ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「消費低迷」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「消費低迷」に関する情報が集まったページです。

新型肺炎が教える中国ビジネスのリスク(4):
中国人頼みだった観光業界に激震 「インバウンド消費低迷」に追い打ちをかけた新型コロナ
新型コロナウイルスが引き起こした観光業への大打撃――。もともと中国人観光客頼みだったことも問題ではあるが、今後の中国との付き合い方を考えてみる。(2020/4/17)

今日のリサーチ:
東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのはどのような業種でしょうか。(2020/4/10)

低迷する和牛消費:
「お肉券」との関係は? JA全中の「5000人に黒毛和牛を無料プレゼント」、アクセス集中で閲覧できなかったキャンペーンサイトが復旧
JA全中が毎年実施している和牛プレゼントのキャンペーン。今回は新型コロナの影響を受け、当選枠を100人から5300人に増やし話題に。アクセス集中で閲覧できなかったキャンペーンサイトが復旧した。一部政党から新型コロナで落ち込んだ経済復興案として出ていた「お肉券」との関係性も聞いた。(2020/4/2)

KAMIYAMA Reports:
コロナ・ショックとリーマン・ショックの違い
バブル崩壊とウイルス感染では景気回復が違うはずだ。株価の下げのめどと今後のシナリオを語ることは不可能への挑戦だが、現時点で市場で想定されている2四半期程度の消費低迷とその後の正常化を前提とすると、3月23日時点の日・米・欧の株価指数はおおむね悪材料を織り込んでいるとみられ、さらなる下げが長く続くとは考えにくい。(2020/3/25)

新型コロナウイルス、中小企業へどんな影響を及ぼした? 最多は「サプライチェーンに支障」
東京商工リサーチは、無作為に選出した全国の中小企業174社に新型コロナウイルスの影響についてヒアリングし、その結果を発表した。調査は2月28日に実施。地域や業種を問わず、各方面に深刻な影響が及んでいることが分かった。飲食業、クルーズ船運営と、観光などで成り立っていた業種から倒産が出ている。(2020/3/13)

小売・流通アナリストの視点:
23年ぶり社長交代のイオンの過去と未来 衰退したダイエー、勢いを増すAmazonから分析する
23年ぶりの社長交代を発表したイオン。バブル崩壊、スーパー業界の再編の中、ダイエーが衰退した一方で同社はなぜ成長できたのか。膨大なデータ基盤で“巨大なよろず屋”はデジタル時代を勝ち抜けるか。(2020/2/20)

山形県の老舗百貨店「大沼」が破産 「百貨店協会加盟店ゼロ県」に
百貨店冬の時代。(2020/1/27)

スピン経済の歩き方:
なぜマスコミは、企業の倒産を「社会のせい」にしてしまうのか
企業の倒産件数が、11年ぶりに増えている。大手マスコミは「増税が原因」「人手不足が深刻」などと報じているが、本当にそれが原因なのか。中小企業が倒れている原因はほかにもあって……。(2020/1/21)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(12):
低迷続くアパレル業界で急成長 売上高の拡大にこだわり「粉飾決算」に手を染めたレディースニット卸に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/23)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(11):
突如、明らかになった簿外債務35億円 最後まで説明責任を果たさなかった婦人用バッグ卸が示す「倒産の図式」
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/21)

小売・流通アナリストの視点:
「セブン1000店舗閉鎖・移転」の真の意味 “加盟店の一揆”は何をもたらすか
“加盟店の一揆”によって混迷を極めるセブン。構造改革が迫られる中、2019年下期以降に1000店舗を閉店・移転すると発表したが、どのように読み解けばいいのか? (2019/11/8)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
なぜ赤字でも安売りするのか? 「失敗する値決め」と「成功する値決め」の違いに迫る
消費増税で「値決め」に関する各社のスタンスに違いが出た。担当者にとって悩ましいのが「値決め」の考え方。プロが4つのアプローチで解説する。(2019/10/7)

このタイミングで増税するのは日本だけ〜インドは法人税を22%に減税
「日本の場合、税制のところでは全部真逆」。(2019/10/1)

DXが追い風になり基幹システムへの投資が増:
ERPパッケージ市場は2021年にかけて成長率3%前後で堅調推移 矢野経済研究所
矢野経済研究所が発表した国内のERPパッケージライセンス市場に関する調査結果によると、2018年のERPパッケージライセンス市場は対前年比4.4ポイント増の1123億7000万円。2019年は、対前年比3.7ポイント増の1165億2000万円の見込み。(2019/9/25)

小売・流通アナリストの視点:
地方の有力スーパーが手を組んだ“1兆円同盟”誕生、イオンとどう戦う?
2018年末、食品スーパー業界では久々の大型再編となる「新日本スーパーマーケット同盟」の結成が発表された。地方の有力スーパーが手を結び、売り上げの単純合計で1兆円を超えたのだ。(2019/1/23)

