ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「再就職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「再就職」に関する情報が集まったページです。

働き方の見取り図:
退職代行が流行 便利さに潜む3つの「落とし穴」とは?
近年、退職代行サービスへの注目が高まっている。これまであまり指摘されてこなかった退職代行を利用するデメリットについて考えたい。(2024/6/17)

もし機関車トーマスが自転車屋さんに転職したら……? おもちゃの“トーマス”を再利用する光景に「これは天才」「目が死んでるよ…」
世知辛い……。(2024/6/15)

製造マネジメントニュース:
東芝が再興計画を発表、繰り返してきた計画未達の悪循環から抜け出せるのか
東芝が、2024〜2026年度の新規中期計画となる「東芝再興計画」を発表。同社の構造的課題の根本的な解決に向け、2024年度中に固定費の削減を中心とする損益分岐点の引き下げで収益力を強化し、2025〜2026年度に中長期的な成長に向けた道筋を付ける。(2024/5/17)

PR:「リスキリングって本当に業務に役立つ?」 1カ月間試して分かった“効果の出る”学び方
(2024/4/19)

「ナイスネイチャ メモリアルドネーション」初日だけで2500万円の目標を達成 寄付金は引退馬支援活動に
すでに寄付総額は3500万円以上に。(2024/4/17)

大量解雇時代のキャリア論【中編】
「首なんか怖くない」という境地に達するための“退職準備リスト”はこれだ
レイオフ(一時解雇)を言い渡される日は、突然やって来る可能性がある。レイオフを想定して幾つかの作業や対策をしておけば、焦らずに次のステップに踏み出すことができる。やっておいた方がよいこととは。(2024/3/20)

10年以上着たTシャツが、針も糸もなしで…… 便利に大変身して130万再生「これは画期的です!」「これなら不器用な私にも出来る」
収納袋にも良いかも?(2024/3/16)

働き方の見取り図:
なぜ私たちは働きづらいのか 「働き方の壁」を言語化して初めて分かること
働きづらさの背景には、さまざまな「働き方の壁」が存在する。それらを言語化していくと、誰もが働きづらさをはっきりと認識できる。働き手の周りにはどんな「壁」が立ちはだかっているのか。(2024/3/14)

B2Bマーケターのための広報入門【第6回】:
広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすことは、広報の大事な仕事の一つです。しかし、取材を受けても思い通りの記事が出ないことがあるのも事実。今回は、そのような状況を回避する方法を紹介します。(2024/2/29)

大阪王将「ナメクジ」事件、告発者はなぜ逮捕されるのか? 内部通報“後進国”ニッポンを考える
不正を暴く人が守られなければ、社会全体の損失につながる。ではどうあるべきか。(2024/2/22)

コンビニおにぎり入れにピッタリ? “古典的PC用品”を再利用するまさかのアイデアに「実家の押し入れ探してくる!」
便利そうだけど、入手できるかな……。(2024/2/5)

アルムナイネットワークを構築する7つのヒント【後編】
退職した人材の再雇用を狙う「アルムナイ制度」 企画倒れで終わらせないポイントは
人事部門が「アルムナイ制度」(退職者を再雇用する仕組み)を構築し、コミュニティーを長く存続させたいなら「やるべきこと」と「やり過ぎてはいけないこと」がある。それは何か。(2023/12/21)

働き方の「今」を知る:
携帯ショップに警備会社──不人気業種でも「人が集まり辞めない」企業がある その秘密は?
人手不足が深刻化している。そんな中、不人気な業種でも独自の企業努力によって好業績を維持し、エンゲージメントを高め、採用や育成に成功している企業がある。では、それらの企業では具体的にどのような取り組みをしているのだろうか。携帯ショップや警備会社の事例を紹介する。(2023/12/7)

MdN、イカロス出版、天夢人で希望退職募集 インプレスHD
インプレスホールディングスは、出版子会社であるエムディエヌコーポレーション、イカロス出版、天夢人でそれぞれ、希望退職を募集すると発表した。(2023/11/28)

