ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セパレートケータイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セパレートケータイ」に関する情報が集まったページです。

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
画面2つ折りスマホの登場で変態ケータイのブーム再び?
やっぱ最大の課題は価格ですかね……。(2019/2/28)

arrows先生が学ぶ:
PR:使いやすさに歴史あり――富士通スマホに込められた“思い”を聞く
富士通が初めての“携帯電話”を世に送り出して約27年。そのDNAを引き継ぐ「富士通コネクテッドテクノロジーズ」が、2018年新たなスタートを切りました。その歴史を改めて振り返ってみましょう。(2018/9/28)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(6月編):孫社長の「訪日旅行客向けWi-Fi」不要論/キャリアの「MNP優遇」再び……?
ソフトバンクグループの孫正義社長の「訪日外国人向けWi-Fiサービスは不要」という旨の発言が注目を集めた6月。賛否両論を集めましたが、海外旅行中の通信手段についていろいろ思いを巡らせるきっかけになりました。(2017/12/25)

Mobile Weekly Top10:
人はなぜ「ケータイ」を求める?/「モバイルSuica」のUI変更
最近の中古携帯電話市場では、ケータイ(フィーチャーフォン)へのニーズが高まっているようです。なぜなのでしょうか?(2017/7/4)

ITmedia デジタルライフスタイル通信:
総務省の改善指導に思うこと
(2017/7/3)

Mobile Weekly Top10:
無料公衆Wi-Fiの「功罪」/“変態携帯”があまり出てこない日本
ソフトバンクグループの孫正義社長が株主総会で「無料公衆Wi-Fiスポットはなくすべき」という旨の発言をして注目を集めています。なぜ、そのような発言をしたのでしょうか?(2017/6/27)

懐かしのケータイギャラリー:
これぞ“変態携帯”の極致 セパレートケータイ「F-04B」
(2017/6/24)

ドコモ、「F-04B」の不具合を解消するソフトウェア更新を開始
ドコモのiモードケータイ「F-04B」の不具合を解消するソフトウェア更新が開始された。(2012/5/7)

iモード向けEvernote公式アプリが登場
iモード端末でEvernoteを利用できる公式アプリ「Evernote for i-mode」がドコモマーケットで配信開始された。(2011/6/9)

「REGZA Phone IS04」の“ここ”が知りたい:
第1回 サイズ感はどう? au ICカード未装着でも使える?――「REGZA Phone IS04」
KDDIのau向けAndroidスマートフォンとして初となる防水に対応した「REGZA Phone IS04」。おサイフケータイやワンセグ、赤外線に加えて、EZメールやLISMOなどのau独自サービスにも対応している。第1回は、サイズ感や着信ランプなどをチェックした。(2011/4/27)

余震続く――「緊急地震速報」で危険回避を
東北地方太平洋沖地震の発生後、余震が続いている。ケータイ向け「緊急地震速報」も活用して危険を回避してほしい。(2011/3/14)

ITmediaスタッフが選ぶ、2010年の“注目ケータイ&トピック”(ライターmemn0ck編):
「iPhoneじゃなくてもいい」と思わせたAndroidの躍進、生活を変えた「b-mobileSIM」
今年は日本での携帯電話市場の風向きが大きく変わった1年だと言えるだろう。最も大きいのは各通信事業者がスマートフォンへの移行をねらって新機種を投入してきたことだ。タブレットやモバイルWi-Fiルーターなどの非音声機種も登場した。そんな1年を振り返り、筆者が気に入った機種を紹介していこう。(2010/12/22)

セパレートケータイ「F-04B」の新色、9月10日から販売開始
富士通製のセパレートケータイ「F-04B」の新色が、9月10日に全国のドコモ取扱店で発売される。(2010/9/2)

ドコモ、セパレートケータイ「F-04B」に新色を追加
ドコモの富士通製端末「F-04B」に新色が追加される。発売は9月の予定。(2010/8/11)

