望退職者を募集する。さらなる構造改革を進めるため。2020年9月にも希望退職者を募集していた。(2021/2/3)

あっ、首都圏で見た電車だ! 東急の中古電車が地方私鉄に重宝される理由
北は青森から南は熊本まで……。(2021/2/2)

パナソニック、太陽電池生産から撤退
パナソニックは2月1日、太陽電池の生産から撤退すると発表した。国内外の工場で生産を終え、年度内に撤退する。太陽電池の販売は続ける。(2021/2/2)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが太陽電池生産を終息、中国GSソーラーとの破談から半年で決定
パナソニック ライフソリューションズ(LS)社がマレーシア工場と島根工場における太陽電池の生産を2021年度中に終息すると発表。これにより太陽電池の生産から撤退し、これまで進めてきた事業構造改革を完了させる。なお、国内外で太陽電池の販売は継続するという。(2021/2/2)

三陽商会、150人程度の希望退職を募集 新型コロナ再拡大で経営悪化
三陽商会は1月21日、希望退職者の募集を実施すると発表した。従業員を対象に募集人員は150人程度としている。(2021/1/22)

募集要項・手順:
トラブル回避のために! 「希望退職者」を募る際の留意点
新型コロナの影響で景気が悪化するなか、希望退職を募集する企業が増え始めています。トラブルを回避するにはどのような点に留意すべきか、解説します。(2021/1/22)

「30代の転職理由・失敗したこと」ランキング 過重労働・給料への不満目立つ
求人情報サイトを運営するビズヒッツが「30代の転職理由」を発表。1位は「待遇や職場への不満」だった。(2021/1/21)

構造改革を推進:
セガサミーHD、希望退職者の募集結果を発表 想定を上回る人数が応募
コロナ禍の影響で業績が苦戦していたセガサミーHD。希望退職者を募集しており、その結果を公表した。(2021/1/18)

就職につながる支援を:
就職氷河期世代、非正規で働く半数が「正社員」を希望 “年齢の壁”の不安も
ディップが就職氷河期世代に当たる非正規就業者と無職者の就業意向に関する調査結果を発表。回答者の約5割は正社員としての就業を希望している。就職に当たっては年齢が壁になっていると感じている人も多かった。(2021/1/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。