ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジョナリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビジョナリー」に関する情報が集まったページです。

IBM、Cloudera、Domino Data Lab、Oracle以外にも
人工知能(AI)で急成長のデータサイエンスツール、商用とオープンソースの違いは?
商用製品からオープンソースまで、人工知能(AI)を使ったデータサイエンスツールの選択肢が広がっている。うまく利用すれば、データアクセスや分析モデル作成、データ管理の共同作業が簡便になるだろう。(2019/4/15)

凡人だから有利な点がある:
凡人の起業法 40カ月でKDDIグループに事業売却できた社長の秘密
小原さんは、スマホゲームメディア企業を創業し、わずか40カ月でKDDIグループに売却を果たした起業家だ。しかし、起業には素晴らしいビジョンもいらないし、極端な話事業計画さえなくていいと言う。代わりに最も重要なこととは……。(2018/11/28)

Gartner Insights Pickup(65):
一般企業におけるCTOの役割を、5つのタイプで考える
最高技術責任者(CTO)は、CxOの役職の中で最も理解されていないものの1つだ。技術イノベーションをリードするとは、具体的にどのようなことなのか。その答えは企業によって大きく違う。ここでは、CTOの役割を5つのペルソナで考える。(2018/6/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
生産性を革新する、「はみ出しもの」のマネジメント術
「働き方改革」の要諦は、生産性の革新にある。これまでの組織にはいなかった「はみ出し人材」を招き入れて、チームでイノベーションを起こそう。(2018/6/7)

Gartnerの評価レポート
機械学習プラットフォームでH2O.aiやKNIMEなど小規模ベンダーが躍進
データサイエンスと機械学習の市場は急速に拡大している。調査会社Gartnerの最新レポートによると、急増する市場の需要に素早く対応できる小規模ベンダーが大手を抑えてリードしているという。(2018/3/16)

ITmedia Virtual EXPO 2018 春【メカ設計 EXPO】:
ミシュランの描く未来、3Dプリンタで再構築する次世代タイヤ
サンゴの骨格組織のような中空構造を採用したミシュランの次世代コンセプトタイヤ「VISION」。リサイクル素材を材料とした3Dプリント技術で製造することを想定しており、路面と接地するトレッドはオンデマンドで目的地や天候に合わせたものを提供する。「ITmedia Virtual EXPO 2018 春」の講演では、VISIONプロジェクトの取り組みや、ミシュランが推進するデジタルファブリケーション技術の活用事例などを紹介する。(2018/2/2)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
部下の成長を加速させるのはどっち? ドーラとナウシカのリーダーシップ
部下の成長を加速させるリーダーシップとは? ジブリ作品の登場人物「ドーラ」と「ナウシカ」を例に、今、求められているリーダーの姿を考えます。(2018/1/21)

「b.g.」ついに発売:
メガネスーパー、M&A奏功で苦境脱却 IoTでさらなる飛躍へ
メガネスーパーが2018年4月期上半期(17年5月〜10月)の連結決算を発表。M&A戦略が奏功し、一時の不振を脱した。今後はウェアラブルデバイス「b.g」を法人向けに展開し、IoT事業も強化する。(2017/12/19)

マストドンつまみ食い日記:
KADOKAWA丼(仮)、始動
坂村 健×角川歴彦対談イベントと連動したインスタンス、その後の使い方は?(2017/8/18)

「アイケア戦略」は奏功:
メガネスーパー、不振脱却への道は「IoT」と「M&A」
メガネスーパーが、2017年4月期の連結決算を発表。減益だったが、最終黒字に踏みとどまった。今後は「アイケア戦略」のほか、他の眼鏡店の買収・合併と、ウェアラブルデバイス「b.g.」の販売に注力していくという。(2017/6/21)

Weekly Memo:
GoogleはAWSやMicrosoftを追撃できるのか
Googleが企業向けクラウド事業を加速させている。先週開かれたプライベートイベントでその熱気を感じた。果たして、先行するAWSやMicrosoftを追撃できるか。(2017/6/19)

