ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「竹中平蔵」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「竹中平蔵」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

日本で働けない外国人の無念背負う:
外国人材受け入れをもっと 法の壁に風穴開けた就職支援会社社長の執念
2019年に外国人材の受け入れ条件が緩和される。火付け役は外国人の就職支援のパイオニア企業の社長。日本で働けなかった外国人の無念を背負っての活動が実った。(2018/10/17)

不祥事対策は、ディズニー映画に学べ:
日大アメフト問題に学ぶ、不祥事を炎上させない対応策
日大のアメフト問題が大炎上している。財務省も加計学園も不祥事隠ぺいで注目されているが、問題が発覚したときどのように対応すればいいのか。ディズニー映画『モンスターズ・ユニバーシティ』から学べることがあって……。(2018/6/1)

写真展:
山岸 伸 写真展「瞬間の顔Vol.8」
(2016/4/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ一流の人は歴史を学ぶのか――名言に学ぶ「見通す力」の作り方
「先が見えない世の中」とは言われるが、パソコンもデータ分析も発達していない時代に、過去や経験に学ぶことで、時代を切り開いてきた人がいる。竹中平蔵先生が考える今学ぶべき歴史と名言とは。(2016/3/3)

経済ニュースアプリ「NewsPicks」が有料配信を開始、課金モデルにした狙いは?
経済情報に特化したニュースアプリ「NewsPicks」が、2月のアップデートで一部コンテンツの有料配信を開始した。広告モデルではなく、あえて課金モデルを選んだわけとは。提供元のユーザベースにその狙いを聞いた。(2014/2/17)

コカ・コーラ、企業サイトをWebマガジンにリニューアル
自社サイトをメディアとして顧客との接点にする企業が増えている。日本コカ・コーラも企業サイトをリニューアルし、外部連載陣を含むWebマガジン化を果たした。(2013/6/25)

藤田正美の時事日想:
団塊の世代に医療費が注ぎ込まれる時代
国民医療費38兆円弱の約45%は70歳以上の人が占め、そのうちのほぼ8割は75歳以上の人が占めている。状況は逼迫(ひっぱく)しているのに、政治家は法律で決まっていることすら実行できない。(2013/4/24)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/3/19)

成長のカギは“反例”主義より“支援”主義
日本社会に善い「改革」があふれるために、我々にできることは何か? そのためには反例主義を捨て、支援主義を取り入れることが必要ではないだろうか。(2013/2/27)

藤田正美の時事日想:
円安だけじゃダメ、G20を乗り切った日本に必要なこと
モスクワで開かれたG20財務相・中央銀行総裁会議。最大の問題は急激に進んでいる円安に対して、どのようなアクションをとるかということ。しかし、結果は日本にとって都合の良い方向に進んでいるようだ。(2013/2/18)

株高円安は日銀の不熱心さを露呈させた――浜田宏一氏が語る金融政策のあり方
安倍晋三首相の金融政策のブレーンとして内閣官房参与に就任したイェール大学名誉教授の浜田宏一氏。日本外国特派員協会で行った講演で、日本銀行はより積極的な金融緩和を行うべきだと主張した。(2013/1/21)

PR:SFCの英知を結集した“バザール”は社会に何をもたらすのか
慶應義塾大学SFCでの研究成果を発表するイベント/研究発表「SFC ORF」が今年も東京・六本木で行われる。開催を前に、現在SFCが掲げるテーマの1つである「デザイン」について、金子郁容、山中俊治両教授が語った。(2012/11/9)

藤田正美の時事日想:
何が日本の政治改革を妨げているのか
日本に限らず、世界でも「政治の劣化」がささやかれるようになっている。私たちが選択している民主主義が機能しなくなっているのはなぜなのだろうか。(2012/2/6)

竹中平蔵氏が「リスク管理、そしてこれからの日本」を語る
慶應義塾大学総合政策学部の竹中平蔵教授が、「リスク管理、そしてこれからの日本」をテーマに語る。FMラジオ局ネットワーク「JFN(Japan FM Network)」の番組「ON THE WAY JOURNAL WEEKEND」の収録の模様を届ける。配信は1月17日16時15分〜。(2012/1/16)

