ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「福利厚生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「福利厚生」に関する情報が集まったページです。

離職した時期:
高卒者の退職理由は? 入社1年以内に辞めた人は45.9%
高校生向けの求人情報サイトを運営するジンジブは、高校卒業後に正社員として働いた人を対象に、早期離職とその後の再就職に関する調査を実施した。(2022/1/21)

Microsoft Teams、Vivaに新機能 フロントラインワーカーを支援へ
Microsoftはフロントラインワーカーの実態調査とTeams、Vivaの新機能を発表した。(2022/1/17)

企業選びで重視するポイント:
学生が働きたい業界 3位「銀行」、2位「情報処理・ソフトウェア」、1位は?
3月の就職活動本番を2カ月後に控えた1月、2023年卒学生の準備状況はどの程度進んでいるだろうか。就職情報会社のディスコが、就職意識や準備状況についての調査結果を発表した。(2022/1/15)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
M&A後の新会社で「ゼロから人事制度を作る」 両社が折り合わない時にプロが選ぶ方法とは
M&A後の統合会社で、人事制度をゼロから作ることになった場合。両社が折り合わないケースは決して少なくないが、そんな時、人事コンサルタントの筆者はある方法を取るという。(2022/1/14)

医療機器ニュース:
設備化するジアイーノ、天井埋込形の新製品投入で非住宅向けを拡大
パナソニックが次亜塩素酸技術による高い除菌・脱臭力を特徴とする「ジアイーノ」の事業戦略について説明。非住宅向けとなる、除菌、脱臭に加湿の機能も備えた新製品「天井埋込形ジアイーノ」を2022年4月1日に発売する。これによって非住宅向けの展開を拡大し、ジアイーノ事業の売上高を2025年度に500億円に伸ばしたい考えだ。(2022/1/13)

3年で5割以上が辞める:
美容師の働き方はなぜブラックなままなのか──土日休みにこだわる人気店が、業界に問う課題
土日は休めなくて当然、働き方はブラックで当たり前──そんな美容業界の在り方に警鐘を鳴らすのは、日曜定休の人気美容院を経営する海野貴裕さんだ。海野さんに、これまでのキャリアで培ってきた働き方への考え方や、顧客との向き合い方を聞いた。(2022/1/12)

社員のウェルビーイングと企業の成長は両立するか:
ユニリーバが「サステナブルな働き方」で目指すもの【後編】
他社に先駆けて新しい働き方である「WAA」を導入したユニリーバでは、ワーケーションや副業の他、副業人材の受け入れも実施する。こうした先進的な人事制度導入を通じて同社が目指す企業像とは。(2022/1/14)

PR:優秀なIT人材をフリーランスで確保 企業DXの加速で激変する採用市場
(2022/1/11)

社員の定着率:
「企業の安定性を重視」学生の9割、「安定性」が高そうなところは?
学情は2023年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する調査を実施した。その結果……。(2022/1/4)

「転職先が良い意味で違っていた」39%、理由は?
NEXERは自社が運営するサイトにて「転職先で良い意味で想像と違ったこと」に関するアンケートを実施。その結果、「良い意味で想像と違ったことがある」人は39.0%いることが分かった。(2021/12/27)

一等地の豪華なオフィスは要らない
従業員が報酬よりも重視する「オフィスに期待していること」
コロナ禍を経験した今、従業員は報酬よりも「ハイブリッドな働き方」を望んでいる。基本的にテレワークを好む彼らがオフィスに期待することとは何か。これを見誤ると離職に直結する。(2021/12/27)

学情調べ:
企業選びで学生が重視すること 3位は「福利厚生の充実」、2位と1位は?
学情は、23年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生に、「就職活動における企業のビジョン・パーパス」を調査した。企業のビジョンやパーパスを「重視する」と回答した学生は、合わせて78.4%に上った。では、企業選びで重視することは?(2021/12/24)

産業動向:
オリ・パラ後の建設業の見通しについて調査、大阪万博に注目する人は45.2%
JAGフィールドは、建設業界に従事する1021人を対象に、「オリンピック・パラリンピック後の建設業界の動向」についてリサーチした。その結果、「オリンピック・パラリンピック後に控えている事業で注目しているのは何か」と複数回答可能の条件で対象者に質問したところ、「2025年の大阪万博(および周辺地域のインフラ整備)」と回答した人は全体の45.2%で最も多かった。(2021/12/23)

新卒採用の現在:
内定辞退予防にも 企業の「採用サイト」作成で押さえるべき3つのポイント
最近、選考辞退や内定辞退が増えて困っている──人材コンサルタントとして、そんな採用担当者の方の声をよく聞きます。その原因はいくつか考えられますが、多くの企業が見落としがちなのが、採用サイトや口コミサイトです。(2021/12/21)