立ちどまるよふりむくよ:
梯郁太郎氏はなぜAppleから距離を置いたのか
DTMステーションに掲載された2011年の梯郁太郎氏インタビュー「亡くなったローランド創業者・梯郁太郎さん、スティーブ・ジョブズを語る」が超絶面白かったので、Apple側の動きを中心に補完的な情報をまとめてみた。(2017/4/4)

採用の決め手は“ネットワーク仮想化に関する知識とノウハウ”:
PR:クラウドデータセンター先駆者も驚いた! 次世代クラウドサービス基盤構築プロジェクトに見る「デルの真価」
今年の5月にデル創業者であるマイケル・デルが、EMCおよびそのグループ企業と共にDell Technologiesという企業グループを今後設立することを発表し、ハードウェアからソリューション、サービスまでをワンストップで提供できるデル。サーバやネットワーク機器といった物理レイヤーの強みに、仮想環境構築やクラウドサービス管理といった仮想レイヤーの強みが“統合”されることで何が生み出されるのか。2015年に「Software-Defined Data Center(SDDC)」アーキテクチャを全面採用した次世代クラウド基盤「Next Generation EASY Cloud」を開始したアイネットのプロジェクトから、“デルの真価”を探る。(2016/8/26)

Weekly Memo:
クラウドサービス市場の覇者は? 最新勢力図を検証する
企業向けクラウドサービス市場はどのように推移し、どんな勢力図になっているのか。最近発表された幾つかの調査データから読み解いてみたい。果たして覇者は誰か?(2016/8/15)

ジョブズの「現実歪曲空間」はこうして生まれた マンガ「スティーブズ」でのチームワーク
原作者、漫画家(2人)、編集者の4人がチームとなって制作。その内情が語られた。(2016/6/1)

VRで「ゴーストバスターズ」になれるテーマパークがニューヨークで開設へ
今夏公開の新「ゴーストバスターズ」の世界を体験できるVRアミューズメント施設がニューヨークに開設される。VR HMDとそれを作動させるためのPC搭載ジャケットをプロトンパックのように装着し、ゴースト退治を楽しめる。(2016/5/10)

“ステレオタイプな神話を壊す”:
新たなスティーブ・ジョブズの伝記「Becoming Steve Jobs」、3月24日に発売へ
故スティーブ・ジョブズ氏と個人的にも親しかったというジャーナリストとIT系メディアの編集長による新たな伝記が3月24日に発売になる。現在のAmazon.comでのKindle版予約価格は11.99ドル(その後13.33ドルに変わった)だ。(2015/3/13)

書籍×動画で効率的な学習を――中経出版のビジネス書シリーズ『VISIONARY SEMINARS』
書籍に記載されているURLにアクセスすると、学習に役立つ特典動画を見ることができる。(2014/11/19)

「全巻無料!漫画アプリ」に『ブラックエンジェルズ』『マーダーライセンス牙』『外道坊』が期間限定で登場
同アプリは1日30分間読み放題。ただし、さらに読み進めたい場合はFacebook、Twitter、LINE、メールで友人へアプリを紹介するか、体力回復ポイントを購入する必要がある。(2014/6/16)

Weekly Memo:
激戦区IaaS市場の行方
クラウドサービスをめぐって有力ベンダー同士の協業の発表がこのところ相次いでいる。そこから見えてくるものとは――。(2014/6/9)

IBM Edge 2014 Report:
「ITは重要」と答える企業は70%、しかし効率活用できているのは20%
米IBMで15人しかいない要職である「Senior Vice President」を務めるトム・ロザミリア氏にIBMの今後の方向性を聞いた。(2014/5/27)

情シスの本棚(5):
ビジネス、起業でよくある失敗パターン
リーンスタートアップというと「スピード」や「効率」といった点が目を引く。だがその本質は、全てのビジネスにおいて重要な鍵となるものだ。(2014/3/26)

ソフトウェアが、ソフトウェアを作る:
PR:日本のシステム開発に、変革がもたらされる時
多数の人的リソースが動員され、多大な時間と費用が注がれているソフトウェア開発。その手法が、BlueMeme(ブルーミーム)が導入している「第五世代言語の開発ツール」によって、大きく覆ろうとしている。製造からテスト、運用までを自動で行うという夢みたいなことが、果たして本当に起こり得るのか。代表の松岡氏が、その全貌を語る。(2014/2/25)