今振り返るコンビニ統廃合の歴史。セーブオン、スリーエフ、am/pm……思い出のあのチェーンはなぜ消えたのか?
圧倒的な3大チェーンの強さと、中堅・ローカルコンビニ受難の歴史。(2018/12/12)

連載 熱きシニアたちの「転機」:
“リーマンショック解雇”を機にフレンチの道へ 元外資金融マンが描く「第3の人生」
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。2回目はリーマンショックで「クビ」を告げられ、一念発起してビストロを開業した元外資金融マンの両角太郎さん(54)。(2018/7/19)

創業50周年だが……:
アートスポーツ、破産 消費低迷で資金繰り悪化
スポーツ用品販売のアートスポーツが破産した。(2017/5/10)

バーバリーの穴は大きすぎた ライセンス切れの三陽商会が業績不振で大リストラ
45年に及ぶ英バーバリーとのライセンス契約を昨年6月末に終了してから1年余り。アパレル大手・三陽商会の売り上げが大幅に落ち込んでいる。(2016/7/21)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
モスとマックの業績が急回復 それでも安心できない両社共通の悩みとは?
このところ、モスフードサービスとマクドナルドの業績が急拡大している。その理由とは? この流れは今後も続くの? 経済評論家、加谷珪一が解説する。(2016/7/14)

医療機器ニュース:
セルフケア健康機器市場に関する調査、市場規模は前年比3.2%増
矢野経済研究所は、2015年6月〜9月に実施した、国内のセルフケア健康機器市場に関する調査結果を発表した。市場全体としては微増傾向で推移し、その理由として、スマートフォンアプリ連動の製品展開が進んでいることなどが分かった。(2015/11/4)

国内中堅中小企業、2016年は“攻め”のIT投資へ――IDC調査
中堅中小企業のIT投資は、2015年には消費税増税や円安の影響で前年比マイナス成長が予想されるが、2016年にはモバイルやクラウドなどへの戦略的投資が増えるとみられている。IDC Japan調べ。(2015/6/16)

伊藤園、経常利益45%減 15年4月期 広告宣伝費かさむ
主力のドリンク関連事業が低迷し、伊藤園の2015年4月期の連結決算は減収減益となった。(2015/6/1)

15年度の企業業績見通し、総じて上向き 個人消費低迷と人手不足が下ぶれリスクに 帝国データバンク
帝国データバンクの企業意識調査によると、15年度の企業業績見通しは総じて上向きだが、個人消費の一段の低迷と人手不足が懸念点として挙がっている。(2015/4/14)

丸の内本社移転をきっかけに改革:
ダーツで席決め 好業績のカルビー、成長の源はオフィスにあった!
2009年に経営体制を大きく刷新したカルビー。それが功を奏し業績を伸ばし続けている。松本会長の号令の下、さまざまな経営改革に取り組んできた。その1つが本社移転をきっかけに推進したオフィス戦略だ。(2015/4/14)

明暗くっきり:
セブン&アイとイオン、流通2強時代はまだ続くのか?
同時期に過去最高の営業利益を叩き出したセブン&アイと、業績予想の下方修正を行ったイオン。証券アナリストに両社のビジネスにおける差などを聞いた。(2015/4/8)

3分で分かるビジネス戦略:
2015年の戦略は? ローソンの取り組み
Business Media 誠では、注目を集めている会社を中心に、各社のビジネス戦略を知るための連載をスタートしています。5回目は「ローソン」について。(2015/2/17)

成功への近道は?
「スモールスタートで簡単導入・体感」 成長を目指す小売店が注目するデータ分析最前線
競争環境が日々変化する市場の中で生き残るにはデータ分析が欠かせない。そう考える中小規模の小売店が増えている。全国の小売店が注目する、データ分析を生かした成長戦略を探る。(2014/4/22)

市場調査:
新興国で売れる白物家電は?
洗濯機や冷蔵庫など白物家電と、小型家電を合わせた33品目の生産・販売予測を富士経済が発表した。要となる地域は中国、インド、東南アジアだ。販売数の成長が著しいのは血圧計である。(2013/3/12)

産業別IT支出がプラスに転じる、成長率は鈍化
IDC Japanによれば、2011年度は東日本大震災の影響でマイナスになったが、2012年以降はプラスに転じると予測する。(2012/7/11)

知っておきたいASEAN事情(9):
生産拠点としてベトナムのポテンシャルは?
GDP急成長の勢いは本物? ベトナムの生産拠点としての可能性、「賢いベトナム人」の労働者気質やインフラの状況を知ろう。(2012/6/26)