東日本大震災が経済に与えた影響は 竹中平蔵さん、米倉誠一郎さんが討論
慶応義塾大学の竹中平蔵教授と一橋大学の米倉誠一郎教授が「新しいニッポンを創るために!」と題して対談。東日本大震災が経済に与えた影響や今後の復興について議論する。竹中さんが理事長を務める「アカデミーヒルズ」主催のチャリティーセミナー。配信は4月20日19時0分〜4月20日20時30分。(2011/4/18)

田原総一朗×竹中平蔵 「アメリカ経済とニッポン政治の行方」
混迷する日米両国の政治と経済はどこへ向かっていくのか――田原総一朗さんと竹中平蔵さんが「アメリカ経済とニッポン政治の行方」と題して対談する。講談社のWebサイト「現代ビジネス」主催。配信は12月7日17時0分〜。(2010/12/7)

勝間和代の「デキビジ」 ゲストは竹中平蔵さん
勝間和代による“デキる”ビジネスパーソンになるための経済情報番組「デキビジ」(BSジャパン)の収録風景・10月3日放送分をUstream。ゲストは竹中平蔵・慶応義塾大学教授。(2010/10/1)

Live動画ピックアップ:
菅首相の会見をニコ生で 「絶対可憐チルドレン」ペン入れUstも
午後5時からニコ生で、菅首相の記者会見を生配信。7時からは津田大介さんと和田裕美さんが仕事術について語る対談も。(2010/6/21)

高年収者に聞いた“入閣してほしい民間人”、トップは「孫正義」氏
かつて内閣の一員として、堺屋太一氏(経済企画庁長官)や竹中平蔵氏(経済財政政策担当大臣など)ら民間人が登用されたことがあったが、年収750万円以上のビジネスパーソンが入閣してほしいと思っている民間人は誰なのだろうか。ビズリーチ調べ。(2010/6/16)

荒川静香さん、竹中平蔵さんが語る「夢」の力
日立システムアンドサービス主催のセミナー「Prowise Business Forum Executive Day 2010 未来を紡ぐ」が開催された。アスリートの荒川静香氏や、慶應義塾大学教授の竹中平蔵氏が「夢」について語った。(2010/6/7)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
世の中に必要なヒトたち
世の中には「創る人」「回す人」「管理する人」「考える人」「壊す人」と、さまざまな人が必要だと言うちきりんさん。そしてその中でも、日本では「考える人」と「壊す人」が足りないとも主張します。(2010/4/19)

藤田正美の時事日想:
鳩山政権に、“お金”が集まらない日
民主党への政権交代が起きたものの、いまだ経済政策の背後にどんな理念があるのか、よく分からないという人も多いのでは。「2010年度予算は過去最大」「4年間は消費税を引き上げない」など、このままでは投資家が“愛想”をつかすかもしれない。(2010/2/22)

財務大臣に誰を推薦しますか?
新しくできた国家戦略局に期待していますか? 個人投資家に聞いたところ「期待している」という人は7割ほどに達した。e-株主リサーチ調べ。(2009/10/1)

「担当範囲外です」は協力会社だけで十分:
ソフトバンクで身につけた仕事術は生きる〜Part3
「そんな状態では無理ですよ」会社の未来を担う社員が、こんな心細いことを言っているわけにはいかない。どうすればいいのかを必死で考えることになります。(2009/9/5)

電気自動車:
インホイールモーター型電気自動車の世界的普及を目指すベンチャー「シムドライブ」が設立
慶応大で高性能電気自動車「Eliica」の開発を手がけた清水教授らを中心に、インホイールモーター型電気自動車技術を、ソフトウェアのオープンソース方式に似たやり方で普及させようというベンチャー企業が設立された。(2009/8/25)

JASRACシンポジウム:
“タダが当たり前”の時代、コンテンツ産業に起死回生の魔法はあるか
コンテンツ産業を取り巻く環境が厳しさを増す中、コンテンツで稼ぐにはどうすればいいか――JASRACシンポでドワンゴの川上会長やホリプロの堀社長などが議論した。(2008/12/10)

PR:時代を創る“衝突”を――SFC Open Research Forum 2008
時代を動かす人々が出会って“衝突”し、新しい何かを生み出す――慶應義塾大学SFC研究所が主催する「SFC Open Research Forum 2008」は、研究者やパネリスト、来場者がぶつかり合う仕組みを用意し、次の創造につなげる。(2008/11/6)

