ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows as a Service」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Windows as a Service」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(90):
今使っているWindows/Officeは大丈夫? 2021年以降を見据えて、各バージョンのライフサイクルを再確認
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響を大きく受けた2020年も残すところあとわずか。その影響はどうやら2021年も続きそうです。企業はテレワーク導入の推進を求められたこともあって、企業クライアントPCの更新管理やシステム更改に大きな影響を受けたことでしょう。Windows 10とMicrosoft Office製品について、現時点でのサポートライフサイクルを再確認し、2021年以降の計画に生かしましょう。(2020/12/28)

テレワーク主体の働き方にも適応可能:
PR:肥大化を続ける「Windows Update」、アップデート作業を効率化する新たな一手とは
Windowsを使い続ける上で避けては通れない「Windows Update」。だが、Windows 10以降肥大化し続ける更新プログラムに起因する問題で、オフィスだけでなく、テレワーク環境でも悲鳴が上がっている。この問題に解決策はあるのだろうか。(2020/12/3)

「IE限定Webアプリ」の利用期限はいつ? 終了のXデーは
Chromium版Edgeの配信開始時は、IEが前提のシステムの対応が問題となった。それから約10カ月後の「Windows 10 October 2020 Update」(Windows 10 20H2)ではついにEdgeへの本格的な置き換えが始まった。今も細々と残るIEが前提の業務アプリ類はいつまで使い続けられるだろうか。(2020/11/27)

悩ましいWindows 10の更新問題に終止符を:
組織のネットワークを食う「Windows Update」が“大ごと”ではなくなる方法
Windows as a Serviceのコンセプトの下に生まれたWindows 10は、定期配信のアップデートプログラムによって常に最新の状態を保つ。ユーザーにとって利点となり得るが、システム管理部門にとっては頭を悩ませる新たな課題にもなった。(2020/11/18)

悩ましいWindows 10の更新問題に終止符を:
PR:組織のネットワークを食う「Windows Update」が“大ごと”ではなくなる方法
Windows as a Serviceのコンセプトの下に生まれたWindows 10は、定期配信のアップデートプログラムによって常に最新の状態に保つことができる。いつも最新の環境で作業できるのは大きな利点だが、システム管理部門にとってはありがた迷惑なようだ。(2020/9/30)

レノボ・ジャパン株式会社提供eBook:
「Windows 10がクラッシュする原因」を説明できるようになる方法
「Windows 10」デバイスの管理者にとって、マルウェア感染やクラッシュといったトラブルへの対処は、大きな負担になる。作業の効率化に役立つ手段を紹介しよう。(2020/9/23)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(21):
コロナ以降の「Windows 10」運用、変わるポイントは? MSの対応から考察しよう
テレワークの拡大で、企業の働き方と一緒に「Windows 10」運用の在り方も変化を求められています。企業が身動きの取れない状況を経験し、サイバー攻撃や“運用ストップ”のリスクを学んだ今、新しい日常に踏み出すユーザー企業が知っておくべき運用の「ニューノーマル」とは何でしょうか。(2020/5/27)

PR:企業PCの“ユーザー体験”を常にアップデート 運用も管理も不要の「Device as a Service」(DaaS)が登場
かつてない速度でOSや業務アプリのアップデートが進み、次々と新たなPCやモバイルデバイスが市場に出る中、企業の従業員が毎日仕事に使うPCは、そんな変化にどう対応すればいいのか。そんな悩みを解決する新たなサービスが登場した。運用も管理も不要でデータの漏えいリスクにも対応し、最新のPCにスムーズに乗り換えが可能――そんな便利さを可能にするサービスは、どのように生まれたのか。(2020/5/12)

Device as a Service(DaaS)特集:
“情シスではなく従業員ファースト”新たなPCサービスは、なぜ中小企業に注目するのか
企業の従業員がPCを使う“体験”を、ソフトウェアもハードウェアも含めて常に最新の状態で提供したい――。そんなDevice as a Service(DaaS)の関係者が注目するのが中小企業向け市場だ。その理由から見えてくる、DaaSと従来の企業向けPCの在り方の「根本的な違い」とは。(2020/4/15)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(20):
いきなり“全社テレワーク”で情シス大ピンチ? 覚えておきたいPC管理の注意点
今、テレワークの需要が日本企業の間で急速に拡大しています。今までVPNなどを使ったテレワークを実施してきた企業もあるでしょう。しかし「だから大丈夫」と急いで全社テレワークに突入しまうと、深刻な問題につながります。始めた後で「PCが動かないのに、会社にも行けない」といったピンチを招きがちな“3つの誤解”を、今から解いていきましょう。(2020/3/31)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(19):
PCを「買う→借りる」に切り替えても損をするのはなぜ? MSとIntelの本社を訪ねて分かった、DaaSのメリットと注意点
Windows 10をきっかけに企業向けPCに広がりつつある「Device as a Service」(DaaS)。PC購入や運用のコストや手間をなくすといわれる一方、ベンダーにとってもユーザーにとっても危険な“誤解”が含まれていることをご存じでしょうか。そんな落とし穴を乗り越えている数少ないベンダー、IntelとMicrosoftを米国で訪問しました。(2020/3/5)

