ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ティム・オライリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ティム・オライリー」に関する情報が集まったページです。

デジタル変革を支えるために:
オープンソースの力を企業が生かす「Inner Sourcing」とは何か、創業140年の米国企業が経験でつかんだものとは
企業のデジタル変革に関連して注目される「Inner Sourcing」。創業140年という老舗であり、世界で3万8000人の従業員を雇用する米製薬会社、Eli Lilly(イーライリリー)は試行錯誤の末、同社にとってのInner Sourceの解を見いだしたという。(2018/11/13)

従業員エンゲージメントを測定
「人事データアナリティクス」から分かることとは? 変化する人事評価
システム化が進み従業員に関する人事データの量が増大している。このデータを分析して、従業員の生産性向上に役立てる動きが広がっている。(2018/3/20)

時代はテラバイトからペタバイトへ
テープ新規格「LTO-8」は1カートリッジで32TBを実現、どこまで大容量、高速になるのか
次世代テープ規格「LTO-8」は容量倍増を予定しており、データアーカイブ用途として有力な選択肢になりそうだ。テープシステムは階層型ストレージで効果的な役割を発揮できる、と関係者らは語る。(2017/9/28)

もっと「ひと」中心の働き方改革、デジタル技術で実現へ
デジタル時代にビジネスを成功に導くにはテクノロジーの活用が欠かせない。そのトレンドを調査した「Accenture Technology Vision 2017」の日本版が発表された。取り上げられたのは、「ひと」のためのテクノロジーだ。(2017/4/13)

ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【前編】
コンテナ“一強”時代に変化の兆し、 SSDは高密度競争へ
本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。前編ではクラウド間バックアップ、コンテナ、大容量SSDがテーマだ。(2017/1/17)

増加するカードのスキミング
「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告
複数の研究者が、オンラインショップの現状に警鐘を鳴らしている。多くのオンラインショップにセキュリティ上の脆弱性が存在し、カード情報を入手するためのコードが埋め込まれたサイトもあるという。(2016/12/9)

NYSE、WSJのシステム停止はなぜ起きた?
今日もまたコンピュータが動かない――その理由と対策
仮想化と自動化のソフトウェアのおかげでシステム障害への対応は迅速に行われるようになったものの、有名企業はいまだにシステム停止の憂き目に遭っている。(2015/8/11)

2015年、加速するデータセンター関連企業の再編(前編)
データセンター向け製品ベンダーガイド、2015年に合併/買収する企業は?
2015年、サーバ企業とストレージ企業の大規模な合併と買収が行われる年になると予測する専門家がいる。VMwareやRed Hatなどの大手ベンダーや新興企業の動向、注目製品などを紹介する。(2015/3/16)

ブロードコム、ARMコアによるNFV推進について国内で説明
ブロードコム・ジャパンは12月5日、米ブロードコムが10月に発表したARMコアを活用する新アーキテクチャについて、国内で説明した。NFVをはじめとするネットワーク製品での事業の広がりを狙う。(2013/12/6)

プロセッサ/マイコン:
「MIPSを捨てた、というわけではない」 Broadcom、ARMベースの64ビットSoCを説明
ブロードコムが、次世代のマルチコアプロセッサ・アーキテクチャに関する記者説明会を開催。先日発表したARMベースの64ビットマルチコアプロセッサについて、米Broadcomの開発担当者が概要を語った。(2013/12/6)

Google、なりすまし対策で「Google+」に確認済みアカウント機能を追加
Google+にTwitterの「認証済みアカウント」と同様の偽アカウント防止対策機能が追加された。マーク・ザッカーバーグ氏などの著名人のアカウントに認証バッジが表示される。(2011/8/22)

「すべてはクラウドの中に」――Google幹部、Windows 7発売日にChrome OSを語る
「Chrome OSではソフトのデータもすべてクラウドの中にある」「ブラウザはOS上のアイコンに固定されている。それをひっくり返したい」とGoogle幹部は語った。(2009/10/23)