ケータイ+PCで理想の体を目指せ――富士通の無料サービス
富士通は健康サービス「深体創工房」をスタートした。携帯電話を使って毎日の活動量を自動計測、メタボ対策やダイエット、肩こり解消など“なりたい体”を目指すという内容だ。(2010/8/10)

開発陣に聞く「F-06B」:
機能だけじゃない、スピードとUIも改善――「F-06B」で目指した“最高峰”
「F-06B」のインタビューでご登場いただいた開発者は総勢10人――。筆者がこれまでにインタビューした中では最多だ。それだけ、F-06Bには多くのこだわりが凝縮されているといえる。発売から好調に売れているF-06Bの舞台裏を聞いた。(2010/7/29)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年7月5日〜7月11日):
売れ筋は夏モデルへ──富士通新ブランド「LIFEBOOK/ESPRIMO」もランクイン
ランキングの8割が夏のPC新機種が占めるようになった。夏商戦が始まり、順位の入れ替えもかなりあるようだが、中でも人気のモデルは何だろうか。(2010/7/16)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月28日〜7月4日):
夏のWindows PC新モデル横目に、2009年発売「iMac 21.5インチ」がトップに
7月に入り、ランキングの7割が2010年PC夏モデルが占めるようになった。売れ筋は夏モデルに移っているが、デスクトップPCにおいては2009年発売のモデルが首位に躍り出る意外な動きとなった。(2010/7/9)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月21日〜6月27日):
いよいよPC夏商戦──PC夏モデル、TOP10圏内に早くも6機種
各社の2010年夏商戦向けPC新モデルがランキングにも続々登場。今回はTOP10圏内に6機種の新モデルが顔を見せた。(2010/7/2)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月14日〜6月20日):
新Mac mini、登場1週目でいきなりランクイン
PCメーカー各社による2010年PC夏モデルの発表ラッシュがようやく一息。いよいよ夏モデルが続々登場してくる。そんな中、6月15日発売の「Mac mini」が発売1週目でみごとランクインを果たした。(2010/6/25)

CommunicAsia 2010:
「Galaxy」新機種や14M CCDカメラ搭載のAndroid端末も――最新スマートフォンが集合
6月15日から18日まで、シンガポールで「CommunicAsia 2010」が開催された。固定インフラから衛星、携帯電話までさまざまな製品が展示されている中で、特に目立っていたのが“スマートフォン”だ。(2010/6/21)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月7日〜6月13日):
PC売れ筋、他社登場待ちでNECが一歩リード──新Mac miniも発売
今回は、PC夏モデルの発売ラッシュと2010年夏商戦を目前に控えた6月第2週の集計。一足先に夏モデル第1弾を発売したNECがノートPC、デスクトップPCともに首位を獲得した。(2010/6/18)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月31日〜6月6日):
PC夏モデル、発表ラッシュ──販売店の動きも活発に
PC各メーカーのPC夏モデルが続々発表された。今回はいち早く夏モデル第1弾を投入したNEC製PCが上位に入ったが、今後はどうなるか。各社夏モデルの登場でランキングに変動をもたらしつつ、商戦を盛り上げてくれることを期待したい。(2010/6/11)

ドコモ、「F-04B」「L-04A」「L-06A」「L-02B」のソフト更新を開始
富士通製の「F-04B」と、LGエレクトロニクス製の「L-04A」「L-06A」「L-02B」に不具合があることが判明。ドコモはソフトウェア更新を開始した。(2010/6/9)

「SH-07B」ユーザーは要注意?:
より見やすく、分かりやすく――ドコモ夏モデルで変更されたUI
ドコモ夏モデルの特徴の1つとして、メニュー画面やキーの割り当てをはじめとするユーザーインタフェースが変更されている。具体的に何が変ったのだろうか。(2010/6/4)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月24日〜5月30日):
夏モデルが初の首位──新機種待ちか、値下げ旧機種狙いか
夏商戦期の約1カ月前ということで、PC関連機器の販売状況はやや中だるみ感がある。ただ、今回は夏のPC新機種が初の1位を獲得するなど、売れ筋が変動していくであろう傾向が見られた。(2010/6/4)