PR:業務パソコンの困りごとはNTT東日本の「おまかせクラウドVDI」で対応!
Windows 7のサポート終了が話題を集めているが、OSの移行を機に社内のパソコンを仮想化することで管理運用の手間を軽減できる方法がある。NTT東日本の「おまかせクラウドVDI」の詳細を見ていこう。(2020/2/27)

機能更新プログラムによる業務妨害からの解放
「Windows 10」の“予期しないアップデート”で専用機器が動かない、回避策は?
「Windows 10」で発生する半年に1回の大型アップデートは、端末管理の手間を増やす要因になり得る。組み込み機器や専用機器で利用するWindows 10の予期しないアップデートを減らし、運用を省力化する方法とは。(2020/1/24)

エンドポイント環境の過去、現在、未来【後編】
モバイルデバイスやSaaSがもたらすエンドポイントの真の課題とは?
モバイルデバイスやSaaSを仕事で使うことが一般的になった今、エンドポイント環境に求められる要件も変化している。将来のエンドポイント環境はどうなるだろうか。(2020/1/16)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(18):
そう来たかMicrosoft……! 全く楽じゃないWin 7拡張サポートと混迷のWin 10アップデート最前線を解説
Windows 7拡張サポートが間近に迫る中、Win 10へ思い切って移行するか、それとも拡張サポートを活用するか迷っている企業もあるのではないでしょうか。今回は、どちらを選んだとしても見ておくべき話題を3つお届けします。(2019/12/27)

移行が終わったその後に
Windows 10に移行した企業が共通して抱える「4つの課題」とは?
Windows 7の無償サポート終了が2020年1月に迫っている。多くの企業がWindows 10への移行を終わらせつつあるが「移行が完了すればそれで安心」というわけではない。企業のIT担当者は「WaaS」とどのように向き合い、管理すべきだろうか。(2019/11/18)

働き方改革の強力な味方
「Windows 10」移行を真剣に進めるなら見逃せない「Device as a Service」とは
企業ITの転換期にある現在、業務アプリケーションのクラウド化と同様にPCなどのデバイスでアウトソーシングを利用する「Device as a Service」(DaaS)が台頭しつつある。その利点やサービス選定のポイントを紹介しよう。(2019/11/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windows 10に潜む“危険”を取り除く4つの設定
「Windows 10」はセキュリティに役立つ仕組みを豊富に備える一方で、OSの設定によっては予想外のトラブルを起こす可能性がある。Windows 10の落とし穴と、PCをより安全に使うために変更すべき、4つの設定について取り上げる。(2019/10/23)

Windowsフロントライン:
大型アップデート「1909」(19H2)登場を前にWindows 10のバージョン移行推移を考察する
Windows 10の次期大型アップデート「1909」(19H2)の提供が目前に迫る一方で、11月には1803(April 2018 Update)がサポート終了を迎える。大型アップデートのバージョン推移から見えてくるものとは?(2019/10/10)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(16):
Windows 10の運用が面倒過ぎる! と怒る前に、企業が知るべき「WaaS」の現実
Windows 7からWindows 10に代替わりした途端、配信される大量の更新データや勝手の違う作業負担に頭を抱える――。多くの企業で発生する困った事態の理解に必要な鍵こそ、Microsoftが提唱する「Windows as a Service」の定義と、その前提条件が生み出す「ズレ」なのです。(2019/9/26)

PR:IT管理者の負荷を軽減 働き方改革を支援するDell Technologies ユニファイド ワークスペース
働き方改革が声高に叫ばれるなか、企業は生産性向上や業務効率化に向けた投資を加速させている。こうした変化に対して、デルはどのようなソリューションを提供しているのだろうか。同社クライアント・ソリューションズ統括本部の各担当者に話を聞いた。(2019/9/19)

Computer Weekly日本語版
「最もやっちゃダメ」なWindows 10のアップデート管理戦略
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/8/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
登場から4年がたち、Windows 8時代の資産から脱却しつつあるWindows 10
リリースから4年がたったWindows 10。「Windows as a Service」を掲げて定期的な大型アップデートを実施する中で、消えていったもの、加わってきたものを改めて整理した。(2019/7/30)