総務のための「オフィス」再考:
外資系では「プロ扱い」なのに、日本では「何でも屋」 攻めの総務に求められる心構え
外資系企業などでは、総務はプロの社内サービス部門として機能しています。「何でも屋」といわれ、雑務が降ってくる“日本の総務”との違いとは?(2021/12/17)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
株価低迷でも年収4500万円、好待遇維持するテンセントの狙い
テンセントが、従業員の4分の1に対して1人あたり116万円の株式報酬を付与すると発表した。またSNSへ流出した同社社員の収入明細によれば、税引き後の今年の年収は約4500万円だったという。今回はテンセントのほかアリババ、バイトダンス、シャオミファーウェイ、シャオミなどの報酬や福利厚生、労働の実態などを紹介する。(2021/12/9)

モチベーションはどう上げる?:
定着率96.9%! 重度障害者の雇用、完全テレワークで長続き 6年目突入の“運用の秘訣”
重度障害者の雇用で完全在宅型のテレワークを実施し、定着率96.9%を誇るスタッフサービス・クラウドワーク。障害者雇用でたびたび課題となる「相談しづらいことによる孤独感」や「モチベーションが上がらないこと」は、テレワークではさらに深刻化しそうだが、なぜ“長続き”するのか。(2021/12/3)

社員にラーメン代を支給する福利厚生「おソトメン」、宅麺.com運営会社が導入 月額最大3000円の飲食手当
ラーメンが月に約3杯は無料で食べられます。(2021/12/3)

社員のラーメン代が3杯無料!? 宅麺.com運営会社が福利厚生「おソトメン」を導入
ラーメン通販サイト「宅麺.com」を運営するグルメイノベーションは、社員の福利厚生としてラーメン飲食手当「おソトメン」を導入する。(2021/12/3)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
「旧A社は給与が高いのに、旧B社は残業代すら出ない」を防ぐために M&Aの際、人事制度はどう統合すべきか
M&Aの中でも特に重要となる「人事制度統合」。アプローチを少しでも間違えると従業員のモチベーションダウンを招きやすく、慎重な対応が必要だ。(2021/12/2)

全世界2万人弱の開発者を調査:
最も勢いのあるプログラミング言語は?
SlashDataは開発者動向レポートの最新版「Developer Economics: State of the Developer Nation 21th Edition」を公開した。主要プログラミング言語のユーザー数や、5G、IoT、機械学習、データサイエンス、ゲーム開発といった最新のテーマを追っている。中国の開発者の貢献が多い開発分野なども分かる。(2021/12/1)

全国に30カ所開設:
月給13万円 障がい者が、生き生きと働けるエスプールプラスの農園「わーくはぴねす」
障がい者に働いてもらえる場を見つけられないなど困っている企業に対して、エスプールの子会社エスプールプラスが大都市近郊にある農園を貸し出して働く場を提供している。(2021/12/1)

ワクチン義務化で離職を恐れる米国企業【後編】
「ワクチン接種義務化」が雇用にもたらす“負の影響”とは?
米国の一部州で始まっているワクチン接種義務化が米国全土に広がることで、雇用にはどのような悪影響が生じる可能性があるのか。米国の取り組みを紹介する。(2021/11/30)

約600人が働く:
淡路島に移転1年 パソナで働く人の声を聞く
人材派遣大手のパソナグループが、主要な本社機能を東京から兵庫県の淡路島に移転し始めて1年が経過した。現在までに東京や大阪などから約230人が移住し、現地採用の従業員らを含めて計約600人が働く。(2021/11/28)

501人に聞いた:
「あったらうれしい福利厚生」ランキング 3位「旅行・レジャーの優待」、2位「特別休暇」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、働く男女501人を対象に「あったらうれしい福利厚生に関する意識調査」を実施した。1位になったのは?(2021/11/26)

「ニューノーマル×グローバル」に勝つ人事(3):
未来の経営層はどう育てる? グローバルで戦う日本企業に欠けがちな視点
未来の経営者を育てるためのタレントマネジメントについて、グローバル展開する日本企業に欠けがちな視点とは?(2021/11/26)

Salesforce日本法人、性転換手術の費用を補助する制度導入 LGBTQ+向け福利厚生で 上限400万円
セールスフォース・ドットコムが、LGBTQ+向けの福利厚生制度を導入した。性転換手術や、国・自治体に同性パートナーとして認められるために必要な書類の作成費用などを補助する。(2021/11/16)

