ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「福利厚生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「福利厚生」に関する情報が集まったページです。

3割は1年以内の退職意向:
「3年後は今の会社で働いていない」若手社員は47% 年収別にみると……
リスクモンスターが発表した「若手社員の仕事・会社に対する満足度」調査結果によると、若手社員の半数が3年以内の転職・退職を考えている。その理由は「給料」が最も多かった。(2020/2/4)

オフィスの空きスペースを「スポーツ空間」に変える法人サービス登場 福利厚生向けとしてテスト提供
ストレス発散に良さそう。(2020/2/3)

採用側の意見は:
内定辞退セットに賛否両論 心のこもった「就活謎マナー」が企業にとっても大迷惑な理由
話題になった「内定辞退セット」。就活に関するマナーについての議論を巻き起こした。面接などの就職活動に、最低限のマナーは当然必要。しかし、その一方で、明らかに「ムダ」ともいえるマナーも中にはあるようで……(2020/2/3)

沖縄の旅行会社が導入:
急な出費も困らない パートやアルバイト、ATMで給与前払い
沖縄ツーリストはこのほど、パートやアルバイト従業員を対象に、給与の前払い制度を導入した。利用者は給料日を待たずに、働いた分の現金を受け取れ、急な出費にもすぐにお金を融通できる。(2020/1/30)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
コロナウィルス でGMO「一斉在宅勤務」迅速な決定の決め手は?
GMOインターネットはコロナウイルス による新型肺炎の感染拡大に備え、4000人以上の従業員を在宅勤務体制に切り替えた。今回、GMOインターネットが感染症を事前にリスクとして想定していたかは定かでない。しかし、いずれにせよ同社の大胆・迅速な決定は揺るがなかったのではないかと筆者は考える。(2020/1/29)

休暇・休業制度も数多く用意:
小売業界の「ストレス度の低い企業ランキング」 ダイエーやイオンを抑えて1位に輝いたのは?
「ストレス度の低さ」評価の平均値が高い順にランキングした「小売業界の“ストレス度の低い企業”ランキング」。2位はダイエー、3位はサンエー、4位はDCMカーマ、5位はセブン-イレブン・ジャパンと続いた。1位は?(2020/1/29)

朝型勤務を推奨:
銀行業界の「ストレス度の低い企業ランキング」 3大メガバンクを抑えて1位に輝いたのは?
「ストレス度の低さ」評価の平均値が高い順にランキングした「銀行業界の“ストレス度の低い企業”ランキング」。2位は北陸銀行、3位は新生銀行、4位はゆうちょ銀行、5位は三井住友UFJ信託銀行と続いた。1位は?(2020/1/28)

近距離手当、保育園も設置:
マスコミ業界の「休日の満足度が高い企業ランキング」 3位リクルート、2位「アマゾンジャパン」……1位は?
「休日の満足度」評価の平均値が高い順にランキングした「マスコミ業界の“休日の満足度が高い企業”ランキング」。2位「アマゾンジャパン」、3位「リクルートホールディングス」、4位「凸版印刷」、5位「ベネッセコーポレーション」と続いた。1位は?(2020/1/23)

保険業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」 並みいる外資系企業を抑えて1位になったのは?
「保険業界の“ホワイト度が高い企業”ランキング」。2位「メットライフ生命保険」、3位「アクサ生命保険」、4位「ジブラルタ生命保険」、5位「東京海上日動火災保険」と続いた。1位は?(2020/1/22)

休暇制度も充実:
保険業界の「ホワイト度が高い企業ランキング」 1位はあの国内トップクラスの損保会社
「ホワイト度」評価の平均値が高い順にランキングした「保険業界の“ホワイト度が高い企業”ランキング」。2位「かんぽ生命保険」、3位「東京海上日動あんしん生命保険」、4位「メットライフ生命保険」、5位「アフラック生命保険」と続いた。1位は?(2020/1/22)

量から質へ、新たな家づくり提案 積水ハウス社長・仲井嘉浩さん
多様性が業務革新につながる(2020/1/10)

HR市場は2023年に2504億円へ拡大 ただし個人情報に関する問題も浮き彫りに
HR市場は2019年に1000億円を超え、前年比130%の約1199億円と大幅に増加。今後も「HR × Fintech」や「HR × Insur Tech」のサービスが増えてくると推測される。(2019/12/27)

乱立するサブスクビジネス 成否のカギを探る:
ただの田舎暮らしではない! 月4万円「全国住み放題」サービスが獲得したい“共感”とは
月4万円で「全国住み放題」というサービス「ADDress」が注目されている。とはいっても、ただ物件を用意するだけのサービスではない。そこには、テクノロジーを活用して最先端のライフスタイルを実践しようとする人の“共感”を呼ぶコンセプトと仕組みがある。(2019/12/25)

