ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「福利厚生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「福利厚生」に関する情報が集まったページです。

企業選びの軸に変化:
コロナ禍の転職、企業選びの軸を1万人に聞いた結果 2位は「企業・事業の将来性」、1位は……
コロナ禍で企業選びの軸はどう変わったのか。人材サービスを手掛けるエン・ジャパンが調査を実施し、1万1536人から回答を得た。最も重視されているのは?(2021/2/18)

スピン経済の歩き方:
「女性社外取締役」が増えると、男女格差が広がる皮肉なワケ
オリパラ組織委員会の会長人事の議論が盛り上がるなか、民間企業では着々と女性の経営参画が進んでいる。不二家が女優の酒井美紀さんを社外取締役に大抜てきしたが、筆者の窪田氏は「女性社外取締役が増えれば増えるほど、男女格差が広がっていく」という。どういう意味かというと……。(2021/2/16)

工夫は?:
満足度が8割→9割に! 初のオンライン開催、楽天の社内イベント「ファミリーデー」が成功したワケ
楽天が2020年、ファミリーデーをオンラインで開催した。従業員の家族や友人に日ごろの感謝や働き方、楽天の職場環境、新しい取り組みを伝えるイベントだ。どんな工夫をしたのか。(2021/2/12)

Microsoft Vivaとは? 「従業員体験プラットフォーム」4つの機能
Microsoftは、従業員体験プラットフォーム「Microsoft Viva」を発表した。「Viva Connections」「Viva Insights」「Viva Learning」「Viva Topics」の4ツールを用意する。(2021/2/8)

ピース・トゥ・ピースが開始:
月100万円の報酬も パルコやパーソルが賛同した「プロ人材」の活用を目指すサービスとは
人材仲介のピース・トゥ・ピースが、個人のスキルや能力を生かして自由にキャリアを選択する「プロ人材」の働き方を推進するプロジェクトを開始すると発表した。(2021/1/27)

リモートワークを止めないSaaS:
「郵便物のための出社」をなくす方法 書類の山をまとめてデータ化
会社に大量に届く郵便物。総務などが宛名を確認して、担当者別に振り分けているだろう。リモートワークの大きな障壁になる「郵便物のための出社」をなくす方法とは。(2021/1/25)

「Amazonギフト券3000円分」が50名様に当たる! 新メルマガ「総務・人事通信」創刊キャンペーン
ITmedia ビジネスオンラインの新設メルマガ「総務・人事通信」の創刊を記念して、新規登録キャンペーンを行います! 抽選で50名様に「Amazonギフト券3000円分」が当たるチャンス!(2021/1/19)

au PAYで給与前払い KDDI孫会社が企業向けサービスを5月に提供
auペイメントが、給与をモバイル決済サービス「au PAY」などで前払いできる企業向けサービスを5月に提供する。企業が従業員に向けた福利厚生として導入することを見込む。(2021/1/18)

調査で判明:
コロナ禍、20代の転職理由ランキング 3位は「企業・業界の先行き不安」、2位は「休日や福利厚生」、1位は……
コロナ禍で転職を検討している20代も多いのでは。就職情報サイトなどを運営する学情が調査を実施した。転職理由上位は?(2021/1/18)

同一労働同一賃金、実務上の対応ポイント(3)定年再雇用で、賃金はどこまで減額可能か?
同一労働同一賃金の中心となる「パートタイム・有期雇用労働法」では、定年再雇用者も、改善の対象になります。しかしながら、これまでの裁判例からも、契約社員やパート・アルバイトとは異なった判断がなされている部分があります。(2021/1/15)

コミュニケーション促進:
「田村淳」も採用 “社内SNS”のノウハウ生かしてファンサロン運営に進出したIT企業の商機
コロナ禍でビジネスチャットに注目が集まる。名古屋発のIT企業「スタメン」は組織と従業員のつながりを強化する経営プラットフォーム「TUNAG」を展開。ノウハウを生かしてファンサロン運営に進出した。(2021/1/13)

大学1・2年生の「希望の就職先」、コロナ禍でも航空・鉄道会社が人気 IT企業で上位は?
大学1・2年生が「将来働きたい」と思っている勤務先は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが調査結果を発表。IT企業で人気だったのは?(2021/1/8)

同一労働同一賃金、実務上の対応ポイント (2)家族手当や住宅手当、休暇など
人事担当者に求められる実務上の対応ポイントについて、各種手当や休暇などを見ていくことにしましょう。(2021/1/8)