638人に聞いた:
「求人情報の内容を半分以上信じていない」女性が37.3% 信じない理由3位は「少し盛っていると思う」
キャリアデザインセンターは、女性会員を対象に「求人情報の見方」についてアンケートを行った。求人情報に書いてある内容を半分以上信じていない人は37.3%と、3人に1人いることが分かった。(2021/11/15)

スマホ決済のポイントとして受け取れるギフト「えらべるPay」、「giftee for Business」の新サービスとして提供開始
 eギフトプラットフォーム事業を展開するギフティ(東京都品川区)は、11月1日より法人向けeギフトサービス「giftee for Business」の新サービス「えらべるPay」の本格提供を開始したと発表した。(2021/11/10)

HISのオンライン体験ツアー15万人を突破 累計5000本を催行
 エイチ・アイ・エスは11月5日、2020年4月よりサービスを開始しているオンライン体験ツアーが、21年10月末までに累計5000本のツアーを催行し、体験者数が15万人を突破したと発表した。(2021/11/8)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
買収する企業、される企業 2社の社内制度をどう融合? 人事がやるべきことリスト
M&Aで異なる2社を統合していくにあたっては、さまざまな社内制度や仕組みをどう折り合わせていくかが問題になる。双方の企業の了解を取り付けながら調整していくために、人事責任者にはどのようなアクションが求められるのか、解説する。(2021/11/8)

イケアのオフィスに見るニューノーマル時代における新ワークスペースのあり方
イケア・ジャパンが、テレワーカーを対象にした「オフィスでの働き方について」のアンケート結果を発表した。それに関連し、同社のオフィスもリニューアルを果たしたという。新オフィスに足を運んだ。(2021/11/5)

ファシリティマネジメント フォーラム 2021:
これからのBCP対策の在り方、竹中工務店が提案する「有事と平時に対応する施設の“再構築”」
近年、国内で相次ぐ自然災害の甚大な被害を鑑みると、建物のBCP対策については現状を見つめ直し、将来の在り方を検討すべき時期に来ている。ファシリティマネジメント フォーラム 2021で講演した竹中工務店で事業リスクマネジメントグループ長を務める杉内章浩氏は、BCP/リスク対策の必要性は認識していても実施がなかなか進まない現況を踏まえ、多数の相談を受けている建設会社の立場から参考になる事例を交えつつ、とくにここ数年の懸案事項となっている感染症対策にもスポットを当て、問題解決の具体的な手法を提言した。(2021/11/1)

世界を「数字」で回してみよう(68)番外編:
「コロナワクチン接種拒否」に寄り添うための7つの質問
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについて、必要回数のワクチン接種が完了した割合が70%を超えた日本。今回は、テーマをこれまでとは180度転換し、「コロナのワクチン接種を拒否することが、理論的か否か」について語ってみたいと思います。ワクチン接種を拒否する人も、肯定する人も、お互いの立場に立って、ワクチン接種について考えてみたいのです。今回もおなじみ、“轢断のシバタ先生”が、超大作の「シバタレポート」を執筆してくださいました。(2021/11/1)

オフィス“再構築”は続く:
さくらインターネット、将来は「路面型オフィス」に? 面積10分の1の新オフィス移転はあくまで「通過点」
東京支社を半分に縮小。大阪本社も、面積が10分の1の新オフィスに移転したさくらインターネット。将来的には、どのようなオフィスを目指していくのか?質問したところ、「路面店のようなオフィス」という言葉が飛び出した。(2021/10/29)

定年後も「支えられる者」でなく「支える者」になる時代へ――再雇用、今さら聞けない「保険料や年金の扱い」はどうなるのか?
今の日本の社会では、どの企業も60歳前に「定年」を設定することはできない法律になっている。しかも、少子高齢化が加速している現状では、人手不足を解消する必要があること、そして公的年金の支給開始年齢が原則65歳に引き上げられたことを踏まえると、国は60歳以上の高年齢者を労働市場に留める施策を講じざるを得ない。その一つが「定年再雇用」である。再雇用で、保険料や年金はどういう扱いになるのか?(2021/11/1)

「ニューノーマル×グローバル」に勝つ人事(2):
「見える化」だけでは不十分! 国や法人を超えた人材管理、どうすればいい?
日本のグローバル企業が多く取り組んでいる「グローバルグレーディング」だが、「日本本社から見た、海外幹部層のポジションや報酬の見える化」にとどまっているケースが多い。しかし、筆者はこれでは不十分だと見ていている。企業の成長につながる人材管理の3つのポイントとは?(2021/10/29)