キャリアニュース:
報告書「なぜ転職したいのに転職しないのか」、転職の都市伝説を再検証
リクルートワークス研究所は、報告書「なぜ転職したいのに転職しないのか」を発表した。報告書のPART.2では、「35歳転職限界説」など、転職にまつわるさまざまな「都市伝説」について再検証している。(2023/11/2)

AIを味方に付けるための視点【前編】
ナレッジワーカーが目にした衝撃の事実 「AIが仕事を奪う」は本当だった?
人工知能(AI)技術の台頭は、人の仕事にどのような影響を及ぼすのか。AI技術は人の仕事を奪うだけの存在なのか、別の可能性も秘めているのか。現実には何が起きているのか、情報を整理する。(2023/10/27)

「老後資金と働き方」に関する調査:
老後資金、いくら貯めてる? 50代会社員の実態、約2割が「2000万円以上」
「老後資金と働き方」の調査によると、50代会社員の8割以上が老後の生活費を不安視していることが分かった。老後資金としてどれくらい貯蓄しているのだろうか? 実態を調査した。(2023/10/24)

失脚した悪の幹部を世間の荒波が襲う……! 漫画連載「育児戦隊ワンオペジャー」(6)
世知辛い……。(2023/10/15)

50代なら早期退職には「手を挙げるべき」なのか? ベテラン層が狙われる理由を考える
勤め先で早期退職の募集が行われた際、労働者はどのような選択を取るのが賢明なのでしょうか。これを考えるには、企業が人材を採用・育成していく上での「後払い賃金」の存在が欠かせません。また、早期退職の募集は、なぜシニア層が対象なのでしょうか。2つの問題を考えていきます。(2023/10/10)

FAメルマガ 編集後記:
セカンドの次はサードだ
野球の話ではありません。(2023/10/3)

IT人材不足を打開する5つの対策【第3回】
人材採用に失敗しても「適任者」が見つかる“これだけの方法”
適切なスキルを持った人材はどこにいて、どう探せばいいのか。ITコンサルティング企業の経験を基に、どのような求人の経路や人材の制度に目を向ければよいのかを紹介する。(2023/9/11)

あの「Excelのイルカ」そっくりの遊具が発見 「いつかCortanaも」「いずれ青い鳥も隣に」と話題に
みんなして「お前を消す方法」とか言うから……。(2023/8/23)

スピン経済の歩き方:
中小企業にお金を“バラ”まけば、労働者の賃金が上がらないワケ
中小企業の倒産が、コロナ禍を上回るペースで増えているという。こうした報道を目にすると「早く補助金をバラまかないと、大変なことになる」といった声が出てくるが、バラマキに効果はあるのか。(2023/8/22)

美奈子、16歳で出産の長男との2ショットに驚きの声 「好青年」「大きくなりましたね」
8月9日放送の「水曜日のダウンタウン」に親子で出演するとのこと。(2023/8/4)

日本女性の給料が低いワケ 本当に“男女差別”のせい?
女性の社会進出が進んできた今でも、賃金には男女差があります。日本では女性は男性に比べ、およそ4分の3の給与しかもらえていません。これは果たして、不当な差別によるものなのでしょうか。(2023/8/2)

ビッグモーター謝罪会見 「ここだけは守るべき」だったポイントは?
保険金の不正請求をはじめとするトラブルを巡り、中古車販売大手のビッグモーターが厳しい批判にさらされている。同社は7月25日に謝罪会見を開いたものの、組織的な不正や経営陣の関与を否定したことなどの影響で、かえって世間の批判は強まったようだ。この会見で兼重社長は何をどう伝えればよかったのだろうか?(2023/7/29)