「働き方3つのポイント」ランキング、1位は?
就職・転職のための口コミサイトを運営するオープンワークは、「令和の働き方企業ランキング」を発表した。「風通しの良さ」「待遇の満足度」「有休消化率」の3ポイントに絞ったところ、1位は……。(2019/12/21)

欧米のようにはいかない:
同一労働同一賃金がまだまだ日本で浸透しない、これだけの理由
2020年から開始する「同一労働同一賃金」。期待を集める一方で、“真”の意味で浸透していくにはまだまだハードルがありそうだ。どういったところに課題があるのか。しゅふJOB総研所長を務め、労働問題に詳しい川上敬太郎氏が斬る(2019/12/20)

ドキュメントや利用ツールの英語対応は約3割:
「日本語でビジネス会話ができない」約6割 Wovnが外国人従業員に関する調査結果を発表
Wovn Technologiesは外国人従業員に関する調査結果を発表した。外国人がいる企業の割合は34.0%。そのうち、人事や労務に関する書類やツールが英語に対応している企業は34.6%だった。(2019/12/20)

待遇に納得できる、休暇が取れる、風通しが良い――「令和の働き方」ができる企業ランキング、上位にシスコやApple 1位は…?
オープンワークが「令和らしい働き方をリードする企業ランキング」を発表した。自由で創造的な働き方を導入している企業を評価したもの。IT企業では、Apple Japanやシスコシステムズなどが上位に入った。1位は……?(2019/12/18)

10月に創業者が経営陣に復帰:
ワタミはもう、「ブラック企業」には戻らない そう考えるこれだけの理由
創業者である渡邉美樹氏が10月1日、ワタミに復帰。復帰会見では離職率の低下など、「ホワイト企業化」が宣言された。「ブラック企業」と批判され続けてきたワタミだが、本当に環境はよくなったのか。ブラック企業アナリストの新田龍氏が3回にわたり、ワタミの過去を振り返るとともに現状を検証する。(2019/12/17)

業界動向:
クラッソーネとリビン・テクノロジーズ、空き家解体/土地売却を低コストで
建設テックのクラッソーネと不動産テックのリビン・テクノロジーズが2019年12月から業務提携を開始した。解体施主と解体工事会社のマッチングサービスを拡充し、家付きの土地を低コストで売却したい施主のニーズに対応する。(2019/12/16)

欧米と日本の“いいとこ取り”でIT化を加速 ライフネット生命のCIOが取り組む、システム内製化への道
急速なビジネス環境の変化に追いつけるシステムを――。そんなミッションのもと、ライフネット生命のCIOに就任した馬場靖介氏。外資系企業での経験を生かした、欧米と日本の“いいとこ取り”で進めるトランスフォーメーションとはどのようなものなのか。(2019/12/13)

FacebookとGoogleが、Glassdoorの「働きやすい企業」ランキングでトップ10圏外に
米キャリア情報サイトGlassdoorによる毎年恒例の「雇用者が選ぶ最も働きやすい企業」ランキングの米国版で、上位の常連だったGoogleとFacebookがそれぞれトップ10圏外に落ちた。(2019/12/12)

モノづくり業界転職トレンド(15):
福利厚生は「何を」チェックするべき?
転職時に福利厚生を重視するケースが増え、企業側も充実を図ろうとしている。さまざまな福利厚生があるなかで、具体的にどのようなことに着目して転職先を検討すべきか、転職コンサルタントに話を聞いた。(2019/12/9)

AIで採用活動はどう変わる? セプテーニに聞く「HR Tech」の現在
戦略的な人材計画をテクノロジーで補完するHR Techが注目を集めている。AIを用いた「(入社後の)活躍予測モデル」を新卒採用に導入したセプテーニ・ホールディングスの採用企画部に最新の取り組みを聞いた。(2019/12/6)

工場ニュース:
シチズンマシナリーが中国に新工場建設、日本製工作機械への引き合い増加に対応
シチズンマシナリーは、重要製造拠点の1つである中国の西鉄城精密机械を拡張のため移転し、新工場を建設する。日本メーカーの工作機械へのニーズが高まる中国市場へ向けて、製品を安定して供給できるよう、生産能力を倍増する。(2019/12/4)

企業のメリットは:
松屋の自販機ビジネスが本格始動 その全貌が明らかに
松屋の自販機ビジネスが本格始動。どのような仕組みになっているのかが明らかになった。企業の“福利厚生市場”に食い込めるか。(2019/11/29)