漫画家が独自に連載できる電子書籍配信プラットフォーム「Manga Stadium」誕生
ビジョナリーは、漫画家や出版社が漫画を連載形式で配信できる電子書籍プラットフォーム「Manga Stadium」をオープンした。(2013/11/15)

連載漫画の公開&販売が無料で簡単にできる「Manga Stadium」スタート
ビジョナリーが、無料会員登録で漫画の配信と閲覧ができるプラットフォームを開始。有料配信時の印税は70%だ。(2013/11/15)

岡山のITプロが考えるすごいOffice365の使い方:
PR:もしも、ビジョナリーなIT担当者がOffice365を導入したら?
もし、ビジョナリーなIT担当者がOffice365を導入したら? 岡山発、IT企画担当者はここまで面白く社内業務をカイゼンできる。(2013/11/8)

CIOインタビュー
米Domino’s Pizzaの低リスクなクラウド導入戦略
米Domino's PizzaでIT戦略を担当するコリン・リース氏。新技術に対する同氏のアプローチは用心深く計算されている。同氏は、クラウドやBYOD、モバイルアプリの導入をいかに進めたのか?(2013/7/18)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/4/24)

「アイドルマスター シャイニーフェスタ」がiPhoneで配信開始! 3バージョンで各4800円 
PSPで発売された同名タイトルがより美しくなってiPhoneに登場。各23分のオリジナルアニメも収録。(2013/4/22)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
「マニフェスト 本の未来」著者が語る電子書籍の現状と未来
2013年、電子書籍は新たな局面に直面していた。そんな変化の最前線を行く人々にその知恵と情熱を聞くこの連載。今回は、米国の電子書籍市場の知見がつまった『マニフェスト 本の未来』の著者、そして日本語版の発行人であるボイジャーの萩野正昭氏に聞いた。(2013/4/11)

Weekly Memo:
IBMが「CMO」に注目する理由
日本IBMが先週、国内大手企業のCMOとCIOを対象としたプライベートイベントを開いた。IBMがとくにCMOに注目するのはなぜか。そこから見えてきたものは——。(2013/3/11)

U理論が導くイノベーションへの道:
【新連載】「出現する未来」からイノベーションを生み出すには
PDCAサイクルのように過去から学んだ経験は多くの人にあるだろう。では未来から学んだことがあるだろうか。未来を感じ取って、行動を創り出すとはどういうことなのか。(2012/8/29)

林信行のアップルまとめ:
2011年、アップルは見かけを変えずに、すべてを変えた
2011年に発売されたアップル製品は、その外観をほとんど変えずに、内部では大きな変革を行った。MacBook AirやiPhone 4Sをはじめとする数々の新製品、OSのアップデート、新サービスのiCloud、そしてジョブズ氏の死。2011年のアップルを振り返る。(2011/12/22)

組織が先か、ビジョンが先か?――橋下氏圧勝から若者が望んでいることを考える
多くの企業が流行のように取り組む、ビジョンや理念の策定。「組織は戦略に従う」という言葉もあるが、今回の大阪市長選挙ではそれが支持されていないことが明らかになった。それはなぜなのだろうか。(2011/12/16)

ものになるモノ、ならないモノ(45):
エモーショナルな文字入力を可能にした「7notes」の秘密
浮川夫妻がジャストシステムの時代から培ってきた日本語入力処理技術と、近年登場した格段に進化したハードウェアが高い次元で融合して生まれた「7notes」。その気持ちよさの秘密に迫ってみた。(2011/10/21)

HTMLの書き換えによるネットワークの効率化
HTMLコードの自動最適化によるWebアプリのパフォーマンス向上
パフォーマンスが低いWebアプリケーションを改善するには? WAN最適化によって高速化を図る従来の方法とは異なり、ネットワーク効率の観点からHTMLコードを最適化する方法が注目を集めている。(2011/10/11)

「彼はわれわれの世界の見方を変えた」 米オバマ大統領もジョブズ氏死去にコメント
「彼は、われわれ1人1人の世界の見方を変えた」――オバマ大統領がジョブズ氏追悼コメントを発表した。(2011/10/6)

Appleのスティーブ・ジョブズ氏が死去
病気療養のために8月にCEOを退いていたAppleのスティーブ・ジョブズ会長が10月5日、亡くなった。(2011/10/6)