IT、鉄道がランクアップ:
大学1、2年生に聞く「就職したい企業・業種ランキング」 1位は6年連続で……
リスクモンスターが発表した「大学1、2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」調査結果によると、1位は「地方公務員」。調査を開始した2015年から6回連続のトップ。民間企業では「ソニー」が順位を上げて3位に入った。(2021/1/7)

魔王討伐に旅立った勇者が徐々に“ブラック化” 非情になりすぎた末路を描いた漫画がリアルだった
一番の悪は王様ではないかとの声も。(2021/1/2)

出社率は20%:
面積を40%削減、座席数は75%減 ぐるなび流「たくましい社員」に使ってもらえる本社オフィス
ぐるなびが11月、新しい本社オフィスの運用を始めた。本社オフィスの面積を40%減らし、オープンスペースにブース状の小部屋を用意するなど、レイアウトを大きく変えた。(2020/12/22)

研究開発の最前線:
村田製作所がみなとみらいの研究開発拠点を公開「事業を広げる大きなチャンス」
村田製作所が神奈川県横浜市みなとみらい21地区に開業した研究開発拠点「みなとみらいイノベーションセンター」を報道陣に公開。電池事業を中心としたエネルギー市場やヘルスケア市場において顧客や業界との接点強化を図るとともに、自動車市場でも新規分野での採用拡大に向けた活動を推進する拠点としての活用を見込む。(2020/12/17)

同一労働同一賃金、経営者・管理者の役割は? マックス対応か、ミニマム対応か
同一労働同一賃金については、人事担当者が対応すればよいと思われがちですが、経営者や管理者にとっても必要な役割があります。主に経営者には方針決定、管理者には会社方針に沿った実務運用という役割が求められます。(2020/12/16)

結果を出すチームの習慣:
PR:ソニックガーデン倉貫義人社長に聞く リモートでソフトウェア開発チームを作るには
(2020/12/14)

モノづくり業界転職トレンド(27):
希望年収は伝えるべき? 納得できる年収で転職するためには
転職理由の代表格が「年収アップ」。だが面接の場で希望年収をいつ伝えるかなど迷うところだ。納得できる年収で転職するためのポイントについて、転職コンサルタントに話を聞いた。(2020/12/11)

スピン経済の歩き方:
「中小企業は大企業に搾取されている」という説は、本当か
成長戦略会議が、中小企業の規模拡大を支援していく方針を固めた。反対の声も出ているが、筆者の意見は……。(2020/12/8)

調査レポート:
建設業者が最も望むのは進捗確認のIT化、コロナ禍で建設業に生じた変化を調査
JAGフィールドは、建設業界で3年以上働いている1056人を対象に、新型コロナウイルスの影響により建設業界で生じた変化をリサーチした。結果、工事の中止と工期の延期が増加するとともに、受注数の減少や人手不足が加速して、生産性向上のためにITツールの導入を望む企業が増えていることが明らかになった。(2020/12/8)

「簡単」「楽しい」「続けたくなる」:
そこまでやるか!? 本気すぎる“タニタ式”健康経営 社員証と活動量計を一体化
ヘルスメーターで有名なタニタは、自社の健康経営にも熱心。例えば、社員証と一体化した活動量計を全社員に持たせていて、身に付けないで出勤した社員は社屋に入れない。そこまで徹底するのはなぜか。(2020/12/4)

福利厚生に関する調査:
コロナ禍で“在宅勤務手当”を新設する企業の割合は?
リモートワークを推奨する企業で、在宅勤務手当を設置するケースが増えている。パーソル総合研究所が9月に実施した福利厚生に関する調査で、在宅勤務手当の新設を決定もしくは検討している企業の割合が明らかになった。(2020/11/30)

総務プロの「攻めと守り」:
総務は“発注のプロ” コロナショックで取捨選択すべき、予算配分・お付き合い業者「7つの手順」
総務部は、オフィス関連のサービスを外部の業者に“発注”する立場でもある。今回のコロナ渦では、現在の発注先が本当に必要なサービスなのか、新たに何が必要なのかを取捨選択する必要がある。(2020/11/30)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
FAX廃止、受付電話廃止、代表電話は外注 なぜマネーフォワードは総務部を解体したのか?
コロナ禍は一過性の出来事にとどまらず、企業の組織体系自体にも影響を与えてきている。リモートワークの定常化、オフィスの縮小などをよく聞くが、組織自体を変え、総務部を解体した企業がある。フィンテック企業のマネーフォワード(東京都港区)だ。(2020/11/27)