残業は希望制、ランチとドリンク無料――「働きやすい外資系企業」ランキング、Appleを抑えて上位だったIT系企業は?
オープンワークが「働きやすい外資系企業」のランキングを発表。IT系企業では、Apple Japanなどが上位に入った。3位だったブッキングドットコムジャパンは「残業は希望制で、ランチ、ドリンク、フルーツなどは無料で支給される」という。(2019/11/27)

女子と労働:
「『この人、辞める!』でスイッチが入った」――宝塚の“贔屓”の退団に全力を出すため、仕事をほとんど辞めた女
宝塚には「終わりの始まり」がある。(2019/11/25)

製造業DX:
PR:マイクロソフトの製造業担当トップが強調する、DX4つの論点とその前提にあるもの
製造業向けのデジタルトランスフォーメーション支援に力を入れるマイクロソフト。製造業がDXを進める上で重要視すべきポイントは何か、またマイクロソフトが支援する中でどういう点を重視しているのか。マイクロソフトで製造業分野を統括するチャリオン・アルカン氏に話を聞いた。(2019/11/25)

「国の援助は100Gと皮の盾だけ」「あと2週間で魔王倒して」 ブラック労働する勇者の漫画に転職を勧める人多数
魔王についたほうが有給休暇も取れそうだし、福利厚生も充実してそう。(2019/11/19)

人事ジャーナリスト・溝上憲文の「経営者に告ぐ」:
同一労働・同一賃金の衝撃 大企業は本当に「非正規社員を救う」のか
ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、人事に関する「経営者が対応すべき施策」を提言する。今回は施行までいよいよ半年を切った「パートタイム・有期雇用労働法」について。同法は、同一労働同一賃金の規定を盛り込んでいるが、正社員と非正社員の待遇差を解消しようとすれば、これまで低い賃金で使ってきた非正社員の賃金を上げざるを得ない。ということは、経営者は空前の「コスト増」に苦しむことになるが……。(2019/11/18)

「不透明な社内評価」にNO! 報酬は「市場価値」で決める――ベルフェイス社長が人事制度に大なたを振るった理由
足に頼った営業をユーモラスにチクリと皮肉るテレビCMで一躍、有名になったインサイドセールスシステムのベルフェイスが、社員の報酬を「市場価値」で決めるという革新的な人事制度の導入に踏み切った。導入の背景と効果について社長の中島一明氏に聞いた。(2019/11/13)

連載「病と仕事」:
「がん離職」を防ぐために100万円支給――「社員の病気=経営課題」に会社はどう向き合ったか
2017年にがんにより死亡した人は37万3334人に上る。働き盛りの年齢でがんを発症する可能性もゼロではない。精神面、経済面、仕事面のケアが求められる従業員の病に対して、職場はどういったサポートができるのだろうか。がんに罹患した社員に対する基金を創設したガデリウスグループの経営統括本部本部長に創設の経緯などを取材した。(2019/11/11)

増えるフリーランス人口:
フリーランスにも「所得補償」や「健康診断」を IT人材エージェント各社がサービスを充実
雇用制度の変容により、増加しているフリーランス人口。ランサーズの調査では、2015年から2018年にかけてフリーランス人口が22.6%増の1119万人まで増えている。一方で、フリーランスが困っているのが「収入」と「社会保障」だ。従来は案件の提供をメインに行っていたエージェントでも、こうした背景を受けて福利厚生を充実させつつある。(2019/11/11)

モノづくり業界転職トレンド(14):
ベンチャーに転職するメリットとデメリット
新規参入が難しいとされてきた自動車業界だが、CASEやMaaSなど新しい概念による変革の波とともにベンチャーも台頭してきている。今回は自動車業界におけるベンチャーへの転職のメリット、デメリットなどについて、転職コンサルタントに話を聞いた。(2019/11/11)

愚痴や告げ口はNG:
嫌いな上司を黙らせる2つの方法
どこの職場にも嫌いな上司や先輩はいる。愚痴や告げ口をしても何も解決しない。上司を黙らせる“超建設的”な方法とは?(2019/11/7)

エアトリ調べ:
会社に導入してほしい海外の福利厚生、1位は?
航空券サービスなどを手掛けるエアトリ(東京都新宿区)は10月31日、福利厚生に関する調査の結果を発表した。同調査では、福利厚生を利用している人の割合や、日本国外で導入されている福利厚生に関する質問が設けられた。(2019/10/31)

従業員満足度の向上に向けて:
内定者向けイベントで“ファッションショー” スタイルフォースとファクトリージャパングループが実施
アパレル大手のワールドグループに属するスタイルフォース(東京都中央区)と整体サロン「カラダファクトリー」を運営するファクトリージャパングループ(東京都千代田区)は10月25日、両社間で福利厚生に関する提携を結んだと発表した。これに伴い、「従業員満足度」の向上に向けたイベントを開催した。(2019/10/30)