「この企業に勤める人と結婚したい」ランキング トヨタ自動車、任天堂をおさえての1位は?
「この企業に勤める人と結婚したいランキング調査」。1位は「地方公務員」(28.6%)だった。(2021/10/23)

「ニューノーマル×グローバル」に勝つ人事(1):
グローバルで戦う日本企業の戦略人事 今見直すべき“3つのポイント”
日本企業が、グローバル市場で活躍するには何が必要なのか?変化の激しい状況の中、今まさに求められている経営戦略・人事戦略のポイントを3つに絞り紹介する。(2021/10/14)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
M&Aで「離職者が急増」「旧出身社間の雰囲気が悪化」は、人事が解決できる
会社への不信感が生まれて離職者が増加、2社の価値観が融和せず、社内にしこりが残ってしまう──M&Aで起こりがちな問題を引き起こさないためには、「人事領域」での対応が欠かせない(2021/10/14)

LINEが調査:
高校生がなりたい職業TOP3 「教員」と「公務員」、残りの1つは?
LINEは、全国の高校生を対象に将来なりたい職業や、働く企業を選ぶ際に重視しそうなことを調査した。どんな職業がトップ3になったのか。(2021/10/13)

マイナビが調査:
内々定先企業を否定された! それでも入社を決めた就活生は66.8% どうやって説得した?
内々定先企業について周囲から否定的な意見・反対を受けても、入社を決めた学生は66.8%。マイナビが、2022年卒業予定の大学生・大学院生を対象に調査を実施して分かった。どうやって説得したのか。(2021/10/7)

「扶養から出るな」という夫も:
“パートは低賃金で当然”の日本で、なぜ「全従業員を正社員化」できた? イケア・ジャパン人事に聞く
いわゆる「同一労働同一賃金法」より約6年も前に、イケア・ジャパンはパートタイマーを含め全従業員を正社員雇用に切り替えた。なぜそのようなことができたのか。イケア・ジャパン人事にインタビュー。(2021/10/6)

そもそも正社員になりたい?:
フリーターが考える正社員就職の不安 2位は「転職活動そのもの」、1位は?
フリーターの男女を対象に「フリーターから正社員への就職で不安なことに関する意識調査」を実施。正社員になりたいと思うかどうかも聞いた。(2021/10/4)

アフターコロナの転職先 約8割が「安定していて長く働ける企業」を希望
 福利厚生制度の一環として、食事券や電子食事カード「Ticket Restaurant」の発行代行などを展開するエデンレッドジャパン(東京都千代田区)は、転職経験者600人を対象に「アフターコロナの転職実態調査」を実施した。(2021/10/1)

ANAグループ×観光庁対談:
PR:今、日本企業にこそ「ワーケーション」が必要なワケ 導入事例で学ぶ「休む」だけじゃない効果
徐々に導入企業も出てきている「ワーケーション/ブレジャー」。興味はあるが、なかなか導入まで踏み切れず悩んでいる企業も多いのではないだろうか。そこで本記事では、以前からワーケーションに取り組んでいるANAグループと観光庁の対談を通し、「ワーケーションが企業にもたらすメリット」や成功のカギを探る。(2021/9/30)

数多くの企業メリットとは?:
PR:観光庁に聞く! 日本企業が「よく働き、よく休む」ためのワーケーション/ブレジャー入門
昨今、脚光を浴び始めているワーケーション/ブレジャー。本稿では、観光庁でワーケーション/ブレジャーの普及に努める桃井参事官に話を聞き、ワーケーション/ブレジャーが企業にもたらす数多くのメリットや普及のカギについて解説する。(2021/9/30)

サラダ専門店:
キャッシュレス決済が顧客体験向上を生み出す──CRISP宮野代表に聞く
“コネクティッド・レストラン”の構築を目標に2014年に起業されたCRISPは、セルフレジシステムの活用、グループオーダー、サブスクリプションと拡大を続け、同社製のセルフレジシステムは他社への販売も行う。顧客接点の作り方や、テクノロジーを活用したサービス向上の手法、将来の展開などを宮野浩史社長に聞いた。(2021/9/24)

「柔軟な働き方」が鍵に
テレワークをやめた企業が払う“最悪の代償” 有能社員が会社を見限る
従業員の離職を防ぐために把握すべき「コロナ禍以降の従業員のニーズ」は何か。従業員の勤務場所に制約をかけることは、どのようなデメリットがあるのか。(2021/9/23)

500人に調査:
「転職しないほうがいいケース」ランキング 1位は「人間関係に不満」、経験者の意見は?
ビズヒッツは、転職経験のある男女を対象に「転職しないほうがいいと思うケースに関する意識調査」の結果を発表した。どんなコメントが寄せられたのか。(2021/9/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。