働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(8):
「ゼロトラスト」は何を信じてアクセスを許可するのか――テレワーク前提の企業へゼロトラストを展開する方法
デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、ゼロトラストを企業や組織へどのように展開するかについて。(2020/11/19)

「導入予定なし」も2割:
緊急事態宣言から半年、テレワークを継続している企業の割合は? 出社日は「決めていない」が5割
アデコが実施した調査によると、緊急事態宣言下でテレワークを実施した企業の8割が半年後も継続していることが分かった。出社日は「決めていない」が半数。一方、テレワークに伴う制度の整備やオフィスの見直しはなかなか進んでいない。(2020/11/9)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「”会う”意味を更新したい」 リコー、”はたらく”を研究する施設開設 その意義は
人々にとって”はたらく歓び”とは何か――。リコーが”はたらく歓び”を考える施設を開設した。社内外の起業家やクリエイターに向けた次世代ワークプレースと定義づけるこの施設。単なるコワーキングスペースではない。リコーはここで何を見いだしたいのだろうか。(2020/11/5)

サービスロボット:
次の挑戦は物流領域、Telexistenceが見据える遠隔操作ロボットの可能性
遠隔操作ロボット「Model-T」を開発したロボットベンチャーTelexistence。同社は現在、ローソンやファミリーマートなど小売業界への遠隔操作技術の展開を積極的に進めている。遠隔操作ロボットにはどのような可能性があるのだろうか。また、Telexistenceは今後どのような事業展開を構想しているのか。同社の担当者に尋ねた。(2020/11/2)

トップは“安定”の……:
「うらやましい」友人の勤め先は? トヨタが3位、鉄道・航空の羨望度は低下
リスクモンスターの調査によると、知人や友人の勤め先を「うらやましいと感じる」と回答した人は35.2%。うらやましいと思う企業名は、1位と2位が地方公務員と国家公務員。トヨタ自動車が3位に入った。(2020/10/31)

お笑いの壁超えちゃってるな! 工具を擬人化した“2.7次元アイドル“「KOUGU維新」、音楽番組に出演が決まってしまう
親方様大歓喜。(2020/10/29)

総務プロの「攻めと守り」:
総務のサイフ、コロナで大激変 社員に「あり得ない」とは言わせない、予算を投じるべき最優先課題
これまで総務部のコスト削減というと、庶務関連など「非常に小さいパイ」だったので、経営効果は限定的だった。しかし新型コロナの影響で、そんな総務のサイフの中身が変化している。(2020/10/28)

トヨタ子会社がデジタル通貨の実験 社員2500人が日用品などオンライン購入
トヨタ自動車の子会社トヨタシステムズがデジタル通貨の実験を行う。社員約2500人の福利厚生の手続きにデジタル通貨を活用する。(2020/10/27)

最大で年額6万円増額:
身体年齢が若い社員は、年金の掛け金を増額! 健康経営のユニークな企業事例
病気になってから治療に通うのではなく、普段から健康管理に気を付けようというのが近年の潮流である。健康意識を高めるために、ユニークな方法を取り入れた企業の事例を紹介する。(2020/10/21)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
脱ハンコで止まらない政府の“DX”化、経済効果は年間何億円?
コロナ禍を機に民間企業でトレンドワード化した「DX」(デジタルトランスフォーメーション)。旧来の慣行からデジタルへ移行する動きは、政府にも波及し始めている。「手続きの簡略化」という課題を「ハンコ」というキャッチーな用語に置き換えて表明した。(2020/10/16)

総務プロの「攻めと守り」:
総務の仕事は「目立たない」「感謝されない」……戦後最大の「変わるチャンス」到来 36の業務から「求められる役割」を考える
会社を運営するためのベースとなる縁の下の裏方仕事、雑用係というイメージの総務。その中でも「目立つ」仕事は何なのか。(2020/10/6)

キャリアニュース:
ワーケーションの自社導入に「興味がある」、企業の約5割が回答
あしたのチームが「ワーケーションと働き方改革」に関するレポートを発表した。ワーケーションの自社導入に「興味がある」と企業の約5割が回答。一方で、ワーケーションでの人事評価の難しさを7割近くが課題と感じていた。(2020/10/1)