ものになるモノ、ならないモノ(28):
2010年、本当にプロバイダビジネスは崩壊するのか?
800社以上ある「インターネット接続事業者」としてのプロバイダの事業存続を左右する2010年問題とは何か? 生き残りの道はあるのか?(2008/10/28)

「与謝野氏に“ニコ生”出演断られた」 ニコ動に自民総裁選特設コーナー
与謝野馨経済財政担当相にニコ生への出演を依頼してみた──ニワンゴは、自民党総裁選の候補者に、ニコ動のライブ配信を活用した“街頭演説”への登場を打診しているという。(2008/9/12)

保田隆明の時事日想:
北京で感じた“メディアリテラシーの高さ”はどこから来ているのか
北京在住のコーディネーターにチベット問題についてたずねたところ、「あまり話題にしないんです。いつどこで盗聴されているかも分かりませんし」と言われハッとした。日本とはメディア事情が大きく違う中国。日本人は「言論の自由」を信じすぎてはいないだろうか。(2008/4/3)

「日本のコンテンツ、ネットのせいで沈む」とホリプロ社長
「『テレビ番組をネットに出せ』と言われるが、そんなことをしても不幸になるだけ。コンテンツが欲しいなら、ネット事業者はペイするビジネスを提案すべき」とホリプロの堀社長は主張する。(2008/3/26)

“著作権の悪者探し”は何も生まない――「ニコ動」時代の今、前に進むために
「テレビ局が悪い」「JASRACが悪い」「著作権法が悪い」――そんな悪者探しに終始していても、ネットコンテンツは先に進めない。(2008/3/26)

ORF2007 Report:
政治と技術の融合が地球に対してできること
11月22日、東京・港区の六本木アカデミーヒルズでORF2007が開幕した。メインセッションでは、元宇宙飛行士の毛利衛氏、金融・経済財政政策担当大臣を歴任してきた竹中平蔵氏らによる討論会が行われた。(2007/11/22)

PR:ネットワークで社会に変革を起こしていくシスコ
 ネットワークが、単なる情報の伝達路から情報とアプリケーションやサービス、さらには人と人とを結びつけるものへとその役割を変化させてきている。こうした変化に対応すべく、ネットワークはどのように変わっていけばよいのだろうか。統合的なネットワークソリューションを提供しているシスコの篠浦文彦ビジネス開発ディレクターに聞く。(2007/11/15)

PR:極限へのチャレンジが未来を創る――SFC Open Research Forum 2007
慶應義塾大学SFC研究所が1年に1度、湘南藤沢キャンパスで行なわれている研究の成果を一般公開するイベント「慶應義塾大学SFC Open Research Forum 2007」が11月22、23日に開かれる。会場は昨年の丸の内から2年ぶりに六本木ヒルズに戻り、SFCの持つ多様な“極限”が凝縮されたスペースでじっくり見せるという。(2007/11/1)

驚愕の自治体事情:
自治体は今こそIRに真剣に向かい合うべし
市場公募債に市場原理が導入されたことで、各自治体とも市場の評価を上げようと奮闘している。そんな中IRに力を入れ始める自治体も増えてきているが、まずIRページが存在しているかを確認してほしい。(2006/10/13)

[シリーズ特集]ネットテレビは儲かるか 第1回:
今一番の成長株は〔ネット‐ネット型〕
“新進”IT企業が“重厚長大”放送局を傘下に収めようとした「寸劇」から早1年。「通信と放送の融合」は、にわかに進んでいるかのようだ。いや、「融合」はまだだとしても、通信側が放送ビジネスを、放送側が通信網参入を、それぞれすでに始めている。それがいずれ、「融合」につながるのかもしれない。そこに生まれるのは、まずはネットで見れる放送、いわゆる「ネットテレビ」(※)となりそうだ。そのうち、今最も勢いよく成長しているのは、「GyaO」に代表される〔ネット‐ネット型〕である。(2006/5/8)

“通信・放送融合”懇談会に古川氏ら参加
(2005/12/27)

SFC OPEN RESEARCH FORUM 2004レポート
市場とコモンズ
「SFC OPEN RESEARCH FORUM 2004」において、内閣府特命担当大臣の竹中平蔵氏とSFC政策・メディア研究科教授の金子郁容氏の対論が行われた。コーディネーターはSFC総合政策学部講師の玉村雅敏氏が務め、教育問題について積極的な討議が行われた。(2004/11/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。