スピン経済の歩き方:
「送料無料」はこのままだと“絶対”になくならない、歴史的な理由
ネットで買い物をする人にとって、常識となっている「送料無料」という言葉が消えるかもしれない。いわゆる「2024年問題」で、政府は物流の見直しを図っている。その流れの一環で、送料無料が問題視されているわけだが、本当になくなるのか。(2023/7/4)

時代が求める「50歳以上のITエンジニア」【後編】
本当はもう働きたくない「退職した50歳以上のエンジニア」の本音
豊富なスキルを持ちながら職に就いていない、50歳以上の中高年齢者を現役復帰させようとする動きがある。目指すのは人材不足の解消だ。勝手に期待を寄せられた、中高年齢者の意識はどうなのか。(2023/6/3)

時代が求める「50歳以上のITエンジニア」【前編】
「定年退職したレガシーエンジニア」を高給で奪い合う企業の本懐
レガシーシステムに精通したITエンジニアであれば、高額の給与を支払ってでも手に入れたい――。そう考える企業が少なかならずある。主な獲得ターゲットは、退職した50歳以上の中高年齢者だ。(2023/5/28)

特集:おもしろ人事制度:
退職しても6年間なら「戻ってこれる」 サイボウズの人事制度が面白い
各企業のおもしろい、変わった人事制度を取材、紹介する「特集:おもしろ人事制度」。今回はサイボウズの「育自分休暇制度」について取材した。どんな制度なのだろうか?(2023/4/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
吉野家「定年社員のドライバー再雇用」に、「おじさんのプライド論」での批判はナンセンスなワケ
吉野家HDの「定年社員をトラック運転手として再雇用」や、タニタの「ベテラン社員が若手の横で社内清掃」など、定年再雇用が話題になる度に「プライドがもたない」といった意見が散見される。しかし、こうしたプライド論は本質的ではない。人生の「最後の仕事」に向いているのは、どんな仕事なのか?(2023/4/28)

「サイゼリ“ア”」表記に物申すTwitterアカウント「サイゼリ“ヤ”警察」が活動終了 悲しい誕生のきっかけも明らかに
「キヤノン警察」や「ファイアーエムブレム警察」など、新たな活動が提案されています。(2023/4/27)

前田佳織里「だいすきだよー!」 愛されウマ「ナイスネイチャ」35歳の誕生日を迎える 「引退馬支援」寄付は2200万円を突破、前年超える勢い
恒例のバースデードネーションがスタートしています。(2023/4/16)

抜本的な対策は:
転職しやすくなる? 失業給付を迅速化「2カ月超→7日程度」 実際はどうなのか
デジタル分野など成長産業への労働移動を促すため、岸田文雄首相は2月、自己都合で離職した場合の失業給付のあり方を見直すと表明。日本経済新聞は4月11日、政府が給付開始にかかる期間を現状の2カ月以上から7日程度に短縮する方向で検討に入ったと報じた。専門家は「退職に対するネガティブな認識が変わる可能性がある」と指摘。一方で、労働移動を促すには、より抜本的な対策に踏み込む必要があるという。(2023/4/12)

定年前と同じ職種:
定年退職後の6割が「今も働いている」、悩みは?
カケハシ スカイソリューションズは、「定年後の仕事とお金に関する調査」を実施した。定年退職後のうち66%が働いていることが分かった。(2023/4/11)

Transport Dive:
自動運転業界の「明るいばかりではない」未来 予約殺到だったのに購入契約「ゼロ」の衝撃
自動運転ソフトウェアの開発企業が解散危機にひんしている。予約が殺到したにもかかわらず、実際の受注件数は「ゼロ」。従業員の70%が解雇に追い込まれたのはなぜか。(2023/4/6)

米Appleでもレイオフか 海外紙が報道 「対象となる人数は非常に少ない」
米Bloombergは、米Appleが初のレイオフを検討していると報じた。(2023/4/5)

注力事業を再検討:
クックパッド、80人の希望退職者を募集 海外レシピサービス事業が対象
クックパッドは、海外レシピサービス事業に従事する社員を対象に希望退職者を募集すると発表した。(2023/3/13)