企業の懸念:
やっぱり、オフィスデザインは変更したほうがよさそうだ
新型コロナ感染拡大を受けて、オフィスをあり方を見直す企業が増えている。テレワークを導入したことで面積を狭くしたり、決まった席がないフリーアドレスを導入したり、サテライトオフィスを設けたり。そんな中で、課題もあって……。(2020/9/30)

定年延長など、高年齢者の雇用拡大政策は新卒採用にどのような影響を与えるだろうか?
新型コロナウイルスの影響で今後景気が後退すると、高齢者と若年者の間の雇用は代替性が強くなる可能性が高まり、高齢者の就業により若者の採用が抑制される「置き換え効果」が起きる恐れがある。(2020/9/29)

オタクの夢「オタク仲間とルームシェア」を叶えた“先輩”の記録 『オタク女子が、4人で暮らしてみたら。』が参考になる
「いつかオタク仲間と暮らしたい」、そんな夢を見たことがある人へ。【試し読みあり】(2020/9/18)

リモートワーク推進にも有効:
日本の経理、効率化のカギはBPO 「多すぎる勘定項目」「紙の請求書」を乗り越えるには
リモートワークが難しいとされる経理業務。経理業務に関するソリューションを提供しているファーストアカウンティングの森社長は、課題として「多すぎる勘定項目」と「紙の請求書」を挙げる。リモートワークやBPOを進めるにはどうすればいいのだろうか。(2020/9/18)

簡単レシピも提供:
社食のランチを宅配、リモートでも「食生活を支えたい」と一念発起 ココネの事例
IT企業・ココネは、「ココネデリ」と呼ぶ社員食堂を設け、専属のシェフが栄養バランスの取れた食事を日々提供。大半の社員がリモートワークに移行している最近では、社員に食事を宅配する「ホームデリ」を始めた。(2020/9/17)

新連載・総務プロの「攻めと守り」:
コロナ時代の「オフィス再構築」が、ただ「縮小」では終わらない理由 総務にとってチャンスか、ピンチか
2001年前後のITバブル、08年のリーマンショックなど、環境変化が起きると必ずといっていいほど、オフィスの再構築が起きてきた。新型コロナが引き起こした「オフィスの再構築」も定番の流れといえるが、特殊な側面もある。(2020/9/15)

デルとEMCジャパンが融合 新生デル・テクノロジーズは2021年にどう「変身」するのか?
デルとEMCジャパンが2020年8月に統合してできたデル・テクノロジーズは、事業方針説明会を開催した。部門の統合から営業戦略の変化まで、新生企業として同社が掲げる事業変革や強化のポイントとは。(2020/9/14)

社員の健康管理も:
オフィスのソーシャルディスタンスを確保するには? ウィズコロナで活用進むHR Tech
ウィズコロナの世界、人事の領域ではいわゆるHR Techへの期待が高まっている。ソーシャルディスタンスの実現、社員の健康管理など、HR Techの導入はどのような効果をもたらすのか。(2020/9/14)

地方から変えていく:
エンジニアの自由度高めて「採用の差別化」図る 神戸市のITベンチャーが「フリーランス型社員制度」を導入
ITコンサルティングなどを手掛けるK.S.ロジャース(神戸市)は、フリーランスと正社員を組み合わせた新たな雇用制度「ジェネシス(フリーランス型社員)」を導入した。(2020/9/9)

パソナ、本社機能を淡路島に移転 社員1000人を異動 取引先とオンラインでやりとり
パソナグループが東京にある本社の主要機能を淡路島に移す方針を明らかにした。取引先などとオンラインでやりとりできる社員約1000人を淡路島に異動させる。新型コロナの影響で在宅勤務が普及したことから、どこでも仕事ができることを実証する。(2020/9/2)

福利厚生か? 企業戦略か?:
ワーケーションを成功させるには? 企業がしっかり進めるべき「4つのステップ」
ワーケーションは、コロナ禍で混乱する企業、地域、個人、それぞれにメリットをもたらす、アフターコロナ時代の新しい「働き方&休み方」である。ただし企業がワーケーションのメリットを享受するには、しっかりステップを踏むことが重要だ。(2020/9/1)

第1弾はインド:
JALとヤマト、海外駐在員向け輸送で連携 コロナ禍での海外生活支援に
日本航空とヤマトグローバルロジスティクスジャパンは、企業の海外駐在員を支援する取り組みで連携。9月1日、インド向けに日本の生活物資を輸送するサービスを開始。新型コロナウイルスの影響で日本の商品を取り寄せるのが困難になっているため、法人向けの専用サービスを設ける。(2020/8/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。