口論の行方:
GoogleとSalesforce.com、クラウドコンピューティングでOracleとMSを批判
Web 2.0 Summitのクラウドコンピューティングパネルで、Salesforce.comのマーク・ベニオフCEOがOracleとMicrosoftを痛烈に批判した。一方、Googleエンタープライズ部門のデイブ・ジルアード社長は、「Microsoft Office WebよりもGoogle Appsの方が“おいしい果物”だ」と述べた。(2008/11/11)

IntelのCEO、大企業向けSNSツールとモバイル翻訳端末を披露
Intelのポール・オッテリーニCEOは、社内で開発中のSNSツールと翻訳ソフトを搭載した携帯端末を披露した。(2008/11/7)

Microsoftは重要ではない?
コンピュータ業界の大手企業についてどう思っているか聞かれたMySQLアーキテクチャディレクターは、Microsoftは重要でないと答えた。(2008/7/25)

新タイプのWeb 2.0企業に売り込む:
「HPCは定着した」――SunのシュワルツCEO
シュワルツ氏によると、人々の認識とは異なり、Web 2.0企業にはスケーラブルなコンピューティングパワーが必要だという。(2008/4/30)

Gadget Hacks:
chumby――米国生まれの情報端末に家電の未来を見る
FOOキャンプで産声を上げたchumbyは、これまでの情報端末の姿を変える可能性を秘めている。何より、開発元がハッキングを推奨するといういい意味でGeekのためのデバイスとなっているのが素晴らしい。(2008/2/4)

New Generation Chronicle:
小飼弾――35歳からのプログラミングこそ無上の至悦
豊富な実績で多くの開発者を先導する存在になりつつある人物を取り上げる「New Generation Chronicle」マエストロスレッド。こちらの第1回は、ブログ「404 Blog Not Found」などでも知られる小飼弾氏だ。(2008/1/10)

iPhoneよりマリオ、Googleより茶道――チームラボが考える「和製UI」
iPhoneのUIは効率的でかっこいいが、あまりに西洋的――チームラボの猪子社長は日本独自のUIを提案する。ヒントは「茶道」と「マリオ」。「目的ではなく、行為そのものに意味を与えたい」という。(2007/11/19)

ティム・オライリー氏と対談:
「お金がありすぎて失敗した」――「Twitter」創設者の“再チャレンジ”
「Twitter」の共同創設者が来日し、Web2.0提唱者のオライリー氏と対談。華々しい成功の陰には、会社が存亡の危機に直面するほどの大きな失敗もあったという。Twitterの狙いも語った。(2007/11/16)

ティム・オライリー氏登場:
日米の先駆者が語るWeb2.0の行方
Web2.0提唱者のティム・オライリー氏が10年ぶりに来日。基調講演ではインターネットを最初に日本に持ち込んだ功労者とされるネオテニーの伊藤穣一氏を招き、Web2.0を取り巻く現状と今後について、対談を繰り広げた。(2007/11/15)

エンタープライズ2.0時代の到来:
職場がオープンなWeb2.0を取り入れるのは必然か?
Web2.0を企業に取り入れることで、何か画期的な成果をもたらすと安易に考えるのは危険だ。この言葉がどこから出てきたのか、誰がどういう意図で使っているかを把握した上で、Web2.0導入のこれからを考えよう。(2007/8/23)

エンタープライズ2.0を導入せよ:
企業が抱える3すくみの状態を解消する秘策とは
先日開催されたあるセミナーで、中内学園の福井誠氏は、企業は現在抱えている問題を解決するためにエンタープライズ2.0を導入すべきだと主張した。(2007/7/22)

新入学生/新社会人応援企画第2弾:
第1回 当然知ってるよね? オープンソースが意味するもの
本特集は、特にコンピュータを生業とするエンジニアやビジネスマンにとって、オープンソースとどう関係していくべきかを知る手引とするべく、オープンソースの歴史と現状を短時間で理解できるよう紹介していく。今回は、オープンソースが何を意味するかを理解しよう。(2007/2/26)

ティム・オライリーは11月に何を語るか
今や旬のキーワードとなった「Web 2.0」。この言葉の提唱者の一人、ティム・オライリー氏が約10年ぶりに来日することになった。(2007/2/14)