写真で解説する「F-06B」(ソフトウェア編)
“防水スライドヨコモーション”を実現した「F-06B」は、ドコモの2010年夏モデルの中でも特に高いスペックを有する端末だ。ソフトウェア編では、進化したタッチパネルと文字入力、カメラ機能を中心にチェックした。(2010/6/1)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月17日〜5月23日):
夏の新モデルが2位まで浮上、他社夏モデルもそろそろか
商戦期の狭間となる現在、PCの購買需要がやや減る傾向がある。ただ、一部のメーカーがいち早く投入した2010年夏モデルは旧モデルとの入れ替えが順調に進んでいるようで、じわじわ順位を上げてきた。(2010/5/28)

ケータイカメラ進化論:
ケータイカメラの付加価値(後編)――便利に撮るための機能
画素数が向上したケータイカメラには、きれいに撮るための機能に加え、便利に撮るための機能も搭載されるようになった。昨今のケータイカメラには、自動で顔を検出してフォーカスを合わせる顔検出AFや、あらかじめ登録した顔にフォーカスを合わせる顔認識AFなど、多彩な機能が搭載されている。(2010/5/28)

写真で解説する「F-06B」(外観編)
フルHD動画撮影や防水対応など、ドコモの2010年夏モデルの中でも特に高いスペックを実現しているのが、富士通製の「F-06B」だ。ボディ形状は「F-09A」のスライドヨコモーションを継承している。(2010/5/21)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月10日〜5月16日):
早々登場の一部夏モデル、やや伸び悩み──Office 2010待ちか
一部、早々に夏モデルを投入したメーカーもあるが、PCの販売傾向はやや鈍めとなっている。モデルチェンジが近いためか、現行の春モデルをやや値下げする店舗もかなり確認できる。(2010/5/21)

「他社に絶対負けない技術を搭載する」――富士通ケータイの優位性とは
フルハイビジョン動画を撮影できる「F-06B」、復活したヨコモーション「F-07B」、イルミと連動した“ekubo”「F-08B」をドコモ向けに投入する富士通。同社は5月20日の説明会で、これら夏モデルの狙いと、Fならではの優位性をアピールした。(2010/5/20)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月3日〜5月9日):
PC夏モデルがじわじわ上昇──GW後半、何が売れた?
夏のPC新モデルが複数発表され、PC各モデルはそろそろモデルチェンジの時期を迎えている。今回はゴールデンウィークの後半を含む集計だが、中でも人気だったモデルは何だろうか。(2010/5/14)

オルタナブログ通信:
電子書籍は、どこで読む?
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、ITにまつわる時事ネタなどを約250人のブロガーが日々発信している。今週はその中から「Twitter」「iPad」「電子書籍」「スマートフォン」をテーマに紹介しよう。(2010/5/14)

携帯販売ランキング(4月26日〜5月2日):
「Xperia」が首位奪還 “予約で初回分完売”の「HTC Desire」は?
ゴールデンウィークに突入した携帯販売ランキング。前回、「iPhone 3GS」に総合首位を奪われた「Xperia」だったが、再び首位の座に返り咲いた。さらに、初回出荷分が予約で完売した「HTC Desire」もランキングに参戦。果たして順位は……?(2010/5/11)

携帯販売ランキング(4月12日〜4月18日):
快走どこまでつづく? 「Xperia」3週連続首位
キャリア総合ランキングではAndroid端末「Xperia」が3週連続で首位を獲得。端末販売全体が“枯れ期”に突入している中での首位ではあるが、安定した人気を誇るiPhoneを抑えていることも考えれば、スマートフォンとして順調な販売をみせているといえる。(2010/4/23)