スティーブ・ジョブズ氏、死去 ネットに追悼の声
Appleの創設者で元CEOのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった。ネットには驚きと悲しみの声があふれ、ビル・ゲイツ氏らもコメントしている。(2011/10/6)

エグゼクティブのための人財育成塾:
ファシリテーター型リーダーの「巻き込み力」〜その1
強い日本の再興に向け、国や企業を動かしていくリーダーにはどのような力が必要なのか? グローバル化の進展と日本市場の超成熟化が、ビジネスの多様性を大きく高めた。さらに、この度の震災は日本企業にBCPの必要性を改めて突きつけ、今後の成長戦略策定の難易度を上げた。このような環境下で変革を成功裏に収めるためには、国も企業も「自前主義」にこだわってはならない。自身よりも優れた、あるいは自身の足りない部分を補完してくれる能力を持つ他者をうまく巻き込み、最終的な目的を達成するためのプロセスと場をマネジメントするリーダーシップが求められるのである。(2011/5/31)

もはや国内に引きこもっていてはヤバい:
PR:あの洋書を今読むか、2年後に読むか――知的鎖国政策を打破せよ! 「洋書トライアスロン」
海外ビジネスに触れて国内の不況を吹き飛ばせ――。毎月2冊の洋書を紹介する「洋書トライアスロン」で、知られざる世界のビジネスモデルを手にしよう。(2011/1/21)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
iPadに勝てる機種はあるか? タブレット端末の未来を考えてみた
徐々に普及し始めているタブレット端末。1月6日から米国ラスベガスで始まる「2011 International CES(Consumer Electronics Show)」では、各社が自慢の新しいタブレット端末を展示している。タブレット端末はこれからどのように利用されていくのか、改めて考えてみた。(2011/1/6)

人生を変えるタイムマネジメント:
あなたは熱気球、そして目標は空の彼方
これまで慣れ親しんだ習慣を捨てるのは大変なことだ。これは熱気球が飛び立つ様子に似ている。熱気球が空中に浮かぶには、地上に固定している重りを解き放たなければならない。つまり、重りが現状、あなたは熱気球、そして目標は空の彼方にあるのだ。(2010/12/8)

Oracleの元社長フィリップス氏、SMB向けERP企業InforのCEOに就任
元HPのマーク・ハード氏の社長就任でOracleの社長の座を退いたチャールズ・フィリップス氏が、ビジネスアプリケーションベンダーInforのCEOに就任した。(2010/10/26)

オルタナブログ通信:
紙で読むか、電子で読むか――2009年読書の秋
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、220組を超えるブロガーがITにまつわる時事ネタなどを、日々発信している。今週はその中から、「Windows 7」「Twitter」「読書の秋」「電子書籍」などをテーマに紹介しよう。(2009/11/6)

アートが地球のためにできることとは?――eco&art展 2009
(2009/3/6)

これがないとゲームが作れない!? 3Dグラフィックツールの世界最大手、Autodesk(オートデスク)ってなんだ?
「オートデスクなしではゲームが作れない」とは果たしてどういうことなのか? 3Dのモデリングツールを掌握したオートデスクのキーパーソン、ハゲティ氏のインタビューを交えて紹介したい。(2009/2/18)

ライフハッカー[日本版]:
デビッド・アレン氏が発表する新しい仕事術本『Making It All Work』レビュー
あの「GTD」の提唱者、デビッド・アレン氏が新しい仕事術の書籍を発刊しました。いまのところ英語のみとなりますが、日本でも購入可能。その概要をレビューします。(2008/12/22)

経営のヒントになる1冊:
一貫性なくしてビジネスに勝機なし――「経営の真髄」
業務の優先順位付けやリソース配分などが苦手とされる日本のビジネスマン。企業に必要な基礎コンセプトは理解しているものの、経営全体を把握して一貫性のある行動をとらないが故に失敗するという。(2008/10/18)

10月にも登場か:
リーダーなき後も前進を続けるMicrosoftの「Oslo」
「Oslo」のキーストラテジストを失ったMicrosoftだが、10月には同技術のプレビューリリースを予定している。(2008/6/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。