生き残れない経営:
企業人よ、もっと怒れ! そして行動を起こせ!
自分たちの身を守るために傍観を決め込んだり、自己中心だったりしてはならない。自己主張をしなければ、事態は動かない。(2012/1/10)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
社食レシピ本が425万部! タニタ・39歳社長の素顔
2010年1月に発売されて以来、シリーズ累計425万部という大ヒットを飛ばしている書籍『体脂肪計タニタの社員食堂』。偶然から生まれたヒットを次なる展開につなげようとする、タニタの谷田千里社長にその戦略を尋ねた。(2011/12/16)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
スポーツクラブ経営で営業利益率22.6%、高利益率の秘密とは?
効率的な経営が可能なIT業界などではなく、スポーツクラブというそれほど新しくない業界で22.6%という高い営業利益率をたたき出している東祥。同業他社が数%の利益率にとどまるところ、なぜそんなに高い利益率を出せているのか、沓名俊裕社長に尋ねた。(2011/10/21)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州金融不安を織り込み、値ごろ感からの買いが入り堅調
(2011/9/14)

藤田正美の時事日想:
何が世界経済を変調させたのか?
米国債の格下げを機に、世界の金融市場が大荒れとなっている。この状況をもたらせた根本的な原因は何なのか。デマンドサイドとサプライサイドから分析した、ゲイビン・デービス氏の意見を紹介する。(2011/8/22)

もはや“オジン”の飲みもの!? 日本酒復活の日は来るか?
ハイボールが大ヒットしたおかげで、消費量の凋落にストップをかけられたウイスキー。その一方、減少し続ける日本酒の消費量。どのようにすれば、日本酒を復活させられるのだろうか。(2011/3/2)

2009年の世界ビール消費量、ブラジルがロシアを抜いて3位に
(2010/12/24)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好悪入り混じる決算動向に振らされながら利益確定売りもあって軟調
(2010/7/30)

消費意欲の減退や企業の経費削減で語学ビジネス市場は縮小
(2010/7/1)

“ゼロ”系商品が好調も、清涼飲料水市場は2年連続縮小
(2010/6/7)

お金を貸してくれないかも……企業の約5割が「倒産の増加」を懸念
改正貸金業法のメリットはどこにあるのだろうか。企業に聞いたところ「過剰貸し付けの抑制」との答えが最も多く、次いで「多重債務者の減少」「上限金利の引き下げ」と続いた。帝国データバンク調べ。(2010/6/3)

それゆけ! カナモリさん:
「若者の焼きそば離れ」に対応? エースコックが成功したワケ
エースコックのカップ焼きそば、「JANJANソースやきそば」が売れているという。強豪、古豪がひしめきあうカップ焼きそば市場で新製品を成功させた、その秘密は何だろうか。(2010/4/27)

かつら市場は縮小も、育毛剤や植毛市場は拡大――矢野経済研究所調査
矢野経済研究所はヘアケア市場の2009年度市場規模を前年度比1.8%減の4262億5000万円と推計。分野別に見ると、ヘアケア剤市場や毛髪業(かつら)市場は縮小しているものの、育毛剤・養毛剤・発毛促進剤・発毛剤市場や植毛市場は拡大しているようだ。(2010/3/31)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
いまが買いどき? 4月に変わる「エコポイント」
リーマン・ショック以降の消費低迷に一定の効果があったとされる「エコポイント制度」が4月から変わる。今回は、特に影響が大きいとされる地上デジタル放送対応テレビに絞り、その影響を考えてみたい。(2010/3/26)

2010年の目標は:
キーワードは「成長」と「グローバル化」――IT各社の年頭所感から
世界同時不況の波に飲まれた2009年はIT業界にとっても厳しい一年だった。依然として先行きが不透明な状況の中で、IT企業は2010年にどのような展望を見出すのか。各社トップの意気込みをまとめた。(2010/1/5)

景気探検:
大相撲やプロ野球は水面下の景気回復を下支え
今年は野球が景気にプラス要因として働いている。最も人気のある巨人がV9(65〜73年)以来のセ・リーグ3連覇を成し遂げた。さらに7年ぶりに日本一を奪回したことで景気の下支えとなりそうだ。(2009/11/17)

Teradata PARTNERS 2009 Report:
DWHで業務改革に取り組む京王百貨店、ターゲットごとの施策と評価の文化が芽生える
先週、ワシントンD.C.で開催された「Teradata PARTNERS 2009」で京王百貨店が新しい情報系システム「Sales-up Support System」と、それを軸とした業務改革の取り組みを紹介した。(2009/10/27)

ビックカメラ、ソフマップを完全子会社化 株式交換で
ビックカメラがソフマップを株式交換で完全子会社化する。収益力強化を目指し、一体化したビジネスモデル構築と組織体制の整備を図る。(2009/10/14)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株高や円安を好感して買い先行で始まり堅調な展開
(2009/10/13)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。