WaaS時代はマスター管理で疲弊しない:
PR:Windows 10を導入するなら知っておきたいマスター管理効率化テクニック
「Windows 10」は従来と異なる提供ポリシーのため、導入や運用を今まで通りで進めるリスクは予想以上に大きい。だからこそWindows 10の特性を理解した運用が重要だ。カギは日本であまり知られていないある技術にある。(2019/7/19)

25年の歩みを社長に聞く(後編):
PR:小回りが利く対応力とお客さまからの学びで生まれる「なくてはならないエプソンPC」を目指して
エプソングループの中でPC事業を担うエプソンダイレクト。1993年の設立から一貫して守り続けてきたこと、それを踏まえた上での新たなビジネス領域への挑戦、そして、今後の事業方針について栗林社長に聞いた。(2019/7/16)

デバイスの更新頻度を指定
Windows 10の「LTSC」「SAC」「Insider Program」にPCを割り当てる方法
MicrosoftはWindows 10搭載PCをサービスチャネルに割り当てるためのさまざまなツールを提供している。多層戦略に従った割り当て方法を紹介する。(2019/5/5)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:【大胆予想】春・秋 機能アップデートの位置付けが大変更!?
これまで毎年4月にリリースされてきた春の機能アップデートが、2019年は延期されて5月末に提供される予定だ。こうした機能アップデートの評価期間や提供期間の変更の影には、春と秋の機能アップデート自体の位置付けの変更があるのではないだろうか?(2019/4/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
完成間近のWindows 10「19H1」に“ファイル消失問題”は反映されているのか
MicrosoftのWindows 10で次期大型アップデートとなる「19H1」(バージョン番号は1903)が間もなく配信開始になるようだ。前回のアップデートで発生した“ファイル消失問題”の反省は生かされているのだろうか。(2019/3/26)

ホワイトペーパー:
「Windows 10がクラッシュする原因」を説明できるようになる方法
「Windows 10」デバイスの管理者にとって、マルウェア感染やクラッシュといったトラブルへの対処は、大きな負担になる。作業の効率化に役立つ手段を紹介しよう。(2019/3/22)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(44):
迫るWindows 7のサポート終了、Windows 10への乗り換えの鍵は“マインドチェンジ”
2018年12月末、Windows 10の導入後の運用に関する1つのホワイトペーパーが公開されました。これからWindows 10に本格的に移行しようと計画している企業の担当者はもちろん、既にWindows 10を導入した企業の担当者にもぜひ一読していただきたいドキュメントです。何かヒントが得られるかもしれません。あるいは、途方に暮れてしまうかも……。(2019/3/8)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理(第1回):
PR:Windows 10の展開はMicrosoft 365におまかせ
本稿では、Windows 10の「モダン管理」を3回にわたって解説します。モダン管理は、IT管理者の負担を軽減するだけでなく、ユーザーのPCの選択肢も広げる最新の運用管理手法です。また、Windows 10は常に進化しており、このモダン管理を最適化し次々と新しい機能を提供しています。この機会にモダン管理を実現し、Windows 10へとアップグレードしましょう。(2019/2/22)

IT管理者なら必ず押さえておきたい
「Windows 10 Enterprise」を理想の姿にする5つのカスタマイズ機能
システム管理者が「Windows 10」をカスタマイズするための5つの機能「カスタムログオン」「フィルターキー機能」「Shell Launcher」「ブランドではないブート」「統合書き込みフィルター(UWF)」について紹介する。(2019/2/16)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(11):
「ウチの社員はITリテラシーが低すぎて、Windows 10の運用はムリ」 それって本当ですか?
2019年になり、いよいよWindows 7のサポート終了まで1年を切りました。今回はこれまでの記事を振り返りつつ、移行に関してよく聞かれる疑問や悩みに答えていきます。(2019/2/4)

これまでのサポート終了とは全く違う
「Windows 10」移行、運用負荷を肥大化させないPCとサポートの選び方
「Windows 7」の延長サポート終了まで1年を切り、更改準備に追われる担当者は少なくない。短い期間で機器選定から導入作業、運用までをしっかりと計画し、確実に移行するための鍵は、ハードウェア選定とパートナー選びにある。(2019/2/6)

移行前の現状、移行後の課題は見えているか
Windows 10移行と運用の負荷をどう削減するか、情シス部門の選択肢
アップデートの方法などが従来と大きく異なる「Windows 10」。移行計画の検討方法はもちろんだが、移行後の運用業務をどう設計すべきだろうか。把握すべき情報、利用すべき道具は何か。(2019/1/21)

Windows 10の功罪は「更新」にあり:
Windows 10への期待は高いが、機能更新プログラムに説明が必要――ノークリサーチが調査
ノークリサーチは中堅中小企業向けに2019年のPC環境やサーバ環境の活用ポイントをまとめた調査結果を発表した。今後はWindows 10の導入が加速し、オンプレミスのサーバ環境ではハイパーコンバージドインフラに注目すべきだとしている。(2019/1/9)