F-04Bで利用できる「プロジェクターユニット F01」、4月30日に発売
NTTドコモが、セパレートケータイ「F-04B」と接続して利用できるプロジェクターを、ドコモケータイ取扱店で4月30日に発売する。(2010/4/22)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2009年度冬春モデル編):
第3回 キーの反応速度は?――11機種の動画をチェック
カタログからは分からない、ケータイの満足度を大きく左右する要素が、キーの動作速度だ。ドコモの現行モデルはスムーズに操作できるのか? 11機種の動画を掲載した。(2010/4/20)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2009年度冬春モデル編):
第2回 着信ランプは鮮やか? メモリスロットや赤外線ポートはどこにある?
着信ランプやメモリスロット、赤外線ポートなどの搭載位置や使い勝手はカタログからは分かりにくい。第2回では主要なパーツについてまとめた。(2010/4/16)

携帯販売ランキング(4月5日〜4月11日):
首位をゆずらぬ「Xperia」 iPhone独走時代に終止符なるか?
Android端末「Xperia」が好調だ。初登場の前回に引き続き、キャリア総合ランキングで首位を獲得した。同モデルの登場が、iPhoneの独壇場だった日本のスマートフォン市場に変化を起こすかもしれない。(2010/4/16)

ドコモ、iMenuに「乗換」「テレビ」「本・雑誌」「webメール」を追加
NTTドコモが4月14日、ポータルサイト「iMenu」に新たなボタンを追加した。「乗換」「テレビ」「本・雑誌」「webメール」の4つのサービスにダイレクトにアクセスできる。(2010/4/14)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2009年度冬春モデル編):
第1回 基本性能とキーの操作性が優秀なモデルは?――11機種を比較
ドコモの2009年度冬春モデルで実際に“使いやすい”のはどのモデルか。発売中の19機種の中から11機種を選び、横並びで比較する。第1回では基本スペックとキーの操作性に焦点を当てた。(2010/4/13)

携帯販売ランキング(3月29日〜4月4日):
「Xperia」襲来 順位はもちろん……
Android端末「Xperia」がランキングに参戦。各所の前評判から分かるとおり、好調な滑り出しを見せた。iPhoneのようなロングヒットを記録するキラーデバイスになるのか――次回以降のランキングも引き続き注目だ。(2010/4/9)

Mobile Weekly Top10:
Androidチャンネル始めました
アクセスランキングがスマートフォンの話題で埋め尽くされた先週。その波にちょっと乗り遅れてしまったが、なんとか+D MobileにもAndroidチャンネルがオープンした。(2010/4/6)

携帯販売ランキング(3月22日〜3月28日):
iPhone&840SHでソフトバンク躍進 次週、ついに「Xperia」旋風来るか?
「Xperia」の登場を前にした3月下旬の端末販売ランキングでは大きな順位の変動が見られた。順位が下落気味だった「iPhone 3GS」が再び盛り返し、スタンダード端末の「Jelly Beans 840SH」も急上昇した。(2010/4/2)

「F-04Bをさらに発展させたい」――富士通が広げるセパレートケータイの可能性
3月26日にNTTドコモが発売する、富士通製のセパレートケータイ「F-04B」。富士通が同モデルの説明会を開催し、開発のコンセプトや今後の展望を明かした。(2010/3/25)

セパレートケータイ「F-04B」とタッチボード搭載「L-01B」、3月26日発売
NTTドコモの2010年春モデル「F-04B」と「L-01B」が3月26日から店頭に並ぶ。(2010/3/23)

Mobile Weekly Top10:
2010年の4月は熱くなりそう
4月は商戦期の狭間といえる時期だが、今年は少し様子が違う。(2010/3/16)

Mobile Weekly Top10:
2010年春モデル、未発売の機種は?
春商戦真っ盛りの3月。春モデルが続々と発売されているが、未発売の“大物”も控えている。(2010/3/4)

Mobile World Congress 2010:
タブレット型Androidや“サッカーボール”端末も――個性豊かなHuawei製品
日本ではソフトバンクモバイルやNTTドコモ向けのデジタルフォトフレーム、イー・モバイル向けのデータ通信端末などでおなじみのHuawei。同社のブースでは最新のAndroid端末やデータ端末が多数展示されていた。(2010/2/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。