1分ショートレビュー:
Web 2.0における、Apache Geronimoの成績は?
Web 2.0の言葉がメディアを賑わしているが、その定義すらまだ明確ではないのが実態だ。本稿では、ティム・オライリー氏が定義する7つの中核的コンセプトの観点からWeb 2.0について考察し、さらにその観点に立って、「Apache Geronimo」の、Web 2.0アプリケーションとしての成績を検討する。(2007/2/5)

「行く年来る年2006」ITmediaエンタープライズ版:
Webサービスは着実に広がる
Webサービス人気は過去のもの? そんなことはない、2006年には追い風となるものがあった。今後いっそう進むであろう情報のメタデータ化は、Webサービスによってさまざまなものへと形を変えるだろう。(2006/12/26)

Trend Insight:
フリーJavaコミュニティーで慎重な楽観論を持って受け止められたJavaのニュース
SunがJavaをGPLでオープンソース化することを発表したが、フリーJavaコミュニティーは肯定的ながら慎重な反応を示している。少なくとも一部のプロジェクトはJavaの独自の実装の開発を継続する可能性が高いとみられる。(2006/11/17)

言葉の認知度4割? 10分で分かる「Web2.0」
Web2.0の真骨頂は「あらゆる情報の集約」。一方で、Web2.0が成功するか否かは、「Web2.0を認識しない大多数のユーザーの手に握られている」。提供側の狙いとエンドユーザーとの格差をどう考えるべきか。(2006/10/20)

コンテンツをベースにする日本型Web2.0 第1回:
Web2.0にもあった日本だけの特徴
日本のインターネット業界でも進むWeb2.0化。ただ、それは本来のWeb2.0化とはちょっと違うようだ。そこには、日本ならではの特徴があるのだ。(2006/9/6)

ネットベンチャー3.0【第5回】:
ロングテールがインフラになろうとしている
佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。これまで紹介した日本のWeb2.0ベンチャーに共通するパターンとは、そしてAmazonやGoogleと違うスタイルのロングテールビジネスについて検証する。(2006/8/25)

Web2.0でビジネスはどう変わるか ― その3
Web2.0型サービス:ミツエーリンクス「3Sマッチング型Web構築サービス」
Web2.0は企業のビジネスモデル、マーケティング、情報システム戦略にどのような変化をもたらすのか。専門家の見方を紹介しながら、可能性と課題の両面から考察する。今回はWeb2.0型サービスの中から、ミツエーリンクスの3Sマッチング型Web構築サービスを紹介する。(2006/7/19)

News Weekly Access Top10(2006年6月25日-7月1日)
Web2.0っていったい何だ?
当初は「実体のないバズワード」などと言われていた「Web2.0」だが、言葉はどんどん一人歩きしている。(2006/7/3)

Magi's View:
さよならコピーレフト
Web2.0は、オープンソースやフリーソフトウェアにどのような影響をもたらすのだろうか。Web2.0はフリーソフトウェアの味方なのか、敵なのか。(2006/6/13)

Web2.0は誰のもの? ネットで論争
「Web2.0」の商標登録を出願している企業が、Web2.0カンファレンスを計画している団体にWeb2.0という言葉を使わないよう要求、批判を浴びている。(2006/5/30)

SOAとWeb 2.0の架け橋を探求するMicrosoft
MicrosoftはWeb 2.0とSOAを同じ事柄の両端と見なし、Web 2.0がコンシューマーをサポートし、SOAがエンタープライズをサポートすると考えている。(2006/2/3)

JavaOneで語られるJavaの今と未来
Sunは来週のJavaOneでJavaの現状と今後を語るほか、J2SEやJ2EEの次期版の詳細を明かし、SOA、Webサービスにも重点を置くと見られる。(IDG)(2005/6/24)

Javaオープンソース化めぐり、JavaOneでディスカッション
来週のJavaOneで行われるJavaオープン化をめぐるパネルディスカッションには、Java作者のジェームズ・ゴスリング氏や、論争の発端となったIBM幹部、ローレンス・レッシグ教授などが参加する。(IDG)(2004/6/23)

Googleが構築する「Web規模のスーパーコンピュータ」
「分散化」が流行語となる一方で、業界専門家はGoogleのサーバファームはスーパーコンピュータと化していると指摘、「正しい形で中央集中化されたアーキテクチャに実際的な限界はない」と示唆する。(IDG)(2004/5/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。