「大学1・2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」1位は地方公務員 収入面では堅実傾向も
生活に密着した企業が人気。(2019/10/29)

大学1・2年生に聞く「希望の就職先」ランキング 公務員、Google、Amazon、LINEが人気
大学1〜2年生の男女が「将来はここで働きたい」と考えている勤務先は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが600人に聞いた結果を発表。1位は地方公務員、2位は国家公務員、3位はGoogle日本法人、4位はアマゾンジャパン、5位はLINE(5.5%)と続いた。(2019/10/29)

自然エネルギー:
「EV×太陽光」で若者の地元離れを防げ! 岐阜県で“蓄電池をシェア”する新事業がスタート
太陽光発電と電気自動車を活用し、地元企業の人材確保にも貢献ーー。岐阜県多治見市でこうした再エネの普及と地域の課題解決を目的としたバッテリーシェアリング事業がスタート。その取り組みの様子をレポートする。(2019/10/29)

社員の子供も対象:
インフルや麻疹発病時に特別有給休暇 ZOZO子会社が「病気休暇」導入
(2019/10/16)

キャリアニュース:
「隣の芝生は青い」調査――知人や友人の勤め先をうらやむ人は若手ほど多い
リスクモンスターが、第2回「隣の芝生(企業)は青い」調査の結果を発表した。知人や友人の勤め先に対して「うらやましいと感じたことがある」と回答した人は41.9%で、性別では女性の方が、年齢別では若手の方がうらやましさを感じていた。(2019/10/10)

企業の8割で発生する内定辞退:
「内定辞退」の特効薬? 内定者向け福利厚生サービスで未然に防止
企業の8割近くで発生する「内定辞退」。また、内定者の多くは企業側からの内定後のフォローを求めているという調査結果も。こうした状況を受けて内定者向けの福利厚生サービスが登場。どういった内容のサービスが受けられるのか。また、内定辞退した場合にはどうなるのか。(2019/10/8)

業務を効率化するITツールの最新事情:
Slackは自社で「Slack」をどう活用しているのか 米Slackの人事担当責任者に聞いた
ビジネスチャットツールとして注目を集めているSlackは、Slack社内でどのように活用されているのだろうか。米Slackの人事担当シニアバイスプレジデントであるRobby Kwok氏に話を聞いた。(2019/10/4)

「うらやましい友人の勤務先」ランキング、トップは公務員 上位だったIT企業は……?
リスクモンスターが「うらやましい友人の勤務先」ランキングを発表。安定性が評価され、1位は国家公務員、2位は地方公務員が入った。上位だったIT企業は……?(2019/10/3)

Uber Eats、事故に遭った配達員に「見舞金」 「労災保険ない」反発の声に対応
Uber Japanは「Uber Eats」の配達員が事故に遭った場合、見舞金を支払う「傷害補償制度」を10月1日から導入する。「個人事業主扱いなので、労災保険が適用されない」という、配達員からの反発に対応した。(2019/9/30)

リゾート地で働いた社員はなぜ、成長して戻ってくるのか ヌーラボの「リゾートワーク」、ちょっと変わった条件とは
青い海が果てしなく広がる沖縄県の宮古島市、「写真写りの良い町づくり」で知られる北海道の上川郡東川町――。ここでリゾートを楽しみながら働ける制度を作ったのがヌーラボだ。ただ、働くためには条件が……。(2019/9/30)

PR:イケてるオフィスはどう作る? 生産性を上げる最新オフィス事情
働き方改革が進むなか、オフィスデザインそのものを再考する「オフィス改革」に取り組む企業が増えている。オフィス家具メーカー、産業医、IT機器メーカー、それぞれの立場から見た“ワークスペース”のトレンドを聞いた。(2019/9/19)

ギグエコノミーを揺るがすカリフォルニア州の「AB5」法案が上院通過 Uberが声明
米カリフォルニア州上院が、いわゆるギグエコノミーを支える独立請負業者を保護する法案「AB5」を承認した。来年1月に発効すれば、多数の請負業者は従業員と分類されることになる。Uberは「ドライバーは法案の分類に該当しない」と主張した。(2019/9/12)

迷う内定先 強い覚悟で決断しよう
複数内定を取得している学生の中には、内定を承諾した上で「A社の福利厚生はいいが、B社の事業内容の将来性もいい。C社は…」と言って、まだどこに入社するか決断できていない学生がいます。内定辞退の連絡は……。(2019/8/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。