男女の傾向:
正社員の「年収中央値」は350万円 最も高い職種は?
転職サービス「doda(デューダ)」を運営するパーソルキャリアが発表した「正社員の年収中央値」によると、正社員の年収中央値は350万円。職種別で最も高いのは?(2023/3/8)

スピン経済の歩き方:
「賃上げの予定なし」7割の衝撃 中小企業で働く人は「安月給」のままなのか
城南信用金庫と東京新聞が中小企業を対象に、調査を実施した。それによると、7割以上が「賃上げの予定なし」と回答した。中小企業で働く人は、このまま「低賃金」が続くのか。(2023/1/25)

JR東、「ウェルカムバック採用」開始 出戻り社員の採用を強化する狙いとは
JR東日本が自己都合などで退職した元社員を対象にした新たな採用制度「ウェルカムバック採用」を始めた。他の業界での経験を得た“出戻り”社員の採用を強化することで、社員の生産性向上や企業としての成長を狙う。(2023/1/20)

CircleCIがレイオフ 人員を17%削減
CI/CDサービスを提供する米CircleCIが、レイオフへの着手を発表した。人員の17%を削減するという。(2022/12/8)

PR:「今の仕事はやりがいしかない」――未経験でもDX人材に 就業支援も行うリスキリングプログラムとは
(2022/12/1)

働き方の「今」を知る:
クビは4種類ある──ツイッター社の大量解雇から学ぶ、日本の「クビ論」
ツイッター社が社員を大量解雇していると報じられた。外資系企業とはいえ、「解雇規制が厳しい」と言われる日本でいわゆる「クビ」を言い渡すことは法的に問題ないのか? そもそも「クビ」とは何か? 解雇を巡るさまざまな疑問を、ブラック企業アナリストの新田龍氏が解説する。(2022/11/30)

ノルマへのプレッシャー:
実は「横領・不正」に手を染めやすい部署 経理部とどこ?
「社内不正」と聞くと、「うちの会社ではそんな大それたことは起こるわけがない」と思いがちです。しかし実際には、社内不正の手口は多岐にわたり、小さな不正はどこの会社でも毎日のように起こっていると言っても過言ではありません。(2022/11/28)

SwitchとVRとSteam deckとKinectを足し算した夢のとんでもゲーム機が登場 ディスプレイは4K解像度で144Hzってマジかよ
これはかなり心引かれる……。(2022/11/10)

裁判例を紹介:
定年退職後に嘱託社員として再雇用 賃金50%カットの妥当性は?
少子高齢化に伴い、高齢者活躍の土壌を整える必要性に迫られる日本。定年は60歳が一般的だが、65歳までの雇用維持、70歳までの就業機会の確保が努力義務となっている。定年退職後に嘱託社員として復帰した社員への賃金設定はいくらが妥当なのか? 社会保険労務士が解説。(2022/10/27)

AWS、クラウドキャリアを目指す人向けの無料リスキリングプログラムを提供開始
AWSは、クラウドキャリアを目指す人向けのリスキリングプログラムなど、3つの無料トレーニングプログラムを開始する。ウクライナ人向け再就職支援も含まれている。(2022/10/26)

AWS、ウクライナ国民に無料のITトレーニング提供 再就職も支援
米Amazon Web Servicesが、ウクライナ国民向けの支援プログラム「IT Skills 4U」を発表。避難民や国内にとどまる国民に向け無料の講座を提供する他、世界各国での再就職を支援する。(2022/10/21)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
自己都合の退職でも、失業手当の支給日数が増える どんな条件?
従業員が結婚を機に、遠方にある配偶者の故郷に引っ越すことになったと報告がありました。テレワークは業務の特性上難しく、残念ながら退職することになりました。このような場合には雇用保険の取扱いに何か影響はあるのでしょうか。(2022/10/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。