更新プログラムやEdgeの動きをどう捉える
「Windows 10」と「Microsoft Edge」、2018年の陰と陽
2018年は良くも悪くも「Windows 10」の話題が目立った。Microsoftは機能更新プログラムの不具合の対処に追われる一方、ブラウザ「Microsoft Edge」に関する歓迎すべき計画を発表した。(2019/1/9)

IT担当者共通の願い
「Windows 10」デスクトップ管理で2019年にやりたい3つのこと
2018年には企業の「Windows 10」デスクトップ管理者がアップデートや修正プログラムなどのトラブルに悩まされることがあった。Windows 10の改善に関する願い事リストをまとめてみた。(2019/1/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2019年、Microsoftが飛躍するために取り組むべきこと
WindowsやMicrosoftの最新情報を独自の視点でお届けする本連載。2019年の第1回は、筆者の鈴木淳也さんが「今後Microsoftが飛躍するために取り組むべきこと」と題してお届けする。(2019/1/3)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(126:年末特別編):
年末恒例、ゆくWindows、くるWindows[2018年版]――2019年にサポートが終了するのは?
平成最後の年末は、2018年の振り返りと2019年の展望で締めたいと思います。2017年末は筆者の別連載『うぃんどうず日記』でこのタイトル記事を書きましたが、今回はタイミング的にこちらで。(2018/12/27)

山市良のうぃんどうず日記(143:年末特別編):
2018年、Windowsの重大ニュース……それはWindows Update問題
2018年ももう終わりが近づいてきました。Windowsを使用してきたこの1年を振り返ってみると、Windows Updateに始まり、Windows Updateに振り回された年だったような気がします。2018年の最後も、Windows Updateで締めくくりたいと思います。(2018/12/25)

サービスとしてのファームウェア(FaaS)に対応:
Microsoftが「UEFI」コアをオープンソース化、「Project Mu」を発表
Microsoftは、「Surface」や「Hyper-V」といったMicrosoft製品で利用されている「UEFI」コアをオープンソース化し、「Project Mu」として発表した。(2018/12/21)

「サービスとしてのWindows」は道半ば
Windows 10更新プログラムの不具合はなぜ発生? Windows as a Serviceの課題を指摘する声も
アナリストや開発者は、「Windows 10」更新プログラムの不具合問題で苦慮するMicrosoftについて、その品質管理プロセスや「Windows as a Service」における課題を指摘する。(2018/12/19)

Win 10導入における働き方改革のポイント
働き方改革に向けたシステム対応の死角はどこにあるか
働き方改革に向けたシステム整備は、考える以上にやるべきことが多い。だが、最も基本的なクライアント端末のOSを忘れてはいないだろうか。OSが大きなセキュリティリスクとなり得る。(2018/12/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の“おせっかい機能”はマネタイズのため?
Windows 10では、従来からユーザーが意図しない形でアプリケーションが“勝手に”導入されていた。今回、新たにLINEアプリなどが加わったことで物議を醸しているようだ。(2018/12/12)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 October 2018 Update」の再配信でMicrosoftが失ったもの
ファイル消失問題などで世間を騒がせた「Windows 10 October 2018 Update」だが、Microsoftにもたらした課題は何だろうか。Windows 10のバージョン別シェアから読み解く。(2018/12/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Intel Graphicsが初対応 Windows 10のモダンドライバ「UWD」とは何か
Intelが公開した新しいグラフィックスドライバは、「Universal Windows Driver(UWD)」に対応した同社初のドライバだ。Windows 10のモダンドライバとなるUWDを解説する。(2018/12/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10「October 2018 Update」のファイル消失問題とは何だったのか
ファイル消失問題によって配信停止に追い込まれていたWindows 10の大型アップデート「October 2018 Update)」。ようやく配信が再開されたが、Windows 10における開発体制や配信手順には見直しが必要との声が少なくない。(2018/11/19)

デスクトップだけ管理すれば良い時代は終わった
Windows 10、macOS、iPhone 複数OS混在職場のアップデート戦略は?
IT部門はこれまでのデスクトップ管理の方法では、現在企業で使われているデバイスやOSなどを全て管理することはできない。時代に沿ったアプローチをするためのツールと戦略を紹介する。(2018/10/22)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Windows 10がクラッシュする原因」を説明できるようになる方法
「Windows 10」デバイスの管理者にとって、マルウェア感染やクラッシュといったトラブルへの対処は、大きな負担になる。作業の効率化に役立つ手段を紹介しよう。(2018/10/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。